人気の医療事務に転職するには!

女性に人気の職業の医療事務

病院やクリニックなどの医療機関に行くと、たくさんのスタッフが働いていますよね。今回は、医師や看護師と同様、なくてはならない存在の医療事務の仕事について、興味を持っている人にお話したいと思います。

医療事務の仕事は、女性に人気がある仕事で、実際圧倒的に女性が多い職場です。大きい病院には男性で医療事務に携わっている人も少なからずいますが、個人で経営するクリニックなどは女性の医療事務スタッフの割合が多くなっています。

医療事務、と聞くと、裏方の仕事で病院を訪れた患者やその家族とあまりかかわることはないのかな、と思いがちですが、実際はその逆。医療事務は、医療行為はできないものの、患者やその家族とのコミュニケーション力が必要で、対応次第でその病院の印象すら変えてしまうほどです。

また、医療行為にかかわる細かい事務処理を正確にこなすことも医療事務の大きな役割となっています。

医療事務は職場探しに困らない!

一度医療事務を経験すると、どこの医療機関でもレセプト業務の知識や経験を活かすことができるので、女性にとって、結婚や出産、夫の転勤などがあっても次の職場探しにはあまり苦労はしません。

働く時間帯もシフト制だったり、午前・午後の時間帯での交代だったりと、都合がつけやすい医療機関を選ぶことができるので、正社員での就職はもちろん、パートタイムなどでも働くことができ、長く続けられる仕事と言えます。残業も少なく、労働環境は恵まれています。

職場は大小の病院、薬局、歯科医院など

医療事務の職場は、病院や個人クリニック、調剤薬局や歯科医院などです。入院患者が多い大きい病院ならば、仕事の分業化が進んでいるので、配属された場所で専門スキルを磨くことができます。

反対にスタッフ数が少ない個人のクリニックなどは、受付からレセプト業務まで一通りの業務を任されることもあるので、医療事務の大まかな流れを学ぶことができます。

調剤薬局や歯科医院などでは仕事内容が変わってきますが、医療事務が活躍できる職場であることは変わりありません。

医療事務の仕事内容はどんなこと?

病院の印象すら変えてしまう医療事務とは、一体どんな仕事でしょうか?医療事務の仕事は多岐にわたり、働く医療機関によって仕事内容が変わってきますが、一般的な病院での主な仕事は次のとおりです。

1.受付
2.会計
3.レセプト業務

受付

病院の受付で、患者の保険証を確認し、診療申込書や問診票の記入などをしてもらい、診察券やカルテを発行するのが最初の仕事。患者と初めて会話を交わす受付は、病院の「顔」と言っても言い過ぎではありません。

不安を抱えた患者やその家族に対して、挨拶や笑顔で接するはもちろんのこと、何かあった時にも適切な対応が必要。

カルテには、患者の氏名や保険証番号など基本情報などが記載されていて、診療が終了するとそのカルテをもとに会計を行います。

会計

患者が医師の診察や治療を受けたあと、医師は病状や診察の方針、治療方針、投薬などの情報をカルテに記入します。
その後、カルテにある診療行為や投薬などの情報を、医療事務スタッフが医療事務コンピューター(レセプトコンピューター=レセコン)に入力すると、医療費が計算され、患者の負担分を会計として算出することができます。
医療事務スタッフは、会計の窓口で患者の負担金を請求し、会計処理を行い、処方箋を渡します。

レセプト業務

医療費は、患者が負担する金額と、患者が加入している健康保険組合が支払う金額を合わせたものです。一般企業の社員の場合、医療費の3割が患者側で、加入する健康保険組合の支払いが7割で、その保険元に請求する診療報酬明細書(レセプト)を診療報酬点数表にもとづいて計算し、1ケ月分を翌月10日にまとめて関係機関に請求します。その業務がレセプト業務と言われるものです。

レセプト業務は、レセコンをスムーズに操作することはもちろん、レセプト内容に間違いがないように点検しなければいけません。

このほか、入退院に伴う手続きや、カルテを所定の場所に管理する業務など、病院の規模や所属の部署、医療機関によってさまざまな仕事を行います。

医療事務にはどんな資格・スキルが必要?

パソコンスキルは必須

最近では大きな病院をはじめ、個人病院でも紙のカルテではなく、電子カルテを採用しており、基本的なパソコンの操作は必須スキルとなっています。

レセプト業務もレセコンを操作しての業務になるので、パソコンのスキルはスムーズに業務を進めるためにも必要です。

仕事に対する意欲をアピールできる

レセプト業務をはじめ、資格がなければ医療事務の職につけないわけではありませんが、医療事務に関する資格を持っていると、一つの採用基準になり、たとえ医療事務の実務経験がなくても、知識があることと、仕事に対する意欲をアピールすることができるでしょう。

医療事務の分野でよく知られている試験は、厚生労働省の認定を受けている唯一の国家認定資格である「診療報酬請求事務能力認定試験」「医療事務技能審査試験(メディカルクラーク)」「医療事務管理技能認定試験」などがあります。これらの資格は通信教育でも学ぶことができます。

医療事務からさらにスキルアップもできる

医療事務として経験を積んだのちは「医師事務作業補助技能認定試験(ドクターズクラーク)」「医療秘書技能認定試験」など、医療事務の業務にとどまらず、医師の事務作業のサポートや医事課の秘書業務などさらに専門的な知識を身につけてキャリアアップを図る試験なども受けることができます。

未経験でも転職OK、医療機関が求める医療事務に向いている人とは?

・基本的な応対マナーがあり気配りができる人
・周囲と上手に関係を築くことができる人
・新しい知識を学び、変化に柔軟に対応できる人
・スピードと正確性をもって仕事を進めることができる人

今や病院もサービス業とまで言われており、患者との信頼関係なくしては安定した経営は成り立ちません。特に医療事務は受付業務など患者と接する機会も多いため、言葉づかいや笑顔など基本な応対マナーはもちろん、病院という場所柄を考えて気配りができる応対も求められます。

医師や看護婦、患者やその家族と上手にコミュニケーションを取れることも、円滑に業務を進める上で大切です。
また、診療報酬改定は2年に1度行われているので、覚えている知識の上書きが必要になり、こうした変化にも柔軟に対応できることも必要。

レセプト業務は、スピードと正確さが大切なので、慣れてきたら仕事をテキパキとこなすことも大切です。締め切りがあり、自分のペースで業務をすすめればいいというわけではありません。

前職が医療業界だった人はもちろん、接客のあるサービス業やパソコンをつかっての事務を担当していた人など、転職の前職はさまざま。たとえ未経験だとしても、新しいことを吸収する意欲と、思いやりの気持ちがあれば、十分に活躍できる環境です。

転職エージェントなら面接対策もばっちり

医療事務の仕事は、需要が多いので、スムーズに転職活動を進めることができます。専門性が高い仕事でありながら、患者や病院スタッフと上手に関係を築くコミュニケ―ション能力も大切。

面接時には、その点も重視しているので、医療事務の未経験者にとっては対応策も必要です。転職エージェントならば、自分の希望にあった職場の紹介はもちろん、業界知識が豊富で面接対策にもたけているので、頼れる味方となります。ぜひ、転職エージェントを利用して具体的なアドバイスをうけながら、医療事務への転職活動を成功させましょう!

おすすめ 転職エージェント

転職エージェント おすすめランキング一覧表
運営会社 サービス詳細 公式サイト
Spring転職エージェント
人生に寄り添う丁寧なサポート
Spring転職エージェントのキャリアコンサルタントは求職者と企業の両方を担当しているので生の情報を得られます。求職者の人生に寄り添う丁寧なサポートで満足のいく転職を叶えます。最大手だけあり求人数も膨大。もちろん全国対応。
リクルートエージェント
転職成功実績 No.1
リクルートグループだからできる業界トップクラスの求人数と非公開求人数。求人エリアも全国対応しており、業界・職種の知識に精通した頼れる専任アドバイザーがあなたの転職活動をサポート!
ワークポート
総合転職エージェント!ITに強み
IT系・WEB系に非常に強い転職エージェントでしたが、近年は営業、管理部門、販売・サービス業等の求人も豊富に扱うようになりました。全国の求人を扱っており、未経験の転職にも強い。

このページの先頭へ