転職は自分のキャリアを高めるチャンス!

転職は、満足のいく働き方を求めるため!

日々の仕事をこなす中で、ふと自分のキャリアについて考えたことはないでしょうか?きっと誰もが、「このままでいいのだろうか」と一度や二度は考えたことがありますよね。

厚生労働省による平成27年転職者実態調査で、過去1年間に自己都合で離職し、再就職した労働者の主な転職理由として、「労働条件が良くなかったから」が27.3%、次に「満足のいく仕事内容ではなかった」が26.7%、
3位は「賃金が低かったから」があげられました。特に、20代~50代までの約25%が「満足のいく仕事内容ではなかった」という理由をあげ、このことから、仕事は単に賃金をもらうためだけに行うのではなく、自分自身を成長させるため、満足のいく働き方や仕事を選びたいと考えている人が多いことが分かります。

一度就職したら定年までその会社で勤め上げることは少なくなり、転職によって今までの職務内容とは全く異なる仕事に挑戦するキャリアチェンジも、珍しくありません。今や大学を卒業して就職した人の3割が、3年以内に離職している状況ですが、転職活動を始める前に、今一度自分が求める働き方や、なりたい自分について考えてみることをおすすめします。

女性だからできる柔軟なキャリアチェンジ

仕事を持つ女性は、結婚や出産、育児などでさまざまな選択を迫られます。特に出産後の休職や、育児との両立で通常の勤務が難しくなって、転職やそれまで思い描いていたキャリアと違う道を歩むこともあります。それでも、出産や育児の経験が、人生やキャリアにとってマイナスになることはありません。出産や育児を経験した女性だからこそ適応力や対応力が備わり、うまくキャリアチェンジをして、新しい視点で仕事に取組むことができるのです。

子育てしながら働きたいママが使いたい制度

そうは言っても、育休が終わるのに保育園に入所できずに困っているというママもいることでしょう。そんなケースに備えて、平成29年10月から改正育児・介護休業法がスタート。1歳6ヶ月以降も保育園に入れない場合、育児休業期間を最長2歳まで再延長することができます。

また、 3歳未満の子供を養育する場合は、1日6時間までの短時間勤務制度が利用できます。子供が幼く、フルタイムで勤務することが難しい場合でも、勤務時間中はきっちり働き、フォローしてくれる周りへの気遣いを忘れずにいることで、ワーキングマザーへの理解がより深まるはずです。

40代、50代にとっても転職はチャンス!

転職市場では売り手市場と言われていますが、40代・50代ではどうでしょうか?20代や30代に比べて確かに求人数は減りますが、管理職として知識や経験豊かな人材を求めている企業も多くあります。

もしかしたら、40代・50代にとって、転職は出世競争に負けた、というイメージを持っているかもしれませんが、そんなことはありません。今や誰でもがリストラにあう可能性や、転職をよぎなくされる可能性があり、キャリアチェンジは当たり前のこと。40代・50代の転職活動は今までの価値観を捨て、今後自分自身のキャリアを新しく構築するために、自分の市場価値を高める努力が必要と言えるでしょう。

平成27年転職者実態調査では、転職者がいる事業所で、賃金や役職などの転職者の処遇決定の際に考慮した要素として、1位は「これまでの経験・能力・知識」71.4%、2位は「年齢」46.3%、3位は「免許・資格」35.9%という結果が出ました。転職において、年齢は確かに考慮されますが、それよりも圧倒的に企業が求めているものが「これまでの経験・能力・知識」であるということは、 40代・50代にとっても転職は自分のキャリアを一層確かにするためのチャンスであるとも言えるでしょう。

40代・50代の転職活動の強みとは

若手に比べて40代・50代の強みは、
・トラブルや対人関係での対応力が高い
・今まで培ってきた知識や経験を活かして、プロジェクトの即戦力となれる
・部下の指導やチームをとりまとめるマネジメント能力がある
ということ。

その上で、転職活動では
・新しい仕事に向かうチャレンジ心を持つ
・今までの給与や会社の規模にこだわらない
ことを意識してください。そうすればきっと自分の能力を十分に発揮でき、働きがいのある会社と巡りあえるはずです。

志望動機に“キャリアアップ”はNG!

すべての年代の転職活動に共通して、しっかり固めたいのが志望動機。履歴書の必須事項で、もちろん面接でも必ずといっていいほど質問されます。なぜこの会社を選んだのか、入社したい理由は何か、どうこの会社に貢献できるか、など、この会社でなくてはならない理由をしっかりと説明することが大切です。「この会社に入ったらキャリアアップができる」などといったあいまいな説明はNGで、この会社だからこそできること・実現したいことは何なのか、その理由や、自分の思いを言葉にまとめましょう。

転職についてのプロ、転職エージェントに相談を

「自己分析やこれまでの職歴を整理してみたけれど自分の価値が分からない」、「転職に関していろいろ不安な点や疑問がある」場合はぜひ転職エージェントを利用してみましょう。

転職サイトでは、掲載された求人情報の中から自分に合いそうな企業を選ぶという方法ですが、転職エージェントはキャリアコンサルタント(キャリアアドバイザー)と直接面談をして、一緒にキャリアの棚卸しやアピールできる点について考えてくれるスタイル。転職サイトには出ていない非公開求人を扱っており、企業側が求める人材や社風について詳しく知っているので面接対策にも強い味方となるでしょう。

転職エージェントによっては、ある業種に特化したところや、ハイクラスの求人に特化したところなど、それぞれの特徴があります。ぜひ複数の転職エージェントに登録して転職活動に役立ててくださいね!

おすすめ 転職エージェント

転職エージェント おすすめランキング一覧表
運営会社 サービス詳細 公式サイト
Spring転職エージェント
(旧アデコ)

人生に寄り添う丁寧なサポート
Spring転職エージェントのキャリアコンサルタントは求職者と企業の両方を担当しているので生の情報を得られます。求職者の人生に寄り添う丁寧なサポートで満足のいく転職を叶えます。最大手だけあり求人数も膨大。もちろん全国対応。
リクルートエージェント
転職成功実績 No.1
リクルートグループだからできる業界トップクラスの求人数と非公開求人数。求人エリアも全国対応しており、業界・職種の知識に精通した頼れる専任アドバイザーがあなたの転職活動をサポート!
ワークポート
総合転職エージェント!ITに強み
IT系・WEB系に非常に強い転職エージェントでしたが、近年は営業、管理部門、販売・サービス業等の求人も豊富に扱うようになりました。全国の求人を扱っており、未経験の転職にも強い。

このページの先頭へ