未経験でもチャンスあり!化粧品業界に転職するには?

女性も男性もターゲットになる化粧品業界

美に対する憧れや欲求は、いつの時代でも尽きることはありません。最近は女性だけでなく、男性もスキンケアをはじめ、美に対する意識が高くなり、男性用の化粧品も数多く販売されています。

身だしなみを整えることはもちろん、人々の美しくなりたいという思いを叶えるため、さまざまな化粧品や生活用品を開発し、製造・販売をして、消費者のもとに届けているのが、化粧品業界です。経済産業省の生産動態統計によると、ヘアケア用品やボディケア用品・香水などを含めた化粧品の生産数は、平成25年度以降毎年増加し、さらに外国人観光客による大量の購買によって経済効果も高くなっています。

今回は化粧品業界へ転職を考えている人に、業界の動向や基礎知識、職種と仕事内容についてお話したいと思います。

時代やニーズに合わせて変化する化粧品業界

化粧品業界は女性が多く働いているイメージから、華やかな感じがしますが、実は、新しい商品を次々と生み出し、メーカー同士の激しい競争がある世界です。

化粧品を製造・販売するメーカーは主に国内メーカーと海外メーカーに分かれています。国内でのシェアが高い資生堂や花王、コーセーなどの企業のほか、最近は富士フィルムのように、もともと化粧品メーカーではなく異業種から化粧品業界へ参入したケースも目立ちます。

女性のための化粧品から、男性や中高年向けの化粧品、機能性化粧品など時代の変化や人々のニーズに合わせて商品開発を進めてきた化粧品業界今後も新しい商品の開発、既存ブランドの顧客囲い込み、通販事業への参入など、新たな人材が必要で、さまざまな職種で中途採用を積極的に行っています。

化粧品業界が扱う商品はどんなもの?

化粧品業界が扱っている商品は、スキンケア商品やメイクアップ商品のほか、ボディケア商品、シャンプーやリンス、整髪料などのヘアケア商品、フレグランス商品があります。意外なことに歯磨き粉もオーラルケア商品として扱われています。化粧品開発や製造は誰にでもできることではなく、薬事法により「化粧品製造販売業」の許可を受けた会社のみができます。

化粧品メーカーをはじめとする化粧品業界で働くには

化粧品業界の職場は化粧品メーカー、百貨店・ドラッグストア・専門店などの販売店、製造工場などです。それでは主な職種と仕事内容について見ていきましょう。

商品開発

化粧品メーカーに属し、製品を開発する商品開発者。主な仕事は、市場調査や販売現場のお客さまの声などを通して、新しいニーズを掘り起こし、新商品を企画すること。新商品のコンセプトを組み立て、試作品のチェックをしたり、テストを繰り返し行ったりして、商品の実現化に努めると共に、販売にいたるまでの戦略を考えます。

商品の開発に関わり、新しい情報をもとに商品の企画を立てるので、人々のニーズや市場の動きに敏感な人が向いています。自社・他社製品を問わず、化粧品全般の幅広い知識が必要です。商品の研究開発部門、宣伝部門、営業部門、製造部門、美容教育部などと連携をとりながら仕事を進めることが多いので、プロジェクトをまとめる力やコミュニケーション能力は必須です。

研究開発

化粧品メーカーに属し、商品開発部が組み立てたコンセプトをもとに、実際の化粧品の成分の配合などを研究する仕事です。品質チェックや安全性を確認するための実験を行って、商品を製品化します。皮膚や美容医療の専門的知識の勉強、新しい成分を探す地道な研究などを通して、お客さまのニーズに応えられる商品を作ります。

研究開発に関わる人は、なによりも好奇心や探究心を持っていることが大事。分析や配合、実験などについては専門的な知識を必要とするので、就職の際には大学もしくは大学院の理系学部卒業を条件にしている会社もあります。

営業

化粧品メーカーに属し、新商品をはじめとする自社の商品を取り扱ってもらえるよう、販売店や問屋などのバイヤーに営業活動をする仕事です。販売店の責任者に新商品の説明やサンプル品提供、ポスターやポップなど販売促進物を使って、既にあるブランドの認知度アップのための営業活動を展開します。

生産・製造ライン

研究開発部が生み出した化粧品を、決められた納期までに実際に商品として店頭に並ぶ形として、工場で製造するのが生産部の仕事です。仕事内容は、機材の準備、原料の調合や調整、機材の洗浄などで、未経験者でも従事しやすい仕事です。化粧品の中身だけではなく、製品を入れる容器などの開発・製造にも関わる場合があります。

美容部員・ビューティアドバイザー

百貨店の化粧品売り場や、ドラッグストア、化粧品専門店などで、お客さまに商品の説明やアドバイスなどを行って、商品の購入に結び付ける仕事です。

百貨店の化粧品売り場は、国内外のカウンセリング化粧品のブランドのカウンターが多く、化粧品メーカーの販売店のスタッフが直接お客さまとやり取りをします。美容部員はそのブランドの表舞台に立っているので、基本的な接客マナーはもちろん、商品に対する熱意と詳しい商品知識が必要です。一方で、長時間の立ち仕事でもあるので、体力勝負な一面もあります。

ドラッグストアやショッピングセンター、スーパーなどでは、低価格帯を中心としたセルフ化粧品を多く扱っています。棚に並ぶ商品を自分で選びレジで購入するスタイルが中心ですが、有名ブランドの化粧品のカウンターを設けている場合、そのブランドの美容部員が対応します。

美容部員は商品知識や技術を高めるため、研修や教育担当者によるセミナーを受けます。美容部員のステップアップとしては、店長やショップマネージャー、エリアマネージャーなどを経て美容部員の教育担当者などの道があるほか、より専門性を高めてメイクアップアーティストとして活躍する人などがいます。

未経験から化粧品業界に転職するなら、視野を広げて

化粧品業界は女性が多いのは確かですが、研究開発や営業、製造などの職種は男性も多く活躍しています。異業種から化粧品業界に転職を考えている場合、化粧品に関連の深い医療や製薬ヘアメイク関連の職歴がある場合、生物・化学関連を勉強した経験があれば、ぜひアピールしましょう。

大手の国内化粧品メーカーは、中途の求人情報はほとんどないので、大手に固執することなく、販売会社や通販専門の会社など、視野を広げて就職活動をするのがおすすめ。化粧品業界では新卒採用に力を入れている分、メーカーでは未経験の中途採用は狭き門。まずは比較的入りやすい販売店の美容部員として経験を積んで、ステップアップする方法もあります。

単に化粧品が好きだから、という理由だけではなくて、化粧品業界の将来性や消費者の動向を考えたうえで志望動機をまとめるとよいでしょう。

よりよい求人情報が集まる転職エージェントを利用しよう

美容部員は転職サイトを見てみると比較的求人が多く、未経験でも正社員になれる道が開けています。ただし、研究職や企画職は求人数が少なく、応募のタイミングも逃しがち。そこで転職エージェントを利用しての転職活動をお勧めします。

転職エージェントが持っている求人情報は転職サイトには載っていない非公開求人です。担当者は企業と直接やりとりをしているので、企業が求めている人物像やスキルについてよく理解した上で、あなたに合いそうな会社を紹介してくれます。仕事をしながらの転職活動は時間に制約が多く、効率的に進めるためにも転職エージェントの果たす役割は大きいもの。ぜひ、あなたも転職エージェントに登録して、理想の職場を見つけてくださいね!

おすすめ 転職エージェント

転職エージェント おすすめランキング一覧表
運営会社 サービス詳細 公式サイト
Spring転職エージェント
(旧アデコ)

人生に寄り添う丁寧なサポート
Spring転職エージェントのキャリアコンサルタントは求職者と企業の両方を担当しているので生の情報を得られます。求職者の人生に寄り添う丁寧なサポートで満足のいく転職を叶えます。最大手だけあり求人数も膨大。もちろん全国対応。
リクルートエージェント
転職成功実績 No.1
リクルートグループだからできる業界トップクラスの求人数と非公開求人数。求人エリアも全国対応しており、業界・職種の知識に精通した頼れる専任アドバイザーがあなたの転職活動をサポート!
ワークポート
総合転職エージェント!ITに強み
IT系・WEB系に非常に強い転職エージェントでしたが、近年は営業、管理部門、販売・サービス業等の求人も豊富に扱うようになりました。全国の求人を扱っており、未経験の転職にも強い。

このページの先頭へ