活躍の場が広がる栄養士の転職!

「食」の正しい知識を教えてくれる栄養士

「衣食住」という言葉があるように、私たちの暮らしと「食」は切り離すことができないもので、さまざまな業種や職種が「食」に関わっています。
その職種の一つが、病院をはじめ、介護施設や幼稚園、レストラン、企業などに勤務する「栄養士」です。私たちが健康的な生活を送る上で、食生活に対する正しい知識をもたらしてくれる大切な存在です。

今回は、栄養士の資格を持っている人が転職を考えた時、転職先はどのようなところがあるのか、さらにキャリアアップするための具体的な方法について解説します。

栄養士の仕事内容とはどんなもの?

栄養士さんって何するの栄養士の仕事は大きく分けて
1.食事の管理
2.栄養指導

となります。

「食事の管理」は、病院や学校などの施設が提供している食事について、栄養バランスが取れ、かつ、おいしいメニューを考えて、食事の盛り付けから実際の提供、管理を行います。

「栄養指導」は、元気な人または栄養が偏っている人から食生活に対するアドバイスをしたり、食の栄養についての正しい知識を与えたりすることです。

学校給食の受託企業や大きい医療機関などでは、栄養管理士のサポートをする場合や、調理師と一緒に実際の調理を担当する場合もあります。

栄養士の資格を活かせる転職先を優先して

転職を考えた時、まずは栄養士の資格を活かせる転職先を考えましょう。栄養士の「食」に関する正しい知識やアドバイスが必要とする職場はたくさんあります。
転職理由が「厨房業務が体力的につらい」「職場環境になじめない」などだった場合、転職仕事先の仕事内容や職場環境についてよく確認することが必要です。
最近では高齢者の施設での給食の提供や栄養指導の需要が多くなっています。またフィットネスジムなどスポーツ関連施設での食生活へのアドバイスなど、栄養士の活躍の場は広がっており、将来性もあります。

栄養士が活躍することができる職場と役割とは?

活躍する場所栄養士の主な職場と、役割について紹介しましょう。

・病院や介護施設、学校・保育園、企業など
給食や社食を提供する場所での給食管理や栄養指導、調理師と協力して厨房業務なども。

・レストラン、食事を提供する研修宿泊施設
メニューの考案や栄養管理、厨房業務など。

・フィットネスジム、スポーツセンターなど
食生活へのアドバイス、肥満の予防のためのコンサルティングなど。

さまざまな分野で栄養士の需要はありますが、栄養士よりも上級でより専門的な知識を有する「管理栄養士」の資格を求める企業や職場もあります。

転職でキャリアアップするには管理栄養士の資格取得がおすすめ

転職を機に、収入アップやキャリアアップをめざすには管理栄養士の資格をとることが一番の近道
管理栄養士は、栄養士として規定どおりの実務経験を積み、国家資格である管理栄養士国家試験に合格すると取得できます。

必要とされる実務経験の年数は、卒業した栄養士養成施設によって変わります。
●2年制の専門学校・短大→3年以上
●3年制の専門学校・短大→2年以上
●4年制の専門学校・大学→1年以上
4年制の管理栄養士養成講座を修了した人は実務経験が無くても管理栄養士の試験を受けることができます。

管理栄養士なら職場選択の幅が広がる!

管理栄養士の資格をとれば、転職する際に選択の幅が広がります。

栄養士が、保育園や学校など健康な人を対象に食事の管理や栄養指導を行っているのに対し、管理栄養士はさらに病院や介護施設などの入院患者や高齢者の病状や状態にあわせて、栄養管理を行ったり献立を作成したりと、より専門的な知識を活かすことができます。職場においても栄養士を指導できるのが管理栄養士になります。

ある一定規模の給食施設には、管理栄養士を置くことが法律で義務付けられているので、病院や介護施設、幼稚園などでは資格が有利に働くでしょう。

管理栄養士の資格を活かせる仕事

資格が活かせるそのほかにも管理栄養士ならではの専門性を活かせる職場があります。

例えば
・食品メーカーやコンビニ業界など食品関連企業
専門知識を生かした商品開発や改良にむけての提案

・公立の小中学校(公務員)
学校栄養職員、食育を指導する栄養教諭

・各自治体の保健センター・保健所(公務員)
乳児健診などでの栄養相談、マタニティ向け講座での調理指導

管理栄養士関連の地方公務員については、昇給や賞与があるので安定した職場として人気です。ただし、倍率がかなり高く、試験内容も各自治体によって異なっているので、準備と対策が必要でしょう。

栄養士への転職をめざすには

別の職種から栄養士に転職したい場合
食に関する興味があり、食を通して人とのコミュニケーションを図りたい人や、栄養管理・栄養指導を行う仕事を探しているのならば、栄養士や管理栄養士は最も希望に近い職種です。

栄養士になるには、高校卒業後、国が指定した栄養士養成施設である大学や短大・専門学校で、専門課程を取り卒業することで免許を取ることができます。国家資格ではなく、都道府県知事による免許で、一度取得してしまえば、ずっと使うことができます。

通信教育では免許がとれないので、社会人として別の職種についている人は、学校に入り直し栄養士養成課程を学ぶことになります。栄養士の免許を取れる学校を卒業するには最短で2年かかるので、学費はもちろん生活費についてもよく考えておくべきでしょう。

これからの栄養士・管理栄養士にはどんなことが求められている?

食材の知識の蓄積やレシピ考案、食のトレンドなど、普段から食に関する興味があれば、活躍の場が広い栄養士の仕事。厨房業務や衛生管理などに気を配ることも必要で、責任ある仕事ゆえ、体力的にきついとの理由で転職をする人も少なくはありません。

栄養士としての知識や経験を活かしつつ、別業種で働きたい場合、どんな業種で栄養士が求められているのか情報を集めることが大切です。そんな時には業界のニーズに詳しいアドバイザーが頼りになる存在になるでしょう。あなたの職歴やキャリアプランについてアドバイスし、給与などの交渉も行ってくれる転職エージェントをぜひ活用してみてください。

登録して間違いない!おすすめ転職エージェント厳選3社

転職エージェント おすすめランキング一覧表
運営会社 サービス詳細 公式サイト
リクルートエージェント
転職成功実績 No.1
リクルートグループだからできる業界トップクラスの求人数と非公開求人数。求人エリアも全国対応しており、あらゆる業界・職種に精通した頼れる専任アドバイザーがあなたの転職活動をサポート!
マイナビエージェント
マイナビならではの太いパイプ
年間200万人以上が利用するマイナビエージェント。企業人事との太いパイプがあり優良企業の求人数が豊富。また、営業職・IT・WEBエンジニアの求人が得意。
Spring転職エージェント(アデコ株式会社)
人生に寄り添う丁寧なサポート
Spring転職エージェントのキャリアコンサルタントは求職者と企業の両方を担当しているので生の情報を得られます。求職者の人生に寄り添う丁寧なサポートで満足のいく転職を叶えます。最大手だけあり求人数も膨大。もちろん全国対応。

このページの先頭へ