教師からのスムーズな転職は、早めの決断がカギ!

ハードワークな教師からの転職は多い

「教師が天職」と思い、厳しい採用試験を突破して教員になったものの、転職したいという気持ちを抱えている人はいませんか?文部科学省の調査によると、教員の離職率(定年退職も含む)は、幼稚園から高校まですべての学校種別で増加しています。

公立の小中学校、高校の教員は公務員ですが、保護者や職場での人間関係で悩み、休日も部活の指導や課外活動などでサービス残業も当たり前となってしまっている現状から、心身が疲れてしまい転職せざるを得ない状況の人もいます。

また、やむなく非常勤講師を続けているけれど、正規採用の道は厳しいので一般企業に勤めたいと考える人もいるでしょう。

そこで今回は、教師から転職するケースについてお話したいと思います。

学校と民間企業の違いとは?

公立の小中学校、高校の教員は公務員なので、景気には左右されません。産休や時短勤務など福利厚生については手厚く、働く環境としては安定しています。

学校の中では、管理職との上下関係はあっても、男女で仕事の差はほとんどありません。社会的にも地位が高く、定年退職者の平均支給額は約2500万円となっています。ただし、教師の仕事について「やりがいはあっても決してラクな仕事ではない」ことは周知の事実で、だからこそ離職率も高くなっているのです。

民間企業でのサラリーマンの場合、景気によって経営は左右されがちで、企業によって福利厚生の制度も差があるので、公務員ほどの安定性はありません。

給与は個人の業績次第では大きく差がつき、年収については公務員をはるかにしのぐケースもあり、それにより仕事へのモチベーションを高く維持できる場合もあります。

退職金については、退職金制度を導入していない会社もあるので事前に確認しましょう。

転職が本当に必要か考えてみる。

「児童や生徒の成長を感じられるやりがいのある仕事」とか「子供たちの教育に携わりたい」という熱い思いから、教師になった人も多いはず。

教師となるのが昔からの夢であった場合や、親や親せきが教職に携わっている人ほど、現実とのギャップに苦しみ、なかなか転職への第一歩を踏み出すことができません。これでいいのか、と思いつつ、ストレスを抱えすぎて心身に影響が出る場合もあります。

一般企業に勤めても、もちろん人間関係や仕事のノルマなどでストレスを感じることはあります。プライベートな時間が持てないことで悩み、学校という限られた空間のなかで多大なストレスを抱えているのであれば、転職によりストレスの少ない環境に身をおくことも、一つの選択と言えるでしょう。

いずれにせよ、教師と民間企業のサラリーマンとは環境も大きく違うもの。自分にとって何が大切か、じっくり考えてから転職活動を始めましょう。

転職がスムーズにすすむのは、20代>30代!

教師からの転職をスムーズに成功させるには若い20代か、遅くても30代での転職をお勧めします。早ければ早いほど、転職先の選択肢を広げることができるからです。

20代での転職は、希望の就職先が一般企業の場合、多くが第二新卒としての扱いをします。その業種の経験の有無や知識を重視するよりも、若手のチャレンジ精神を重視し、数年社会人経験をしてなおかつやる気のある人材に期待をしている部分が大きいのです。
また、国家公務員など新たな採用試験にチャレンジする場合も、年齢制限があるので早めに準備するのがベター。

30代の転職は、企業への貢献度をアピール!

30代の転職は、企業側も即戦力としてキャリア採用をしている場合が多く、求められるスキルや経験も20代とは違います。養う家族がいる場合には、給与などの待遇面も気になり、条件にあう企業を探すのも難しい部分も。

ただ、教師の経験が活かせる業界ならば、狭き門とはいえ、転職もチャンスがあります。

教職についていた人が民間企業に慣れるのは大変、とは言いますが、まったく違う業界に転職した場合は誰でも経験すること。教師として学級運営に携わり、さまざまな性格の子供や保護者と接してきた経験から、企業へどれだけ貢献できるかをうまくアピールしましょう。

教師の転職先はどんなところがいい?

教師としての経験を活かすのであれば、教育関連への転職が最もスムーズ。塾講師や予備校の運営・事務スタッフ、学習教材の編集スタッフや営業など、人前で話すことに抵抗がなく、教えることについて経験を積んだ教師ならではの視点を活かすことができます。

教育分野にこだわらないのであれば、販売職やサービス業でもコミュニケーション力を発揮することができるでしょう。そのほか、自治体の公務員や、団体職員なども転職先としてあげられます。

自分のスキルに自信がない場合や、未経験の業種に転職したい場合は、研修制度やカウンセリング制度が充実している企業を選ぶと良いでしょう。

転職時期と志望動機について悩んだら転職エージェントを利用しよう!

土日は部活、平日は授業の準備などに追われる教師が、転職活動で悩むのが転職のタイミングや志望動機。責任感の強い教師ならば、進級や卒業のタイミングの3月末での退職がきりがよいと思っているはずです。そのため、企業が希望する入社時期とあわないことも。

志望動機や教師を辞めたい理由については、企業との面接で最もよく聞かれる質問の一つですが、企業側が採用したいと思う魅力ある人材がどのようなものなのか、どう受け答えするのかをしっかり予習しておく必要があります。

新卒採用での教師ならば、一般企業への就職活動はしていないことも多く、基本的なビジネスマナーももう一度確認しておきたい部分もあることでしょう。そんな場合、転職エージェントならば、転職時期について企業との交渉はもちろん、書類選考の段階から面接対策まで力になれることがあります。普段の業務で手一杯で、転職活動の時間がなかなか取れないという場合でも、効率よく転職を進められるノウハウを持っているので、ぜひ一度相談してくださいね!

おすすめ 転職エージェント

転職エージェント おすすめランキング一覧表
運営会社 サービス詳細 公式サイト
Spring転職エージェント(アデコ株式会社)
人生に寄り添う丁寧なサポート
Spring転職エージェントのキャリアコンサルタントは求職者と企業の両方を担当しているので生の情報を得られます。求職者の人生に寄り添う丁寧なサポートで満足のいく転職を叶えます。最大手だけあり求人数も膨大。もちろん全国対応。
リクルートエージェント
転職成功実績 No.1
リクルートグループだからできる業界トップクラスの求人数と非公開求人数。求人エリアも全国対応しており、業界・職種の知識に精通した頼れる専任アドバイザーがあなたの転職活動をサポート!
ワークポート
総合転職エージェント!ITに強み
IT系・WEB系に非常に強い転職エージェントでしたが、近年は営業、管理部門、販売・サービス業等の求人も豊富に扱うようになりました。全国の求人を扱っており、未経験の転職にも強い。

このページの先頭へ