託児所付き求人【見つける方法と職種まとめ】

託児所付き求人が多い企業 一覧

生命保険会社に託児所付き求人が多い理由

女性営業が多いことでも人気の生命保険会社。生命保険会社も託児所付きの職場が多く、育児と仕事を両立したい方におすすめです。

2014年11月には、保険会社が子会社を通じて保育所を運営できるようになり、子育てに奮闘する方たちにとって嬉しいニュースとなりました。

パソナキャリアでは、女性の転職支援に力を入れており、託児所を完備した生命保険会社の求人が充実しています。

生命保険会社は託児所付きが多い生命保険の契約をとってくる仕事はいわば営業職。時には苦労することもありますが、がんばった分だけ稼げることは間違いありません。

シングルマザーの方で託児所に預けながら働き、男性以上に稼いでいる女性が多いことでも有名ですね。

>> パソナキャリア

化粧品メーカー託児所付き求人が多い理由

女性が多数働いている企業では、社内に託児所を完備していることが多く、その一つに化粧品メーカーが挙げられます。

近年は、国内化粧品メーカーの最大手ともいえる「資生堂」が、全国の事業所内で保育所を運営すると発表し、話題になりました。

女性の転職サポートに長けているパソナキャリアでも、託児所付き化粧品メーカーの求人を豊富に取り扱っています。勤務時間帯や雇用形態などを指定できるので、仕事を探す上で徹底的にこだわれるのが嬉しいポイントです。

>> パソナキャリア

女性営業職に託児所付き求人が多い理由

女性営業職は託児所付き求人が豊富あらゆる業界・業種において営業職の求人数はとても多く、そのぶん託児所付きの職場も見つけやすくなっています。

マイナビエージェントは、大手人材サービスの「マイナビグループ」による転職エージェント。転職活動のプロと相談しながら仕事を探せるので、今まで「希望通りの職場が見つからない」「託児所が見つからない」と悪戦苦闘していた方は必見です。

非公開求人が多いのもマイナビエージェントの魅力。プロの力を借りれば案外あっさりと託児所付きの案件が見つかるかもしれませんよ。

>> マイナビエージェント

食品加工工場に託児所付き求人が多い理由

工場求人には託児所付きの案件が多数あり、中でも女性におすすめなのが「食品加工工場」での仕事です。

仕事内容は食品の加工や製造、工場内の清掃、検品、仕分けなどの軽作業・ライン作業がほとんど。未経験・主婦歓迎の求人が揃っているので思い立ったらいつでもスタートできます。

大手転職エージェントとして知られるリクルートエージェントは、「託児所付き」「保育所併設」といったキーワードで求人検索が可能。コンサルタントが紹介してくれるレアな非公開求人も見逃せません。

>> リクルートエージェント

工場系案件に託児所付き求人が多い理由

こども 笑顔 安心正社員やアルバイト・派遣といった雇用形態にかかわらず、託児所付きの職場を見つけやすいのが「工場」です。

工場の仕事は仕分けやピッキング、梱包などの軽作業から、生産加工、運搬、モノつくり系まで多種多様。従業員には共働きの夫婦も多いので、託児所を完備している工場が多いのです。

地味に穴場なのが在庫管理などの工場事務。一般的な事務職だと倍率は高くなりますが、工場事務は存在自体があまり知られておらず、知っている人はあえて選ぶくらい希少な案件だったりもします。

工場といっても色々あるため、イメージや先入観だけで判断するのはNG。清潔で設備が充実しており、安心して子どもを預けられる職場はたくさんあります。

工場系求人に強いテクノサービス働くナビでさっそく検索してみましょう。

>> 働くナビ

新聞やさんにが託児所付き求人が多い理由

新聞配達や集金など、いわゆる「新聞屋さん」の仕事も託児所付き求人が多いことをご存じでしょうか?

大手総合転職サイトの「リクナビネクスト」では、「サービス・販売・運輸系」の中に新聞配達・集金のカテゴリーがあり、求人情報を簡単に検索することができます。

新聞配達は深夜から早朝が勤務時間なので、小さい子どもがいる家庭は託児所に頼るほかありません。そのため、託児所を完備している職場が多いのです。無料の託児所付き求人が充実しているのも新聞屋さんのメリットです。

>> リクナビネクスト

病院・医療系に託児所付き求人が多い理由

看護師や医療事務などの病院も託児所併設のところもある看護師さんや医療事務に大好評なのが託児所完備の病院です。

リクナビネクストでは勤務地域や雇用形態に加えて、「託児所」「育児支援」などのキーワード指定検索が可能。仕事と育児を両立したい方に喜ばれています。

保育園などを利用する方もたくさんいますが、やはり同じ病院内に子どもがいた方が安心ですよね。看護師専門の求人サイトとリクナビネクストなどの大手求人サイトを併用することで、より好条件の仕事を見つけることができます。

ちなみに医療系は資格不要の職種もあるので、「未経験だけど託児所付きの病院で働きたい」という方も要チェックです。

>> リクナビネクスト

社内託児所とは?

社内託児所社内託児所とは企業が社内に設置している託児所のことで、区分としては「認可外保育園施設」となります。

出産を機に一度離職した場合、特に都市部では再度働きたいと思っても保育園は狭き門です。子供を預けて働きたいから申し込んでいるにもかかわらず「働いている実績がないと保育園に入れない」という矛盾も生まれており、そのニーズは高まるばかりです。

厚生労働省の調査では、件数的には社内託児所は増え続けていますが、地方の大手メーカーの工場や研究所など主に車で通勤できるところに設置されているのが現状で、2011年度末で1610件とニーズを満たすほどの件数ではありません。

 

社内託児所付きの求人を見つけるには?

社内託児所付きの求人は、数としては決して多くはありません。まずは女性向け転職サイトを利用して、女性の採用に積極的な企業をピックアップしておきましょう。

そして、正社員に限らず派遣やパート、アルバイトにまで選択肢を広げてみることも大切です。

派遣会社の中には託児所を運営している企業もあり、カリキュラムも充実しています。また、パートやアルバイトが多く活躍しているコールセンターなどには社内託児所完備のところもあり、働くママ仲間が増えるというメリットもあります。

また、転職エージェントに登録しておき、非公開求人の中から託児所付きの求人を紹介してもらう方法も。アドバイザーに相談しながら確実に探すことができます。

 

託児所付きの求人は絶対数が少ないです。

しかし、子供を育てながら働くにはとても魅力的な託児所・・・。

保育園に入れなかった場合はもちろん、保育園に入れる場合でも格安の料金無料のところも!)で利用できることが多いので、できれば託児所付きの求人を探したいものです。

しかし・・・何度も言いますが、託児所付きの企業は少ないです。そこで、ここでは効率的に託児所付きの会社を探す方法を、正社員・派遣に分けてお教えします。この2つでは作戦が異なります。

作戦が違うので注意!
①正社員に拘る場合・・・求人件数を確保

②派遣でもOKの場合・・・自前の保育園を持つ派遣会社を利用

 

絶対に正社員として再就職したい場合は、とにかく求人数をたくさん確保することが重要です。各転職サービスごとの「託児所」を含む求人情報数は下記のようになっています。

ハッキリ言って1サイト登録しただけでは、託児所付きの会社から内定をもらうことはできません。最低でも3つ以上、できれば全部登録して毎日チェックするくらいの気持ちは欲しいところです。

保育園に入れるかどうかわからない場合も、今の内から求人をチェックして良い求人を見つけて就職活動しておけば、そもそも保育園に入れる必要もなくなるかもしれません。

※転職サイトならば正社員の他、アルバイト、契約社員の求人も探すことができます。

 
託児所、時短、子育てママ応援の求人件数(2016.6.7時点)

子育てママにおすすめ、女性に様々なメリットがある仕事が見つかる、
女性が働きやすい職場が見つかる転職サイト一覧

サイト名 託児所 時短勤務 働くママ応援 特長 公式

リクナビネクスト公式サイトリクナビNEXT
37件 120件 599件 業界最大手!とにかく求人数が多い。女性向け求人◎ 詳細へ

女の転職@type女の転職@type
16件 284件 1,694件 女性特化の転職サイトだから、女性が拘りたい条件もバッチリ! 詳細へ

キャリコネ公式サイトキャリコネ
1377件 703件 1,670件 リアルなクチコミが掲載されているので、本当にこの条件で働けるの?と言った疑問を解決できます。 詳細へ

リブズキャリア公式サイトリブズキャリア
調査中 調査中 調査中 女性限定転職サービス。プライベートも大切にしたい人におすすめ 詳細へ

ピタジョブ公式サイトピタジョブ
7件 調査中 調査中 複数サイトの求人をこれ1つで探せる!働きやすい企業の求人が多いのも特徴で女性に好評。 詳細へ

はたらいく公式サイトはたらいく
2件 217件 1,860件 人柄重視だからミスマッチが少ない!女性が長く働ける仕事も豊富 詳細へ

とらばーゆ公式サイトとらばーゆ
41件 187件 1,696件 女性限定のサイトだから、男性には分からない女性ならではの条件にも対応 詳細へ

アットタイプ @type公式サイト@type
調査中 238件 1,515件 大手・人気企業の求人が多く働きやすい企業が多いと女性に評判のサイト 詳細へ

 

派遣会社の中には女性の育児と仕事の両立を支援している会社もあり、託児所や保育園を自前で持っている会社もあります。ここではそんな2社をご紹介。

パソナファミリー保育園「派遣と言えばパソナ」というくらい人材派遣業界では有名な同社ですが、自前で保育園を持っています。

パソナファミリー保育園」は東京の大手町にある企業内保育園。パソナのスタッフならば利用することが出来ます。

ただし定員もありますので、まずはWEBより登録して「託児所付き派遣登録会」に参加しましょう。

◇◆◇ パソナの人材派遣 公式サイト ◇◆◇

 

テンプスタッフ保育園 ピュア・テンプ

テンプスタッフは「ピュア・テンプ」という保育園を恵比寿、代々木、代々木上原の3か所に展開しています。

こちらもパソナ同様に定員がありますので、まずはスタッフ登録をして問い合わせてみましょう。

◇◆◇ テンプスタッフ 公式サイト ◇◆◇

 

どうしてもサイトをチェックしている時間がない!

そういう場合は、あなたの代わりに求人を探してくれる転職エージェントがおススメです。サイト同様、多くの求人を集めるには求人数の多いエージェントへの登録が必須。

求人数の多い大手エージェントにはリクルートエージェントマイナビエージェントアデコtype転職エージェント等があります。

女性に強い転職エージェントランキングも参考にして、最低でも2社は登録しておきましょう。

子育てママにおすすめ、女性に様々なメリットがある仕事が見つかる、
女性が働きやすい職場が見つかる転職さいとエージェント一覧

サイト名 サービス詳細 公式サイト

アデコアデコ公式サイト
女性転職といえばアデコ
アデコは国内160拠点を持ち全国をカバー。約半分がオフィスワークとなっていて女性が転職で活用しやすいエージェント。一般事務~経理事務など求人数も業界トップクラスで、幅広い求人を取り扱っています。
詳細へ

マイナビエージェントマイナビエージェント公式サイト
女性転職の強い味方、マイナビ
年間200万人以上が利用する大手。女性が働きやすい・理解のある企業との太いパイプがあり、優良企業の求人が豊富。女性のライフプランに合った最善の選択をアドバイスしてくれます。女性向け特集ページやコラムも。
詳細へ

リクルートエージェントリクルートエージェント
あらゆる仕事に強い!転職成功実績No.1
リクルートグループだからできる業界トップクラスの求人数と非公開求人数。求人エリアも全国対応しており、業界・職種の知識に精通した頼れる専任アドバイザーがあなたの転職活動をフルサポート!あらゆる業界・職種に強いので女性転職の頼れる味方。
詳細へ

type転職エージェントtype転職エージェント公式サイト
女性のキャリアアップに強い
年収アップに定評があるエージェント。女性の転職に強く、20代に力を入れています。求人は、首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)に限られ、サービス職・事務系求人を多く扱います。
詳細へ

JACリクルートメントJACリクルートメント
【経理・人事・総務】管理部門求人に強い
首都圏・関西に強みを持つJACリクルートメントは、企業の本社・中枢支店と太いパイプを持ち、キャリア志向の求人を豊富に扱います。年収600万以上、好条件の求人が多く、女性ならではの管理職求人なども豊富に取り揃えます。更に上を目指す女性におすすめ。
詳細へ

パソナキャリアパソナキャリア
女性・事務職に強い
業界実績トップを誇るパソナキャリア。経理・財務・人事・総務などの管理部門専門の部署があり、女性の転職にも力を入れています。コンサルタントの質が高く、その人に寄りそったキャリアプランの提案が魅力です。中小企業に特に強い。
詳細へ

クリーデンスクリーデンス
ファッション・アパレル業界転職の雄
大手・デザイナーズ・外資系企業からの求人のご紹介やキャリアアップのご相談・面接対策まで、ファッション・人材業界出身のスタッフが無料であなたの転職支援を行います。
詳細へ

 

社内託児所のメリット・デメリットは?

社内託児所のメリットは、何といっても職場内で子供を見てもらっているという安心感。

職場に連れていくことになるので送り迎えの時間的ロスもなく、結果的に親がゆとりを持って働けるという点が挙げられます。また、福利厚生の一環として運営されているため金額も安く、なかには会社が保育料を負担してくれるところもあります。

デメリットとしては、電車通勤の場合、子供を抱えてラッシュ時の電車で通わなければいけない点が挙げられます。また、ほとんどの場合園庭がないので、年長児には物足りないという問題も。また、当然ながら定員があるのでいっぱいなら入れません。まずはその託児所の実態をよく調べてから応募を考えましょう。

いずれにせよ、社内託児所があることを絶対条件にして転職先を選ぶと選択肢がかなり狭くなってしまうため、得策とはいえません。夫の会社の託児所を利用する手もあります。

 

託児所付き求人を見つける方法 まとめ

社内託児所付きの職場は現時点では数少ないのが現状です。正社員だけにこだわらず派遣やパートまで選択肢を広げて女性の採用に積極的な企業への転職を考えましょう。

■ 女性の転職エージェント活用法はこちら→

 
 

>> 診断スタート!

 
藤井佐和子 女性のためのライフワークバランス講座

 

女性転職 鉄板ガイド






未経験から事務職に転職する方法

女性転職エージェント

このページの先頭へ