転職活動を短期間で進める3つの方法

転職活動を短期間で進める3つの方法

転職スケジュールを短縮するには…?

転職って意外に時間がかかるもの。たくさんの求人情報をチェックするだけでもひと苦労です。活動をスムーズに進めるためには、意外なようですがまずは転職目的や希望をはっきりさせて、自分のスキルやアピールポイントを整理しておくことが大切です。そうしておくことでやりたいこととできることの見極めができるので、おのずと応募企業も絞られてきますし、履歴書作成や面接の際にもブレずに活動できるため、結果的に短期間での転職が可能になるのです。

転職活動に必要な期間は一般的には3か月程度といわれていますが、働きながら活動する場合は時間も制限されるため、もう少し時間を多めに見たほうがいいでしょう。ひとりでじっくり考える時間ももちろん必要ですが、できる限り最短スケジュールで円満に転職を決めたいものですね。転職活動を短期間で進めるには以下の3つの方法があります。

転職活動を短期間で進める3つの方法

① 転職フェアに参加する

予約不要、履歴書不要で多くの企業の採用担当者と直接話ができるのが転職フェアの最大の特徴。一度にたくさんの企業ブースを回ることができ、様々な現場の声に触れられるので、やりたいことがはっきりしていないという人にもおすすめ。開催日が限られているので注意が必要。

メリット:採用担当者と直接話せる、多くの企業を一度に回れる
デメリット:開催日が限られるため、活動期間が長くなることも

② 転職サイトを活用する

転職にまつわる総合情報サイトという位置づけなのが転職サイト。豊富な求人情報の中から自分に合ったものを様々な条件で検索できるほか、匿名で経歴を登録して企業からのスカウトを待つこともできる。人的サービスはないため、情報の取捨選択や応募を自分のペースで行いたい人向け。

メリット:自分のペースで幅広く情報収集や応募ができる
デメリット:自力での活動になるため、それなりの意志や覚悟が必要

③ 転職エージェントに登録する

業界に精通した専任のアドバイザーが、キャリアの分析、応募企業選び、条件交渉まで行ってくれるのが転職エージェントのサービス。面接日や入社日の調整などスケジュール管理も任せられるので、初めての転職でも安心して活動できる。非公開求人を多く持っているのもメリットのひとつ。

メリット:客観的な視点で企業選びからスケジュール管理までしてくれるので効率的
デメリット:人が介在するため、時には相手の意見に流されてしまうことも

まとめ

いずれの方法もネットを活用して自分の情報を送ったり求人情報を得たりすることで、活動期間を短縮することが可能となっています。比較的時間があり、やりたいことが決まっていないという人は、転職フェアに参加してより多くの企業の生の声に触れ、自分の方向性を定めていくのがいいでしょう。ある程度やりたいことが決まっていれば、転職サイトで情報を集め、スカウトを待つのも賢い方法です。活動の期間もある程度自分で設定することができます。

一方、なかなか時間が取れない人、転職活動全体をプロにサポートしてほしい人は、転職エージェントを活用するのが一番の近道。効率的に活動ができるので、活動期間自体を短縮することができます。いずれにしても、いくつかの方法を併用してより多くの選択肢の中から最善の道を選びたいものですね。

このページの先頭へ