正社員を狙うなら期間工の求人が狙い目!

日本の製造業を支える期間工の仕事

車や電子部品など、国内外から高い評価を受けている日本のモノづくり。そんな日本の製造業を支えているのが、期間工と呼ばれる人々です。皆さんも、一度や二度は、期間工の求人広告を見たことがあるのではないでしょうか?
期間工は文字通り、働く期間が契約であらかじめ決められていて、期間従業員・期間社員とも呼ばれています。期間工は“仕事がきつい”“短期の雇用なので不安定”というイメージがありますが、実際はどうなのでしょうか?意外にも、期間工から正社員として雇用されるケースも多く、最近は企業が積極的に正社員登用に動いています。

今回は、期間工の仕事に興味がある人へ、どのような会社が求人を出しているのか、また期間工の仕事内容や福利厚生、正社員登用制度などについてお話したいと思います。

期間工の仕事とは?

期間工の仕事は、主に工場の生産ラインのさまざまな工程で、部品の成形や組み立て、塗装、検査などを請け負っています。どの工程の作業も慎重かつ素早さが必要で、ラインを停滞させることなく一日の目標をクリアしなければいけませんが、どの工程の仕事についても、1~2週間程度の作業訓練や研修、先輩社員の指導などがあるので、仕事経験の有無は就業に関係ありません。社会経験やスキルよりも、むしろ作業に集中し迅速かつ丁寧に行う姿勢が大事な職場と言えるでしょう。
作業自体は“班”と呼ばれるグループで行うことが多く、とりまとめのリーダー・班長のもと、班員のチームワークで目標達成へ向けて努力します。

期間工の求人を出す会社はどんな会社?

期間工を雇う企業は主に自動車メーカー、電子部品メーカー、輸送機器や機械装置を製造するメーカーなど。メーカーによっては年に数百人の期間工を雇っている実績があります。
期間工は、派遣社員と違い、企業と直接雇用契約を結んでいます。契約社員の雇用期間は最長で3年という労働基準法の決まりがあります。期間工の契約更新は、初回は3カ月、その後6カ月ごととなっている場合が多く、それぞれ契約を満了するとボーナスとも言える満了金がもらえます。

期間工の仕事はシフト制

工場の仕事は、早番と遅番による2交代制か、早番・遅番・夜勤による3交代制を取り入れています。どのシフトでも、早番を1週間やると次の1週間は遅番、というように週替わりで交代します。
例えば2交代制の場合、早番は6時~6時30頃始業、途中に食事休憩や短い休憩をはさんで15時~17時頃までの勤務となり、遅番は15時~24時頃までの勤務。3交代制ではさらに21時頃から翌朝6時頃までの夜勤があります。

1週間ごとにシフトが入れ替わるので、体が慣れるのに時間がかかるという人も。工場にもよりますが、2交代制では、2・3時間程度の残業もあるので、体力に全く自信がない人は厳しいでしょう。その反面、残業代や深夜手当はしっかりもらえるので、目標金額を貯めたい人や、高収入を目指す人にはよい職場と言えます。

手当が充実!恵まれている期間工の福利厚生

雇用期間が予め決まっているとはいえ、さまざまな面で驚くほど恵まれている期間工。
例えば、
・寮費・水道・光熱費無料、テレビや冷蔵庫など必要な備品がついた一人部屋の寮
・赴任手当
・皆勤手当
・正月手当
・経験者手当
・赴任旅費
・満了慰労金・報奨金
・社会保険完備、有給制度
・食事補助

など、契約期間中さまざまな手当が受けられます。ある企業の1年目の月収例では、残業や深夜手当を含めると30万円を超えることも。大学卒業者の初任給をはるかに超えた収入なので、モチベーションも上がります。企業によっては、初回の契約を満了すると、次からは基本給や手当がベースアップとなるケースもあります。

正社員登用制度で大手企業の正社員にも!

期間工として仕事を覚えさらにキャリアアップしたい人には、正社員登用制度があり、上司からの推薦をもらって正社員になる道も開けています。実際、正社員になることを目標に期間工として働いている人も多くいます。就活で大手企業の正社員になれるのはほんの一握りということを考えると、学歴も関係なく仕事ぶりを評価してもらって正社員になるのは大きなチャンス。いずれは正社員として働きたいと思っている人は、正社員登用制度を利用してどれくらいの人数が正社員になっているか、実績数を面接の機会を利用して聞いてみるのも良い方法でしょう。

期間工はどんな人が向いている?

工場や班の一日の生産ノルマを達成するには、一人一人が仕事に真剣に向き合わなければなりません。ですから、仕事の無断欠勤や遅刻などは厳禁。仕事は単純な作業の繰り返しですが、指示された作業内容をいかに効率よくこなすにはどうしたらよいか考えられる人、班やペアで協力しあうことが大切なのでコミュニケ―ション能力のある人などが向いています。

期間工の仕事は女性でも活躍できる!

期間工というと男性が多い職場や、力仕事というイメージがありますが、意外にも女性も多く働いています。遅番や夜勤などがあり体力勝負になる部分はもちろんあるものの、20代・30代の若手も多く活躍できる職場です。

短期で辞めると同じ企業での再雇用は難しくなる

「前の職場を退職して次の就職先を見つけるまでとりあえず収入が欲しい」「短期で勤めて会社の雰囲気を知りたい」など、3カ月という短期で契約し、仕事に就けることもできるのが期間工のメリット。ただし、短い期間での転職の繰り返しは、自身のキャリアの形成にも関わり、一度短期で辞めると再びその企業の短期工として働くことは難しくなります。

北海道から九州まで、勤務地は全国各地に

工場勤務の仕事なので、勤務地はメーカーの生産拠点となる工場があるエリアになります。今自分が住んでいるエリアになくても、無料で住める独身寮を用意している企業も多くあり、仕事をすぐに始めることができる環境が揃っていることは大きなメリット。自宅から通う場合、車での通勤を認めている企業もあります。
また、面接会場は全国でできる仕組みを取り入れている会社も多くあります。

期間工の求人情報はどこでチェックする?

期間工は企業との直接雇用となる期間従業員なので、工場を持つ企業のホームページで求人情報をチェックすることが可能。一度に複数の企業の求人を探したい場合には、
期間工専門の求人情報サイトや期間工の求人案件を扱っている派遣紹介会社などの情報を見ると便利
でしょう。

おすすめ 転職エージェント

転職エージェント おすすめランキング一覧表
運営会社 サービス詳細 公式サイト
Spring転職エージェント
(旧アデコ)

人生に寄り添う丁寧なサポート
Spring転職エージェントのキャリアコンサルタントは求職者と企業の両方を担当しているので生の情報を得られます。求職者の人生に寄り添う丁寧なサポートで満足のいく転職を叶えます。最大手だけあり求人数も膨大。もちろん全国対応。
リクルートエージェント
転職成功実績 No.1
リクルートグループだからできる業界トップクラスの求人数と非公開求人数。求人エリアも全国対応しており、業界・職種の知識に精通した頼れる専任アドバイザーがあなたの転職活動をサポート!
ワークポート
総合転職エージェント!ITに強み
IT系・WEB系に非常に強い転職エージェントでしたが、近年は営業、管理部門、販売・サービス業等の求人も豊富に扱うようになりました。全国の求人を扱っており、未経験の転職にも強い。

このページの先頭へ