タクシードライバーの転職@成功者が多い求人サイトは?

タクシードライバーの転職事情は?

電車やバスよりも小回りが利く便利な交通手段「タクシー」。早朝・深夜を問わず利用できる乗り物で、街中の風景にも溶け込んでいる身近な存在です。

そして、手を挙げてタクシーを止めたお客様を乗せて、的確な道筋とスピードで目的地までお送りしている「タクシードライバー」は、日本の交通網を支える大切な職業です。

とはいえ、タクシー業界について一般の方が知っていることは極僅か。

どんなタクシー会社があるの? 個人タクシーとは? 給与のシステムは? 労働時間は?……などなど、気になることがたくさんあるかと思います。
実際、「あまり稼げない仕事」「タクシーの利用者は減り続けている」という噂も耳にしますよね。

「今よりも高収入の企業に入りたい」
「体力が衰えても継続して働ける職業を目指したい」
「車の運転が好きだからタクシー運転手に向いているかも」

タクシードライバーになれば、こういった理想が叶うのでしょうか。

興味はあるものの、不安要素や悩みごとが多くてタクシー業界への転職を踏みとどまっている方も多いはず……そんなわけで今回は、タクシー運転手になりたい方はもちろん、タクシードライバーとして転職したい方にも有益な情報をお届けしたいと思います。

タクシードライバーの悩みと転職理由

人によって向き不向きがはっきりと分かれるタクシードライバーの世界。日頃の悩みや転職を志す理由には一体どんなものがあるのでしょうか。

給料への不満

最も多い悩みは、やはり「給料が少ない」というもの。歩合の割合が大半であるため、何年勤めていようと一向に売り上げが伸びないドライバーは多数存在します。

「タクシー運転手は薄給」という世間の印象は、そうしたうだつが上がらないドライバーの愚痴や嘆きの声が大きく取り上げられるからだと言えます。ただし、「売り上げのほとんどを会社が持って行ってしまうブラック業界だから」というのは言い訳に過ぎません。

個人の実力や研究心・向上心の欠如が問題とも考えられるので、何の工夫もせずに給料が低いと嘆いている人は、たとえ他の業界に移ったとしても事態は好転しないでしょう。

労働時間・生活ペースの乱れ

仮眠や休憩をとりながら働く「隔日勤務」が一般的なので、歳を重ねるにつれ深夜や早朝の運転がつらくなってきます。

「サラリーマンよりも自由で性に合っている」という方は気長に定年まで続けられそうですが、不規則な生活により体調を崩して辞める例もあります。会社によってはライフスタイルに合わせて働く時間や勤務日数を決められるので、転職活動において重視するべきポイントです。

このお悩みの場合、「隔勤から昼勤に変更」「別のタクシー会社に転職」など様々なパターンで労働スタイルが改善することがあります。

勤務中の事故

交通事故を起こして多額の修理費や治療費がかかったり、会社からのペナルティにより収入が激減したり……それにより転職をするケースもあります。

事故の度合いや状況に応じて保険が適用されることもあれば、自腹をきって解決できるケースもあります。当然、交通違反などの罰金も、会社が負担してくれることはありません。もし人の生死にかかわる事故だったら……と思うとぞっとしますね。

タクシー会社に転職希望の方は、事故や非常事態への対応・保険の適応範囲など、入社前に必ず確認しておきましょう。

トラブルや犯罪

道に迷ってしまったり、渋滞にはまってしまったり、客の機嫌を損ねて文句を言われることがあります。乗客に支払いを拒否されても了承する必要は一切ないのですが、泣く泣くポケットマネーで帳尻を合わせた……というドライバーは少なくありません。

中には、最初から乗車料金を払うつもりがない・暴力に訴えるという悪い人もいます。「お金を下してくる」と言って逃げる汚い手口も存在します。

そういったことが続くと転職したくなる気持ちも理解できます……それでもタクシードライバーを続けたい、今から目指したいという方は、トラブルの対処法や予防策をしっかり身につけておきましょう。

タクシードライバーの転職はハードルが低い?

タクシー会社は大手から小会社まで常に人材が不足している状態です。タクシードライバーの求人はたくさんあり、初心者・未経験者だとしても正社員転職のハードルはさほど高くありません。

「求人が多いのは東京・大阪・名古屋とか大都市だけじゃないの?」

そんな疑問の声もありますが、普段の生活の中だけでなく観光や出張時など様々なシーンで利用されているタクシー。埼玉や千葉、神奈川といった関東エリアをはじめ、北は札幌、南は九州福岡まで、地方のタクシードライバーも需要があるのでご安心ください。

転職成功のコツ
会社によっては応募→面接→即採用ということも。二種免許取得支援を行っている場合もあるので、ゼロからスタートしやすい職業だと言えます。

給料決定や勤務スタイルのルール、待遇面は会社や地域ごとに異なるため、会社選びは慎重に行いましょう。……とはいっても、自分ひとりで情報を集めるには限界があります。

転職エージェントなど求職者のサポートに長けた求人サイトを活用することで、転職活動がスムーズになり、会社選びに失敗することも避けられますよ。

タクシードライバー向け求人サイト

タクq関東エリアのほか、宮城や大阪、京都、兵庫の求人に強いタクシー専門の転職エージェント。なんといっても魅力なのは最高額45万円の入社祝い金!

最新の求人情報と企業からのスカウトメッセージを受け取ることができ、転職におけるアドバイスやカウンセリングも行っています。

タクシー会社説明会も全国各地で実施中。未経験者からベテランドライバー、女性ドライバーまでカバーし、利用者の満足度も高めです。

タクQの全国版として「タクシー転職相談AtoZ」というサイトも運営しているので併せてチェックしてみることをおすすめします。

■ タクQの詳細はこちら →

「タク転」は、大阪・神戸などの関西・近畿エリアを中心としたタクシードライバー転職支援サービスです。地元密着型の情報網と転職サポートがウリ。

登録者限定の非公開求人も充実しており、情報が錯綜する総合求人サイトよりもピンポイントな仕事探しが実現します。また、タク転を通して就職した方全員に、転職祝い金として5万円がプレゼントされるのも嬉しいポイントです。

求人数は業界最大クラスの700件以上! タクシードライバー初心者&未経験者歓迎の転職サイトです。希望に合った案件から年収がアップする求人、寮完備の仕事情報まで幅広くチェックできます。

タクシー業界に精通したコンサルタントが転職をサポートしてくれるので、転職に不安がある方や求人を探す時間がとりにくい方は積極的に活用してみましょう。

タクシー転職サイトの「転職道.com」は、東京を中心とした求人情報が満載。未経験からタクシーの乗務員・運転手を目指す方には特におすすめの求人サイトです。

転職道.comの特徴はなんといっても大手タクシー会社求人の多さ!東京の大手4社である日本交通・国際自動車・大和自動車・帝都自動車の他、愛知・大阪・兵庫といった関西・中京圏もカバーしているので、自分の理想に近いタクシー会社を見つけやすくなっています。

タクシー会社によって仕事内容の違いはある?

これからタクシーの運転手として働きたい方は、自身の年齢や性別、経験の有無が気になるところ。しかし、この業界の窓口は狭くありません。資格や応募条件さえ満たせば「未経験・初心者OK」という求人も多く、誰でもチャレンジすることが可能なのです。

最近は女性のドライバーを見かける機会も増えました。「タクシー強盗」や「乗り逃げ」など物騒な事件も時折ありますが、ほとんどのタクシー会社はセキュリティ面を強化しています。「女性には危険・向いていないのでは?」と心配しすぎる必要はないでしょう。

具体的な仕事内容
◆出発前の点呼
◆車両の点検
◆予約配車
◆流し営業
◆洗車・車内清掃
◆売り上げのチェック・納金

このように、車の運転だけがタクシードライバーの仕事ではありません。タクシー運転手への転職を考えるなら、仕事の内容や必要性、やりがいなどについて理解しておきましょう。

きつい仕事?楽な仕事?
タクシードライバーの労働スタイルは、早朝から夕方までの昼勤務、夕方から朝方までの夜勤務、そして与えられた18時間の中で自由に稼働できる隔勤(隔日勤務)の3タイプです。

昼勤は規則正しく家庭・健康優先の生活が送れますが、乗車賃がアップして客単価が大きくなる夜勤も魅力。拘束時間が長いようで、効率的にお金を稼げる隔勤も人気です。個人の感覚によってメリット・デメリットが異なってきます。

「長時間の運転がハード」「深夜労働が当たり前」といったイメージがありますが、休みなく運転し続けることは法律によって禁止されています。12時間シフトの中で合計3時間の休憩が必須なため、客を求めて一晩中ぐるぐる街を徘徊……なんてことは、やりたくても出来ないのです。

座りっぱなし・狭い車内に籠りっぱなしは精神的につらいかも……と思う反面、タクシーは窓から見える景色が変わり気分転換ができます。また、ラジオを流せたり、お客様との会話を楽しめたりもするので、「他の業種よりもきつい」とは一概に言えません。

長距離の運転はある?
TVドラマなどでタクシーがとんでもない距離を走ることがたまにありますよね。

「あまり遠くまで運転するのはちょっと……」と不安になる方がいるかもしれませんが、新宿で乗ってきた人に「大阪まで」などと頼まれる可能性はかなり低いので気にせずOK。

むしろ、短距離移動を何度か繰り返すより、中・長距離の移動を一度するだけでその日のノルマや目標が達成されるので、「長距離客に当たったらラッキー」だと言えます。

タクシードライバー転職 まとめ

いかがでしたか? 身近で便利な交通手段であるタクシーですが、仕事の内情について知らないことがたくさんあったかと思います。

タクシードライバーは楽に稼げる仕事ではありません。しかし、世間のイメージにあるようなきついだけの職業でもないのです。タクシー運転手の仕事内容や勤務スタイル、給料・年収などをしっかり理解することから始めましょう。

転職成功のコツは、タクシードライバーに特化した転職エージェントや求人サイトを利用すること!

業界に精通したサイトを上手く使うことで、転職活動がスムーズに進みます。タクシー運転手という仕事に興味がある方も、タクシー業界で転職したいけれど不安のある方も、この記事を参考に転職活動をスタートしてみませんか?

このページの先頭へ