もう辞めたい!アパレルから転職したい!

異業界・未経験転職を目指そう

もう辞めたい!アパレルから転職を考える

華やかでオシャレな世界に憧れてアパレル業界に入ったものの、厳しい現実に疲れ果てて転職をお考えのあなたへ。

始めのうちは「新人なんだから仕事が大変なのは当たり前」「いつか希望の配属先で働ける」などと言い聞かせてがんばることが出来ても、月日が経つにつれ「このままこの業界にいるべきなのか?」と、将来に対する不安が生まれてくるものです。

「憧れのブランドがブラック企業で失望した」
「毎日のようにあるサービス残業がきつい」
「給料が安すぎるのに自社商品を買わされる」
「自社ブランドに興味がなくなった」

その他にも様々な原因があるかと思います。退職までの決断やプロセスは人それぞれで、「辞めたいなら辞めればいい」というほど単純な問題でもありません。

今から目指せる業界や職種、転職活動の準備など、知りたいことは山ほどありますよね。そんなわけで、悩めるあなたを天職セイコが応援!

アパレルから転職する方法と仕事選び&就職成功のコツをお教えします。
 

アパレルを辞めたい理由

はじめに、アパレル業界を辞めたい理由は主にどんなものがあるのか、職種別にご説明します。自分の状況と照らし合わせてみると業界の実態がわかるはず。

店長

・人手不足のため経験の浅いうちに店長を任されてしまった
・一人での居残り作業や早朝・深夜出勤がつらい
・人望がない、スタッフに注意をしても無視され孤独感がある
・給料が割に合わない、責任ばかり負わされる

アパレルの店舗スタッフはセールやイベント事にシフトが左右されてしまいます。店長となると休みすら取りにくくなり、ストレスを発散できない日々が続くのです。

一般社員

・社内の人間関係に疲れた、女性同士のいざこざが嫌になった
・他の業界の正社員より給料が安い
・新卒入社や高学歴に対しての嫌味を言われる
・社員割引があるのに定価購入を強要される

企業にもよりますが、アパレル業界はデスクワークでも給与が低め。ブラック企業に当たってしまうと人間関係や給与・出費、営業成績などの面でも心労がつきないようです。

販売員

ノルマ達成が厳しすぎる…!・ノルマ達成のための休日返上や購入制度がある
・個人の売り上げ成績が良くならない
・シーズン毎に自社商品を買わなければいけない
・接客スキルが上達しない

販売職はノルマ・売上重視の世界。いくらやる気や商品への愛情があったとしても、数字となって成果を出せないと評価されません。接客が苦で辞めるケースも非常に多いです。

企画

・自分が作りたい商品と時代のニーズが合わない
・売れる商品を作れとプレッシャーをかけられる
・チームの仲間と相性が悪い
・販売など企画に関係ない仕事もやらされる

自分のアイデアが採用されたり、企業のプロジェクトに早いうちから関われる企画職はやりがいがある反面、気苦労も多いポジション。

「物作りが好き」なだけで、ファッション関係じゃなくてもいい。そう思える人は転職に至るまでの決断も早いのです。

デザイナー

・残業することが当然という風潮がある
・キャリアアップしにくい、給与が安い
・終電での帰宅や泊まり込み、休日出勤が多い
・寿命が短く40代以降も働ける保証がない

自分がデザインした商品がヒットしたり、街で見かけたりすることはデザイナーにとって最大の喜びです。しかし、その喜びを上回る苦労から転職をする方は少なくありません。
 

アパレル経験者におすすめの業種、職種

「アパレルからの異業種転職は成功する?」「これまでの経験を活かせる職種はなんだろう?」そんな不安や疑問も解決しておきましょう。

アパレル経験者におすすめの業種・職種はこちらです!

事務職

「接客業はもうやりたくない」「立ち仕事は避けたい」「厳しいノルマがない仕事に就きたい」そんな方におすすめの転職先は事務職です。

未経験可の求人も豊富ですが、PC関係の資格やスキルがあればより就職が有利になります。特に、経理事務や医療事務などの資格はかなり大きな武器となるでしょう。

事務職は極端な繁忙期や残業が少なく、土日休みの会社が多い傾向にあります。また、社内でコミュニケーションをとる必要はあっても、笑顔を顔に張り付けてお客さんの前に立つ……といった無理をしなくて済みます。

「仕事とプライベートを両立したい」「安定した休みがほしい」「スキルを身につけキャリアアップをしたい」、それらの願いを叶えられる職種です。

販売職

「職場は変えたいけれど販売職は自分に向いている」「今まで培ってきた接客スキルを活かしたい」という場合は、販売職の求人をチェックしてみましょう。

取り扱い商品や企業に関して新しく覚えることはたくさんありますが、トークスキルや顧客との接し方がきちんとしていれば転職先でも十分に活躍できます。

特別な資格などが要らないため、未経験転職が成功しやすいというメリットもあります。商品の市場や企業の大きさによって働き方が異なるので、将来なりたい転職後の自分をイメージしつつ応募する案件を選びましょう。

同じ販売職でも販売する商品や店の規模によって仕事の内容は大きく異なりますから、どのような職場に転職するかによっても環境は全く違います。

営業職

転職サイトを見てみると営業職の求人が多いことがわかります。様々な企業の営業職があり、「女性も活躍中!」「未経験大歓迎!」といったフレーズもよく見かけます。

今まで「営業」や「販売」という言葉と無関係なところにいた人が、営業職に行ってから意外な才能が開花することも……。もちろん、アパレル業界で営業職をやっていたのなら、これまでの経験をアピールすることができます。

営業職は給与の平均額が高い上に、個人の能力が昇進やボーナスに結びつきます。ただし、向いていない人はどんなに長く勤めても上に行けない世界。

「待遇がいいから」などの理由で安易に決めずに、自分は営業の世界で上手くやっていけるタイプなのかキャリアアドバイザーに相談してみると安心です。

デザイナー

悲しいことに、「若手デザイナーはパシり・使い捨て」という概念は存在します。そんなブラックな職場に当たってしまい、アパレル業界から去ってゆく人は後を絶ちません。

「異業界に移ったら年収がアップした」「デザイン関係のソフトを扱うスキルが重宝された」というケースもあります。大切なのは働く環境やジャンルを変える決心。

デザインは誰にでもできる仕事ではありません。「アパレル業界で失敗したからデザイナーを辞める」というのはもったいない!

自分のセンスやスキルを形にしたポートフォリオ(作品集)を作って、就活での自己PRに役立てましょう。

ホテル業・飲食業

アパレル業界で販売スタッフを経験した方は、次の仕事でも接客スキルを生かしたいですよね。お客様と直接顔を合わせてやりとりする販売・営業職以外にもおすすめの転職先があります。

それは、ホテルやレストラン。コミュ力に加えて「サービス精神」が肝となる業界です。

「ファッションで誰かを幸せにしたい」という気持ちでアパレル業界に入った方は、「誰かを喜ばせたい」「笑顔に囲まれて仕事がしたい」という想いが常にあるはず……その精神のままに成長していけるのがサービス業なのです。

しかも、ホテルや飲食業界は人手が不足していることがほとんど。未経験OKの求人も充実しているので、転職の難易度もそれほど高くありません。
 

アパレルから転職するのにおすすめの転職エージェント

クリーデンス

転職エージェントを厳選!転職をするにあたり、「本当に異業界を目指すべきなのか」という疑問が出てくることがあります。職場や職種を変えたら上手くやっていけるかもしれないパターンですね。

クリーデンスはアパレル・ファッション業界に特化した転職サイト。キャリアアドバイザーの知識や情報網は別格なので、まずはその道のプロに相談してみてはいかがでしょうか?

アパレル業界に未練があってもなくても、灯台下暗しという可能性があります。転職活動の目的と理想の働き方を明確にすることで、次のステップが見えてくるはずです。

クリーデンス 公式サイト→

それでもやっぱりアパレル業界を辞めたい!という方は……

アデコ

転職活動は内定をゲットしたら終わりではありません。アデコはスキルアップを目指す人を徹底的にサポートしているので、アフターフォローもばっちり。

また、企業側から得た情報をそのまま求職者に伝えるのがアデコのコンサルタントの特徴。企業の人事へと繋がるダイレクトな転職が実現するのです。

あなたがアパレル業界で磨いたスキルや能力を、次の業界でどうやって活かすか。応募先の企業が人材に求めているポイントを的確に見極めてアドバイスしてくれますよ。

アデコ 転職エージェント 公式サイト→

type転職エージェント

type転職エージェントは、20代半ば~35歳前後の登録者が多い転職エージェントです。転職成功者の年収アップ率は驚きの71%!

天職セイコの推理としては、type転職エージェントは「前職のスキルを武器にした転職に強い」のでは……?

求職者の能力を査定してから応募書類の作成に移るため、書類選考の段階からその人の魅力を最大限に引き出すことができるのです。

また、首都圏の求人が充実しているのもポイント。都内で働きたいと思っている方は必見です!

type転職エージェント 公式サイト→

リクルートエージェント

国内だけでなく海外の求人情報も豊富なリクルートエージェント。転職活動においてあらゆる可能性を見出すことができます。

最大の魅力は9万件以上もの非公開求人。30万人以上の転職成功実績を誇るだけあって、手札の数は他の追随を許しません。

アドバイザーとの面談は土日や平日の夜でもOKなので、多忙なアパレル業界にいながらでも転職活動を勧められますよ。

リクルートエージェント 公式サイト→

 

アパレルから転職、就職活動成功のコツ

アパレル業界から異業界転職・未経験転職をするならば、自分のセールスポイントをしっかりと把握しておかなければいけません。

応募書類の書き方

アパレルからの転職において一番のタブーは「自分一人で履歴書を書いてしまうこと」です。

経歴などはありのまま記入するしかありませんが、志望動機欄では「紙の上で着飾るくらいの気持ち」で仕上げましょう。

あなたの魅力を全力でPRするためにも、キャリアアドバイザーからのアドバイスは必須。面接がグダグダにならないように、志望動機は固めておきましょう。

ネガティブな退職理由はNG

面接で必ず問われるであろう「退職した理由」。ここであまりにも重いエピソードや暗いエピソードを披露してしまうのは得策ではありません。

アパレル業界での苦労を語って同情票を得られることもありますが、「前の仕事が嫌で逃げ出した」という印象を持たれてしまうと完全にアウトです。

対応策はこれ!

本当の退職理由の述べる時は、ポジティブな心境を告げて終えるようにしましょう。異業種・異業界に対する希望と向上心をしっかりアピールすれば、「前職で失敗した人」という印象を持たれません。

アパレル畑の知識をアピール!

アパレル業界にいたからこそ入ってきた情報や、トレンドに関する知識は異業界でも役立つことがあります。

アパレル業界を経験したあなたは、未知の業界に新しい風を吹かせる存在です。前職での経験や今後に生かしたいスキルをPRして、企業側に「欲しい人材」だと思わせましょう。
 

まとめ

転職は「逃げ」ではありませんアパレル業界は華やかですが、「ファッションが好き」というだけでは続けることのできない複雑な世界です。他の業界へ転職することは決して「逃げる」ということではありません。

アパレル業界を辞める時期は悩みの種ですが、円満に退社するためにはセールやイベント期間などの繁忙期を避けて、遅くとも1ヶ月前には退職の意志を伝えましょう。

アパレルを辞めたい理由や現在のスキル・経験に応じて、次に目指すべき業界・職種は異なります。アパレル経験者におすすめの仕事&転職を成功させるコツを押さえて、就職活動にお役立てくださいね。

クリーデンスをはじめ、マイナビエージェント・アデコ・type転職エージェント・リクルートエージェントなど、個性豊かな転職エージェントのチェックもお忘れなく!

アパレル転職 鉄板ガイド

アパレル転職 鉄板ガイド
転職前に知りたい!アパレル業界
アパレルの正社員求人を探すコツ
正社員の特徴と就職成功のコツ
転職サイトおすすめランキング
アパレルのVMDはどんな仕事?
パタンナーのなり方と求人の探し方
目指せテキスタイルデザイナー!
ファッションデザイナーへの道

このページの先頭へ