【海外勤務したい】外資系企業よりも日本法人を選ぼう!

長い人生、一度は海外で働いてみたいという人も多いでしょう。
海外勤務にはどんなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

海外勤務なら、日本法人がおすすめ!

年収1000万円以上の転職サイト「ビズリーチ」が行った会員向けのアンケートによると、「海外で働きたいか」という問いに対し、「働いてみたい」53%、「少し働いてみたい」が27%。合計すると8割のビジネスパーソンが海外勤務希望という結果が出ました。
ちなみに、働いてみたい国1位はアメリカ、2位がシンガポール、3位はイギリスとなっています。

海外勤務を希望するのであれば、海外勤務や海外赴任が前提となっている仕事を探すのが大前提。意外なようですが、その条件に当てはまるのは外資系企業でなく、主に総合商社やメーカーなどの日本企業です。

【国別】海外就職に強い転職エージェント

 
日本国内にある外資系企業は、日本国内のマーケットを広げるのが目的で日本に支社を置いているため、海外に行ける機会は意外に少ないのです。(日本支社で日本人を採用して海外へ駐在させるという非効率なことはしませんよね?)

日本国内では、少子高齢化による人口減少のため販売マーケットが縮小していくことが予想され、そのため海外マーケットに目を向けざるを得ないというのが現状です。そのため、海外で働く日本人が増加していくと予想されています。

総合商社であれば、海外赴任の確率は30%あまり。海外で活躍したいのであれば、外資系企業ではなく、海外赴任を前提としている日本企業、または職種に応募するのが近道です。

海外勤務のメリット・デメリット

海外勤務のメリットとは何でしょうか?

企業のグローバル化が進む中、海外で勤務したという経験は、本人のキャリア形成にとっても企業にとっても大きなプラス効果があります。
経済が成長している環境でのビジネスは転職や出世の面でも有利になり、語学力も向上します。

日本全体が海外マーケットに目を向け、大企業のみならず中小企業も海外進出を目論む今、海外でのビジネス経験がある人材は圧倒的に不足しているのが現状です。
現地企業を買収して一気に市場に参入したい、あるいは日本の既存のサービスを海外展開させたいと願う企業にとって、海外ビジネス経験者は今すぐにでも欲しい存在なのです。

一方、海外勤務にはデメリットもあります。

まず、赴任先から日本にいつ帰国できるか分からないという点。
成長している市場という点で考えると赴任先はアジア諸国が増えると予想されていますが、どこに派遣されるかも全く分かりません。そこからさらに別の赴任先へスライドする可能性も十分あり、家族としての人生設計が立てにくくなります。

家族を連れて赴任するとしても、家族が海外生活に慣れるかどうかは未知数であり、治安の悪い国であれば日常生活自体が大変窮屈なものになります。ただし、物価が安い国であれば安価で家政婦を雇うこともできます。
 

海外勤務の仕事を探すには?

海外勤務の仕事を自力で探すのは至難の業。
やはり転職サイトや転職エージェントで探すのがおすすめです。

お気軽求人検索!海外求人サイト活用法

海外勤務案件に強い転職エージェントは以下の3社です。

海外勤務が見つかる!エージェントTOP3

サイト名 サービス詳細 公式サイト
アデコ
世界60ヶ国、5000拠点で展開
アデコの特長といえば世界各国で展開しているからできる情報量です。国内でも160拠点を持ち、全国をカバー。求人数も業界トップクラスで、幅広い求人を取り扱っています。英語面接・英文履歴書添削指導も対応可。
リクルートエージェント
グローバル求人多数!アジア拠点数No.1
アジアの海外拠点を数多く持ち、中国、台湾、ベトナム、タイ、フィリピン、マレーシア、シンガポール、インドネシア、インドにオフィスを持っています。求人数も多いのでアジアでの転職を希望するなら登録は必須。
JAC Recruitment
外資系の求人に強い
国内に加え海外8ヵ国に拠点があり、海外転職も万全の体制でバックアップが可能です。英文履歴書や応募書類の添削指導にも定評あり。コンサルタントの質も高いので、まずは話してみるのも○

まとめ

海外勤務は外資系企業よりも現地日本法人に多く存在します。
そうした仕事を自力で探すのはコネクションがない状態では困難を極めます。
海外勤務案件に強いエージェントを利用して、効率よく転職先を探しましょう。

■ 外資系の転職エージェント活用法はこちら→

【国別】海外就職に強い転職エージェントはココだ!

外資系転職 鉄板ガイド

外資系転職 鉄板ガイド






外資系転職エージェント

このページの先頭へ