【パソナキャリア】エージェントとしての評判はどうなの?

派遣事業で力のあるパソナキャリアですが、転職エージェントとしての実績も高いです。その理由は派遣事業で培った領域の広さから、様々な求人を所有しているため紹介求人が豊富です。

ですが、ネットの評判では「連絡がしつこい」「対応が冷たい」など辛口評判が広がっていますが、満足度は96.3%とサービスを受けた登録者からは高評価です。

利用する前は、実際の評判や何に強みがあるのかなどの特徴が気になりますよね。ここでは、パソナキャリアの特徴や実際にサポートを受けた方からの評判・口コミをご紹介していきます!

パソナキャリア公式HP

パソナキャリア 口コミ・評判

パソナキャリアって派遣事業じゃないの?

1976年から人材派遣業でスタートした企業ですが、以前から紹介業にも非常に力を入れており、歴史があるため安心感があります。

登録者数も多く獲得している老舗のパソナが派遣事業での経験を活かして、1993年から転職関連事業も運営するエージェントです。

派遣だけでも医療・介護、通訳、IT、運送、商社・貿易、航空・旅行など、幅広い領域を担っています。

派遣事業で関係を持つ企業からの信頼の高さから求人数を多く所持しており、大手に限らず掘り出しの中小企業の案件も豊富に所持しています。

他にも請負、人材紹介などを行い、国内最大級の人材総合サービス企業として知られています。

パソナキャリアの特徴【3選】

様々な領域を担っている派遣会社だからこそ、多岐にわたる豊富な案件を紹介できます。

公開求人数は25,000件、非公開求人を足すと40,000件以上と大手に比べると求人数は少ないものの、様々な業界・職種の案件を持ち派遣事業で得た1件1件の情報量が魅力です。

もちろん全国に拠点を持っており、全国の案件に対応しているため、どこの人でもサービスを受けることができます。派遣としても老舗なので、大手企業案件も多数保有しています。

転職で年収を上げたいと思っている人には魅力的です。専任のキャリアアドバイザーがプロの観点から年収UPのアドバイスをしてくれます。

基本的には前職の年収がベースになるそうですが、個人の強み・実績と会社のニーズが合致していれば、担当アドバイザーが採用担当者を説得できるアピール方法を伝授してくれます。

面接時に年収の交渉が苦手…という方は、アドバイザーに仲介してもらう手段もあります。パソナキャリアのアドバイザーは、この交渉にも長けているため6割以上が年収UPを実現しています。

2016年に「女性活躍推進法」が施行されたことで、女性が仕事で活躍する幅が広がり、今では女性管理職のニーズも高まっています。

パソナキャリアは、そんな時代のニーズに合わせて、今後もバリバリ働きたい女性を始め、結婚・子育てを視野に入れワークライフバランスを重視する女性の転職サポートを積極的に行っています。

特に女性の役職者や管理職の求人を扱っているため、更なるキャリアアップを目指す女性転職者におすすめの転職エージェントです。

パソナキャリアの評判が別れる原因

パソナキャリアは担当アドバイザーによってサポートに差が出るのが特徴です。

■良い担当者の場合
派遣業で培われた情報を余すところなく伝えてくれ、親身にアドバイスをし、スピーディーに対応してくれ、落ち込んでも励ましてくれるなどのサポートを得ることができます。

■悪い担当者の場合
対応が機械的で連絡が返ってこない、案件紹介は最初だけで、その後紹介がない。ミスや勘違いが多いなど、高評価と低評価の担当に二極化しています。

もし担当が合わないようであれば変えてもらうようにすること、他の転職エージェントと並行して登録するなど解決方法を考えましょう。

 

パソナキャリアがおすすめの理由 【3選】

パソナは派遣会社として大手であるため、多くの企業と長きに渡って派遣での取引があります。

そのため、このジャンルに特化!というものはなく派遣業で様々な業界に人材を派遣しているので、通常の転職エージェントに比べ案件の広がりと、仕入れられる情報量が非常に多いのが特徴です。

派遣スタッフからの声で、現場のリアルな反応をいつでも知ることができるので、求職者の状況や要望に合わせて最適な転職先を提案してくれます。

この情報を転職活動に活かすことができれば、成功に近づくこと間違いなしです。
老舗であるからこそ、磨き上げられたサービスで求職者の転職成功を全力でサポートしてくれます。

パソナキャリアの強みは中小企業に対して太いパイプを持っている点です。

担当者が企業の役員と直接会って情報を得ているので、情報量が他とは違います。大企業の経営者に会うことは通常難しいので、この強みは中小企業を得意し、派遣ビジネスでも企業に深く関わっているパソナキャリアならではです。

多くの業界・職種の求人を揃えており、特に営業、管理部門、ITエンジニアなどのオフィスワークの求人が豊富なので、転職活動でこれらの条件を希望する場合は登録必須です。

パソナキャリアに登録して面談に行くと、転職が初めての方でもスムーズに活動を進められる【転職必勝ガイド】という一冊のノートがプレゼントされます。

転職必勝ガイドのメリット

  • 転職理由・企業を選ぶ軸などの自己分析が簡単にできる
  • 職種に合わせた書類の作成法が載っている
  • 面接で定番の質問集があり、考える際のポイントが載っている
  • 内定後のフォローアップ方法が記載
  • 書いたものを見直すことで転職の軸を再確認できる

 

担当アドバイザーに相談することもできますが、仕事を続けながら転職活動を続ける場合は個人の努力も必要になってくるため、考える時間を短縮できるガイドブックの特典は大きいものとなります。

パソナキャリアはこういう人におすすめ【3選】

案件数についてはリクルートやDODAが多く、15~16万件持っているため並行して登録することをおすすめします。

大抵、人材紹介大手以外の転職エージェントですと、業界に特化したエージェントが多い傾向があります。
しかし、幅広い案件を保有している老舗派遣企業であるパソナキャリアであれば、枠にとらわれない転職活動が可能となります。

1976年から派遣事業を行い、様々な企業と取引をしているため他社エージェントに比べると内部情報に詳しいです。

その情報は「選考時のアドバイス」を始め、業務内容や社内環境をより詳しく知ることができ、ミスマッチを防ぐ源になります。詳しい情報で選考をサポートしてもらいたい、ミスマッチを防ぎたいという方にはおすすめです。

パソナキャリアでは女性の転職活動にも力を注いでいます。特に管理職などのキャリアアップを目指す女性の転職に強いため、将来を見据えて会社の中心に属してバリバリ働きたいという女性にはおすすめです。

 

まとめ

諦めずにがんばりましょう!パソナキャリアの特徴やおすすめのポイントをまとめてご紹介しました。転職エージェンごとに様々な特色があるため、迷う方も多いと思います。

しかし、事前にこのようなメリット・デメリットを把握していれば、対応の仕方も分かるため、ぜひ希望の企業や案件がある転職エージェントに複数登録してみてください。

1社に絞らず、たくさんの視点を得ることで、よりよい転職活動ができるはずです。
ぜひ自分の考えに当てはまるアドバイスをくれる転職エージェントに登録して転職を成功させてください。


パソナキャリアへ突撃インタビュー

パソナキャリア 突撃取材

総合人材サービスを展開するパソナグループ。その中で、正社員向けの転職サポートを行っているのが「パソナキャリア」です。転職実績25万人!求人数や取引実績社数でも、業界最大級を誇ります。

業界トップクラスの秘密は、将来を見据えた“キャリアプラン”の提案。
「キャリアとか、自分は若いし考えてない。」なんて思っていませんか?

キャリアプランってなに?女性でも関係あるの?
秘密のサポート内容をさぐるべく!二人のキャリアアドバイザーさんにお話し伺いました。

パソナキャリアはどんなサービス?

――パソナキャリアの強み、特徴を教えてください。
相澤氏:パソナキャリアは総合型の転職支援会社ということで、業界も幅広く、IT・金融・製造業・メディカル・消費財など多くの求人を紹介できているというところが強みです。
パソナと言ったら女性というイメージがあると思いますが特に管理部門や、女性の転職支援なども幅広くやっていることも特徴の一つです。

――パソナキャリアで扱っている求人数について教えていただけますか。
相澤氏:パソナキャリアの求人は平均で約4万件、そのうち約半数が非公開求人です。

――パソナキャリアの求人の特徴や傾向があれば教えてください。
三友氏:トレンドとしては管理部門など、女性にフォーカスした採用ポジションが増えてきています。政府の施策の一つで女性活躍推進法が施行されてから、女性をターゲットとした求人が体感的に少しずつ増えてきています。営業職も求人が多く、ご紹介できる求人が他の職種と比べて2~3倍くらい違います。

――パソナキャリアに登録した方へ、求人を案内するポイントや基準があれば教えてください。
三友氏:面談の中で、経験の部分と、何にやりがいを感じていたかという価値観の部分、転職して何がしたいのかという希望の部分、この3点を中心にお伺いして、経験や希望それぞれの観点にマッチした求人情報を幅広くご提案させていただいています。若手の場合はポテンシャル採用と言われるような未経験者を受け入れている企業もあるのでその方に合う求人を紹介しています。

――パソナキャリアのキャリアアドバイザーは職種で担当を分けているのでしょうか?
三友氏:アドバイザーは基本的には業界で分けています。
相澤氏:IT流通、金融、メディカル、製造など、業界ごとに専門の担当を割り当てていますが若手の営業の方と管理部門は業界横断で求人を紹介するのでここだけ職種で分けています。

転職を成功させるキャリアプランとは

――転職で失敗しやすい人はどのような人でしょうか。
相澤氏:初めての転職の場合は就職活動しか経験がないと、どうしても有名な企業に目が行きがちで、知名度はないけれど優良企業を見逃しているケースは有ります。「転職したけど、思っていたのと違った。今度は転職エージェントさんと相談しながらやりたいです」という相談もあります。初めての転職だと転職活動をしてみて分かることも多いと思うので、見るべきポイントをお伝えしながら転職活動を一緒に進めています。

――転職を成功させるためのコツはありますか。
相澤氏:転職する時は大きく2つのパターンがあると思います。1つ目は今の環境を変えたいパターン。「環境を変え年収を上げたい」、「今の会社が嫌でしょうがない、すぐにでも辞めたい」いうような方ですね。2つ目は、現状に不満はないけれどチャンスがあれば転職したいパターン。将来を見据えた上で「今の会社では無く、もっといいところがあれば転職したい」という方です。転職の動機はどちらでも良いと思いますが、より将来のことを見据えて仕事・会社を選ぶことが転職を成功させるコツになると思います。
具体的に言うと「現状を変える」のは簡単で残業が少なくなるとか年収が上がるなど条件の合う求人を選べば良いのですが、今回の選択によって5年後10年後の将来を見据えられる転職の方が圧倒的にその人のためになると思いますし、長く働くという面でご自身のキャリアにつながると思うので、「今回転職活動して決めた結果によって自分が将来どうなるのか」というキャリアプランを考えた転職の方がより成功に近づくと思います。

――キャリアプランという言葉にピンとこない方が多いのではないかと思います。女性や若い方、キャリアを意識せずに働いている人がキャリアプランを立てようと考えたときにどういったことから始めればいいでしょうか。
相澤氏:明確にビジョンを持っている方は少なく、だからこそ相談に来ていただいています。キャリアプランは大きく2つあるのですが「専門性、長所を伸ばす」というキャリアの積み方と、若手だからこそできる「やったことがないことを経験する」方法です。
やりたい事が分からないというご相談もあるのですが「どういう瞬間が楽しいのか」「どういう瞬間が楽しくない、つらい、苦手なのか」など、よりかみ砕いて聞くようにしています。

女性や若手でもキャリアを構築できる?

――働く女性ならではの仕事の悩みはどういったものが多いでしょうか。
三友氏:20代の方ですと、先輩たちが結婚や出産をきっかけに辞めていくので将来も仕事が続けられるか不安を持っているという話は多いですね。

――女性が転職をしたときにどこでも通用してキャリアも積んでいけるような仕事というとどのようなものがありますか。
三友氏:そうですね、管理部門は専門職になりますが業界を変えても通用するスキルなのでキャリアも積んでいけると思います。

――パソナキャリアに相談にくる若手の方はどのような方が多いでしょうか。
相澤氏:そうですね。「これしかやりたくない」という方と、「何をやったらいいか分からない」という方と、大きく分けて2つの傾向があるかなと思います。

――「希望職種しかやりたくない」と思考が固まっている方へは、どのようにお話しをされていますか。
相澤氏:転職活動をしてみないとわからないこともあるので、まずはご希望の職種を中心に受けていただいて、実際の転職市場を体感していただくことが多いですね。仮に選考が不合格になってしまっても、転職活動が失敗ということではないですし、「この職種は競争率が高いんだ」 ということを知ること自体が転職活動で有意義な情報だと思うので、活動をしてみて書類が通らないとか面接通過しないということを経験した上でどうしていきましょうかというご相談を一緒にすると、より良い転職活動になるかなと思います。

――働いていく上で若いうちから気を付けておいた方がいいことはありますか。
相澤氏:「将来何がやりたいのか」ということを考えた上で、現在がきちんとそのゴールへの通過点になっているかどうかが考えられると一番いいと思います。ただこれを考えられる方って本当に少ないと思うので、今の仕事でも新しい仕事でも「やりたいこと」や「やりがいに感じること」「得意だなと思うこと」を見つけて目の前にあるものをしっかり1つ1つ向き合っていくということは大事だと思います。経験を積み重ねることは転職時の強みにもなります。

“転職とキャリア”のバランス

――“キャリアチェンジ”というのはどういったものを指すのでしょうか。
三友氏:一般的には職種が変わる、業界が大きく変わるという事がキャリアチェンジだと思います。一般的には若いほうが選択肢が多いので、特に業界・職種を両方変えると場合は20代のうちに動いた方がいいと思います。

――「キャリアアップ=年収アップ」と考えて大丈夫でしょうか?
相澤氏:個人的には、どの会社に行っても転職することはキャリアアップになると思っています。違う人、違う場所、違う仕事をする、違う経験をすること自体がキャリアアップになると思うので、キャリアアップ=年収アップということだけではないかなと思います。

――年収を下げてでも「職種を変えたい」という方はどのくらいいらっしゃるのですか。
三友氏:体感的には少なくないと思います。現在の年収は、現職で数年の経験や実績を評価された上での年収なので、今までの経験がマッチしていれば同程度の年収もしくは年収アップということもありえますが、未経験の職種に挑戦する場合は年収が下がることも想定しておいた方がいいと思います。
例えば同じ人事としての転職でも、これまでは採用のみだったのでゼネラリストとして次は労務に挑戦したいとなると、労務は未経験になるので、その分を考慮して年収は下がる可能性があります。ただ仕事の幅は広がることになるので、それはキャリアアップと捉えられると思っています。年収は下がってしまったけど、キャリアにつながる転職はたくさんあります。

――印象に残っている転職エピソードかあれば教えてください。
相澤氏:業界を変えたのに年収が上がったという例があります。その方は、不動産の営業をやっていた男性の方で、結婚し家庭を持ったので年収を上げたいという点と、現職が忙しく残業が多いので家族サービスをする時間がほしいという点で、転職のご相談をいただきました。
最終的にIT業界に転職が決まり、年収も150万円ほど上がって、残業は3分の1に減るという転職をなさいました。
企業様側の採用の視点として、業界未経験の採用となると、その方に教えたいと思えるかというお人柄の部分や、同じ会社のチームメンバーとうまくやっていけそうか、というのも採用の視点に入ると思います。その方は悩みの内容も明確で、素直でお人柄も良く、しっかり学んでくれそうだなとか、協調性をもってやってくれそうだということで採用が決定し更に年収も上がる転職ということになりました。「素直さ」や「学ぶ姿勢」は転職において大事だと思います。

――相澤さん、三友さん、ありがとうございました。

「パソナキャリア」、取材を終えて

ただ求人を案内するのではなく、“その人の未来のための転職”を考えてサポートされているな、と強く感じました。スキルや経験だけではなく、考え方や、将来を見据えたキャリアプラン、その人に寄りそったサポートに力を入れていて、アドバイザーさん達自身の仕事への熱を感じました。

“キャリア”という言葉に、あまりピンと来ていませんでしたが、「キャリアを考えない転職は、マイナスになること・若いうちから意識することで将来の可能性を広げられること」を勉強させていただきました。

今すぐに転職という方でなくても、長期的なサポートも行っているとのことなので、「自分・仕事・将来」を見つめ直すきっかけとして、パソナキャリアに相談してみるのもいいですね。

求職者様へ動画でメッセージ!

パソナキャリア 公式ホームページ

 概要

満足度の高さの秘密
第三者機関が行っている利用者アンケートで、常にランキング上位に名前が出るパソナキャリア。
高い満足度は、業界トップクラスの求人数にあります。21000件以上の求人数で取引企業は16000社と、各業界を網羅している充実ぶりです。

キャリアアドバイザーがスゴい!
転職支援サービスのメリットは、専門のアドバイザーさんに的確な助言をもらえること。
パソナキャリアのキャリアアドバイザーは多くの転職成功の実績を持ち、各業界に精通しています。専任のアドバイザーが一人一人に合った転職プランを提案します。
pasonacareerは人材派遣(パソナJOBサーチ、あるいはパソナジョブサーチというシステムが便利なことでも評判)で大変有名ですが、世界のパソナグループでは転職エージェントサービスも充実しています。外資系企業や外国就職、海外就職に強いパソナグローバルというサービスも。IT系ならばパソナテック転職エージェントもあり。転職に関してはパソナに相談すれば何でも解決するといわれるほどです。

自分の市場価値は自分で決める
あなたの市場価値が見えてきます。自分一人では判断できない自分のことでもマンツーマンでキャリアアドバイザーが相談に乗ってくれるから、冷静な第三者目線で自分を判断できます。
あなたの価値を適正に評価し、年収アップをねらう転職を目指します。

 

複数の第三者機関が行った転職決定人数ランキングや顧客満足ランキングで、常に上位にランクインするエージェントといえば「パソナキャリア」
トップクラスの人材派遣会社・パソナが展開する転職支援エージェントです。

利用者に人気の理由の一つは年収アップ率が67.1%という数字。収入アップを目指すなら、登録しておいて損はありません。
国内の大手・有名企業を中心に16000社、求人件数は25000件以上と業界トップクラス。他のエージェントではなかなか見つからないレア求人も多数と言われています。
応募書類の書き方から年収・就労条件の交渉、前社の円満退職方法まで、納得のフルサポートがあなたをお待ちしています。


パソナキャリアの転職エージェント 転職成功事例

パソナキャリアの転職エージェント 転職成功事例


転職エージェントまとめ一覧
type転職エージェント
マイナビエージェント
リクルートエージェント
アデコ
DUDA
ハタラクティブ
アイデムスマートエージェント
パソナキャリア
エンエージェント
JACリクルートメント
キャリアカーバー
ランスタッド 転職支援
ビスリーチ
ファッショーネ
就職agentneo
ジェイック
レバテックキャリア
ワークポート
マイナビエージェント it style=
いい就職.com
第二新卒ナビ
UZUZキャリアセンター
geekly

↓ 転職エージェント15社徹底比較はこちら ↓

このページの先頭へ