高収入になりたい人必見!給料のよい業界&企業は?

転職するからには高収入をのぞみたいもの。以下に年収の高い業界をご紹介します。

高収入の職業の特徴は?

ある調査では、平成25年度の平均年収は414万円という結果が出ています。内訳は、男性511万円、女性272万円。男性は女性の約2倍の年収です。

高収入の職業の特徴として、特殊で専門的な知識が必要な仕事、普通の人がやりたがらない職業やきつい仕事、本社が都内にある、比較的男性が多い職場であることなどが挙げられます。
 

高収入な業界とは?

会社四季報業界地図(2014年度版)によると、40代の平均年収が高い業界の1位は総合商社で1129万円。
そのうち全年齢平均年収がトップなのは伊藤忠商事で1383万円、2位は三菱商事で1355万円、3位は三井物産という結果が出ました。

40代平均年収2位は、コンサルティング業界で1063万円。
そのうち全年齢平均年収がトップなのは日本M&Aセンターで1412万円、2位はGCAサヴィアンで1331万円、3位はドリームインキュベーターで1119万円でした。

コンサルティング業界は肉体的、精神的にも非常に負担の多い業界ですが、外資系コンサル会社の場合、マネージャークラスの年収は1500万円~2000万円といわれているため、手っ取り早く年収を上げたいという場合にはおすすめです。日本のコンサル会社と比べて年収は約3~5割アップします。

40代平均年収の3位はメガバンクで1004万円。
そのうち全年齢平均年収のトップは三井住友フィナンシャルグループで1264万円。2位は三井住友トラストホールディングスで1174万円、3位は三菱UFJフィナンシャルグループで1046万円でした。

銀行業界は年功序列で、辞めない限り年収は上がっていくため、30代前半では約600万円ですが、40代で約1000万円となります。
ただし出向や転籍が多く、そうなると年収が半分近く減ってしまい、生涯年収は決して高くなくなってしまいます。

以下、4位は生保・損保業界で948万円、5位は放送、新聞、出版業界で906万円、6位は通信キャリア業界、7位は石油業界、8位は医薬品業界という結果でした。
 

営業職で高収入の業界は?

営業職の年収は業界によって様々ですが、営業職の平均年収は400~480万円です。
営業職の場合、営業成績によってインセンティブ報酬が発生するので、個人によって年収には差がでます。
ここでは業界別の営業職の年収をまとめてみました。

医薬品・証券|30代で年収700万円以上も

医薬品メーカーの営業職であるMRは500~750万円、証券会社の営業職は450~700万円と営業職の中でも高い年収となっています。

MRは医薬品のセールスマンとして、一日中病院を訪問して歩く仕事なので、「営業手当」や「外勤手当」がつくことが高収入につながっています。
さらにインセンティブがつく企業もあります。
ただし、MRは成果主義なので営業成績が悪いと給与に反映されます。外資系製薬会社は年俸制の給与体系を取っているところもあります。

MRに転職するには?

医薬品には新薬とジェネリックがありますが、未経験の人が描くMRのイメージはほとんどが新薬のMRだと思います。

新薬メーカーのMRはほとんどが正社員で、給与・福利厚生においても恵まれています。

しかし、未経験からMRに転職するのはかなりの狭き門です。
MRは「MR認定資格」を取得しますが、応募者は大変多く合格率は1~2%と言われています。

一方狙い目なのがジェネリックメーカーのMR
新薬MRと比べると給与・福利厚生面では恵まれていませんが、応募者が少なく合格率も新薬メーカーMRと比べるとかなり高いと言えます。

未経験からMRに転職するには、営業職、販売職の経験があり、30歳以下のほうが望ましいでしょう。
転職活動を始めるには、無料で様々なサポートが受けられる人材紹介会社を利用するのが得策です。

MRに強い人材紹介会社ではリクルートエージェントがおすすめ!
未経験のMR転職実績では業界NO.1です。

▶▶ リクルートエージェント

証券会社に転職するには?

証券会社の営業職は新卒採用だと採用基準は高いのですが、中途採用となると採用基準はかなり緩くなっています。
意外ですが、知名度のある証券会社でも中途採用において学歴不問としているところもあります。

おすすめのエージェントはtype転職エージェント
25歳から35歳までの登録者のうち71%が年収アップに成功し、営業職に強みがあります。
毎週平日と土曜日には無料の転職相談会を実施しています。

▶▶ type転職エージェント

IT・通信・医療機器メーカー|20代でも年収400万円以上

IT・通信業界の営業職は400~510万円、MRIや心電図などの医療機器を扱う医療機器メーカーの営業職は550~650万円と、他業界に比べるとやや高めです。

医療機器メーカーは企業によってだいぶ年収に差があります。
上位メーカーでは800万円を超えてる場合がありすが、一方では400~500万円台と差が開いています。

ITのなかでもSE(システムエンジニア)などの技術者を派遣する企業や、企業のシステムの企画・導入・保守などを提案する営業職はさらに高収入が見込めます。

IT・通信業界に転職するには?

type転職エージェントはITとのつながりが深いのが特長です。
あと、リクナビネクストは未経験OKのIT営業案件が800件以上あります。新着求人は毎週1.000件以上と豊富な求人数を誇ります。

▶▶ type転職エージェント
▶▶ リクナビネクスト

医療機器メーカーに転職するには?

現在、医療機器メーカーの営業職は採用が非常に高まっています。
製品数は増えており、新製品投入が活発なので、経験者は転職に有利に働いています。

おすすめのエージェントはDODA
中でもDODAメディカルはMR、医療機器営業職に特化した転職エージェントです。セミナーや個別相談会を随時開催しており、バックアップ体制は万全です。

▶▶ DODA

不動産|インセンティブで高収入にも

不動産の営業職の年収は350~480万円が目安ですが、建売住宅など販売商品が高額になるとインセンティブが発生し、平均よりも高めの年収が見込まれます。

不動産業界に転職するには?

不動産業界は人の出入りの激しい業界と言われており、採用動向は通年安定しています。

仕事がきつくて辞める人がいるというネガティブな面を裏に返せば、未経験者の受け皿があり、チャンスは大いにあるということです。
頑張った分給与に反映される世界なので、やる気のある人には実力に見合ったものが手に入ります。

不動産会社に転職する場合、是非「宅建」の資格を取得することをおすすめします。
宅建の資格を持っていると企業側から高評価をもらえる可能性が高くなります。

おすすめの転職エージェントでは、リクルートエージェントが挙げられます。
不動産・建築業界の転職に強くこれまでに30万人の転職を成功させてきた、求人大手の圧倒的安定感があります。不動産業界でも転職成功のケーススタディも豊富です。

▶▶リクルートエージェント

年収1.000万円を目指せる業界は?

1.000万円超えの仕事に就くためには、並大抵の努力では難しいです。
「ほったらかしで年収1.000万も夢じゃない」「一日●●するだけ!1ヵ月で1.000万円を手に入れる方法」のような怪しい広告文に絶対ひっかからないでくださいね(笑)

年収1.000万円プレイヤーには以下のような共通項があります。

  • 命を預かる仕事
  • お金を集める仕事
  • 難易度が高い国家資格
  • 起業家
  • 外資系企業に転職
  • 有名人になって有名な仕事をする

前出でお話ししたような総合商社・メガバンク・経営コンサルティングはこの条件に当てはまっています。
このように一口で年収1.000万円を目指すのは簡単なことではありません。就活の企業選びから本採用で道が決まっているといっても過言ではありません。

まとめ

上位TOP3の業界はいずれも専門性が高く比較的男性が多い業界です。

中途採用の募集は比較的少ないかもしれませんが、転職エージェントを利用したり、企業のHPをチェックしたり日々採用情報をチェックしておきましょう。

■ エグゼクティブの転職エージェント活用法はこちら→

 

エグゼクティブ 転職エージェント一覧

サイト名 サービス詳細 公式サイト
JAC Recruitment
専門職・管理部門・外資系に強い
専門性を持った質の高い500名のコンサルタントがあなたのエグゼクティブ転職をサポート!専門職、管理部門、管理職、グローバル転職に強く、年収800万円を超える求人多数アリ。リクルート、インテリジェンスに次ぐ転職エージェント最大手です。
リクルートエージェント
年収1,000万円以上の求人多数!
9500件という圧倒的求人数を誇るエグゼクティブ転職の登竜門。大手企業・外資系企業の管理職ポジションや新規事業など、チャレンジングな求人を多数取り揃えています。年収1,800万円など、高年収求人も多数!
アデコ
世界60ヶ国!人材サービスの世界的企業
アデコは営業・IT・管理系に特に強く、年収600万円~1000万円超の求人も多数あります。コンサルタントはあなたの人生に寄り添って親身に、そして情熱的に徹底サポートしてくれます。グローバル転職も◎

 

エグゼクティブ転職 鉄板ガイド

外資系転職 鉄板ガイド




エグゼクティブ転職エージェント

このページの先頭へ