実務経験なしでもクリエイターへの転職を成功させるには!

物を作る分野で活躍するクリエイター

世の中にはさまざまな物や作品が日々生み出されています。その中でも、IT業界やマスコミ業界、美術・芸術、のジャンル、エンターテイメント業界などで、何らかの物を作り出す人を「クリエイター」と呼んでいます。
物を作り出すことで、人々に感動を与えたり、世の中の役に立ったり、第一線で活躍するクリエイターや新しい発想で注目を浴びるクリエイターには憧れを抱いている人も多いことでしょう。
そこで今回は、未経験でもマスコミ業界やエンターテイメント業界に転職してクリエイターになりたい、と思う人へのアドバイスをおおくりします。

一口にクリエイターといっても業種や職種が異なる

物を作り出すことに関わっているのがクリエイターですが、業種や職種で大きく仕事内容が異なっています。職種名には「クリエイター」とつかないことがほとんどですし、フリーランスで仕事をしている場合や、職人と呼ばれる専門性が高い仕事をしている場合のほか、自称「クリエイター」を名乗る人もいます。ですから、クリエイターになりたいと思うのであれば、どのような業種やジャンルに自分が興味を持って働いていきたいと思っているのか、まずはそこから考える必要があるでしょう。

マスコミ業界のクリエイター

広告や出版、テレビなどのマスコミ業界ではクリエイティブ職という言葉があります。プロデューサーやディレクター、プランナー、デザイナー、編集者、ライター、カメラマンなどの職種をまとめてそう呼んでいますが、新しい価値観やオリジナルの発想で物づくりに関わる、制作部門で働く人々は皆クリエイターである、とも言えます。それでは、代表的な職種について紹介していきます。

クライアントの依頼を受けて、広告の企画からクライアントへのプレゼン、実際の制作までを行う仕事です。クリエイティブディレクターは、紙媒体や映像などの制作物の企画から制作、プロモーションまで広告全般に関わる仕事をします。アートディレクターは表現に関する責任者であり、アートディレクターやCMディレクターがクリエイティブディレクターを兼任する場合もあります。アートディレクターの下にはデザイナーやフォトグラファー、コピーライターなどがいて、それぞれに指示をだしながら仕事を進めていきます。

アートディレクターになるには、広告制作会社や広告代理店の制作部門に入り、デザイナーから下積みを重ねていく方法が一般的です。未経験であっても専門学校やアート系の大学の出身ならばデザインの知識は、転職活動に役に立つことでしょう。

クライアントの商品やサービスについて、テレビ番組の間に流れるコマーシャルの演出と制作に関わる仕事です。
クライアントの要望に応えつつ、多くの人の目にとまるような話題性や企画力が必要です。CMディレクターの下にはCMプランナーがつき、演出コンテの作成やCMについての細かな企画を練ります。広告制作会社や代理店などで、まずはCMプランナーとして実績を積むことがCMディレクターの第一歩となります。

依頼を受けて、イメージにあうイラストを描くのがイラストレーターの仕事。広告や雑誌などの印刷物だけでなく、パッケージ、雑貨など多くのジャンルで活躍します。仕事として未経験であっても、実力で認められれば、企業の制作部門やフリーランスで活動という道が開けます。

企業のホームページからECショップなど、インターネットを活用したプロモーションはもはやなくてはならないもの。WebディレクターやWebクリエイターは、クライアントのヒアリングをし、集客や宣伝のためにITの知識を活用し、クライアントの要望に応えるwebサイトやwebコンテンツの制作を指揮します。

WebディレクターやWebクリエイターになるには、Webデザイナーとしての経験はもちろんのこと、SEO対策やマーケティングの知識などが必要になります。インターネット広告を手掛ける制作会社やIT関連企業などの事業の伸びは急成長し、それに伴って人材も広く募集しています。デザインの知識があり、基本的なソフトを扱えるならば、未経験者の応募もチャンスが広がります。

エンターテインメント業界

ゲームの企画や基本設計、制作に関わるゲームプランナー(ゲームデザイナー)や、キャラクターのセリフやシナリオを書くシナリオライター、キャラクターや背景を描くグラフィックデザイナー、仕様書をもとにプログラミングを構築するプログラマー、ゲーム内の音楽を作るサウンドクリエイターなど、ゲーム制作・表現に関わる人をまとめてゲームクリエイターと呼んでいます。ゲーム制作全体の指揮をとるゲームプロデューサーやプランナーをゲームクリエイターと言うことも。

職種にもよりますが、仕事としてゲーム制作の経験については不問であっても、プログラミング言語の知識やゲームに関する基本的な知識は中途採用の条件として挙げられています。

テレビや映画などのアニメーションを制作する上で、必要な原画や動画を書く人もクリエイターの一人。キャラクターや背景の動きに合わせた絵を描く作業で、技術力とスピードが重視されます。とてもハードな仕事な上に、年収は低めなので、転職をしていく人も多くいます。このようなことから、人手不足で中途採用も多いですが、経験者が優遇されるので、未経験者の場合はよほどのスキルや覚悟を持っていないと難しいと言えます。

未経験での転職活動にポートフォリオは必須

さきほども述べたように職種によっては、未経験での転職も可能ですが、現実はそう甘くはありません。クリエイターというからには、世の中をあっと言わせたり、新しい感覚で物を作り出したりする発想力や時代の空気を読み取るセンスが必要ということは頭に入れておいたほうがいいでしょう。
実務経験がない人は、自分のスキルを客観的に見てもらい、アピールするために、ポートフォリオが必須。自分の作品や学校時代の課題等をまとめて転職活動にのぞみましょう。

転職エージェントを使って転職を成功させよう

クリエイターに憧れる、という気持ちだけでは、未経験からの転職活動のゴールは遠いものになってしまいます。自分の持っているスキルや前職での経験をどういった分野ならば活かすことができるのか、客観的に判断してもらうためにも、転職のプロである転職エージェントを使って相談してみてください。企業側の求める人材を熟知している転職エージェントなら、あなたにマッチする求人情報を教えてくれるだけでなく、転職のよきアドバイザーになってくれますよ!

おすすめ 転職エージェント

転職エージェント おすすめランキング一覧表
運営会社 サービス詳細 公式サイト
Spring転職エージェント
(旧アデコ)

人生に寄り添う丁寧なサポート
Spring転職エージェントのキャリアコンサルタントは求職者と企業の両方を担当しているので生の情報を得られます。求職者の人生に寄り添う丁寧なサポートで満足のいく転職を叶えます。最大手だけあり求人数も膨大。もちろん全国対応。
リクルートエージェント
転職成功実績 No.1
リクルートグループだからできる業界トップクラスの求人数と非公開求人数。求人エリアも全国対応しており、業界・職種の知識に精通した頼れる専任アドバイザーがあなたの転職活動をサポート!
ワークポート
総合転職エージェント!ITに強み
IT系・WEB系に非常に強い転職エージェントでしたが、近年は営業、管理部門、販売・サービス業等の求人も豊富に扱うようになりました。全国の求人を扱っており、未経験の転職にも強い。

このページの先頭へ