未経験でも可能性はある建築業界への転職!

街の発展や人の生活を支えてきた建築の仕事

街や人の生活を支える住宅・学校・ビル・商業施設など、建物を建てることで、人の流れを生み、街や地域を発展させてきた建築の仕事。建物一つが完成にいたるまでには、たくさんの人や企業が関わっています。

例えば家を建てる時はハウスメーカーや建築・設計事務所・地元の工務店などが、超高層ビルや医療施設など大きな建物を建てる時には、ゼネコンや専門工事に関わる業者が関わり、それぞれの役割を果たしていきます。

形に残る仕事として、そして人に喜んでもらえる仕事として、建築に関わる仕事に憧れを抱いている人も多いはず。今回は、未経験や異業種から転職をめざすみなさんでもめざしやすい建築関連の仕事や、建築業界の実情、転職活動に有利な資格について解説します。

建築の仕事とは?

「建設」と「建築」、似ていて混合しやすい言葉ですが、建築基準法によると、「建築」は建築物を建てること。「建設」は道路や堤防などの土木工事と建築工事を含んだ言葉です。

建築の仕事は、建築設計、施工管理、現場での作業、外構関連、インテリアや設備関連などに分かれており、技術職以外にも営業、開発計画、管理部門などの仕事があります。

建設業界の実情は?

長く働ける建設業界は全体的に景気に左右されやすい面を持っています。現在は、震災復興の事業に加え、国内の景気は回復してきていることと、2020年の東京オリンピック関連の需要が増え、建築に関わる人材は不足気味。技術や専門的知識が必要なことから、ベテランが活躍しているので長く働ける業界と言えます。

同じ建築関連の仕事であっても、働く場所や職種によって感じ方はさまざま。内勤の場合は「クリエイティブな仕事ができる」「全般的に残業が多い」などの声があります。

一方、現場監督やとび職など建築現場で働く人からは「完成した時に達成感がある」「未経験でも就職できる」「危険をともなう作業がある。体力勝負」などの声があがっています。

実務経験がなくても知識や資格を持っていると有利!

「実務経験はないけれど、大学や専門学校などで建築や土木、電気関連の勉強をした」「建築関係の資格を持っている」場合は、志望動機の一つになり、転職には有利。有資格者は歓迎されますし、未経験者や第二新卒を積極的に募集している企業も多くあります。

建築の仕事を行う会社は、建築設計事務所、ハウスメーカー、建設会社、インテリアデザインやエクステリアデザイン関連の会社などいろいろ。自分が建築のどのような分野で働きたいのかしっかりイメージして、転職活動をはじめましょう。

未経験から専門職の転職は難しいが努力次第

未経験から建築の世界に飛び込むことは、めざす職種によってはハードルが高いと言えます。
専門性が高い職種が多く、国家資格を持っていないとそもそも仕事ができない
ので、技術や専門知識を身につけるために学校へ入学したり、資格試験勉強を始めたりすることが必要になるからです。

ただし、建築士のように、学歴がなくても実務経験を一定期間積むと、試験を受けられる資格もあるので、地道に努力し続ける人にはチャンスがあります。

未経験・異業種からでも中途採用が多い企業・職種は?

業界未経験での中途採用が比較的多いのは、建設会社やハウスメーカー、工務店などの営業職や総合職。オフィスビルや商業施設、家などの建築物に関わりながら、設計や施工管理の仕事を身近で見ることができます。

現場工事の進捗をチェックし現場をまとめる施工管理の職種も、地元に密着している建設会社や工務店などで募集があります。

建築の現場で働く作業員については、実務経験がなくても見習いから始められることが多く、現場で実務経験を積むことで技術を身につけることができます。働く環境としては厳しい面もありますが、職種によっては資格を取ることも可能です。

建築の仕事で役に立つ資格とは?

建築士(一級建築士・二級建築士・木造建築士)

建築設計を行う上で、持っていなくてはいけない資格No.1は、建築士。難易度が高い国家資格で、建物をつくる上で、建築士の存在はなくてはならないものです。

建築士の仕事は、クライアントの要望を聞き、コンセプトを組み立て、建物の設計をし、工事の施行監理を行います。なかでも設計の仕事は、建築物の外観や空間をデザインする「意匠設計」、安全な建築物の構造を設計する「構造設計」、エアコンなどの空調や電気、水道などの設備を扱う「設備設計」などの3つに分かれています。

一級建築士
住宅や施設などあらゆる建築物の設計と工事監理ができます。

二級建築士
木造以外の建築物は延べ面積300平方メートルまで、木造の建築物は特殊建造物の場合延べ面積500平方メートル以下など、建築物の種類と構造によって、設計と工事監理の範囲が決まっています。

木造建築士
平屋もしくは2階建で、延べ面積300平方メートル以下の木造建築物の設計と工事監理ができます。

「二級建築士・木造建築士」になるには、以下の受験資格を満たす必要があり、各試験に合格すると取得できます。

「二級建築士・木造建築士」の受験資格
・大学・土木・高等専門学校の建築学科を卒業+実務経験なし
・大学・土木・高等専門学校の土木学科を卒業+実務経験1年
・高校の建築・土木科を卒業+実務経験3年以上
・上記の学歴なし+実務経験7年以上

「一級建築士」は、二級建築士もしくは木造建築士の資格を取って、さらに4年以上の実務経験がある人が受験資格を得ることができ、合格により取得できます。
就職先は建設会社、工務店、設計事務所、ゼネコン、ハウスメーカーなどがあげられます。建築士の中には経験を積んだあとに独立している人も多くいます。

施工管理技士

 
施工管理とは、建築の現場で計画的に工事をすすめるために、工程や安全、品質などについて管理し、現場での指示や監督を行う仕事です。

施工管理技士は国家資格で、全部で6種類ありそれぞれに1級と2級があります。そのなかで建築に一番関わりがあるのが「建築機械施工技士」でしょう。

「建築機械施工技士」を目指す場合、大工工事や鉄筋工事など比較的未経験でも採用されやすい分野で、施工管理の実務経験をつむことで、受験資格を得ることができます。有資格者は資格手当などがつくので、年収アップも期待できるでしょう。

建築の仕事から転職するには

転職するには現在、建築の仕事についているけれど、違う業界・職種に転職したい人について。

建築業界から転職する場合、その経験を活かせる業種や職種を探す転職活動が最もスムーズです。例えばインテリアや家具、照明などを扱う企業、水道や電気など生活インフラに関わる企業などは、建築の仕事とも共通点が多いでしょう。

また、不動産業界や建築資材メーカーなどは、専門知識を十分に活かせる職場です。他にも都市計画・再開発に関わる仕事や、建物のセキュリティに関わる仕事なども考えられます。

未経験・異業種からの転職をするなら若いうちに

私たちの暮らしを豊かにする建築の仕事。営業や施工管理の職種ならば、未経験や異業種からでもチャンスは広がります。設計士など専門性が高い仕事は資格や学歴が必要ですが、若いうちの挑戦なら努力次第で夢をかなえることもできます。

異業種や未経験からの転職について迷っている方、自分のキャリアに自信がなくて悩んでいる方、そして転職を早く成功させたい方は、転職エージェントに相談してくださいね。これまでたくさんの人を転職成功に導いてきた転職のプロが客観的に見て、転職をサポートしてくれますよ。

登録して間違いない!おすすめ転職エージェント厳選3社

転職エージェント おすすめランキング一覧表
運営会社 サービス詳細 公式サイト
リクルートエージェント
転職成功実績 No.1
リクルートグループだからできる業界トップクラスの求人数と非公開求人数。求人エリアも全国対応しており、あらゆる業界・職種に精通した頼れる専任アドバイザーがあなたの転職活動をサポート!
マイナビエージェント
マイナビならではの太いパイプ
年間200万人以上が利用するマイナビエージェント。企業人事との太いパイプがあり優良企業の求人数が豊富。また、営業職・IT・WEBエンジニアの求人が得意。
Spring転職エージェント(アデコ株式会社)
人生に寄り添う丁寧なサポート
Spring転職エージェントのキャリアコンサルタントは求職者と企業の両方を担当しているので生の情報を得られます。求職者の人生に寄り添う丁寧なサポートで満足のいく転職を叶えます。最大手だけあり求人数も膨大。もちろん全国対応。

このページの先頭へ