未経験でも転職できる、憧れの広告業界!

広告業界とはどんな業界?

広告業界といえば、クリエイティブで華やかなイメージが強い業界ですね。もちろん業界の規模も大きく、新卒時の就職活動で広告業界を希望していた人や、メディアの仕事に以前から憧れていた、という人も多いことでしょう。

テレビをはじめ、新聞、雑誌、インターネット、ラジオ…媒体の形は変わっても広告を目にしたり聞いたりしない日は一日もありません。それは企業にとって、自社のサービスや商品の宣伝をすることは不可欠で競合他社との差別化のためにも当然広告はなくてはならないものだからです。

日々、消費者の関心を引くような新しい広告手法を研究し、広告やキャンペーンを仕掛けるわけですから、広告業界は時代の変化に敏感で常に先をいく存在であり、また変化も激しい業界とも言えます。

ネット広告が大幅成長する広告業界

現在の広告業界についての現状は、従来の主な広告手法であった雑誌や新聞などが伸び悩んでいる反面、インターネット広告が大幅に伸びていて、今や多くの企業がネット広告を活用しています。
今後、モバイルなど新しい広告手法の出現によって、ネット広告の果たす役割はますます大きくなっていくと予想できます。

広告業界に転職すると労働環境はどう変わる?

華やかな業界イメージとは反対に広告業界は業務量が多く、労働時間が長い傾向があります。広告主とのやり取りを担当する営業をはじめ、マーケティング部門、広告を実際に作る制作部門も、常に時間が大きな制約になっています。

広告を出稿するメディアや期日が既に決まっている場合は、その締切りまでにチームが一丸となって進むため、遅れも許されません。特に制作部門では、よりよいクリエイティブを目指すために時間との勝負となることも。

また、クライアントの要求に応えようとするあまり、勤務時間外や休日出勤も当たり前になってしまっている現状があり、こうした労働環境の改善には業界全体で取り組んでいかなくてはいけない課題となっています。

広告業界の仕事はどんなものがある?

営業部門の仕事内容

営業部門の仕事内容は
・広告を出す企業の新規開拓
・クライアント(広告主)の要望の聞き取り、メディアの提案、販促ツールやイベントなど各種プロモーションの企画提案
・出稿する媒体の入稿スケジュールの管理
・クライアントと、クリエイティブ部門やマーケティング部門など関係部署との調整
など多岐にわたります。

営業の就職先としてはインターネットや新聞など、特定の媒体に特化して営業活動を行う専門広告代理店、媒体に関わらずあらゆる広告について営業活動を行う総合広告代理店などがあげられます。

すでに広告業界での営業経験がある場合は、媒体に関する知識を活かせますし、営業職は異業種からの転職も多く、接客や対人販売などの経験者を積極的に採用しているので門戸は広いと言えるでしょう。インターネット関連の知識がある場合は、急成長しているインターネット広告を扱う代理店でも経験が活かせます。

マーケティング部門の仕事内容

マーケティング部門の仕事内容は
・市場動向や消費者動向の調査、競合商品やサービスの分析
・解析したデータから、クライアントの商品やサービスを売るための戦略や方向性を練る
など。
さまざまな情報を集め、分析し、現状を把握するという地道な作業と、最適な広告戦略を練るという二つの役割があり、クライアントによりよい広告提案を行うにはなくてはならない部門です。

クリエイティブ(制作)部門の仕事内容

クリエイティブ(制作)部門の仕事内容は
・営業やクライアントとのヒアリング、マーケティングを踏まえて、最適な広告の表現を考える
・広告のキャッチコピーやデザインなどを考え、実際に広告を制作する
・コンセプト・企画書の作成やクライアントへのプレゼンテーションなどを行う
などがあります。

どのような媒体の広告を作るかによって、かかわる職種は変わってきますが、一つの案件ごとにチームを組んで進めます。世間の注目も当然高く、憧れの職業だとも言えます。

未経験者への門戸は狭く競争も激しいですが、営業やマーケティング部門など、他の部署を経て制作部門へ配属になるケースもあります。

職種は、クリエイティブディレクター、アートディレクター、コピーライター、グラフィックデザイナー、Webデザイナー,CGデザイナー、CMプランナーなどがあり、実力主義であることは言うまでもありません。

未経験・異業種からの転職者は多い

広告業界は、異業種からの転職者が多く、マネジメント経験や、接客販売経験、マーケティングに関する知識など前職での経験や学んだことは大いに生かせる業界です。

特に営業職は未経験者や第二新卒、30代までの若手の人材を積極的に受け入れています。

クリエイティブ部門も転職者は多いですが、プロデューサー、映像プランナー、グラフィックデザイナー、webデザイナー、CGクリエイター、コピーライターなどは実務経験か、それに匹敵する能力が求められています。実務としては未経験がなくても、それぞれの職種に必須なスキルは要求されるので、自己PR用にポートフォリオを作っても面接にのぞむとよいでしょう。

コミュニケーションスキルや好奇心が大切

広告業界で働くには、クライアントとのやり取りをはじめ、チームで動く案件も多いのでコミュニケ―ションスキルは必須と言えます。

語学やインターネットに関する知識、それぞれの職種に必須なスキルはもちろんのこと、アンテナをはって時代のニーズを敏感にキャッチしようとする姿勢や、世の中の動きに対する好奇心なども大切です。

転職エージェントをうまく活用しよう

現在の仕事をやりつつ、転職活動を行う場合は、時間の制約もあるのでなるべく効率的に行いたいもの。異業種からの転職、未経験の職種の場合は、業界や職種に対する知識や研究も必要ですが、一人ではなかなか難しいですよね。

年収のダウンで後悔しないためにも、業界に関する情報を持ち、企業の求める人材を探している転職エージェントを利用してみましょう。あなたが持っているキャリアや能力の洗い出しをはじめ、面接の設定や条件の交渉なども代行してくれる転職エージェントは、スムーズな転職活動の強い味方。広告業界やIT業界、Web系に強い転職エージェントもあるので、ぜひ活用してみてください!

登録して間違いない!おすすめ転職エージェント厳選3社

転職エージェント おすすめランキング一覧表
運営会社 サービス詳細 公式サイト
リクルートエージェント
転職成功実績 No.1
リクルートグループだからできる業界トップクラスの求人数と非公開求人数。求人エリアも全国対応しており、あらゆる業界・職種に精通した頼れる専任アドバイザーがあなたの転職活動をサポート!
マイナビエージェント
マイナビならではの太いパイプ
年間200万人以上が利用するマイナビエージェント。企業人事との太いパイプがあり優良企業の求人数が豊富。また、営業職・IT・WEBエンジニアの求人が得意。
Spring転職エージェント(アデコ株式会社)
人生に寄り添う丁寧なサポート
Spring転職エージェントのキャリアコンサルタントは求職者と企業の両方を担当しているので生の情報を得られます。求職者の人生に寄り添う丁寧なサポートで満足のいく転職を叶えます。最大手だけあり求人数も膨大。もちろん全国対応。

このページの先頭へ