女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格

昔の女性はハタチ前にお嫁に行く家の方が多く、女性が家の中以外で働くことは当たり前ではありませんでした。しかし、今の時代は男女関係なく学校卒業後は社会に出て働くというのが一般的。

それにもかかわらず女性の平均年収は男性よりも低く、一度仕事を辞めたら復帰しづらいというデータもあります。働く女性は「いつまで仕事を続けられるのか」「一生食べていける仕事はないか」といったことが気になりますよね。

頼れるパートナーがいる既婚の女性でも、夫のリストラや離婚などいつ何が起きるか分かりません。家族のためにすぐに収入を得られたり、一人でも子どもを養っていける仕事に就ける自分でありたいはず。

そんなわけで今回は、女性が一生食べていくために今からやるべきこと、そして取っておくと安心できる資格についてお話したいと思います。
 

シングル女子の老後事情

「キャリアを着実に築いてきたから、旦那の収入に頼りきったり、老後も子供の世話になったりすることはない」という方もいますが、そうではない女性も多いことでしょう。

家族との関係が良好で同居をしていたり、衣食住に負担がない状況だとしても、「そろそろ経済的に完全自立しなければ……」と考えている方も多いはず。また、30代・40代の場合は、親の面倒をみなければいけない頃合いかもしれませんね。

独身を貫くシングル女子は特に不安が大きいかと思います。浪費も貯金も自由なおひとりさまは確かに気楽ですが、いざとなったら責任も自分だけが背負うことになります。

ひとりで生きるためには最低でも4,000万円の老後資金が必要です。現在アルバイトやパートで生計を立てているフリーターや、低収入な現状に悩んでいる方、定年までにそれだけの貯蓄をする自信がありますか?
 

これからのために今からできること

老後に関して自信を持って「大丈夫!」と言えないシングル女子は、今後も独身だった時のために、自らの経済力だけは安定させておきたいもの。

40歳以上のおひとりさまでも、3人に1人は貯蓄がゼロというデータがあります。「いつか結婚するから」という思いのまま取り返しのつかない所まで来てしまったということです。

年収が300万円に満たない場合、数十年に及ぶ年間100万円もの老後資金を用意するのは厳しいでしょう。今からでも大手企業への転職や、手に職をつけることを目指した方が賢明です。

学歴やキャリアなどの問題で大手企業には入れなさそう……そんな女性は「手に職をつける」、つまり食いっぱぐれのない資格を取得することをおすすめします。
 

今からとれる、一生役立つ資格

これから資格を取ると言っても、「どれくらい勉強をすればいいのか」「合格できなかったら時間の無駄ではないか」といった心配がありますよね。30歳を過ぎた女性は、新しいことにチャレンジするのに勇気がいるかもしれません。

しかし、仕事の知識や経験がなくても、ゼロから取れる資格はいくつも存在します!

女性の転職に役立つ資格のポイント

◆スキルや知識に「+若さ」がなくても活用OK
◆転職時の自己アピールで武器になる
◆独立開業や起業が可能
◆働きながら独学で取得できる
◆受験資格が不要で誰でも受けられる
◆取得費用があまりかからない

いかがでしょうか、資格を取って転職することが現実的に思えてきませんか? 続いては、これらのポイントに該当するおすすめの資格をご紹介したいと思います。
 

事務職全般で役立つ 簿記2級(以上)

資格の中でもメジャーであり、人気資格ランキングでも1位2位を争うのが「簿記検定」。中でも、お金の流れを読んだり支出額を管理したり、帳簿付けの知識が問われる「日商簿記」が女性に人気です。

「商業高校で全商簿記の資格を取った」という方は少なくないはず。しかし、実際に就活で効果を発揮するのは「日商簿記2級以上」と言われています。2級以上であれば、事務職や経理職、会計事務所などに応募する時に有効です。独学でも合格できる上に、受験者が多いので参考書などは中古1円から手に入ります。

さらに難関の1級に合格すれば、独立開業可能な税理士の受験資格も得られますよ。目下の転職活動だけでなく、将来の可能性が大幅に広がる魅力的な資格なのです。

簿記2級の取得ポイント

●平均的取得費用:受験料4,630円(税込)
●取得労力(勉強時間):200時間程度、3級の知識があれば2ヶ月前後
●難易度:★★★
 

不動産業界で活躍 宅建

正式名称は「宅地建物取引士(たくちたてものとりひきし)」。受験するのに年齢や性別、国籍などの制限がない国家資格であり、不動産業界では取得必須とも言える資格です。

不動産業務を行う事務所には、有資格者の設置が義務付けられているので、中小規模の事務所では資格を持っているだけでかなり有利となります。

不動産の法律関係の知識が身につくので、プライベートで家を借りる・売買するシーンでも役立つでしょう。男性の宅建士が多いので、女性にとっては狙い目の「一生食べていける資格」だとも言えます。

宅建の取得ポイント

●平均的取得費用:受験料7,000円、資格登録料37,000円、交付申請手数料4,500円 合計約50,000円
●取得労力(勉強時間):1日2~3時間、トータル300時間程度
●難易度:★★★
 

初心者には有利?!IT系国家資格

IT系は実務経験を重視する業界とはいえ、初心者・未経験者は資格を持っていることでスキルの度合いや仕事へのやる気を認めてもらうことができます。

ITパスポート(旧シスアド)

情報処理資格の登竜門だったものの廃止となってしまった「初級シスアド」に代わる国家資格。試験では、IT(情報技術)を正しく理解して活用する能力、IT課題の把握・分析能力などが求められます。

「絶対に仕事にありつける資格」ではありませんが、取得を奨励している大手企業もあります。初任給がアップする可能性も秘めているので、取っておいて損はないと言えるでしょう。

●平均的取得費用:受験料5,700円、参考書1,500円程度
●取得労力(勉強時間):1~3日、PC初心者は100時間程度
●難易度:★

基本情報処理技術者

ITパスポートの次のステップとなる情報処理試験。ITエンジニアに関する出題範囲が広くなり、IT機器に関する問題も出題されます。過去問題を繰り返し解くことで独学でも合格できます。

●平均的取得費用:受験料5,700円、参考書1,500円程度
●取得労力(勉強時間):300~500時間程度
●難易度:★★

応用情報技術者

国家資格の中でも難易度が高く、資格保持者の平均年収は450万円と高収入。しかし、現役SE・プログラマーでも一発合格は難しいと言われています。

ソフトウェア工学、アルゴリズム、システム構築・開発など、基本情報技術者試験の応用以外にも覚えることがたくさんあります。

●平均的取得費用:受験料5,700円、参考書1,500円程度
●取得労力(勉強時間):200~300時間(基本情報処理技術者の場合)
●難易度:★★★★

資格はアピール材料になるけれど……

「応用情報技術者」だけがずば抜けて難関に思えますが、どの試験もIT系の専門知識が必要な資格です。「資格を持っていないよりはマシ」という話なので、ライバルに実務経験者がいれば不採用が続いてしまうでしょう。

資格を取得することに時間とお金を浪費するよりは、「習うより慣れろ」ということで未経験OKの企業に飛び込んだ方が早いかもしれません。IT業界で経験を積めば、大手企業への転職や独立開業も夢ではないのです。
 

番外:未経験でIT系企業に転職するには

IT系は資格取得にやっきになるよりも、実際に現場で経験を積んだ方が効率的! ということで、未経験OKのIT企業を探してみましょう。

今からご紹介する転職エージェントならば、実務経験なしでも働ける職場を紹介してもらえます。利用者の年齢層は20~40代と幅広く、これまでに多くの女性がこれらのサービスを通して未経験転職を果たしています。

ワークポート

無料の転職支援サービスの中でも珍しい、「未経験転職」に強いサイトです。IT専門の人材紹介会社として13年以上の歴史があり、15,000件もの求人数と25万人のサポート実績を誇ります。

コンシェルジュは元エンジニアや元プログラマー、営業経験者など、あらゆる業界の経験者。マンツーマンで相談に乗ってくれる上に、万が一
コンシェルジュと相性が悪ければいつでも変更可能です。

■ ワークポート 公式サイト→

ギークリー

IT・Web・ソーシャルゲーム業界への転職といえばこのサイト。各業界の主要企業と関わりがあり、個人では知りえない求人情報を求職者に提供しています。

2,000件以上の非公開求人の中には未経験OKの案件も。経験豊富なコンサルタントが、未経験転職のメリットや応募前に準備するべきことなどをアドバイスしてくれますよ。

■ Geekly 公式サイト→
 

食いっぱぐれなし 介護の資格

超高齢化社会となった日本において、介護施設のスタッフは慢性的に不足しています。

介護職は「きつい・汚い・危険」の3Kで有名。「給料が安い」のKを加えると4Kとなってしまいますが、本当は「ありがとう」が日常に溢れる素晴らしい職業です。

今後さらに需要が高まるため、介護の資格を持っていれば高齢になってからでも正社員になれるでしょう。老後の生活費を心配しなくてもいいというのは魅力ですよね。

また、就業を前提に資格取得をサポートしている企業もあります。今から経験を積んでおけば「介護福祉士」や「ケアマネージャー」の受験資格を得られるので、キャリアアップを考える女性にもおすすめです。

介護職員初任者研修

介護というと「ホームヘルパー」の資格が思い浮かびますが、現在は「介護職員初任者」の資格がその役割を持っています。

介護をする時に必要な最低限の知識やスキル、心構えなどを身につけ、介護業務に携われるようになる研修です。医療系の学校を出ていなくても受講可能で、未経験者も取得しやすくなっています。

資格を取れば、福祉施設やデイサービスセンター、訪問介護サービスなどの正社員として活躍できます。

介護職員初任者研修の取得ポイント

●平均的取得費用:3万円~(スクール・講座により異なる)
●取得労力(勉強時間):130時間
●難易度:★★

介護福祉士実務者研修

「介護職員初任者研修」の上位資格であり、介護福祉士になるにはこの研修を受けることが必須です。無資格・未経験から取得できるので、最初からこちらの資格を狙う方も多くいます。

何と言っても、研修を終えれば「サービス提供責任者」や「施設長候補」として認められるのが大きいところ。介護施設には「サービス提供責任者」が多数在籍するべきなので、働き口が圧倒的に充実しているのです。

介護福祉士実務者研修の取得ポイント

●平均的取得費用:2万円~(スクール・講座により異なる)
●取得労力(勉強時間):450時間(資格ゼロの場合)
●難易度:★★★★
 

飲食店勤務経験アリなら 調理師

「調理師」というと男性がメディアなどで活躍しているイメージですが、一流シェフ・料理人として世界に名をはせる女性調理師もたくさんいます。

「包丁を握らない日が続くと感覚を戻すのに苦労する」という体験談もあり、産休や育休とはかけ離れた職業かもしれません。しかし、実力があれば男女平等の世界。料理や食べることが好きな女性は、一生の仕事にしてみるのもよいでしょう。

「いつか家族が出来たらいっしょにお店を経営する」なんて夢を持つのも素敵ですね。料理人を目指すなら国家資格の「調理師免許」は取得必須。飲食店で2年以上働いたことがあれば学歴不問で受験できます。

調理師免許の取得ポイント

●平均的取得費用:受験料6,300円、教本3,500円、過去問題集1,600円
●取得労力(勉強時間):3ヶ月(200時間程度)
●難易度:★★
 

番外編:独立を目指すなら 通訳案内士

語学力に自信がある方には、外国人観光客に付き添って日本の観光地や文化を紹介する「通訳案内士」の資格もおすすめです。

この資格は通称「ガイド資格」。2020年に東京オリンピックの開催を控え、外国人が急増している日本国内でひそかに注目を集めています。

試験科目は英語をはじめ、中国語、韓国語、フランス語、スペイン語、ドイツ語、イタリア語、ポルトガル語、ロシア語、タイ語から選択可能。日本に関する地理や歴史の試験もあります。

通訳案内士の働き方

正社員や契約社員として企業に入ることができ、ゆくゆくはフリーランスで活躍することも可能。労働時間はツアーにより異なり、半日または1日単位で拘束されます。

まさに、時間の縛りがない独身女性こそ輝ける職業。また、外国語はまだ話せないけれど「旅行が好き」「日本の文化を世界に広めたい」という方も、努力次第で取得できる資格です。
 

まとめ

ひとりで生きる独身女性は、しっかり稼げる仕事に就かないと老後が心配です。今のうちに給与がなるべく高く、長く働ける仕事に転職しましょう。

すでに頼れるパートナーがいる既婚女性も、いつどんなトラブルに見舞われるか分からない! すぐに仕事を見つけられたり、一生食べるのに困らない資格を取得しておくことをおすすめします。

手に職をつけることは30代・40代でも全く遅くありません。また、現在フリーターで職歴がない方も、資格を取ることで正社員就職を叶えられます。

「惨めなおひとりさま」なんて世間に言わせないためにも、将来のために今やれることに全力でチャレンジしてみませんか?

女性向け 転職エージェント一覧

サイト名 サービス詳細 公式サイト
マイナビエージェント
女性転職の強い味方、マイナビ
年間200万人以上が利用する大手。女性が働きやすい・理解のある企業との太いパイプがあり、優良企業の求人が豊富。女性のライフプランに合った最善の選択をアドバイスしてくれます。女性向け特集ページやコラムも。
type転職エージェント
エージェントの手厚い対応、首都圏特化
年収アップに定評があるエージェント。女性の転職に強く、20代に力を入れています。求人は、首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)に限られ、サービス職・事務系求人を多く扱います。
アデコ
約半分が事務等のオフィスワーク
アデコは国内160拠点を持ち全国をカバー。約半分がオフィスワークとなっていて女性が転職で活用しやすいエージェント。一般事務~経理事務など求人数も業界トップクラスで、幅広い求人を取り扱っています。
リクルートエージェント
転職成功実績 No.1
リクルートグループだからできる業界トップクラスの求人数と非公開求人数。求人エリアも全国対応しており、業界・職種の知識に精通した頼れる専任アドバイザーがあなたの転職活動をフルサポート!あらゆる業界・職種に強いので女性転職の頼れる味方。
JAC Recruitment
女性のキャリアアップに強い
首都圏・関西に強みを持つJACリクルートメントは、企業の本社・中枢支店と太いパイプを持ち、キャリア志向の求人を豊富に扱います。年収600万以上、好条件の求人が多く、女性ならではの管理職求人なども豊富に取り揃えます。更に上を目指す女性におすすめ。
パソナキャリア
女性・事務職に強い
業界実績トップを誇るパソナキャリア。経理・財務・人事・総務などの管理部門専門の部署があり、女性の転職にも力を入れています。コンサルタントの質が高く、その人に寄りそったキャリアプランの提案が魅力です。中小企業に特に強い。
クリーデンス
ファッション・アパレル業界転職の雄
大手・デザイナーズ・外資系企業からの求人のご紹介やキャリアアップのご相談・面接対策まで、ファッション・人材業界出身のスタッフが無料であなたの転職支援を行います。

このページの先頭へ