アパレルのパタンナーってどんな仕事?給料や年収は?

パタンナーのなり方と求人の探し方

アパレルのパタンナーってどんな職種?

パタンナーってどういう意味?ファッション・アパレル業界における「パタンナー」とは、デザイン画を元に洋服の型紙を作成する職業です。「パタンナー」の意味は、型紙(パターン)から来ています。

なかなか耳慣れない言葉ではありますが、はじめは一枚の絵でしかない衣服を立体化するための大切な工程を担っています。

商品の完成系を頭に描く想像力があり、制作コストや実際の着心地にまで配慮できる人が優秀なパタンナーとして活躍できます。もちろん、デザイナーとの意思疎通ができるかも重要。

パタンナーのなり方を調べる前に、具体的な仕事内容や給料・年収、必要な資格などについて学んでおきましょう。

パタンナーの求人が豊富な転職エージェントも要チェックです!
 

パタンナーの仕事内容

パタンナーは、企業・デザイナーの意図やデザインのコンセプトをなるべく忠実に具現化する必要があります。デザイナーとの共同作業も多いため、一人で黙々と作業したい方には向いていないかもしれませんね。

どんなにデザインが素晴らしくてもパタンナーの腕が悪いと良い製品は作れません。そのため、熟練パタンナーであるほど企業内での信頼も厚いのです。

それでは、パタンナーの仕事内容(パターンメーキングとも言います)についてご説明します。

デザイン画の立体化をイメージ~型紙を作る作業

この作業を「ファーストパターンの作成」と言い、外注している企業もあります。ここでデザイナーとのイメージのズレなどが生じると作業は難航してしまいます。

作業には平面の紙やCADソフトを使用。生地や縫製についての高度な知識と美的センスが要求されます。

トワル作成

ファーストパターンを元に商品のプロトタイプを制作します。仮縫いの試作品段階なので基本的には安価な生地(シーチングなど)を使用しますが、それが難しい時は本物の素材を使うこともあります。

実際に人が着用した時にどんな風になるか、ここで初めて立体化するのです。トワルを見て細かい部分を調整するデザイナーもいます。

ファーストパターン担当はベテランが多いけど……

トワルはアシスタントが担当することもあります。専門学校卒業生や経験者を対象に「縫製スタッフ急募」という求人もよく出ています。

マスターパターンの作成

製品の修正点や方向性を見直したら、縫製工場に依頼するための型紙(マスターパターン)を作ります。

さらに、洋服に使用する生地や糸、ボタンなど副資材に関する情報を記した「縫製仕様書」を用意します。いわば説明書のようなものです。

サンプル検品・修正~展示会

縫製工場から上がってきた製品のサンプルをチェックします。指示通りに仕上がっていればOK。再びパターンを見直すこともあります。

サンプルを展示会に出品して、周囲の反応を見たりプレゼンを行います。新しい商品や企画の魅力を伝える能力が求められます。

量産用パターンの作成・検品

晴れて商品化が決まったら、大量に生産するためのパターン作り。サイズ別のパターンを考えるのですが、この作業を「サイズグレーディング」と呼びます。

量産用のパターンと縫製仕様書を工場に提出してから製品が納品されるまで、「先上げ」「抜き上げ」「納品前」と3回ほど商品サンプルが上がってきます。

サンプルを他のスタッフやデザイナーとチェックして問題がなければ、自分が型紙を手掛けた製品がお店に並ぶ時も間近です。
 

パタンナーの給料や平均年収は?

ベテランになると高年収!フリーランスとして活躍できるレベルに至るまでは、基本的にアパレル企業に勤めることになります。専門的な知識やスキルが求められる職種ですが、パタンナーの給与は特別高いというわけではないようです。

もちろん勤続年数に応じて昇給があり、アパレル業界内の仕事と比べると高い給与水準を誇ります。パタンナーの給料と年収を年代別に見てみましょう。

パタンナーの平均月給

◆20代:24万円
◆30代:32万円
◆40代:38万円

パタンナーの平均年収

◆25~29歳 平均320万円
◆30~34歳 平均330万円
◆35~39歳 平均430万円

新卒パタンナーの初任給は20万円前後となっており、まだまだ未熟な見習いポジションであることを考えるとかなり恵まれています。

キャリアアップを積んだ一流パタンナーは年収600万円以上というデータも。給料が低いあまりにアパレル業界からドロップアウトしてしまう人は少なくありませんが、パタンナーは「自分の好きなこと」と「報酬」のバランスがとれている職種だと言えます。

福利厚生や労働時間

社会保険・厚生年金・雇用保険・定期健康診断・社員割引・社員旅行など様々な福利厚生を受けられます。提携するショップなどを優待価格で利用できる企業もあります。

週休二日制や土日休みが一般的ですが、納期前などは休日出勤が当たり前。勤務時間はサラリーマンとほぼ同じで、不規則な生活を強いられるケースは稀です。
 

パタンナーになるにはどうすればいい?

販売スタッフの経験者やアパレル業界に長くいるという人でも、それだけでパタンナーになることは困難です。

パタンナーのレベルを示すのに役立つ検定はありますが、必須資格というのは特にありません。就職成功の一番の近道は「学校で専門知識を身につけること」です。

新卒だとしても全く知識のない未経験者は応募資格すらないパタンナーの世界。求人に応募するのは、服飾系・被服系の専門学校や短大・大学を卒業した人がほとんどです。

また、学校を卒業してすぐにパタンナーとして活躍できるわけではありません。正社員でも始めのうちはアシスタント……いわば下っ端です。

長期の下積み期間は覚悟しましょう。現場の空気を肌で感じながらこつこつと経験を積んでいくことで、仕事を任されるようになります。

別の道からパタンナーになる方法

「デザイナーからパタンナー」など、パタンナーの仕事と共通する知識やスキルを持った人が転職に成功するケースもあります。

服を作るのが趣味で「CADソフトが使える」「パターンの作成知識がある」という人は、自作の型紙や作品集を武器に就活するという手も。かなりイレギュラーですが、意欲を買われて採用となる可能性もゼロではありません。
 

パタンナーの求人が多い転職エージェント

クリーデンス

プロのアドバイスが欲しい!アパレル業界の転職支援に特化した「クリーデンス」なら、様々なブランド・企業の仕事を検索できます。公開中のパタンナー求人だけでも実にバラエティに富んでいます。

クリーデンスは各企業の人事担当者と直接繋がっている上に、パタンナー部長などの幹部とも連携が取れています。そのため、キャリアアドバイザーのアドバイスやサポートの質が高いと評判です。

未経験者はお断りなんてルールもないので、「今からでもパタンナーになれるのか」という疑問をぶつけてみるのもいいですね。

クリーデンス 公式サイト→

アデコ

人材派遣をメインに成長してきたアデコは、ワークスタイルの選択肢も多数。

正社員求人以外にも、派遣や契約社員として働きながらパタンナーとしての腕を磨くという道もあります。特に、正規雇用をゴールとする紹介予定派遣サービスが好評です。

アデコと提携しているスクールや講座の割引制度、お得に資格を取得できるサービス、ファッション・コスメブランドの特設ページ「Adecco FASHION」もチェックしてみましょう。

アデコ 転職エージェント 公式サイト→

type転職エージェント

type転職エージェントのパタンナー求人数は、クリーデンスやマイナビエージェントには及びませんが、不定期で非公開求人が出ています。

type転職エージェントにしか求人を載せないアパレル企業もあるので、見逃さないようにしたいところです。求人情報を非公開にするのは有名企業・ブランドがほとんどなのです。

女性の転職活動を支援する「女の転職@type」には、パタンナーアシスタントを募集している企業などが掲載されているので、女性は要チェックです。

type転職エージェント 公式サイト→

リクルートエージェント

転職といえばリクルート、ということでリクルートエージェントも外せない転職エージェントです。

「パタンナー」のキーワード指定が可能であり、求人ごとの想定年収も掲載されているので、希望通りの仕事を探しやすくなっています。

そして最大のメリットは、企業とキャリアアドバイザーの太いパイプを生かしたダイレクトな転職活動。転職で実現したい夢や求職者の可能性を企業に的確に伝えることができます。

リクルートエージェント 公式サイト→

 

アパレル 転職エージェント一覧

サイト名 サービス詳細 公式サイト
クリーデンス
ファッション・アパレル業界転職の雄
大手・デザイナーズ・外資系企業からの求人のご紹介やキャリアアップのご相談・面接対策まで、ファッション・人材業界出身のスタッフが無料であなたの転職支援を行います。
スタッフブリッジ
地域№1時給!アウトレットに強い
アウトレットのアパレル派遣求人に強く、各地域で№1の時給を実現!店舗スタッフだけでなくデザイナー、パタンナーへのキャリアアップも○。正社員求人もあり。
type転職エージェント
エージェントの手厚い対応、首都圏特化
年収アップに定評があるエージェント。女性の転職に強く、20代に力を入れています。求人は、首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)に限られ、サービス職・事務系求人を多く扱います。
アデコ
女性に人気!アパレル求人も豊富
アデコは国内160拠点を持ち全国をカバー。オフィスワークやアパレル販売・サービス職など、女性が転職で活用しやすいエージェント。初心者向けから上級者向けまで幅広い求人を取り扱っています。求人数も業界トップクラス!
リクルートエージェント
転職成功実績 No.1
リクルートグループだからできる業界トップクラスの求人数と非公開求人数。求人エリアも全国対応しており、業界・職種の知識に精通した頼れる専任アドバイザーがあなたの転職活動をフルサポート!あらゆる業界・職種に強いのでアパレル転職の頼れる味方。
JAC Recruitment
女性のキャリアアップに強い
首都圏・関西に強みを持つJACリクルートメントは、企業の本社・中枢支店と太いパイプを持ち、キャリア志向の求人を豊富に扱います。年収600万以上、好条件の求人が多く、女性ならではの管理職求人なども豊富に取り揃えます。管理職や高年収の方におすすめ。

 

まとめ

デザイン画を元に洋服の型紙を作成するパタンナーは、ファッション・アパレル業界において必要不可欠な存在です。

縫製に関する専門的なスキルと知識が求められ、全くの未経験者は採用されにくい世界ですが、服作りが好きな方にとっては天職と言える職業です。

パタンナーになるのに特別な資格は不要。服飾系・被服系の専門学校や短大・大学を卒業した人がほとんどです。中には、「デザイナーからパタンナー」といった異職種転職パターンも。

具体的な仕事内容や給料・年収などについて理解したあとは、どんな方法でパタンナーになるかを決めましょう。

その際、転職のプロである転職エージェントの力を借りるのが賢い就活。キャリアアドバイザーとの出会いは、パタンナーを目指すあなたの将来を左右するかもしれません。

アパレル転職 鉄板ガイド

アパレル転職 鉄板ガイド
転職前に知りたい!アパレル業界
アパレルの正社員求人を探すコツ
正社員の特徴と就職成功のコツ
転職サイトおすすめランキング
アパレルのVMDはどんな仕事?
目指せテキスタイルデザイナー!
ファッションデザイナーへの道
異業界・未経験転職を目指そう

このページの先頭へ