アパレル業界で正社員になれる方法とは?

正社員の特徴と就職成功のコツ

アパレル業界で正社員を目指す!

どうやって正社員になろう?アパレル業界に憧れて、「学生のアルバイト時代からアパレルショップで働いている」という方は少なくありません。社会人になってからアパレル業界を目指すことにした方も多いでしょう。

ずっと働き続けることを考えると、やはり正社員としての雇用が望ましいですよね。しかし、好きなショップやブランドほど「正社員を募集していない」というケースが多々あります。

実際に、アパレル業界に多い流れは「アルバイトから正社員になる」というステップアップ方式です。求人でも「正社員登用あり」というフレーズを見かけたことがあるはず。

これは「アルバイトから正社員になりやすい業界」とも、「アルバイトなどで経験を積まないと正社員になれない」とも捉えられます。

企業によって「未経験不可」だったり「中途採用可」だったり、学歴が問われたり……条件は様々で難しいチャレンジにも思えますが、ご安心ください。

アパレル業界に存在する「正社員になるコツ」を押さえればOK!

その前に、まずは「アパレル業界で正社員になる」とは一体どんなことなのかを知ることから始めましょう。
 

正社員、アルバイト、派遣、契約社員の違いは?

現在のライフスタイルなどによっては、雇用形態にメリット・デメリットが生じます。そのため、必ずしも「正社員スタートでなければいけない」と意固地になるのは得策とは言えません。

一生アルバイト・パートというのはおすすめしませんが、あらゆる働き方を理解したうえで正社員を目指すようにしましょう。

さて、そもそもアパレル業界における「正社員」と「その他」の違いはどんなものなのでしょうか。それぞれの待遇面や給与、責任の有無、大変さなどについてご説明します。

アパレル業界の正社員

正社員の最大のメリットは昇給やボーナスがあること。長い目で見たときに、年1回の昇給や賞与があるかどうかはかなり大きな問題です。

正社員の平均年収は300万円~400万円。店長クラスになり、500万円以上の年収を得ている人もいます。

安定した収入に加えて、社会的な信頼も得られるため住宅や車のローンが組みやすかったり、クレジットカードの審査も通りやすくなります。

そして当然のことながら、正社員はアルバイトやパートよりも責任を持って仕事をしなければいけません。苦労やストレスを感じることもありますが、任される仕事の幅が広がるのは楽しいものです。

その他のメリット・デメリット

社会保障や厚生年金といった福利厚生も魅力。提携先のエステやスポーツジム、レストランなどを優待価格で利用できる企業もありますよ。

デメリットとしては、地方や海外への転勤がある可能性。セールなどに合わせた休日出勤が考えられること。

これらは職場や職種により差があり、求人に応募する段階で調べることができますが、ショップ店員を目指す場合は「土日休み」などにこだわりすぎない方が良いでしょう。

アパレル業界のアルバイト

メンズ・レディースを問わず人気のアパレル店員。アルバイトとして働く場合、給料は基本的に時給によって決まります。

都内の時給相場は900円~1,500円ほど。同じブランドでも勤務する店舗によって違ったり、経験の有無でスタートの時給が異なります。

非正規雇用は社員のような責任は課せられないといっても、お客さんにとっては店員の雇用形態など関係ありません。特にショップ店員ならば、アルバイトでも店の顔となる大切なポジションです。

メリット・デメリットは?

勤務時間や日数を自分で決められるのがアルバイトのメリット。しかし、「繁忙期には出勤する」というのが暗黙の了解……そういった業界です。

正規雇用ではなくても社割価格で商品を購入できるのも魅力。ただし、これはデメリットにもなりえます。自社ブランド品を身につけることを条件としている企業が多いため、収入の少ないアルバイトにとってはシーズン毎の出費は辛いかもしれませんね。

アパレル業界の派遣社員

販売職は派遣社員の求人が多く、資格を取るために勉強している人や、転勤を望まない人などに人気の働き方となっています。

時給は最高2,000円という求人もあり、アルバイトや契約社員よりも全体的に高収入。女性が多い職場特有のトラブルがあれば、いつでも辞めて回避することもできます。

その上、正社員よりもプライベートの時間を確保しやすく、「いいとこどり」に思える派遣社員。経験を積むためには有効的な手段ですし、正社員へランクアップできるケースもあります。

ただし、「派遣切り」という恐怖が常に背中合わせ。メリットとデメリットの差が激しい働き方だと言えるでしょう。

アパレル業界の契約社員

働く期間や雇用条件が定められ、契約期間が終了すると退職となる契約社員。成績によっては雇用期間の延長や正社員登用の可能性もあります。

派遣社員よりも職種の幅が広く、デザイナーやMDの契約社員募集もよく見られます。専門的なスキルを要する職種ほど給与が高く、正社員と大差ない月収を望めます。

様々な職場を経験したい方におすすめですが、いきなり無職となってしまうリスクは当然あります。人生プランが明確な人でないと「ただ企業を転々とするだけ」で終わってしまうので注意が必要です。
 

学歴による違いはあるの?

学歴不問の求人も多数あります!アパレル業界の仕事は「学歴不問」の求人が多く、制限があるとしても「高卒以上」、専門職ならば「専門学校卒」ということがほとんどです。

間口が広い業界ですが、正社員は学歴によって初任給や雇用形態が異なる可能性が高く、他業界と同じように学歴差別を感じるシーンもあることでしょう。

派遣やアルバイトからの正社員登用を夢見ていたとしても、企業によっては学歴がネックとなることも……また、憧れのブランドが新卒者を中心に正社員を募集している場合、大卒でも無意味なことがあります。

中卒・高卒者の場合

2chや知恵袋の体験談を見てみると、最終学歴が大学以下でも正社員として活躍している方は数多くいます。

たとえば、募集条件が高卒以上の求人に中卒者が問い合わせたら「年齢制限を細かく記載できないために高卒以上と書いただけ」という事例もあります。その場合、とにかく応募して採用されたもの勝ちとなりますよね。

特に、営業や販売職は個人のやる気や成績を重視されます。学歴に関係なく店長やマネージャーといったキャリアアップを目指すことが出来るのです。

専門学校卒・大卒の場合

クリエイティブな職種や本社勤めの総合職の場合は、専門卒・大卒を対象とした求人がほとんどです。

初任給は高卒者よりも1~3万円ほど高く、「高卒の先輩よりも大卒新入社員の方が最初から給料が上」ということも珍しくありません。

よく「大卒でアパレルなんてもったいない」という人がいますが、それは大きな間違い。むしろ、大卒以上でないと本部職などへのキャリアアップが厳しい企業もあります。

他人ではなく自分の意思を尊重しましょう。「自分がやりたい仕事」の軸がぶれてしまうと仕事探しは難航してしまいます。

ちなみに……

学歴やキャリアプランにおける悩みごとは転職エージェントのコンサルタントが解決してくれることもあるので、プロからアドバイスを得るのもおすすめです!
 

地域による違いはあるの

アパレル・ファッション関係の仕事に就くにあたり、勤務地をどこにするかが悩みどころ。地元の求人情報誌やハローワークをチェックするだけでは、視野が狭くなってしまいます。

求人の数は、東京・大阪・名古屋・福岡などの大都市ほど充実しています。中でもやはり東京はファッション業界の最先端であり、国内外の有名企業が集まっています。

地方未進出のブランドやショップは渋谷・新宿・銀座などに集中しており、人気デザイナーが活躍しているのも首都圏や関西の大都市。住んでいる地域には魅力的な求人がない……なんてこともありえます。

地域による待遇の違い

全体的に給与は地方より大都市の方が高め。年収となると50万円以上の差が出てきます。雇用体制は企業により異なるので、地方で就職することが不利にはなりません。

求人数は大都市には劣りますが、ショッピングモールの地方進出、ネットショップの多様化により地方の求人需要も増加しています。

全国に展開するアパレルブランドならば、店舗ごとの成績が評価されるので仕事にやりがいも見い出せることでしょう。

全国対応の転職サイトを使おう!

「上京はしたくない」「地元のファッション文化を活性化したい」と考える方は、北は札幌、南は沖縄まで全国の求人が豊富に揃うサイトを活用しましょう。
 

アパレルで正社員を目指すコツ

正社員としてアパレル業界に入るための就活のコツは、主に「面接対策を万全にしておくこと」です。絶対に取らなければいけない資格などがないため、経歴以外で自分をアピールできるチャンスは面接の時なのです。

書類選考を通るコツ

履歴書で採用担当者の目に留まらなければ面接に辿り着くことができません。特に、志望動機欄はあなたの魅力をPRする場所であり、面接時に必ず触れられるポイントです。

「ファッションに興味がある」「貴社ブランドが好き・オシャレが好き」といった理由だけでは弱いので、「どうしてこの会社で働きたいのか」「自分はアパレル業界でどんな存在になりたいのか」など具体的な展望も書くようにしましょう。

面接での服装

面接は何を着ていこう…一般的な面接の服装といえばスーツですが、アパレル企業は「私服でお越しください」と言われることがあります。「お好きな服装で」という場合でも、スーツではなく私服で行くようにしてください。

個性が出る私服は人柄を判断する材料となるため、清潔感やセンスを感じさせる服装をチョイスしましょう。「ありのままの自分です」などと言って、部屋着のようなラフな格好で赴くのはNG。

おすすめのコーディネート

ライバルブランドやゴテゴテの高級ブランドで身を固めるのはご法度。応募企業の服を着ていくのがベストですが、新たに購入することはないのです。

企業の商品イメージに近い服装にシンプルなアクセサリーを合わせて、ファッションに対する心意気をアピールしましょう。

話し方・振る舞い

ほとんどの職種で接客シーンが多くなるアパレル業界ではコミュニケーション力が不可欠。「相手の目を見て話す」「口角を上げて話す」この2つを心掛けるだけでも好印象を与えることができます。

トレンドへの意識や自身のファッション観、プライベートなどを語る時は素直な言葉で。フレンドリーな会話ができるといいですが、くだけた口調になりすぎないように気をつけましょう。

 

アパレル 転職エージェント一覧

サイト名 サービス詳細 公式サイト
クリーデンス
ファッション・アパレル業界転職の雄
大手・デザイナーズ・外資系企業からの求人のご紹介やキャリアアップのご相談・面接対策まで、ファッション・人材業界出身のスタッフが無料であなたの転職支援を行います。
スタッフブリッジ
地域№1時給!アウトレットに強い
アウトレットのアパレル派遣求人に強く、各地域で№1の時給を実現!店舗スタッフだけでなくデザイナー、パタンナーへのキャリアアップも○。正社員求人もあり。
マイナビエージェント
女性転職の強い味方、マイナビ
年間200万人以上が利用する大手。女性が働きやすい・理解のある企業との太いパイプがあり、優良企業の求人が豊富。女性のライフプランに合った最善の選択をアドバイスしてくれます。女性向け特集ページやコラムもあり、アパレル求人も豊富
type転職エージェント
エージェントの手厚い対応、首都圏特化
年収アップに定評があるエージェント。女性の転職に強く、20代に力を入れています。求人は、首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)に限られ、サービス職・事務系求人を多く扱います。
アデコ
女性に人気!アパレル求人も豊富
アデコは国内160拠点を持ち全国をカバー。オフィスワークやアパレル販売・サービス職など、女性が転職で活用しやすいエージェント。初心者向けから上級者向けまで幅広い求人を取り扱っています。求人数も業界トップクラス!
リクルートエージェント
転職成功実績 No.1
リクルートグループだからできる業界トップクラスの求人数と非公開求人数。求人エリアも全国対応しており、業界・職種の知識に精通した頼れる専任アドバイザーがあなたの転職活動をフルサポート!あらゆる業界・職種に強いのでアパレル転職の頼れる味方。
JAC Recruitment
女性のキャリアアップに強い
首都圏・関西に強みを持つJACリクルートメントは、企業の本社・中枢支店と太いパイプを持ち、キャリア志向の求人を豊富に扱います。年収600万以上、好条件の求人が多く、女性ならではの管理職求人なども豊富に取り揃えます。管理職や高年収の方におすすめ。

 

まとめ

アパレル業界で働くなら、やっぱり正社員を目指したい……正社員・アルバイト・派遣・契約社員の違いや勤務地域による差を事前に理解して、転職活動の方向性を定めましょう。

アパレル業界は「学歴不問」の求人が多く、大卒以下の方も活躍することができます。自身の学歴やキャリアプランにおける悩みがある方は、転職エージェントのコンサルタントに相談してみるのがおすすめ。プロからアドバイスを得ることで新しい価値観に出会えますよ。

正社員になるためのコツで最も大切なのは「面接対策を万全にしておくこと」です。服装や言葉遣いに気をつけて、あなたのセンスやコミュニケーション力をアピールしましょう!

アパレル転職 鉄板ガイド

アパレル転職 鉄板ガイド
転職前に知りたい!アパレル業界
アパレルの正社員求人を探すコツ
転職サイトおすすめランキング
アパレルのVMDはどんな仕事?
パタンナーのなり方と求人の探し方
目指せテキスタイルデザイナー!
ファッションデザイナーへの道
異業界・未経験転職を目指そう

このページの先頭へ