銀行員からの転職を成功させるポイントとは!

憧れの銀行員になったけれど…転職する人も実は多い!

学生の人気企業ランキングでは、銀行をはじめ、常に金融関係の企業が入っていますが、誰もが安定し、高収入で長く働ける企業に勤めたいと思うのは当然のこと。

なかでも銀行員は、競争の激しい就職活動を勝ち抜いた一握りの人々しかなることができません。

就職先として人気の高い銀行ですが、実はせっかく銀行員になったものの、体育会的な古い企業体質になじめなかったり、ノルマの厳しさや業務が忙しすぎて自分の時間が持てなかったりと、理由はさまざまですが、銀行員の離職率は意外に高いものになっています。

でもご安心を。企業にとって、銀行員からの転職希望者は有望な人材なのです。

それでは、銀行員からの転職を成功させるポイントについて説明していきます。

 

転職成功のポイント

1  銀行員のキャリアは有利に使おう

銀行員からの転職を考えた時、たとえ少ない経験年数だったとしても銀行員としての経歴は多くの企業に有利に働きます。

なぜなら、銀行員は、「激しい就職活動を勝ち抜き、入社後に研修をみっちりうけ、同期の中でも競争をし続けてきた優秀な人材」というイメージがあるから。

企業は、中途採用を会社の即戦力として得たいのです。そのような銀行員という経歴を、転職に活かさない手はありません。

 

2  銀行員時代の資格を自己PRに活かそう

既に銀行員の皆さんは入社してから資格をいくつもとっているのではないでしょうか?

それらの資格は転職活動に多いに有利に働きます。

通常の業務に加えて、資格を取るために勉強をするというモチベーションの高さや、資格勉強で得た知識は決して無駄にはなりませんし、積極的にアピールすべき点です。

 

銀行員はどんなところに転職している?

銀行員をやめた場合、どんな企業が転職先となっているのでしょうか?ここでは同じ金融業界に転職した場合と、異業種に転職した場合について解説します。

銀行員から、金融業界へ転職する場合

安定性を求めるならやはり同じ金融系がいい、と思って、別の銀行への転職や、信用金庫や信用組合、保険会社などの金融関係機関への転職を考える人も多いでしょう。この場合、前職の銀行で得た知識や業務経験はもちろん仕事で十分活かすことができます。

ただし、前職の離職理由をよく考えて、なぜまた同じ業界への就職を希望しているのか、その会社のどこが魅力的なのか、ということを明確に説明できないといけません。

例えば、営業のノルマがきつい…などの理由で転職を考えている場合、金融業界でなくても営業職では少なからず営業成績はついてくるものですし、営業の意欲がなければ何よりも仕事を続けることができません。単に会社を変えるだけではなく、職種についてもしっかり考え直すことが必要です。

転職先でも同じ職種を希望している場合、今までに携わってきた業務経験と、自分自身の強みをアピールしたうえで、自分はどのように貢献できるのか、志望動機に盛り込むことが大切です。

 

銀行員がほかの業種に転職する場合は?

金融業界とはまったく違う業種を希望している場合、まずは自分の業務経験をふまえて、持っている資格やスキルを活かすことができる分野を考えましょう。たとえ業界経験がなくても「元銀行員」という肩がきは、多くの企業にとって好意的に受け取られます。

資格やスキルを活かしてさらなるキャリアアップも可能!

営業経験者や窓口の経験者は、直にお客様や担当企業と接客経験があるので、接客マナーやコミュニケーションスキルを売り込むことができます。一般企業ならば、営業はもちろん、事務や人事部などでも接客経験を活かせます。

法人営業に携わった経験があるならば、担当した企業の業界動向に詳しいので、これから成長しそうな分野に力を入れている企業に注目するのもよいでしょう。金融に関する知識や、不動産鑑定士や宅地建物取引士などの資格は不動産業界や住宅メーカーに転職する場合には有利に働きます。

そのほか、ファイナンシャルプランナーや中小企業診断士、日商簿記検定などの資格も、コンサルティング会社や、企業の経理部・財務部などでは必要とされ、転職と同時にキャリアアップを果たすことも可能。もちろんTOEICのスコアも外資系の企業や商社などで役立ちます。

銀行員から公務員に転職する人も多い

「地元に帰りたい」「安定した職業に就きたい」などの理由で銀行員から公務員に転職する人は決して少なくありません。女性にとっても、公務員の制度が、結婚や出産、育児についてマイナスになることはないので、福利厚生の制度が整っていない一般企業に転職するよりも、より堅実な選択と言えます。

大学を卒業して数年の場合、多くの自治体が設けている大卒一般枠の年齢制限(30歳前後が多い)に引っかからなければ、公務員試験を受験することができます。銀行員として入社してからもスキルアップをし続けてきた人にとっては、
公務員試験のための勉強も抵抗なく
、スムーズに取り掛かることができるでしょう。

国家公務員や地方公務員など、選択肢は数多くあるので、早めに試験の概要や受験資格を調べておくことをおすすめします。

 

銀行への転職をめざすには

狭き門になりますが、一般企業からの転職のチャンスも、実はないわけではありません。

銀行員への転職もチャンスはある!

一般企業から、都市銀行や地方銀行、信託銀行などへ転職したい場合、新卒枠でも門戸は狭いものなので、中途採用での枠はもっと厳しいものでしょう。

ですが、営業など一部の職種で、金融業界未経験での中途採用を行っている銀行もあります。中途採用は、企業の即戦力となる人材を求めているので、銀行側にアピールできる資格や業務経験があると有利です。そのために銀行側が求める人材がどのようなものなのか、募集職種の内容をよく理解し、これまでの社会人経験をどのように活かすことができるかを考えましょう。

自分が目指す職種での応募がない場合、まずは銀行で働くチャンスをつかみ、働きながら希望の職種へステップアップをめざす、という方法も一つの選択です。

ネット銀行や流通系銀行はポテンシャルを重視!

メガバンクや地方銀行以外に、成長が著しいインターネット銀行や流通系銀行なども採用を行っています。住宅ローン事業やカード事業などのほか、新しいサービスや企画に積極的に取り組み、優秀な人材は積極的に採用を試みています。

専門的な金融知識があるにこしたことはありませんが、企画力やチャレンジ精神があり、ポテンシャルの高い人材ならば、十分にチャンスがあるとみてよいでしょう。

まとめ

銀行を辞めて転職したい、と思っていても日常の業務がハードな上に、休日は資格試験の勉強でプライベートな時間がほとんどとれない…そう思って転職活動になかなか踏み切れない人はいませんか?

転職活動は時間も、そして労力もかかるものです。新しい会社に入社してから、「こんなはずではなかった」という食い違いは、できるだけ避けたいものです。自分一人ではなかなか知ることができない企業体質や、会社全体の雰囲気などの情報を得ることは、転職活動を成功させる上で、重要なポイントになります。

銀行員時代の年収を維持しつつキャリアアップを目指したい人、まったく未知の業界に転職したい人など、転職エージェントはあなたの転職活動を支援してくれます。また非公開の求人案件もたくさん保有しているので、効率よく転職活動を行いたい人にも利用する価値は大きいと言えます。ぜひ転職エージェントを賢く利用して、転職を成功させましょう。

登録して間違いない!おすすめ転職エージェント厳選3社

転職エージェント おすすめランキング一覧表
運営会社 サービス詳細 公式サイト
リクルートエージェント
転職成功実績 No.1
リクルートグループだからできる業界トップクラスの求人数と非公開求人数。求人エリアも全国対応しており、あらゆる業界・職種に精通した頼れる専任アドバイザーがあなたの転職活動をサポート!
マイナビエージェント
マイナビならではの太いパイプ
年間200万人以上が利用するマイナビエージェント。企業人事との太いパイプがあり優良企業の求人数が豊富。また、営業職・IT・WEBエンジニアの求人が得意。
Spring転職エージェント(アデコ株式会社)
人生に寄り添う丁寧なサポート
Spring転職エージェントのキャリアコンサルタントは求職者と企業の両方を担当しているので生の情報を得られます。求職者の人生に寄り添う丁寧なサポートで満足のいく転職を叶えます。最大手だけあり求人数も膨大。もちろん全国対応。

このページの先頭へ