転職に失敗する人の3つの共通点

転職に失敗する人の3つの共通点

30代で転職に失敗する人とは・・・?

今の会社でそれなりのポジションを任され、ある程度のスキルも自信も身についた。30代はそんな年代ではないでしょうか。

家族が増える人も多く、社会的にも責任が増すこの年代は、自分のキャリアを見つめなおす時期とも重なり、転職を考える人が多いのが特徴です。

今の会社での自分の将来像が想像できた時、この会社で頑張っていこうという人も転職を考えたいという人もいるでしょう。
でも、この年代で転職に失敗してしまうとダメージも大きいもの。転職に失敗する人には、以下のような共通点が見られます。これを反面教師にして慎重に活動をすすめてみてください。。

転職に失敗する人の3つの共通点

① 何のために転職するのかがはっきりしない

今の会社を辞めてまで転職したい理由は何なのか、そして転職先に求めるものは何なのか。それが自分の中ではっきりしていない人は、次の会社に行っても「これでいいのだろうか」と悩み続けることになります。自分の望みは年収アップなのか、スキルアップなのか、よりよい人間関係なのか。それが一貫していればおのずと転職先も絞られ、満足いく転職につながるでしょう。

② 「自分はこれをやってきた」と言えるものがない

あなたが今の会社でやってきたことはどんなことでしょうか?職務経歴書に書けるだけの実績があれば、たとえ専門職でなくとも仕事に主体的に関わり、自分の役割をきちんと遂行していたとことが伝わり、「この人に任せよう」という印象を企業に与えることができます。与えられた仕事を円滑に進めていただけでは、キャリアとして評価されないのは言うまでもありません。

③ 今の会社で得ることは本当にないのか考えていない

今やっている仕事に限界を感じても、それだけで即転職、と考えるのは早計です。今の会社でスキルアップやキャリアアップは本当に望めないでしょうか?今の会社で働きながら勉強して資格取得を目指すという方法はないでしょうか?辞めるのはいつでもできます。すぐに結論を出さず、今の会社にとどまりつつこれからの展望を考えるのも賢い方法と言えるでしょう。

まとめ

転職を考えるなら行動は早めに起こすに越したことはありません。でも、「なぜ」「何のために」転職したいのか、自分の中ではっきりしていないと転職活動もうまくいかず、仮に転職できたとしても満足いく結果は得られません。大切なのは、今の会社で力を蓄えて、どこでも通用するスキルを身に付けること。もう30代だからといって焦って結論を出す必要はないのです。

このページの先頭へ