法務への転職、未経験でチャンスをつかむには?

法務とはいったいどんなことをするの?

法務ってどんな仕事「法務」…聞いた印象ではどんな仕事をしているのか想像がつかない人もいるのではないでしょうか?
ビジネスの世界では法律と関係が深く、売買の契約や取引を行う際にも法律を守る必要があります。ビジネスを展開するうえで、法律に関連する業務を行うのが法務です。

法務の仕事は、法律に関わる業務についてビジネスを円滑に行うためのサポートをしたり、社員に「コンプライアンス」の徹底や理解すべき法律について教育をしたりと、仕事範囲は幅広く、専門性の高いものになっています。

今回は、法務の仕事に転職したい皆さんに、企業法務の仕事内容や転職事情について説明していきましょう。

法務の仕事内容を理解しよう

法務の仕事は、法律にからむ業務についてあらゆる角度からチェックし、リスクを未然にし、企業の成長を支える仕事です。
総務部の中に法務課として設けている場合や、法務部として独立した部署になっている場合があり、その仕事の範囲は会社の規模や業務内容によってさまざまです。

法務の主な仕事内容

1.契約・取引
法務の主な仕事の一つ。企業が交わす売買契約・業務委託契約・秘密保持契約など、契約や取引における条文や内容について、関連法令に触れることがないかあらかじめチェックし、トラブル防止に努めます。

記載内容に不備があると、取引先や消費者と紛争があった場合、自社にとって大きなリスクになるので、細心の注意を払います。

2.組織法務
企業として活動していく上で株式会社の方向性や意志を決定する、株主総会や取締役会などの開催・運営を行い、決議事項について法務局への登記申請などを行います。

また、会社の組織や活動などを定めた定款の変更、株式の発行や分割、登記の手続き、グループ企業の組織再編なども業務の一つ。特に、子会社の設立に関する業務が近年増加しています。

3.コンプライアンス法務
「コンプライアンス」とは日本語で「法令遵守」のこと。社長をはじめ、企業に属する社員は、法律や社内規範を守り、一般社会においての基本的なルールや考えに従うことが求められています。

最近は、消費者への情報開示など、企業への信頼を裏切らない行動が求められており、コンプライアンスは非常に重要視されています。法務の仕事は、コンプライアンスへの意識を高めるため、社内マニュアルの作成や社内研修や教育を実施し、社員の法律相談なども受けています。

4.紛争対応法務
企業が取引先や消費者などとトラブルになった場合、訴訟となったり、また逆に原告として訴訟を起こしたりする場合があります。そのような時に、外部の弁護士に訴訟の対応を求めたり、相手側と交渉を行ったりして訴訟回避へとみちびきます。万が一訴訟になってしまった場合は、外部の弁護士と協力して関係書類の作成や情報収集なども行います。

そのほか、特許出願、企業買収関連の業務、知的財産やライセンス契約・管理、国外でのビジネスを展開している場合には国際法務などの業務があります。

法務の仕事にはどんなスキル・資格が役立つ?

法務の仕事内容をみても分かる通り、法律に関する最低限の知識や興味は必須です。例えば、子会社を設立する時には会社法や民法、商業登記法などの知識が必要になるので、大学の法学部や法科大学院などで法律を専門的に学んだ人はやはり中途採用でも有利。期限内に複数の契約書のチェックを完了させるなど、効率よく業務をこなしていく姿勢も大切です。

次の国家資格や公的な検定を持っている人は即戦力としても企業の期待は高まるでしょう。会社によっては、検定を全社員に推奨し、合格者は昇格の際の単位付与としているところもあります。

・弁護士
・司法書士
・行政書士
・ビジネス実務法務検定
・知的財産管理技能検定
・ビジネスコンプラインス検定

海外法務では、海外法務海外の法律に関する調査や、国際契約を結ぶ場合に必須となってくるのが語学力。ビジネス英語の読み書きのほか、会話力もあればなお良いでしょう。

法務の転職事情

法務の転職事情法務という専門性の高い部門なので、法務部門で働いたことがある経験者は、転職において圧倒的に有利です。特にコンプライアンスやリスクマネジメントについては、今後も企業が力を注ぐべき分野なので、人材の確保に力を入れています。

また、法務での経験を持つ人が、新しい分野での法務を経験するために、転職を繰り返して自身のキャリアアップにつなげている場合もあります。

法務の給与はどうなっているの

給与については、国内企業よりも外資系企業のほうが高く、転職で年収がアップする人も。一般的に外資系企業では、個人の業績や成果が重視され、給与に反映されますが、業績次第では給与が下がる可能性もあります。転職にあたっては、社風や価値観など、国内企業との違いをよく認識する必要があります。

国内の企業の場合は、年齢や役職によって給与が上がる仕組みになっているので、他の部署の社員とは給与にあまり差がでませんが、保有のスキルやキャリアが考慮されて手当が付くこともあります。

未経験で法務の仕事を目指すには

未経験でも大丈夫かな管理職をめざす人材として未経験でも若手の採用を歓迎している企業もあり、大学などで法律を学んだ第二新卒や、法律に興味をもっている若手ならば転職の枠がないわけではありません。

金融業界や企業の総務など管理部門で働きながら配属のチャンスをつかむこともできます。司法試験の勉強や各種検定の取得、ビジネス英語の取得など、自身のスキルアップを図りつつ、転職のチャンスをつかみましょう。

法務部門への転職を成功させるカギ

法務の仕事は幅広く、どのような分野で専門性を高めていきたいのか、どのような知識やスキルを身につけたいのか、将来のキャリアプランを考えることはとても大切です。また、転職を考えた時、企業の価値観や環境など、自分では得にくい情報ほど重要な情報である場合があります。これらについて客観的に見てサポートしてくれるのが転職エージェントです。ぜひ転職エージェントを活用して、新たな活躍の場を探してみましょう。

登録して間違いない!おすすめ転職エージェント厳選3社

転職エージェント おすすめランキング一覧表
運営会社 サービス詳細 公式サイト
リクルートエージェント
転職成功実績 No.1
リクルートグループだからできる業界トップクラスの求人数と非公開求人数。求人エリアも全国対応しており、あらゆる業界・職種に精通した頼れる専任アドバイザーがあなたの転職活動をサポート!
マイナビエージェント
マイナビならではの太いパイプ
年間200万人以上が利用するマイナビエージェント。企業人事との太いパイプがあり優良企業の求人数が豊富。また、営業職・IT・WEBエンジニアの求人が得意。
Spring転職エージェント(アデコ株式会社)
人生に寄り添う丁寧なサポート
Spring転職エージェントのキャリアコンサルタントは求職者と企業の両方を担当しているので生の情報を得られます。求職者の人生に寄り添う丁寧なサポートで満足のいく転職を叶えます。最大手だけあり求人数も膨大。もちろん全国対応。

このページの先頭へ