アパレルのファッションデザイナーになるには?給料や年収は?

ファッションデザイナーへの道

アパレルのファッションデザイナーってどんな職種?

女性や男性、年齢を問わず、オシャレが好きな方は自分が着る洋服のデザインにこだわったり、お気に入りのブランドやショップがあったりしますよね。

「こういう服があればいいのに」と想像したものが現実の世界に現れたらとっても素敵! ファッショナブルな方はもちろん、小さな頃から「デザイナーさんになりたい」と夢見る子どももいます。

世界で活躍する日本人のファッションデザイナーもたくさんいますが、そのレベルと人気に到達するには実力だけでなく運や人脈も必要となります。また、服が好きなら誰にでもデザイナーが務まるわけでもありません。

ファッションデザイナーとして就職・成功するためにやるべきことは一体何か。「具体的な仕事内容は?」「年収はどれくらい?」など気になることも数々。

そんなわけで今回は、誰もが知っているようで実はあまり知られていない「ファッションデザイナー」という職業について徹底的に解説してみたいと思います。
 

ファッションデザイナーの仕事内容

パタンナーとの共同作業も…ファッションデザイナーには、美的センスがあって流行にも敏感な人が向いています。しかし、自分の思うがままにデザインできる人はごく僅か。ましてや、自分の名前のブランドやお店を出すことは決して簡単なことではありません。

一般的なファッションデザイナーの仕事の流れを見てみましょう。

デザインの企画・打ち合わせ

企業やブランドからの依頼や任されたプロジェクトに応じて、ファッションデザインの企画を起こします。

「どんな層をターゲットにした商品なのか」「発売する季節やシーン、目的は何だろうか」様々なことを考えながら商品の方向性を固めます。

デザイン案を形にする

企画で決まったコンセプトに沿って、デザインを描き出します。紙に手書きの人もいれば、PCのイラストソフトを使う人もいます。

衣服の素材やボタンなどのパーツ、カラーバリエーションなども選び、縫製仕様書や指示書を作成します。服の構造を理解しているだけでなく、マルチな知識が必要です。

パターンメイキング作業

デザイン画をもとに服の型紙を作る工程を「パターンメーキング」と呼びます。基本的には「パタンナー」という専任の方が行う作業ですが、デザイナーがパターンメイキングまで担うことも珍しくありません。

また、パタンナーの仕事をファッションデザイナーがサポートしたり、指示を出すケースもあります。

仮縫い作業

型紙(パターン)が完成したら仮縫い作業を行います。実際にアイテムを身につけた時のシルエットや布の質感、トータルバランスなどをチェックします。

仮縫い作業もパタンナーが行うことが多いですが、全く関わらないというデザイナーはあまりいません。デザイン画を起こすだけのファッションデザイナーもいれば、仮縫いまでを自分メインで行うデザイナーもいるのです。

洋服の製造・サンプルチェック

仮縫い後に問題がなければ製造工場に発注をします。サンプルを確認してGOサインが出たら大量生産・無事に商品化となります。

ファッションデザイナーは、自分がデザインした製品が実際に店頭に並ぶところを見る前に、次のデザインに取り掛かることがほとんどです。
 

ファッションデザイナーの給料や平均年収は?

ファッションデザイナーの大半はアパレルメーカーの社員として働いています。もしくは、他社ブランドの発注を受けて製品を製造するOEMメーカーに所属することも。

独立しているデザイナーに弟子入りしてアシスタントを務める道もありますが、この選択はそれなりの覚悟やコネクションが必要となるでしょう。

ファッションデザイナーの初任給は18万円前後となっています。年齢やスキルに応じて昇給があり、腕のあるデザイナーは年収1000万円以上というデータもあります。

年齢別の平均年収

◆20~24歳:約250万円
◆24~29歳:約350万円
◆30~34歳:約400万円
◆35~39歳:約450万円
◆40~44歳:約500万円
◆45~49歳:約600万円

50歳が稼ぎのピークのようで、その後は平均年収が下がっていくようです。また、女性よりも男性の年収が高い傾向があり、同じ年代で100万円以上の差がつくこともあります。

福利厚生や待遇、労働時間について

福利厚生が充実している企業では、社会保険・年2回の賞与・交通費支給・家族手当・住宅手当・役職手当などがあります。

勤務時間を定めている企業もありますが、実際は時間外労働も多く、繁忙期やイベントや商品発表会がある時期は決まった時間に退社することは難しいようです。

土日休みの週休2日制の企業に勤めていても、休日出勤や有給休暇が取りにくいということも……。また、貴重な休日をファッションの勉強や流行調査に充てるデザイナーもいます。「好きなことを仕事にするのは大変」という言葉の意味を改めて考えさせられますね。
 

ファッションデザイナーになるにはどうすればいい?

ファッションデザイナーのなり方についてご説明します。就職に必要な資格などはありませんが、ファッションやデザインに関する知識が皆無という状態では就職や転職は難しいことは確かです。

独学コース

独学も可能ですが…独学の場合、ファッションデザイナーになるためのテキストを読んだり、ファッション関連の本を見てセンスを磨くとよいでしょう。

デザイン集を作成して「スキルやセンスをPRする」のも手。学歴や経歴以外の面で採用へと繋がる可能性があります。

ファッション関係の検定にチャレンジするのもおすすめです。ファッション色彩能力検定・洋裁技術検定・パターンメーキング技術検定などに合格すれば、自身のスキルの示すことができます。

ファッション関係の専門学校・大学へ行く

ファッションデザイナーを目指すなら、服飾系・被服系の専門学校や短大・四年制大学のファッション学科で学ぶのが一番オーソドックスです。

新人にも即戦力が求められる業界なので、未経験可の求人でも「実際に服を作ったことがない」というのは大きなハンデとなってしまいます。

お金はかかりますが、年齢制限はないので働きながら学校に通うことも出来ます。

現場で経験を積む

実務未経験OKの求人は豊富ですが、デザインに関する知識が全くない状態で就職できるケースはとても稀です。しかし、中には個性や人柄、センスなどを面白がって採用してくれる企業もあります。

「習うより慣れろ」という言葉もあるので、間違った方法ではありません。無償を覚悟でデザイナーに弟子入りするという荒技もありますよ。
 

ファッションデザイナーの求人が多い転職エージェント

クリーデンス

「餅は餅屋」ということで、ファッションデザイナーの求人を探すならまずはクリーデンスをチェック! クリーデンス(CREDENCE) は、アパレル・ファッションメーカーの就職支援に特化したサイトなのです。

アパレル企業のリアルな声が聞けるインタビューや、あなたが活躍できるかもしれない企業を診断する「デザイナー合格診断」など、コンテンツも充実しています。

もちろん、キャリアアドバイザーはファッション業界に精通しているのでサポート力も万全。実務未経験のデザイナー志望という方でも応募できる企業を紹介してもらえます。

クリーデンス 公式サイト→

アデコ

人材紹介会社として知られるアデコは転職エージェント業務も行っています。アパレル企業に詳しいキャリアコンサルタントがあなたの就活を手助けしてくれます。

ファッションデザイナーの求人は自分で探すこともできますが、やはりコンサルタントのアドバイスや紹介は受けておいた方がいいでしょう。

正社員だけでなく、派遣や契約社員といった雇用形態の求人も豊富なので、就職に対する視点を変えて利用してみることをおすすめします。

アデコ 転職エージェント 公式サイト→

type転職エージェント

type転職エージェントは非公開求人の数を提示するなど、利用者の目線になったサービスが好評です。やっぱり使っていて不安のないサービスを選びたいですよね。

独占・非公開求人が充実しているだけでなく、独自のマッチングシステムがあるので、今まで出会えなかったファッションデザイナー求人を紹介してもらえるかも。

type転職エージェント 公式サイト→

リクルートエージェント

ファッションデザイナーを目指すといっても、「どこの企業でもいい」というわけではないはず。希望に合った求人を探すなら大手転職エージェントの力を借りましょう。

リクルートエージェントは企業との信頼関係がしっかりしているので、デザイナーをこき使って使い捨てるようなブラック企業を避けることができます。

リクルートエージェント 公式サイト→

求人情報サイト「リクナビNEXT」にもファッションデザイナーの求人があるので、そちらと併用してみてはいかがでしょうか。

 

アパレル 転職エージェント一覧

サイト名 サービス詳細 公式サイト
クリーデンス
ファッション・アパレル業界転職の雄
大手・デザイナーズ・外資系企業からの求人のご紹介やキャリアアップのご相談・面接対策まで、ファッション・人材業界出身のスタッフが無料であなたの転職支援を行います。
スタッフブリッジ
地域№1時給!アウトレットに強い
アウトレットのアパレル派遣求人に強く、各地域で№1の時給を実現!店舗スタッフだけでなくデザイナー、パタンナーへのキャリアアップも○。正社員求人もあり。
type転職エージェント
エージェントの手厚い対応、首都圏特化
年収アップに定評があるエージェント。女性の転職に強く、20代に力を入れています。求人は、首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)に限られ、サービス職・事務系求人を多く扱います。
アデコ
女性に人気!アパレル求人も豊富
アデコは国内160拠点を持ち全国をカバー。オフィスワークやアパレル販売・サービス職など、女性が転職で活用しやすいエージェント。初心者向けから上級者向けまで幅広い求人を取り扱っています。求人数も業界トップクラス!
リクルートエージェント
転職成功実績 No.1
リクルートグループだからできる業界トップクラスの求人数と非公開求人数。求人エリアも全国対応しており、業界・職種の知識に精通した頼れる専任アドバイザーがあなたの転職活動をフルサポート!あらゆる業界・職種に強いのでアパレル転職の頼れる味方。
JAC Recruitment
女性のキャリアアップに強い
首都圏・関西に強みを持つJACリクルートメントは、企業の本社・中枢支店と太いパイプを持ち、キャリア志向の求人を豊富に扱います。年収600万以上、好条件の求人が多く、女性ならではの管理職求人なども豊富に取り揃えます。管理職や高年収の方におすすめ。

 

まとめ

正社員なら転職エージェント!女性や男性に関係なく、憧れの職業であるファッションデザイナー。

労働時間のわりに給料や年収は低い傾向にありますが、自分がデザインした服が市場に出回る喜びや達成感は他の職業では得ることが出来ません。

ファッションデザイナーになるのに必要な資格はなく、独学でもスキルと知識があれば仕事を貰える世界です。一番オーソドックスな方法は、やはり服飾系・被服系の専門学校や短大・四年制大学のファッション学科で学ぶこと。

自分に合った方法でファッションデザイナーを目指すのが一番ですが、正社員などちゃんとした形で企業に務めたい方は転職エージェントを活用してみましょう。

アパレル転職 鉄板ガイド

アパレル転職 鉄板ガイド
転職前に知りたい!アパレル業界
アパレルの正社員求人を探すコツ
正社員の特徴と就職成功のコツ
転職サイトおすすめランキング
アパレルのVMDはどんな仕事?
パタンナーのなり方と求人の探し方
目指せテキスタイルデザイナー!
異業界・未経験転職を目指そう

このページの先頭へ