【外資系企業の英語力】英語が話せなくてもOKな職場が存在する?!

外資系企業といえば英語は必須。でも実は、企業や部署によりその必要性はさまざまです。一体どの程度できればいいのか、誰もが気になるポイントを解説します。

「英語できない」でも外資系企業に転職できる?

実は、外資系企業だからといって英語ができない、もしくは話せない人は転職できないというわけではありません。

例えば、外資系企業が経営するブランドショップの販売職などは、語学力はほとんど求められません。
また、アメリカ系大企業では社員の大半が日本人で外国人は一部のトップのみ、ということも多いため、英語を使う必要がほとんどないところもあります。
同じ社内でも業務内容や部署によっても英語の使用頻度はまちまちなので、自信のない人は面接時に使用頻度を確認したほうがいいでしょう。

レアケースですが、英語力がなくても実務能力を買われて転職成功するケースはあります。
ただし、英語以外の専門業務の能力が相当高いか、英語以外の言語がネイティブ並みにできるなどの強みがないと厳しいでしょう。

また、外資系企業の平均年収は約800万円ですが、英語がまったくできない人向けの職種に限ると高くても800万円となり、日本企業とほぼ変わりません。

しかし英語を使わない部署であっても社内の書類はほぼ英語である場合が多いため、外資系企業で英語が全くできないと何かと苦労します。
最低限の読み書きだけはできたほうがいいでしょう。

英語アレルギーがある方は、日常的に英語と接する機会のある環境は自分が辛くなるなるので、あまりおすすめできません。
外資系企業でも周りの社員が日本人ばかりという環境でも、本社との連絡はメールやスカイプ会議ということもあります。最低限の英会話能力はやはり必要になってきます。
英語が苦手だからといって、返答やメールの返信が遅くなってしまうと、仕事ができない人という烙印を押されかねません。

 

英語力不要の外資系企業の求人ってあるの?

確かに英語力不要の求人は存在します。
ただし、英語ができない分、専門性でカバーできるなどその分野のスペシャリストでないと厳しいのが現状です。

年収で見ると、TOEICのスコアが850点以上の人で平均年収が850万円以上であるのに対して【英語力不要】の求人になると200万円以上400万円未満が多数を占めます。
しかも雇用形態は派遣が大半を占めます。

正社員求人では、スピーキング力は不要でもビジネス上の読み書きレベルの英語力は求められます。求人はかなり少なくなります。

「英語は話せないけれど、お金をもらいながら英語力を身につけたい。年収にはこだわらない」というのであれば、カフェバーや観光地での案内スタッフなどのアルバイトからはじめることをおすすめします。

外国人とコミュニケーションをとりながら英語を学ぶことが可能です。

 

外資系企業に転職するなら、やはり英語力は必要

TOEICによる調査では、上場企業の75%が英語を使用しており、上場企業のうち半数は、海外進出するうえで「海外で勤務できる人材を育てる」ことを最重要視すると答えています。

そのための取組みとして約8割の企業が英語研修を実施し、7割が国際部門の人材にTOEIC700点以上のスコアを期待。グローバル化をにらんで、日本企業でも海外で活躍できる人材の育成に取り組んでいることが分かります。

外資系企業 TOEIC

もはや英語力が必要なのは外資系企業だけにとどまりません。これからどこで働くことになっても英語力は必ず必要になります。
TOEICのスコアはそのものさしとして重要視されているので、一度自分のレベルをチェックする意味でも受験してみることをお勧めします。

 

外資系企業転職に必要なTOEICスコアは?

上記の通り、外資系企業に転職するなら英語力は必要です。

特に上司が外国人の場合、ある程度以上の力がないと意思疎通が困難になります。
現時点で日本人の上司だとしても、外国人に代わる可能性は多くなります。

では、具体的に何点取れればどの程度の業務ができるのでしょうか。

一般的に、簡単なメールや電話応対であれば600点、外資系企業への転職最低ラインが700~750点、レポート作成や英語でのコミュニケーションができるのが800点以上、英語力が強いことをアピールできるレベルが900点以上といわれています。

ただし、外資系企業に転職するなら英語力+αがないと厳しいことは頭に入れておきましょう。
なぜなら、外資系において英語はごく基本的なコミュニケーションツールであり、アピールポイントではないからです。

英語力以上に必要なのは、能力とコミュニケーション能力の高さ

英語の読み書きの能力の指標であるTOEICスコアはあくまでも一つの目安にすぎません。

企業はTOEICのスコアよりも、どのくらい英語が通じるかを見ています。
採用のときに評価されるのは経験と、拙い英語でも自分の気持ちをしっかり伝えられるコミュニケーション能力です。

たとえTOEICの点数が低く拙い英語しか話せなくても、相手に自分の強い気持ちが伝わることで評価を得られたというケースもあります。
外資系企業では自分の意見をしっかり伝えることが大事です。自分の能力を発揮するうちに必要に駆られて英語力がついてくるものです。
はじめは文法などを気にせずに、英語でコミュニケーションを取ろうとすることが大事です。

 

まとめ

外資系企業といっても英語が必要かどうかは企業や部署によって違います。面接時に必要な英語レベルはどのくらいかを確認しておきましょう。

ブランドショップの販売職でしたら、英語ができなくても大丈夫です。
ただ、外資系企業である以上、社員がほぼ日本人の場合でも本社や商談などで英語を使う機会は多々あるので、TOEICスコアで700~750点を目指してみましょう。

「給与にはあまりこだわらない。働きながら英語を学びたい」という方は、外国人が多く集まるレストランや飲食店、ホテルなどでアルバイトするのがおすすめです。
東京オリンピックの観光ボランティアもいいですね。

外資系企業である以上、英語は日常的に使われるので、英語アレルギーがあると正直厳しいです。
完璧な文法は目指さなくていいですが、自分の言いたいことが伝わるレベルの英語力は必要です。

重要なのは、英語ができる/できないではなく「英語を使って会社にどんな貢献ができるか」であるということを覚えておきましょう。

■ 外資系の転職エージェント活用法はこちら→

 

外資系 転職エージェント一覧

外資系 転職エージェント

サイト名 サービス詳細 公式サイト
リクルートエージェント
転職実績No.1 外資系転職もリクルート!
グローバル時代に活躍する転職ならリクルートエージェント!約50名以上のグローバル専門コンサルタントがあなたをサポート。外資系・日系企業グローバルポジションの両方からあなたに合ったキャリアをご提案。
JAC Recruitment
外資系・グローバル企業の求人に強い
海外8ヵ国に拠点があり、海外転職も万全の体制でバックアップが可能。約300名いるコンサルタントは質が高く、企業風土や事業戦略までも把握しているので、まずは自分に合った求人の有無を聞いてみるのもおすすめ。
Spring転職エージェント(アデコ株式会社)
世界60ヶ国、5000拠点で展開
Spring転職エージェントの特長といえば世界各国で展開しているからできる情報量です。国内でも160拠点を持ち、全国をカバー。求人数も業界トップクラスで、幅広い求人を取り扱っています。英語面接・英文履歴書添削指導も対応可。
type転職エージェント
外資求人多数(首都圏在住者のみ)
年収アップに強いことで評判のtypeですが、海外駐在や海外営業、外資系企業等の求人も数多く取り扱っています。東京・神奈川・埼玉・千葉在住の転職希望者は登録必須です。
クリーデンス
ファッション・アパレル業界転職の雄
大手・デザイナーズ・外資系企業からの求人のご紹介やキャリアアップのご相談・面接対策まで、ファッション・人材業界出身のスタッフが無料であなたの転職支援を行います。

 

外資系転職 鉄板ガイド

外資系転職 鉄板ガイド




外資系転職エージェント

このページの先頭へ