達成感が得られる転職は、ブライダル業界がおすすめ!

華やかなイメージのブライダル業界

結婚という人生の華やかなイベントに関わることができる、ブライダル業界。挙式・披露宴、披露パーティなどの挙式サービスに限ってみても、プロデュース、飲食、ブライダルエステ・ヘアメイク、婚約指輪や結婚指輪などのブライダルジュエリー、衣裳、撮影・映像・音響など、関連する仕事は数多くあります。

ブライダル業界は、人の幸せをお手伝いする仕事という華やかで明るいイメージがあります。ただし、どんな仕事にも言えることですが、華やかさの裏には多くのスタッフの地道な努力や工夫があります。

今回はブライダル関連の仕事に転職したいと考えている人へ、業界知識や職種などについてお話していきましょう。

縮小傾向のブライダル業界で将来性のある会社とは

結婚という大イベントに関わるブライダル業界も、最近は少人数での披露宴を希望するケースや晩婚化、挙式や披露宴をすることにこだわらない夫婦も増え、関連市場はゆるやかな縮小傾向にあります。3年連続で挙式披露宴・披露パーティの市場規模が縮小している、という調査結果もありますが、挙式や披露宴の要望が決してなくなるわけではありません。むしろ少子化によって、挙式や披露宴に対するこだわりや要望も増えていくことでしょう。ですから、これからは顧客である新郎新婦やその家族が求める細かいニーズに応え、より満足度の高いサービスを提供できる会社に将来性があると言えるでしょう。
また、女性が活躍している業界なので、産休・育休制度など女性にとって働きやすい環境が整っている会社が多いのも特徴です。

挙式や披露宴を行う施設にはどんなものがある?

一般的に結婚式や披露宴が行われる場所は、専門の結婚式場・ホテル・レストラン・クルーズ(船上)・ゲストハウスなどがあり、挙式を宗教式や無宗教式で行うかによって選ぶ施設が変わってきます。中には美術館や庭園、遊園地など、新郎新婦の願いをかなえた場所で行うこともあります。

宗教式の場合、教会式・神前式・仏前式があり、教会や神社・寺もしくは、宗教式の挙式を行うことができる施設で挙式をします。この場合、宗教によって服装や決まり事などがあります。無宗教式の場合は、宗教式に比べて演出は自由で、ホテルやレストラン、結婚式場など施設に設けられたチャペルや祭壇などで行われます。

ブライダル業界の職種や仕事は?

ブライダルの主役は何と言っても新郎新婦。ブライダルに関する職種は、その主役を輝かせるために裏方となって力を尽くします。

それではブライダル業界の主な職種と仕事内容、適性について見ていきましょう。

ウェディングプランナー・ブライダルプランナー

新郎新婦の要望を聞いた上でアドバイスを行い、スタッフをとりまとめ、結婚式をトータルにサポートするのがウェディングプランナーの仕事です。

多くの結婚式場やホテルでは、結婚式を検討しているカップルを対象にした見学会を定期的に行っています。見学会では施設についての説明、挙式プランの提案、見積もりの提示などを行います。ウェディングプランナーの仕事は、数ある式場の中からお客様に選んでもらうために営業活動を行うことから始まります。

挙式が具体的に決まったら、新郎新婦との打ち合わせをはじめ、衣装、食事、席次、予算、当日の演出などすべてのことに関わり、結婚式を滞りなく進めるように手配をし、当日の結婚式を取りしきります。

ウェディングプランナーの主な職場は結婚式場やホテル、レストランなど実際に挙式を行う施設やプロデュース会社。ウェディングプランナーは、新郎新婦に必ず一人は担当者としてつくので、結婚式にはなくてはならない存在です。新郎新婦との信頼関係が最も必要とされ、コミュニケーションをしっかりとることができ、細部まで気を配ることができる人が向いています。

また、ブライダル専門のプロデュース会社には、会場見学や見積もりの提示、挙式や披露宴の会場選びから、当日の進行までを担当してくれるウェディングプランナーが多数います。力を入れているエリアや宗教、得意ジャンルなどもそれぞれ違うので、ブライダル専門のプロデュース会社に転職を考えている人は、ある程度リサーチしておく必要があります。

スタイリスト

結婚式で、新郎新婦をより魅力的に輝かせ、列席者も楽しみにしているのが衣装。スタイリストの主な仕事は、新郎新婦の希望を聞き、婚礼のスタイルにあった美しいブライダルドレスをスタイリングする仕事です。ブライダルスタイリストやドレスコーディネーターなどとも呼ばれ、メイクアップアーティストがこの仕事を兼ねている場合もあります。

スタイリストの職場は、ホテルや結婚式場の貸衣装室、ブライダル専門の衣装店などです。打ち合わせ、試着、ヘアメイクにあったアクセサリーの提案など、新郎新婦やその家族と話す機会も多くあり、流行のスタイルのリサーチ、お客さまに似合うデザインや色など親身になってアドバイスすることが求められています。アパレル業界や衣装デザインなどの経験者などはその経験を活かすことができるでしょう。

メイクアップアーティスト

新郎新婦を美しく引き立てるためにブライダルメイクや、ヘアセット、着付け、ネイルなどを行うのがメイクアップアーティストの仕事。特に花嫁が安心して任せられるよう、技術力やセンスの良さはもちろんのこと、現場経験がものを言う仕事です。

メイクアップアーティストは、結婚式場やホテルなどの専門スタッフとして働くほか、フリーランスで活躍する人も。専門学校に入って技術力を身につけ、美容師免許やネイリスト、着付けなどの資格を取得している人が活躍できる仕事です。

映像・音響スタッフ

結婚式という大切な日をビデオや写真に収めるカメラマン、会場を盛り上げる音響・照明スタッフなども結婚式には欠かせない存在。専門性が高く、緊張感のある仕事です。技術力はもちろんのこと、現場で臨機応変に対応できる力が必要です。

ブライダル業界へ未経験からの転職も多い

ブライダル業界は未経験で応募できる求人が多くあり、女性が活躍できる業界。ブライダルという華やかさや、人に喜ばれる仕事であることに憧れて就職する人も多く、結婚・出産などの経験を経て、再びこの業界で働いている人もいます。

特に学歴は必要ありませんが、お客さまとの打ち合わせも多く、人に好感をもたれる接客マナーやコミュニケーション能力、オリジナルさを演出できるアイデアの提案などが求められています。飲食などのサービス業・営業や接客業などの経験者、人と話すことが好き、チームワークを大切にする、など、異業種で経験してきたことはブライダル業界で十分活かせます。結婚式での感動的なシーンを目にした時、お客さまから感謝の言葉をもらった時など、やりがいを多く感じられる仕事でもあります。

結婚式は土日祝に行われることが多いため、休みは基本的に平日。挙式のある日は丸一日動きっぱなし、ということも少なくありません。給与は他の業種と比べて平均的ですが、人々の幸せのお手伝いをして達成感を得られる、スピーディながらも自分のお客さまにしっかりと向き合える、
ということがこの仕事の喜びと言えるでしょう。

理想の会社やよりよい求人情報に出会う方法

ブライダル業界に転職したいなら、転職先として考えられるのは、結婚式場、ホテル、プロデュース会社など。手軽に求人情報を見ることができる転職サイトでの情報収集はもちろん欠かせません。

華やかさだけではなく、実はハードワークな一面もあるブライダル業界。転職してから理想と現実のギャップに悩まないようにするには、仕事内容や職場の雰囲気、給与や待遇などもしっかり事前にチェックしたいものです。

でもいざ面接となると、なかなか踏み込んで質問ができない…そう悩んでいる人も少なくありませんよね。そんな時はぜひ転職エージェントに登録してみましょう。転職サイトに掲載されていない求人情報を手に入れられるほか、会社の情報収集や面接対策なども転職エージェントが力になってくれます。あなた自身も輝くことができる、憧れのブライダル業界へ、さあ一歩踏み出してみましょう!

おすすめ 転職エージェント

転職エージェント おすすめランキング一覧表
運営会社 サービス詳細 公式サイト
Spring転職エージェント
(旧アデコ)

人生に寄り添う丁寧なサポート
Spring転職エージェントのキャリアコンサルタントは求職者と企業の両方を担当しているので生の情報を得られます。求職者の人生に寄り添う丁寧なサポートで満足のいく転職を叶えます。最大手だけあり求人数も膨大。もちろん全国対応。
リクルートエージェント
転職成功実績 No.1
リクルートグループだからできる業界トップクラスの求人数と非公開求人数。求人エリアも全国対応しており、業界・職種の知識に精通した頼れる専任アドバイザーがあなたの転職活動をサポート!
ワークポート
総合転職エージェント!ITに強み
IT系・WEB系に非常に強い転職エージェントでしたが、近年は営業、管理部門、販売・サービス業等の求人も豊富に扱うようになりました。全国の求人を扱っており、未経験の転職にも強い。

このページの先頭へ