老後が不安…おひとりさまの転職事情

独身を貫く女性……いわゆる一人暮らしの「おひとりさま」は、自由気ままな反面、老後の不安が常について回る生き方です。仕事が生きがいであり、自分のためだけにお金を使える「独身貴族」を謳歌している方はほんの一握り。

年齢を重ねるにつれ、既婚の友人と会話が合わなくなり、恋愛チャンスに恵まれなくなり、一人で親の介護をするようになり、最後は狭いアパートで孤独死……なんてマイナスな想像ばかりが膨らんでしまう人の方が多いのではないでしょうか。

20代、30代のうちはもっと単純に、「結婚しなくても一人で大丈夫なのかな?」と漠然とした不安を抱いているかもしれませんね。何を隠そう私、天職セイコも転職サポートに奮闘するあまり未だに独身……おひとりさまロードまっしぐらです。

そんなわけで今回は、おばあちゃんになっても安心して暮らす手段や、定年までがっつり働くために今やるべきことなど、おひとりさまが知りたい情報をまとめてお届けしたいと思います。
 

女性の生涯未婚率

「30歳までには結婚するぞ!」と意気込んでいても、気が付いたらあっという間に40代に突入していた……なんて話は珍しくありません。特に若い頃は仕事やプライベートが充実していると恋愛に熱中しにくいものです。

近年、女性の未婚率はアップし続けていて、25~29歳の女性の60%が独身です。生涯未婚率は約11%。意外と低い数字に思えますが、離婚歴などを含めると「50歳でも10人に1人はおひとりさま」というデータが出ています。

お仲間が多いことにちょっと安心した方、いずれ本格的に他人事ではなくなってくるのでご注意を。35歳を過ぎると一気に結婚率が下がってくるので、結婚を強く望んでいる女性はうかうかしていられません!

事実婚の場合は?

これらのデータには、一生添い遂げると決めたパートナーがいるけれど婚姻届は出していない状態・また何年も同棲を続けている状態、俗にいう「事実婚」は含まれていません。

幸せの形は人それぞれですが、法律上は何の縛りもないのでいつ独り身になるかわかりません。事実婚だとしても「一人で生きていくための備え」は絶対に必要だということです。
 

未婚女子の事情と、老後に備えるには

独身女性の話を聞くと、結婚できない深刻な事情がある方から、「いい人がいれば結婚したい」「タイミング次第」といった曖昧な意見の方まで様々です。

最近はドラマや映画などでも「おひとりさま」が取り上げられていて、家庭に入ることが全てではないと言えます。昔ほど親に結婚を急かされる時代でもなく、「行き遅れ」と笑う人も稀……そのため、それほど焦っている方ばかりではないのです。

結婚したくても出来ない女性の事情

◆草食系の男性が多く恋人ができない
◆家と職場の往復で出会いがない
◆趣味が楽しいので恋愛が長続きしない
◆仕事が忙しくて婚活ができない
◆適齢期を逃したようでプロポーズされない
◆低収入で貯金もないので結婚に踏み切れない

独身のまま老後を迎えると…?

何と言っても心配なのはお金の問題。年金だけでは生活費をまかないきれない上に、もしもの時のために保険に加入したり医療費を貯蓄しておく必要があります。

「独り身だから」という理由で親の介護を一手に引き受けることになる可能性も。さらに、いずれは自分自身が介護される側になるかも……介護付き老人ホームに入るくらいの蓄えが欲しいところです。

孤独は習い事や旅行をすることで紛らわせますが、それもお金があるから出来ること。安定した収入がないとおひとりさまは続けられません。
 

パートや派遣で大丈夫?未婚女性のお仕事事情

正社員としてバリバリ働いていて「今は仕事が一番大事!私はひとりでも生きていける!」という女性は、老後の心配は不要かもしれませんね(浪費癖があると問題ですが……)。

一方で、フリーターやパートタイマー、派遣社員などの非正規雇用で働いている方、またはいつ経営が傾くか分からない小さな零細企業に勤めている方は危機感を持っておくことをおすすめします。

「まだ親が生きてるし……」とか「いつか結婚して家庭に入るし……」といった考えは正直言ってとても甘いです。実家が資産家ならば話は別ですが、一般的に日本女性は男性よりも生涯収入が低いのに、長生きする傾向にあります。

未来の結婚相手が高収入という保証もありません。国民年金に加入していても、将来的な受給額は1ヶ月5万円程度とかなり心もとないです。そして当然、非正規雇用では退職金を得ることもできないのです。
 

老後に備えて今から何をすべき?

ドラマのように一流企業で活躍して仕事も恋も満喫しましょう!

……とまでは言いませんが、継続して働ける優良企業を見つけて、正規雇用で働くことで将来に対する不安が一気に軽減されます。いざ結婚のチャンスが巡ってきても、蓄えがないと「貯金ができない女性は無理」とフラれてしまうかも……!?

独身を貫く自分のためにも、いつか手にいれるかもしれない家庭のためにも、早いうちに現状を打破しましょう。

老後に備えて今からやるべきことリスト

◆安定して働ける仕事に就く
◆最低4,000万円を目標に老後資金を貯める
◆女性に多い乳がん・子宮がんなどに備えてがん保険に加入
◆不動産投資のためにマンション購入資金を貯める
◆老人ホームに入る可能性を考えて貯蓄する
 

何歳までに就職すべきか

「転職をするなら35歳がラストチャンス」という説を御存じですか?

ただの都市伝説であればいいのですが、35歳を過ぎたあたりで正社員として就職することが難しくなってくるのが現実です。

ハローワークや求人サイトを一日中チェックして、無数の求人にエントリーして面接にこぎつけても不採用通知ばかりが送られてくる……企業によっては年齢で弾かれて返信すらないこともあります。特に、正社員経験のない方はかなり厳しい現実を突きつけられるでしょう。

しかし、可能性はゼロではありません。もし35歳を過ぎてしまっていても諦めないでくださいね。出来ればタイムリミットまでに正社員就職した方がいいのですが、何歳からでも安定企業を目指すことは可能なのです。

「当たって砕けろ!」というわけではなく、就職成功率を高めるちゃんとした正攻法があるので次項ご紹介したいと思います。
 

安定企業に就職する方法

世の中には「今よりもいい条件で働きたい」「安心して長く勤められる職場を見つけたい」という方にとっての救世主、「転職エージェント」というサービスがあります。

転職エージェントは無料で利用できる就職支援サービスであり、転職したい人の強みや魅力を引き出して、最適な求人案件を紹介してくれます。女性が活躍できる企業や、女性に人気のお仕事情報もゲットできるので、一人でがんばるよりも就職活動がグッと楽になりますよ。

キャリアカウンセラーに悩みや不安を相談できるので、「誰にも頼れない」と孤独感を感じている女性にもおすすめです。もちろん、一度も正社員経験がない方も登録OK!

「この歳で職歴がないと正社員は無理」という固定観念を打ち砕くきっかけは転職エージェントにあるのです。
 

まとめ

独身を貫くおひとりさま女性は老後の不安がいっぱい。安定した収入とまとまった貯金がないと「結婚できない」「病気を治せない」「老人ホームに入れない」など絶望的な未来が待っているかもしれません。

20~30代のうちは「結婚しなくても寂しくない」「親も元気だし何とかなるはず」と甘い考えをしがち。しかし、転職のラストチャンスは一般的に35歳。フリーターやパートから正社員を目指す、または好条件で転職をするならばそれまでに動き出す必要があるのです。

初めての就活や35歳を過ぎてから転職をする場合、一人でがんばるのではなく転職エージェントの力を借りましょう。転職活動のプロフェッショナルに頼れば就活がグッと楽になりますよ!

女性向け 転職エージェント一覧

サイト名 サービス詳細 公式サイト
マイナビエージェント
女性転職の強い味方、マイナビ
年間200万人以上が利用する大手。女性が働きやすい・理解のある企業との太いパイプがあり、優良企業の求人が豊富。女性のライフプランに合った最善の選択をアドバイスしてくれます。女性向け特集ページやコラムも。
type転職エージェント
エージェントの手厚い対応、首都圏特化
年収アップに定評があるエージェント。女性の転職に強く、20代に力を入れています。求人は、首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)に限られ、サービス職・事務系求人を多く扱います。
アデコ
約半分が事務等のオフィスワーク
アデコは国内160拠点を持ち全国をカバー。約半分がオフィスワークとなっていて女性が転職で活用しやすいエージェント。一般事務~経理事務など求人数も業界トップクラスで、幅広い求人を取り扱っています。
リクルートエージェント
転職成功実績 No.1
リクルートグループだからできる業界トップクラスの求人数と非公開求人数。求人エリアも全国対応しており、業界・職種の知識に精通した頼れる専任アドバイザーがあなたの転職活動をフルサポート!あらゆる業界・職種に強いので女性転職の頼れる味方。
JAC Recruitment
女性のキャリアアップに強い
首都圏・関西に強みを持つJACリクルートメントは、企業の本社・中枢支店と太いパイプを持ち、キャリア志向の求人を豊富に扱います。年収600万以上、好条件の求人が多く、女性ならではの管理職求人なども豊富に取り揃えます。更に上を目指す女性におすすめ。
パソナキャリア
女性・事務職に強い
業界実績トップを誇るパソナキャリア。経理・財務・人事・総務などの管理部門専門の部署があり、女性の転職にも力を入れています。コンサルタントの質が高く、その人に寄りそったキャリアプランの提案が魅力です。中小企業に特に強い。
クリーデンス
ファッション・アパレル業界転職の雄
大手・デザイナーズ・外資系企業からの求人のご紹介やキャリアアップのご相談・面接対策まで、ファッション・人材業界出身のスタッフが無料であなたの転職支援を行います。

このページの先頭へ