第6回「職務経歴書の書き方6~人事・総務職編~」

著者が教える、中高年の転職必勝法

人事職の職務経歴書はこう書け!

職種別の具体的な職務経歴書の書き方の最後の特集になります。
今回は人事と総務を取り上げます。

まずは人事から。

人事職も狭いようで、採用から人材教育、配置、登用、評価、社内制度策定、退職などと幅が広い職種です。

また、たとえば採用業務一つをとっても、新卒採用、中途採用、グローバル採用などに分類され、新卒採用でも高校生と大学生では対象年齢が違うだけでなく、採用手順や時期、ルールが全く違うように、それぞれに深みがあります。
この守備範囲と深さの両面を意識して書くことが大事になります。

なお、給与計算や入社・退社手続きといった業務も人事職に含まれるケースがありますが、これらは誰でも処理可能な定型業務なので、この年代でなくても構わないということになりますから、これを前面にPRすると採用人事側とのズレが生じます。

それよりも、人材育成・社内研修や人事制度設計・運用、労務トラブルを予防する労務管理といった、中高年の豊富な経験と熟練したスキルがなければ対応できないものこそ、この年代がPRすべきです。
もちろん人事職も応募先企業が何を求めているか、しっかりと見極めて訴求するポイントを定める必要があります。

次ページの実例で言いますと、この応募者は勤務経験がある3社ともメーカーで、その製造現場での労務管理に強みがあります。
特に労使交渉も経験がある点にユニークさがありますが、これは同業種のメーカーの人事労務職に応募するからこそ受けるのであって、異業種となると一から練り直す必要が出てきます。

職務経歴書の書き方人事職編たとえば、この人が労働組合がなく労使ともに仲間内のような社風のITベンチャー企業に応募する際には、労使交渉経験が直接の売りとして通用しなくなってしまいます。
要は自分の売りが応募先企業に通用するかどうかによって記述方法が異なってくるということなのです。

人事業務は、「人」に関わることなので、すぐに結果が出ないことが多く、なかなか成果を定量化・数値化しにくいのですが、たとえば採用ノルマや部下の数、担当した教育プログラムの受講人数などを入れると、採用人事はイメージしやすくなります。

また、求人情報に、リストラや給与カットといった人件費抑制策を主業務として謳うものは皆無でしょうが、年代上、このようなシビアな業務遂行も任される可能性が高いので、これらの経験があれば、明確に求人情報に謳っていない企業に対しても、充分に売りにつながっていきます。

人事職職務経歴書 書き方のポイント

<人事職 応募者プロフィール例>

38歳男性。大学卒業後から通算15年8ヶ月の間、人事費畑一筋で3社を経験。
今回は食品メーカーの人事労務課長候補への応募。

 

ここがポイント!

①「職務要約」

  • 3社の勤務経験がありますから、「一気通貫記述法」を用いて、コンパクトにまとめておき、後半に今回の応募先企業である食品メーカーの人事労務を行う上での必要なスキル・経験を触れておくのは、非常に有益です。

②「職務詳細」

  • 3社とも同じメーカーであり、企業独自の特殊業務も少ないことから、「編年式」を用いて、コンパクトにまとめておきます。
  • 【実績や身につけたスキル】にて、数字で表せないものを、このように自分の言葉で説明しておくのもいい表現方法です。

③「貴社で活かせるスキル・経験」

  • 応募先企業で活かせるものを順に並べていくのがポイントです。
  • このように経験業務の後に経験年数を付与することにより、その経験の豊かさをPRできます。

④「自己PR」

  • 製造現場で労務トラブルがあると、全ての生産ラインがストップしてしまって、多大な損失を被る危険性があります。それをしっかりと汲み取って「現場第一主義」をPRすると、採用人事も実情をよくわかっている、と太鼓判を押してくれることでしょう。
  • 更に問題社員の対処方法にも触れておくのは、有効です。

 

人事職職務経歴書のサンプル

人事職職務経歴書見本

人事職職務経歴書見本
※画像をクリックすると、フォーマットのダウンロードが出来ます。
 

総務職の職務経歴書はこう書け!

総務職最も守備範囲が広い職種と言えます。

庶務から株主総会運営、ISO取得までが典型例であり、また現在では更に社内SE的な役割を任されたり、人事や経理、法務を包含している場合も多く見られます。
「社内で引き受け手のない業務は、全て総務の範疇」といわれるくらい、ますますオールラウンダーとしての力が求められると言えるでしょう。

総務職の募集といっても、単に庶務や雑用をこなすための求人であれば、この世代である必要はありませんので、中高年ゆえの豊富な経験とスキルを前面に出すことが大事になります。
求人情報にある業務内容をしっかりと読み解いて、入社したら何をしなければならないか、を念頭に置いておかないといけません。

職務経歴書の書き方総務職編たとえば、必須条件として「●総務・株式実務経験10年以上、●取締役会、株主総会の運営経験、●契約書の作成及びリーガルチェックの経験」とあれば、次ページの実例のように、この順番に沿って業務内容を記述していきます。

この必須条件を十二分に満たしていることをPRすると共に、人事や経理、経営企画といった領域の経験があれば、これらの経験やスキルを追加して、守備範囲の広さをPRします。
これとは逆に、「固定資産・リース資産管理」の経験や実績を分厚く書いてしまったら、明らかに焦点がズレてしまうことはおわかりでしょう。

なお、求人情報から必須条件等がはっきりと見えにくい場合は、その業界研究・企業研究をしっかりと行い、総務として何をすべきかという点から予測して書くしかありません。

たとえば、零細企業ならば、総務だけでなく経理や人事の役割もあれば売りになるでしょうし、個人客向け事業を展開していれば、プライバシーマークの取得経験などが売りになるといった感じです。

具体的な作成のポイントですが、総務業務は多岐に渡りますし、またこの年代ですから経験業務は非常に多いことでしょう。
しかし、それを漏れなく詳細に書いていると、ボリュームも多くなり過ぎ、非常に見づらくなります。
経験業務が多いからこそ、実例のように、体言止めで端的に箇条書きに書く、応募先企業の求めているものに沿って配置する、というのがベストです。

スタイルですが、この世代の総務職であれば、ボリュームを抑えるために、「キャリア式」を用いるのも有効ですが、実例のように「編年式」でも書き上げることは可能です。

総務職職務経歴書 書き方のポイント

<総務職 応募者プロフィール例>

47歳男性。大学卒業後から通算25年の間、総務人事畑一筋で3社を経験。
今回は総務・法務マネージャー候補への応募。

 

ここがポイント!

①「職務要約」

  • 3社の勤務経験がありますから、「一気通貫記述法」を用いて書き、「IR、株主総会といった株主対策や内部統制、ISO、コンプライアンスの徹底」といった、応募先企業の求めるものを前面にPRするのは、非常に有効です。

②「職務詳細」

  • 業務が多岐に渡る総務職で「編年式」を用いる場合は、ダラダラと書かずにコンパクトにまとめていくことが大事です。
  • このように経験業務を体言止めで端的に並べていくと、非常に見やすくてわかりやすいです。
  • 経験した人事労務業務も後半に盛り込んでおくことで、守備範囲の広さをPRできます。

③「貴社で活かせるスキル・経験」

  • 応募先企業で求めているものに絞って、その順に並べていくことがポイントです。
  • このように経験業務の後に経験年数を付与することにより、その経験の豊かさをPRできます。

④「自己PR」

  • 上場企業での株主対策の大変さやコンプライアンス遵守の姿勢を盛り込むことで、充分に応募先企業にマッチしたPRとなっています。
  • フットワークの軽さ、組織マネジメント力も応募者の売りであり、多面的な魅力をPRすることに成功しています。

 

総務職職務経歴書のサンプル

総務職職務経歴書見本

総務職職務経歴書見本
※画像をクリックすると、フォーマットのダウンロードが出来ます。
 

>> 第7回「職務経歴書の書き方7~30代編~」 へ続く



 

転職に悩める中高年必見!中谷充宏の人気記事


 

中高年転職力アップ~応募書類(履歴書)編~


 

中高年転職力アップ~応募書類(職務経歴書)編~


 

あわせて読みたい 関連記事


 

講師プロフィール

  • 著者写真
  • 中谷 充宏(なかや みつひろ)
  • キャリアカウンセラー、社会保険労務士

  • 実績、経歴

    同志社大学法学部法律学科卒。NTT(日本電信電話株式会社)勤務後、キャリアカウンセラーとして独立。

  • ●マンツーマンで転職を支援する日本トップクラスの「転職のパーソナルコーチ」。
    ●一流企業社員や米国MBAホルダーからハンデ層まで、幅広い方々の転職支援の実績あり
    ●社会保険労務士としての経験から企業側の採用心理や実情も熟知。

  • 運営サイト

    ●運営サイト:中高年の転職の悩み相談室http://www.chuukounen.com/


このページの先頭へ