ワークポートで転職 口コミ&評判

ワークポート 突撃取材▶▶ 未経験からITエンジニアを目指せる!?【詳細】


ワークポート 公式ホームページ

ワークポート おすすめ理由3つ!

おすすめ理由はこの3つ!

ブラック企業は排除!IT転職に強い!

IT・ゲーム業界に強い転職コンシェルジュで有名なワークポート。IT業界の求人数は7,000件。ITエンジニアだけでも常時4700件の求人。IT業界の求人を扱うエージェントの中でもトップクラスの求人数です。専任の転職コンシェルジュはシステムエンジニアやプログラマー経験者が多いのも特長。業界の内情や最新動向に精通していており心強いサポートが受けることができます。未経験者にも親切で、仕事内容や業界ならではの事情も詳しいと評判です。
 転職と言えば心配なのはブラック企業。ワークポートは、応募する企業の内情にも精通しているので「入社してみたら違った・・・」などのミスマッチを防ぎます。とくにITでは絶対にブラックを避けたいところですが、残業時間や研修体制も事前にチェックできるので安心です。

専任転職コンシェルジュによる丁寧なサポート

専任の転職コンシェルジュによりきめ細かいサポートに定評があります。特に面接や書類選考対策に力を入れており、過去10年間のデータを分析し、面接対策を繰り返し実施。転職成功者の情報を元に応募企業や採用担当者の性格分析まで行い最適な書類の書き方を指導してくれます。
細やかなな転職が受けられるので、IT志望のフリーターやニートの方に特におすすめです。
転職未経験者向けサービスでは、東京・大阪・福岡で転職ノウハウセミナーを定期的に開催。不安や疑問を解決するサポートが充実しています。
もし担当コンシェルジュの相性がよくないという場合は、担当コンシェルジェ変更窓口から変更が可能です。

スケジュール管理システムでスムーズな転職

独自のスケジュール管理システム「eコンシェルジュ」は、転職活動状況を一括で管理できる多機能ツールです。
面接スケジュール管理や応募求人管理、条件に合う最新の求人の自動表示、担当コンシェルジュとのメッセージ送受信など、転職活動で必要なやり取りや情報管理がこのツールひとつで一元管理ができます。時間や場所を問わずいつでも転職活動ができると大好評です。
スマホにも対応しているので移動中でも手軽に職探しができます。

職種・こだわり条件ランキング

ワークポートが強いのは?

職種
■第1位 ITエンジニア(システム開発、インフラ)
■第2位 営業
■第3位 WEBサイト、インターネットサービス、ゲーム
■第4位 電気・電子・機械技術者
■第5位 管理・事務系
■第6位 マーケティング・企画・経営企画・管理職
■第7位 クリエイティブ系(広告、ファッション)
■第8位 施工管理・設備・環境保全
■第9位 建築・土木
■第10位 専門職(コンサルタント、金融、不動産)
※workportより参照→

年収
■第1位 年収301~500万円
■第2位 年収501~700万円
■第3位 年収~300万円
■第4位 年収701~1000万円
■第4位 年収1001万円~
※workportより参照→

【ワークポート 求人について】
電車広告でもお馴染みのワークポート。業界問わず、未経験からキャリアアップまで幅広く対応しています。IT業界に特に強みを持ちますが、職種・業界問わず扱ってており、丁寧なサポートから、転職決定人数ランキング第1位、The Best Matching Of The Year2014など様々な実績を持ちます。

東京本社のほかに大阪、福岡に支店があり、関西圏(大阪)・福岡の求人を多数保有。
ワークポート福岡のサイトでは福岡市長のメッセージが掲載され、UターンIターン転職支援にも力を入れています。

ワークポート 年収UP成功事例

ワークポート 企画からプロデューサーへ、キャリア&年収がアップ!
仮名・年齢 女性 31歳
前職 WEBコンテンツ企画・制作
転職先 WEBプロデューサー・ディレクター
年収 380万円⇒455万円
年収があがった理由
チェック1 3時間もの長時間の面接指導で内定を獲得!
チェック2 高いハードルを心強いサポートにより乗り越えられた!
チェック3 プロデューサーへキャリアアップと年収UPを実現!

※workportより参照→

ワークポート ご紹介先企業例

ワークポート ご紹介先企業例
※workportより参照→

【紹介先企業例】
アカツキ、ディー・エヌ・エー、NHN PlayArt 、楽天、コニカミノルタ、サイバーエージェント、サイボウズ、カプコン、リアルスタイル、ガンホー、スカイウイル、GMOアドパートナーズ、ネクストビジョン、ドリーム・アーツ、ジャパニアス、スパイク・チュンソフト、エス・アイ・エス、シンソフィア、コーソル、比較.com、ブイキューブ、キャリアインデックス、システナ、SHT、スペース・ソルバ、エヌディーキューブなど多数

セイコ
【紹介先企業特徴】
10年以上前からIT専門でサポートしている草分け的存在であるワークポートは、ITへの転職にとりわけ強く、専門性の高い業界に求人を絞っているエージェントです。
得意とする業界はIT・通信・インターネット業界であり、業界自体現在最も求人ニーズの高い業界でもあります。職種ではITエンジニア、フロントエンドエンジニア、営業、管理・事務、WEB・インターネット・ゲームが得意分野です。ITエンジニアに関しては常に大手からベンチャーまで多数の求人を保持しています。
また、担当コンシェルジェにIT業界経験者が多く、他のエージェントでは得られない業界に関する情報を提供し、転職活動を手厚くバックアップします。


 

ワークポート 公式ホームページはこちら


 

転職業界人が語る ワークポートの評判は?

 

転職業界人 ワークポートのオススメポイント

  1. 一番求人の多い業界に特化しているため、採用決定率が高い
  2. 他業界の求人の獲得にも力を入れており、汎用性が高い
  3. 社内システムは全部内省化し、求職者用の推薦システムも自社開発。使いやすく、迅速な対応が可能

 

ワークポートは今非常に勢いのある転職エージェントです。

同社は全体の求人数、採用決定数は大手エージェント及ばないものの、IT・WEB業界の求人数は随一で、この分野においては大手エージェントとくらべても引けをとりません。

副社長がもともとエンジニアであり、社内システムも全て内省化していることからもこの分野に関する同社のこだわりが感じられ、この成果はまさにここが源流なのではないかと考えます。

また、社内を見学させていただいたこともありますが、非常に活気にあふれ、エージェント一人一人のやる気が感じられました。
求職者にとって素晴らしいエージェントではないかと思います。

IT・web業界は全ての業界において求人数の多い業界だと言われています。

実際、全ての業界の求人を網羅しているリクルートエージェントの中ででも、一番採用決定数が多いのはIT・web業界です。
その求人数が多い業界に特化して採用を支援しているため、採用決定数も非常に多く多数の実績を出すことができています。

また、最近はメーカーやサービス業界などIT・web業界以外の求人獲得にも力を入れています。
そのためIT・web業界を中心に応募しながら、他業界の求人も応募できるという汎用的な転職活動を行うことも可能です。

また、同社は求人エントリー等を自社で製作したサイトから行うことができます。
当サイトは非常に使いやすく、自身が応募した案件管理等も簡易的に行うことができるため非常に転職活動の負担を減らすことができます。

一方で、以下の点は、ワークポートを利用する点で物足りないと感じます。

 

① 求人票の内容が薄い
② キャリアコンシェルジュ(キャリアアドバイザー)のスキルが物足りない
③ 企業に原則訪問しないため、企業担当者との関係が希薄 

 

ワークポートの考え方は、企業の営業担当が実際に企業に訪問しても訪問しなくても採用実績は変わらないという考えで、企業訪問そのものが原則無駄なものであると考えています。

そのため、求人票の内容が非常に希薄で、どのような採用ターゲットで、面接を受ける組織の人員構成など、どんな会社・仕事内容・職場環境なのかがはっきりしないことが非常に多いです。

そのような状況だと、法人担当者が自身の担当企業のことを分かっていないという状況となります。
すると当然その2次情報を取得するキャリアパートナーは企業に関する知識は当然さら希薄となります。

私は同社のサービスで人材紹介の業界にエントリーしましたが、キャリアコンシェルジュ(キャリアアドバイザー)より私のほうが主導で話を進めた経緯もありました。

また、法人営業担当者と企業担当との仲が良いと、裏で特別な求人をもらえたり、面接日程の調整をスムーズにできたりと求職者にとって色々メリットが発生するのですが、その状況を作ることもできないのも同業者として非常にもったいないように感じます。

 

ワークポートはIT・web業界の求人数が非常に多く、決定実績も非常に多いです。使用しているシステムも非常に使いやすく求職者にとって非常にメリットのあるサービスを提供しています。

一方、求人票や企業の情報については求人獲得の手法が電話とメールのみなので情報が非常に希薄です。
従って、2次情報を取得するキャリアコンシェルジュ(キャリアアドバイザー)の企業に対する情報の甘さが否めません。

また、求職者によっては、新たな求人を得られるチャンスを逃してしまう可能性もあります。

 

 

 

ワークポート 評判・口コミ

1位未経験者にも親切
2位求人が多い
3位性格分析がすごい
4位指導は少し厳しめ
5位情報量が多い

ふつう
星3つ
男性(31才)

DTPデザイナーとして10年間勤務したものの、ワンマン社長のあまりの理不尽さに精神を病んで退社。もともとDTPの仕事は減ってきており、伸びる見込みのない業界だったので、職業訓練を受けてWEBクリエイターとして独立。自分で仕事を取ってくるのは思いのほか大変で、月に20万円稼ぐのでも精一杯。WEB制作の価格相場は年々下がっていく傾向にあり、度重なる値引き交渉にも疲れてしまい、もう一度就職しようと思ってワークポートを利用しました。フリーランスという働き方は合わないが、WEBデザインは好きなので転職エージェントを使って就職してよかった。実力が認められ、大手に入れたので職場環境も良く、福利厚生なども充実しています。

ふつう
星3つ
男性(25才)

就活で苦労の未内定。やっと決まった内定で、ECサイト担当で入社しましたが、実際は買取や梱包などばかりで全くWEBに関わることができずこのままではいけないと思い退社しました。空白期間と短期の退職でなかなか仕事も決まらず・・・そんなときに頼ったのがワークポートです。IT・WEB系に強いと聞いていたのと、転職コンシェルジュっていうのが気になって利用してみました。結果的に、WEB制作の関係会社に内定をもらって、フロントエンドエンジニアとして勤務しています。社会人経験が浅い自分には人間関係が難しく、また未経験で入社したので実力不足に悩んでいます。友達とワークポートのアドバイザーさんにアドバイスをもらいつつ改善する努力をしています。実力不足については自分でも勉強時間を設けて頑張っています。

良い
星5つ
女性(29才)

ずっとプログラマーとして働いていましたが、結婚を機に退職。子どもを保育園に預けられることになったので仕事を探していて、電車で見つけた転職コンシェルジュが気になってワークポートに相談しました。
子どもがいるので残業ができないことを伝えたら、テスターの仕事を紹介してもらいました。メーカーのPC機能の検証です。大手で職場環境もとても良いです。忙しいチームに配属されたので、残業が全くなしとは行きませんでしたがそれでも福利厚生も充実していて、大手ならではのリゾート割引などもあり満足しています。無理のない程度に楽しく働けています。
テスターという仕事自体頭になかったので、ぴったりの仕事を紹介してくれたワークポートさんには感謝しています。

ふつう
星3つ
女性(31才)

前に一度だけ経験があったので、ワークポートでPGの仕事を紹介してもらいました。金融系の企業で、オープン系業務システム開発です。未経験の言語だったため、かなり独学が必要で大変でした。昔働いていたプロジェクトよりも少人数で、オフィスも狭く、大手の大人数のプロジェクトの方が働きやすいと思いました。常駐して客先で作業する働き方なので、早くプロジェクト先が変わるといいな、と日々思っています。

ふつう
星3つ
男性(37才)

オープン系業務システム開発のPGでした。会社の都合でプロジェクト移動になり、新規開発のプロジェクトだったため、仕様バグが多くしかもやったことのない未経験の言語で仕様バグがあると製造が困難。スケジュールもきつく、毎日終電帰りや休日出勤が続きました。このままでは体が持たないと思い、workportに相談しました。それなりにスキルがあったのでいくつか仕事を紹介されましたが、近場で見つからず。身体的負担も少なくて近場の求人が出るのを待ってます。早く今の職場を辞めたいです。

良い
星5つ
女性(28才)

プログラミングを独学するうちに、もっとプログラミングについて知識をつけて仕事に生かしたいと思い、仕事を探していました。リクナビで探していましたが、ピンとくるところがなく、電車で見かけたワークポートに相談してみました。転職コンシェルジュ?の方も親切で、無事に未経験からプログラマーとして入社することができました。オープン系業務システム開発です。大手で職場環境もよく、仕事内容も既存システムへの機能追加や改修が多かったため、スケジュールもハードではなく働きやすい現場です。プログラマーとして初めての転職だったためブラックだったらどうしよう・・・など不安でしたが、学ぶことも多く、楽しく仕事をしています。ありがとうございます。

良い
星5つ
男性(44才)

ずっとSEで、年齢的に長時間労働をしたくないという条件で仕事が見つけられるのかと、半信半疑ながらワークポートを使って職探しをしたのですが、いろんな条件を入れて検索することが可能で、いくつか求人がヒットしたので情報量が多いと感じました。
その中で自分に合いそうな仕事を見つけることができ、転職することができたので満足しています。

ふつう
星3つ
女性(28才)

通勤場所が近い場所が良いと思い、ワークポートで転職先を探しましたが、求人の数は多くていいのですが、自分に合ったものはなかなか見つからず苦労しました。それでもやっと見つけて転職できたので良かったです。
あまり条件にこだわらずに仕事を探すのなら、すぐに見つかると思うので、一度ワークポートを使う価値はあります。

悪い
星1つ
女性(33才)

これまで1回転職を経験して、どちらの仕事もサービス業だったので土日は休みではなかったんです。1回目の転職はやりがいを求めての転職で、それはそれで満足して働いていたんですが、やっぱり土日休めない仕事はつらいなと感じていて、思い切ってワークポートに相談しました。
担当の方は親身に相談に乗ってくれましたが、サービス業から他業種に転職するには年齢がネックになっていると正直に言われてショックでしたね。土日休みのことが多いオフィス系の仕事はすごく人気があって転職するのであればせいぜい20代半ばまでが勝負といわれました。それで目が覚めて、オフィス系は諦めざるをえませんでしたので、代わりに接客経験の生かせそうな営業系で活動を探していきました。活動はやっぱり大変でした。書類ひとつ書くにしてもペンが進まないし、書いても添削で厳しいダメ出しがあるし、何度も諦めようと思いましたが、担当の転職コンシェルジュ方のサポートのおかげでルート営業の仕事に就くことができました。
第一志望の仕事には就けませんでしたが、以前よりは土日が休めるようになり、プライベートも充実するようになってきたのでそれなりに満足しています。ITに強いと聞きましたが、他にもたくさんの仕事を扱っていました。

良い
星5つ
男性(43才)

僕は43歳で、ファミリーレストランの店長をしています。店長というと響きは良いのですが、実際は激務で本当に大変な仕事です。まず第一に、朝は早く夜は遅い、帰宅したら既に日付が変わっていたということはざらにあります。しかも、アルバイトの子が急に欠勤した場合は、店長である私がその埋め合わせをしなければなりません。店長の業務をこなしながら、アルバイトの子の分まで働くのです。
こんな職場では身がもたないと思い、本気で転職を考えようと思いました。僕が選んだのは、「ワークポート」という聞き慣れない転職サイトです。僕の長年の友人がおすすめしており、僕もここで転職先を見つけようと思いました。
人材紹介会社を利用するのは初めてでしたが、それも今までよりずっと待遇が良くて給料も高い所が多く、最初はビックリしました。転職コンシェルジュ?の方も親切で、手に職をつけるエンジニア職を紹介されました。もくもくと仕事をこなすのは好きなので挑戦してみようと思います。あと1ヵ月後に退職し、SEとして働く予定です。

ふつう
星3つ
男性(36才)

前の会社は、本当に酷くて、よく土日出勤していました。勿論サービスです。景気が回復した事により、仲間達は、転職しました。勿論、待遇や就労条件が、いい会社に行きました。3人ぐらい会社を辞めたところで自分も転職しようと決意しました。勿論、理由は、休日出勤を減らしたいという理由です。そして、ワークポートを使ってみました。ワークポートを使った感想は、準大手のサービス内容かなあという感じです。不満足な点はなかったですが、凄くよかったという点もありませんでした。全体的な評価点をつけるとすれば、やはり普通という事になります。ただ、大手は、キャリアや学歴のある人を優先する傾向にありますから、そうでない人達とっては、ありがたい総合転職エージェントに思います。

悪い
星1つ
女性(29才)

私はワークポートを利用して転職をしました。今まで通勤していた会社が交通の便がかなり悪いところにありまして、車で行けば30分で到着するところが、私は運転できないため1時間半かかっていました。それで、かなり効率が悪いということとあまりやりがいを感じている仕事ではなかったので、転職を決意しました。
最初はハローワークに通って、いろいろ求人検索をしたのですが、なかなかいいところが見つからず、インターネットの転職サイトを利用して活動をしようと決意しました。ワークポートというサイトを見つけました。
私は少々変わり者なので、人と同じようにすることは嫌いなのです。私と同じく転職活動をしている人は別の転職サイトを使っていました。
女性の転職を応援しているというトップページだったので、利用したのですが、正直いまいちでした。まず、偏った業種しか出てこないため、私が行きたい業種の仕事が見つからなかったのです。最初はどこのサイトも同じようなものだと思っていたので、ワークポートでいろいろ探して、面談の申込みもしました。しかし、返事が全くないのです。
通常はサイト上でいろんな申込みができるとなっていたのですが、全然反応がなく、ワークポートを使って転職活動をすることをやめました。

良い
星5つ
男性(39才)

今まで勤めていた会社はいわゆるブラックな会社で、その企業体質はけっこう悪質なものでした。休日出勤は多いし、有休もまともに使わせてもらえないとこぼしている同僚も少なくありませんでしたよ。実際に僕もあまりにも多い時間外労働を減らしたいと思い、思い切って転職することにしたんです。
家族がいるので不安は大きかったですけど、ワークポートの担当さんと二人三脚で頑張りぬくことができましたね。ワークポートの担当さんはその業界のスペシャリストの方ばかりなので、裏情報とかもミスマッチがないように詳しく教えてくれました。
紹介してくれる業界も幅広い方だと思いますね。こういう人材が望まれるなど、選考に通過しやすくなる情報もたくさんもらえましたし、書類の添削なども厳しかったけどしっかりとしたものを書くことができました。
転職活動中って複数の企業に応募するのが通常なのでスケジュール管理が難しいこともあると思いましたが、ワークポートさんのツールを使えば進歩状況などのスケジュールが一目でわかってすごく便利でした。これなら忙しい中でも転職活動ができると感じましたね。おかげでまともな体質の会社に就職できてうれしく思っていますよ。

ふつう
星3つ
女性(38才)

派遣会社で数年勤めていましたが、このたびワークポートを利用して転職活動を行う事に決めました。専任コンシェルジュによる無料転職支援サービスに魅力を感じ、すぐに登録しました。
派遣期間中は、自分で勉強し、色々な資格を取得しました。できれば、教育がしっかりされているところで働きたいと思うようになりました。そういう事も専任コンシェルジュに強く要望しました。ただ、そういう企業は、志願者も多いわけであり、すぐに埋まってしまうようであり、なかなか紹介して貰えませんでした。
ワークポートを使った感想は、専任コンシェルジュによる無料転職支援サービスにより、派遣社員ではなく正社員になる事が出来ましたが、完全に希望を満たしてくれたわけではないため、70点ぐらいの評価に思います。

良い
星5つ
男性(34才)

僕は1度は正社員として働いた経験があるんだけど、夢を追いかけるために1年足らずで退職したんです。その後はアルバイト生活をしながら夢を追いかけたんだけど、どうもうまくいかなくて結局生活を安定させるために正社員を目指そうと思ったんです。
転職なんてしたことがないからワークポートに相談して、徹底的にサポートしてもらいましたよ。無料で使えるって聞いたし、せっかくのサービスは利用した方が得だと思いましたからね。
正直に担当の人にこれまでの経歴を話してアルバイトから正社員を目指したいと相談したら、正直道は険しいけど一緒に頑張りましょうって言ってもらえてうれしかったですね。それからは履歴書の書き方や面接での受け答えなどもう特訓して、それと同時にパソコンスキルも身につけていきましたよ。自分の適性に関してもしっかりアドアイスをもらって向いていそうな仕事を紹介してもらいました。
アルバイトの経験しかなかったから正直かなり苦戦を強いられましたけど、仕方ないことだと割り切って謙虚な姿勢で臨むようにして何とか1社に採用してもらいました。上司が年下でプライドが傷つくこともよくありますけど、毎日頑張って働いています。
今は安定した正社員の職があるだけありがたい時代ですからね。ワークポートのおかげだと思っています。

ふつう
星3つ
男性(35才)

先日今まで働いていた会社を退職しました。社内SEとして働いていましたが、今までの仕事は朝早くから夜遅くまで残業はザラでした。休みは不定休で、休みはとても疲れてしまっていて趣味の時間を取ることもできませんでした。思い切って退職したのですが、転職活動のことは何も考えていませんでした。
漠然とハローワークに通ったりもしましたが、無駄にハローワークに通っていても意味がないので、インターネットの転職サイトで活動を行うことにしました。そのときワークポートを見つけて、良さそうな求人があったので、登録をしたのがきっかけです。
趣味と両立させたいので、休みは定期的に休めるところで勤務時間も残業が少ないところを探しました。いくつか求人を紹介してもらい、面接を受けました。
結局今までと同じ業界で、職種を変えることで毎日の勤務時間がほぼ決まっている仕事にしました。もう同じ仕事はしたくなかったので、よきアドバイスをくれたワークポートには感謝しています。でも、やっぱり前の仕事の方がやりがいはありました。仕方ないですね。

ふつう
星3つ
男性(33才)

僕が転職を決めた理由はずばり人間関係ですよ。僕だって33年生きてきましたからね、どこの会社に行っても嫌な人間のひとりやふたりは必ずいるものだと思って我慢してきましたけど、もういい加減に限界が近かったので思い切って転職サイトに登録したんです。いいところがあれば転職するぐらいのスタンスでしたけどね。
前の仕事は給料や待遇に不満はないんだけど、仕事に支障がでるくらい人間関係が悪くて、そんなのが転職理由になるか少し不安ではあったんですが、ワークポートの人は理解を示してくれましたね。さすが転職者を支援する会社なだけあるなって思いましたよ。
ただ、面談の中で人間関係だけの理由で転職すると後悔する場合もあるかもしれないと言われたりして、気持ちが揺らいだことも事実ですね。応募書類はきちんと添削してくれましたし、これまでのキャリアを活かせそうな仕事を紹介してくれて、探す手間が省けてずいぶん活動はスムーズにいったと思います。しかも利用は無料だし、普通の転職サイトで応募するよりは効率的でしたね。
あまり聞きたくない、客観的な視点から見た欠点も指摘されましたけど、良かったと思いますよ。
新しい会社で働いて4か月ほどですが、人間関係は今のところうまくいっているのでストレスなく働けています。

良い
星5つ
男性(42才)

将来を考えて仕事をする場合はずっと同じ職場で働くほうが役職を持ちやすいなどメリットがあると言われますが、個人的にはずっと同じ仕事をすることはビジネスにおいて毎日同じことを繰り返して熟練度が上がるだけであり、仕事の幅という意味ではなかなか成長できないのはではないかと考えていました。SEとしてずっと同じ職場で働いてきて、40にもなってくるとそれなりのことはわかりますが、やっぱり刺激というか、毎日おなじことの繰り返しに「これでいいのか・・・」という思いがあり、思い切って、転職を決意しました。
最初は転職のセオリー通りハローワーク一本で仕事を探していましたが、なかなか良い求人が出ないので、転職サービスはどうかな、と思って知ったのがワークポートです。
IT業界に強いということで、割と期待値は大きかったですが、実際に転職で活用してみると期待通りにたくさんの求人を紹介してもらうことができたので良い結果を得ることができました。とにかく今までの仕事の経験を活かすことができ、そのうえで業務内容も新しいことに挑戦することができる、まさに自分にとっては理想的な職場を紹介してもらえたので本当に感謝しています。待遇は以前と同じくらいの内容ですが、今の職場で仕事の経験を新しい方向性で積んでいくことができるため、毎日が新鮮で楽しいです。40代はこの業界ではもう歳なのでどうかと思いましたが、人材紹介会社に頼ってよかったなと思っています。

ふつう
星3つ
女性(36才)

私が以前に働いていた職場では有給休暇を消化することができませんでした。SEという仕事上、忙しく終電帰りも日常茶飯事。本来ならば使えるはずの有給休暇を使えないなんておかしい、そう思いながらも泣き寝入りして仕事をしていましたが、やはり納得することはできません。知人に聞いてもそんなことは常識だよと言われることもありましたが、使えないなら与えないでほしいと思うほどです。
私は転職をすることにしました。やっぱり有給休暇を自由にとりたいですし、仕事を頑張るからこそ休暇はしっかりと楽しんで私生活を充実させたいものです。私はとにかく有給を使うことができることが当たり前という認識があるので、まともな会社への転職を希望していました。
私は転職活動としてインターネットからワークポートというサイトを利用しましたが、ここは多くの求人情報が紹介されているサイトで、しっかりといろんな募集内容を見ながら応募先を見つけることができたので、仕事探しはかなりやりやすいサイトでした。
このワークポートは転職コンシェルジュがいて今までの悩みを聞いてくれました。私はもちろん担当者に以前の職場の不満などを伝えながら有給休暇を自由にとりたいことを希望しましたが、結構それが可能となる職場の情報がたくさんあったので非常に結果には満足することができました。世間も捨てたものではないと感じましたし、やっとまともな会社に出会うことができたと感激しています。
今の職場は本当に有給も含めてきっちりすべきところはきっちりとやってくれるので、非常に良い環境で働くことができています。転職したことは大成功でした。

悪い
星1つ
女性(39才)

ワークポートは仕事を探すことをしっかりと手伝ってくれる人材紹介です。
私は転職をすることを決めたときにこのワークポートを活用しましたが、しっかりと希望を聞いてくれてその上で転職をサポートしてもらうことができたので非常によかったです。
人によって転職をするときに何を重視するのかはいろんな内容がありますが、私の場合は何よりも給料でした。前の仕事は給料が安くて、これが原因で仕事のモチベーションが上がりませんし、ずっと仕事を頑張っても役職を持つなど、ステップアップすることも厳しい会社で本当に伸びしろはありませんでした。どうせ頑張るなら可能性がある会社で頑張るほうが効率が良いですし結果を得ることができます。
ワークポートで仕事探しを手伝ってもらうことになり、私は真っ先に給料を上げたいことを伝えました。担当者と色々と相談をする中で、私の経歴などからどのくらいの年収アップできるのかなど、結構詳しい話を交えながら仕事探しを進めることができた点はとても満足です。ワークポートはIT系に強いみたいですが、IT系は他の業界よりも年収設定が高めとのこと。
現状として世間はやはり厳しいと感じる部分もありましたが、それでも結果としては前の職場でもらっていた給料よりも待遇が良い転職先を見つけることができ、さらにはキャリアにも期待できる職場を紹介してもらうことができたのでワークポートには本当に感謝しています。
一般的に転職を希望するほとんどの人は待遇を上げたいと思うことが多いものですが、これは本当に一人で転職活動をする際にはなかなかそれが実現できる求人が見つからないことがあります。
ワークポートを活用してみるとよいです。

良い
星5つ
男性(35才)

ワークポートが他と比べて優れているところの一つに、「eコンシェル」というシステムを通じて一貫した応募等の管理ができるということです。
求人の閲覧、応募、担当者とのやり取り、スケジュール管理までできるのでほんとに便利でした。

 

ワークポート突撃インタビュー

ワークポート 突撃取材

IT・WEB系の求人に強いと言われるワークポート

その専門性の高さもさることながら、転職コンサルタントを「転職コンシェルジュ」と位置づけ、手厚い転職支援をしていることで転職希望者から支持されています。
専任の転職コンシェルジュはどのようなサービスを提供してくれるのか?
その真相を探るべく、ワークポートの転職コンシェルジュ川勝様にお話を伺いました。

 

――他社では担当者のことを「コンサルタント」と呼ぶことが多いですが、ワークポートさんでは「転職コンシェルジュ」と呼んでいます。「転職コンシェルジュ」と「転職コンサルタント」の違いは何ですか?

転職コンシェルジュ バイスマネージャー:川勝 弘行氏川勝氏:ホテルのコンシェルジュをイメージしております。

転職希望者様の期待値を超えたサービスを提供できるようにという意味を込めて「転職コンシェルジュ」とさせていただいています。

東京オリンピック招致活動で滝川クリステルさんがおっしゃっていた「おもてなし」の精神
で、我々のサービスによって感動を与えられるよう、日々コンシェルジュとして転職活動をサポートさせていただいています。

 

――転職コンシェルジュとして期待される以上のサポートを目指しているとのことですが、ワークポートさんの特徴、これだけは負けないという点を教えてください。

川勝氏:まず1つ目の特徴は求人数の多さ。2つ目の特徴は独自のコミュニケーションツール「eコンシェル」を使った転職活動支援、3つ目は無料のセミナーを随時開催している点です。

――扱っている求人の特徴や傾向、非公開求人の割合を教えてください。

川勝氏:非公開求人は2016年12月現在で約19,000件を超えています。

取り扱い求人の特徴は、過去10数年間はシステムエンジニアやWEBサイトのデザイナーなどIT業界の職種が中心でした。

しかし、ここ数年は人材系・建設・不動産・医療業界の求人、職種では営業職や経理・事務・法務などの職種を取り扱い、業界・職種の幅は広がっています。

――全国から相談に来られることが多いのでしょうか?

川勝氏:そうですね。全国からの転職希望者様をサポートさせていただいています。

ワークポートは東京と大阪、福岡に拠点があり、近場の方には足をお運びいただいて面談させていただいています。

遠方にお住まいの方の場合、電話での面談も実施していますし、スカイプで面談を行うことも可能です。

――2つ目の特徴「独自のコミュニケーションツール」について詳しく教えてください。

川勝氏:転職希望者様お一人おひとりに「eコンシェル」というコミュニケーションツールをご用意しています。

就業中も「eコンシェル」で転職活動が可能「eコンシェル」では転職希望者様の適性やご希望に合った求人のご紹介はもちろんのこと、「A社とB社に応募したいです」といったコンシェルジュとのメッセージのやり取りも可能です。

転職希望者様のご経験やご希望を基にコンシェルジュが求人案件をご紹介させていただくほか、ご紹介する求人は、希望年収や希望勤務地、希望職種など登録者様のデータベースをシステマチックに掛け合わせて、「●●様へのおすすめ求人集」として提案もしています。
もちろんご自身で求人を検索して応募していただくことも可能です。

転職活動の大部分をこの「eコンシェル」で済ませることができるので、効率の良い活動ができると大変ご好評をいただいています。

――コンシェルジュとのやり取りもeコンシェルを通じて行えるのですか?

川勝氏:基本的にeコンシェルと電話とメールと3つのツールを使います。

しかし、最近はメールを使われることが減ってきているので、eコンシェルのメッセージボードを使ってやり取りすることが多くなってきていますね。現職中の方の場合、勤務中の電話対応が難しい場合が多いので、メールよりも使いやすいのではないかと思います。

ご好評をいただいていることもありPCに加え、スマートフォン(iPhoneやandroid)のアプリもリリースさせていただいております。

面接へ向かう電車内や、また、面接を終えた時などいつでも現在の転職活動の状況を確認・管理することができます。

A社は一次面接の合否待ち、B社は最終面接の調整中、C社は内定をもらっている、といったことがアプリ上ですぐに確認できるのです。

――3つめの特徴「無料のセミナー」について教えてください。

川勝氏:セミナーは転職希望者様のタイプによって大きく2種類あります。
それぞれの転職希望者様に合ったセミナーを提供しています。

1つ目は転職経験のない方や就業経験が少ない方、社会人経験が短い方向けのセミナー。

面接の基礎や、履歴書・職務経歴書の書き方などのこれから転職活動をするにあたって必要となる基本的なことを学ぶことができます。

2つ目は転職経験有り、社会人経験豊富、30代後半のミドル層の方向けのセミナーで、面接対策セミナーやレジュメ添削セミナーといったものをご用意しています。
こちらでは、書類選考や面接の通過率をアップするようなセミナーを受けられます。

このようなセミナーが無料で受けられるというのは大きい特長ですね。

――ワークポートでは転職活動のガイドブック「COMPASS(コンパス)」を無料で配布されていますが、冊子の内容を教えてください。

面談すると転職に役立つ情報誌をプレゼント!川勝氏:「COMPASS(コンパス)」は転職活動をサポートするための指南書です。

転職活動を始める前の心構えから書類作成や面接を受ける場合の注意点、面接でよく聞かれる質問集など、「転職に関することならこれを見れば何でもわかる」というくらい濃い内容になっています。

その他、就業しながら転職活動を平行して行われている方向けに、円満に退職するための心構えや手順、退職交渉方法の一例なども掲載しています。

転職希望者の方からのよくある質問も豊富に盛り込んでいます。

――「COMPASS(コンパス)」は誰でももらうことができるのでしょうか?

川勝氏:ご来社いただいた方みなさんにお一人1冊ずつお配りしています。
電車の中で読んでいても転職活動をしているとわからないような装丁になっています。

――コンシェルジュの名の通り、本当に至れり尽くせりのサポート体制ですね。
 

――「未経験の転職ナビ」など、未経験の転職・はじめての転職に力を入れていらっしゃるとのことですが、未経験の仕事への希望する人は多いのですか?どういった仕事への転職希望が多いのでしょうか?

川勝氏:多いです。未経験を目指す方には2パターンあります。

1つはキャリアチェンジしたい方、もう1つはフリーターや就業をされていない若年層の方です。
これから社会人スタートをしたいという方は多いので、そうした若年層のサポートに力を入れていけたらと思っています。

――若年層の方々はどういった仕事への転職希望が多いのでしょうか?

川勝氏:弊社が長年にわたりITに強いと謳ってきたからかもしれませんが、実務未経験でエンジニアを目指す方は多いですね。
その他飲食業界や販売業を希望される方も多いです。

――ワークポートはIT・インターネット・ゲーム業界に強いイメージがあるのですが、やはりそちらの業界に強いパイプをお持ちなのでしょうか?

川勝氏:ここは弊社が自信をもって言えるところです。

ワークポートはこれまでの十数年IT系求人に特化していたことからIT業界と深く強いパイプを持っています。
過去の選定状況や弊社経由で入社された方々からの企業内部情報、面接時に受けた質問の情報など、長年のIT業界への転職ノウハウがストックされています。

その情報を転職希望者様にアウトプットすることによって、そのパイプを活かせていると思います。

――「未経験の転職ナビ」では未経験からエンジニアへの求人が掲載されています。
未経験からエンジニアを目指すというのはハードルが高いように感じるのですが、ワークポートさんではこうした実績があるのでしょうか?

意欲があれば未経験からエンジニアを目指せる!川勝氏:あります。

例えば24歳で社会人経験2年、アパレル販売職の方が「手に職をつけたい」という理由でエンジニアを目指し、弊社経由でエンジニアとして採用されました。こういった例は弊社では頻繁にあります。

日本では近年ずっとエンジニアの不足が叫ばれていて、経験豊富なエンジニアを採用したくてもなかなか人材が集まらない状況にあります。
それならば未経験であっても意欲があり、ご自身で自己研鑽されている方に入社していただき、きちんと教育して成長してもらい、5~6年後に一人前になって活躍してもらおうと考えている企業様は多いです。

――フリーターや社会人未経験者の方でもエンジニアになることは可能でしょうか?

川勝氏:可能です。企業様は意欲があるかどうかを見ます。

なぜエンジニアになりたいのか?エンジニアになるために具体的にどんな努力をしているのかを提出書類上できちんとアピールできる方や、面接で意欲をきちんと伝えられる能力のある方は成功しています。

実際にスクールに通ったり、書籍を見ながら学習されている方、環境を構築してアプリまで作ってしまうような方は何社からも声がかかるケースがあります。
 

――応募者の中で若年層とミドル層の比率を教えてください。

川勝氏:ミドル層7、若年層3の割合です。

――社会人経験豊富なミドル層は今の仕事からさらにステップアップしたいという方が多いのでしょうか?

川勝氏:20代後半から30代半ばの方は、さらなる年収アップや一段階上にステップアップしたいという希望がありますので、それを実現するためのアドバイスをさせて頂いております。

――どういう人が転職成功しやすいですか?

前向きでポジティブな人が成功をつかみ取る川勝氏:ずばり、ポジティブ思考の方は転職成功しやすいです。
どんなにスキルがあっても後ろ向きな転職理由ばかりが目立つと転職に失敗しやすくなります。

転職した先で何をしたいか、どうして転職したいと思ったのか、5年後10年後に自分はこうなりたい・・・そういったポジティブなお話ができる方、前向きな思考の方が転職成功しています。

若年層の方の場合、自己分析ができていて、自分に足りない点や何をやりたいのかをきちんと分析して、それに向かって何でカバーするべきかをきちんとアウトプットできる方だと思います。
 

――面談をする際に心掛けていることを教えてください。

川勝氏:本音で語ることを意識しています。
表面的なアドバイスはサポートさせていただいている登録者様の心に響かないと思っています。

「もっとこうしたほうが良いですよ」など多少否定的なアドバイスもさせていただくこともあるのですが、それも包み隠さずしっかり自分の言葉でお伝えするようにしています。

こちらが心を開けば、求職者の方も本音でぶつかってくる。
そうすることで求職者様が考えていることや不安、悩みを引き出すことができるので、まずはこちらが本音で語っていくことを心掛けています。

――面談にはどのくらい時間をかけていますか?

落ち着いた雰囲気のカウンセリングルーム川勝氏:1時間半から長い方だと3時間くらいです。

基本的には1時間半くらいなのですが、思いのほか盛り上がり、もっとお話を聞かないと最善のサポートができないと判断した場合は2~3時間面談をさせていただくこともあります。

面談時間は、平日は午前10時~午後8:30開始、土曜・日曜は午前10時~午後5時半開始です。

――コンシェルジュ向けの研修はあるのでしょうか?

川勝氏:定期的に勉強会を開いています。
勉強会の場では若手のコンシェルジュがベテランから直接指導を受けたり、ベテランが若手コンシェルジュの面談に同席することでコンサルティングのレベルの向上を図ったりしています。

――担当コンシェルジュの変更ができるということですが、変更を希望する方はいるのでしょうか?

川勝氏:担当コンシェルジュの変更希望は少ないです。あっても月に1~2件くらいですね。
どうしても人間対人間なので相性はあります。何となく相性が良くないと感じたら気軽に相談しやすい体制になっています。

「eコンシェル」に「担当変更希望」のボタンがあり、気軽に変更の希望ができるようなシステムになっています。
ご希望がそのまま受け入れられるというわけではないのですが、希望理由等によって柔軟に対応させていただいています。

ワークポートの求人内容や機能は気に入っていても、担当コンシェルジュと馬が合わずに利用を止めてしまうのはもったいないことですから。

――印象に残っている転職エピソードがあれば教えてください。

川勝氏:ワークポートで転職活動をしていて、途中で他社のサポートで就職先が決まった方がいたのですが、1~2年後私宛てに連絡が来て「もう一度サポートをしてくださいと」言われたことが嬉しかったです。

おそらくワークポート経由で決まらなかったことに対して多少申し訳ない気持ちがあったのかなとも思うのですが、それでも再度転職したいと思ったときに

「あの時はワークポート経由で決まらなかったけれど、今度こそはワークポートで転職を決めたい」

と声を掛けていただけるのはコンシェルジュ冥利に尽きますね。

「川勝」という個人名まで思い浮かべて頂き、この仕事をしていて幸せなことだなと感じます。

――最後にメッセージをお願いします。

「転職コンシェルジュ」が転職活動を徹底サポートします!川勝氏:そもそも転職エージェント自体認知していない、なんとなく知ってはいるけれど何をしてくれるのか?自分なんかにサポートしてくれるのか?など転職エージェントに対して不安に思われている方は多いという実情があります。

しかし転職エージェントは決してハードルが高いサービスではありません。
まずはワークポートまで気軽にご相談ください!

――川勝さん、ありがとうございました!

 

ワークポートはIT・WEB系に強く、技術系求人を多く扱っているイメージでした。

IT以外の求人にも力を入れ総合転職エージェントとなった今でもIT系の求人に強みがあることには変わりませんが、
コンサルタントをコンシェルジュと位置付け、面談とコミュニケーションツールを使って徹底的に求職者に寄り添いサポートする姿は転職希望者にとって心強いものであると感じました。

漠然と転職しようと思っているけど、はじめの一歩が踏み出ずにいる方は、徹底した転職支援サービスが受けられるワークポートに足を運んでみてはいかがでしょうか?

 


 

ワークポート 概要

IT業界への転職ならエージェント選びがポイント
IT関連企業やインターネット業界で働きたいなら、「ワークポート」。大手のエージェントでも見つからない人気のゲーム関連企業やインターネット業界の求人が豊富に見つかる総合人材エージェントです。
経験豊かな担当コンシェルジュがいるので、初めての転職も安心です。

無料セミナーが充実
「履歴者」や「経歴書」のアピールできる書き方を無料セミナーで徹底レクチャー。
求人企業と共催で採用に直結を目指す「企業セミナー」や多くの企業との共催する「合同セミナー」など、あらゆる方法で「採用」を目指します。

スケジュール管理もおまかせ!
面接の日程時間や選考結果の管理など、大切な情報は、オリジナルのスケジュール管理ツール「eコンシェル」にお任せ下さい。
他社にはない使いやすさで、あなたの転職活動を陰で支えます。

 

「株式会社ワークポート」はIT関連・Web関連企業・ゲーム業界への転職支援で圧倒的な実績を持つ総合人材エージェント。専任チームによって日々更新される新規求人と豊富な非公開求人数で、利用者の多くが理想の職場へステップアップしています。充実している無料セミナーは、毎回参加人数が多く大盛況。
採用に直結する求人企業と共催の「企業セミナー」や数社の企業との「合同セミナー」にも参加してみてください。

もちろん履歴書の書き方や面接対策など、内定がもらえるコツを踏まえて担当コンシェルジュがきめ細かくフォローします。スピードとステップアップにこだわった転職なら「ワークポート」が正解です。

【実績】

  • リクナビNEXT転職決定人数部門 第2位 (2014.4月~9月)
  • リクナビNEXT転職決定人数部門 第2位 (2015.4月~9月)
  • リクナビNEXT転職決定人数部門 第1位 (2015.10月~2016.3月)
  • リクナビNEXT転職決定人数部門 第2位 (2014.9月~2015.3月)
  • 転職会議PlatformHR 転職決定人数 第1位(2014.1月~3月期)
  • マイナビ転職エージェントサーチ The Best Matching Of The Year2015
    (2015年4月~2016年3月)


ワークポート まとめ class=

ワークポート 公式HPはこちら


転職エージェントまとめ一覧
type転職エージェント
マイナビエージェント
リクルートエージェント
アデコ
DUDA
ハタラクティブ
アイデムスマートエージェント
パソナキャリア
エンエージェント
JACリクルートメント
キャリアカーバー
ランスタッド 転職支援
ビスリーチ
ファッショーネ
就職agentneo
ジェイック
レバテックキャリア
ワークポート
マイナビエージェント it style=
いい就職.com
第二新卒ナビ
UZUZキャリアセンター
geekly

↓ 転職エージェント15社徹底比較はこちら ↓

転職エージェント15社徹底比較

このページの先頭へ