東京で正社員を目指す際に押さえておきたい3つのポイント

東京で正社員を目指す方法

東京で正社員を目指すことは難しい?

東京正社員募集は、国の経済政策の一定の効果と2020年の東京オリンピック開催の影響などで、増加傾向にあります。しかしその分、仕事を探している人も多いわけで、「いかに自分を高く買ってくれる会社をみつけることができるか」が成功する転職活動のカギです。

外資系を目指すなら関連語学の資格取得や事務系を目指すならビジネスマナーのや簿記の資格など、努力の成果があると例え未経験の転職でも採用の可能性は広がります。

思い立ったらすぐに転職活動を始めるのではなく、転職したい業界の将来性も良く調べ自分が何を出来るのかを冷静に考えることが大切です。

 

東京で正社員になるための3つの方法

①非正規雇用から正社員を目指す

企業にとって正社員を一人雇うという事は、大きなリスクを抱えることでもあります。その分会社の将来的な利益が見込めなければ雇用する意味はないし、一度正社員として雇ったら、入社後その人に適性が見られなかったり会社の業績が悪くなったりしても簡単に解雇するわけにも行かないからです。そのような事情を背景に、最近パートやアルバイト・契約社員などの非正規雇用者に対し正社員登用制度を取っている会社が増えてきました。

似たような制度に派遣会社による「紹介予定派遣」があります。これは、派遣先に直接雇用されることを前提に数か月の期間派遣社員として勤務し、派遣期間終了時に派遣先企業と本人の合意があれば社員として採用される制度。数か月の期間の間に仕事・会社と自分の相性を見極められるので、働くにとっても大きなメリットがあります。

■ 82%が派遣から正社員になった方法→

 

②転職フェアや転職イベントを活用しよう

電車の車内広告などでよく見かける「転職フェア」は、大手転職エージェント主催で取り扱い求人数も多く、有名企業・上場企業も数多く参加しています。

一般的な開催スタイルは、大きなコンベンションセンターのような会場に各企業がブースを設け、求職者は興味のある所を回るようになっています。その際、webでの事前登録やエントリーシートを記入しておくとをスムースに会場入り出来ます。企業によっては一対一の面接をするところもあるので、就活にふさわしい服装での参加がいいでしょう。

各地のハローワークでも、転職・就職フェアや転職イベントなどを開催しています。年齢や希望職種に絞り込んで開催している所もあり、就職面接会や地域によっては開かれている「出張ハローワーク」も好評です。

 

③転職エージェントを利用する

上京しての転職を希望しているが、不安や心配なことが多い・・・という場合なら、やはりハローワークより転職エージェントの利用が便利です。

東京に土地勘がなく、不安な時も経験豊かな専任スタッフがいるから心強さが違います。転職エージェントのスタッフさん自体転職経験がある人が多いので、実体験に基づいたアドバイスがもらえるのも大きなメリット。

Doda、type、マイナビなどの大手の転職エージェントなら、ハローワークではなかなか見つけられない大手企業や上場企業・外資系など、幅広く職種が集まっています。

 

東京で正社員を目指す

①女性編

女性が東京で正社員を目指す場合、その職場・会社であなたの将来的なライフプランが実現可能かをシュミレーションすることが必要です。結婚・出産・育児・介護等に関する福利厚生面が整っていないと、せっかく正社員として転職できてもその仕事を続けることは難しくなってくるからです。

特に以前よりは解消されてきたと言っても、人気の区内では保育園不足が続いています。保育園の空き状況や兄弟で同じ園に預けられるかなど、いわゆる「保活」(保育園活動=産休・育休明けに子供を預ける保育園を探す一連の活動)も視野に入れた上で、まずは自分が正社員として働く条件をはっきりさせましょう。

「まだ子供は考えていない」「子どもはもう大きいから私には関係ない」と言う方もいるかもしれませんが、このような制度の有無は企業が本気で女性を活用する気があるのかを見極める目安にもなります。

 

②未経験

東京で未経験で正社員を目指す場合、やはり年齢的に若いほうが有利です。未経験者を採用するという事はこれから会社が時間とお金をかけて教育していくという事で、それを回収するには長く働いてもらわないと意味がないからです。気を付けたいこととしては、「未経験でも可」という仕事の中では、一部ですが一時的には高収入が可能でも技術やノウハウの蓄積ができない職種・会社も見受けられることです。

目先の待遇の良さやおいしい話に惑わされず、「未経験の自分がこの会社に入るとどんな風にスキルアップできるのか。」を冷静に考えながら、職種・会社を判断するようにしましょう。

 

③20代編

大卒で就職した3割が3年以内に転職するというデータが語るように、20代は転職希望者は多く第二新卒を積極的に採用する企業も多種多岐に渡ります。一度地元である地方へ帰って東京に戻ってきて転職を目指す人も少なくありません。

20代なら未経験の仕事でも十分チャンスはあるので、自分のハードルを設けずチャレンジすることも必要。仕事に役立つ資格や免許も、若いうちの取得が有利です。選択肢がたくさんある30才前に正社員としての仕事につき、生活の足場を固めたほうがその後の結婚などのライフイベントもスムースに運びます。

 

④30代編

企業が30代の転職者に求められるのは、即戦力。その人を採用することで会社としてはどんなメリットがあるかをシビアに見極めているわけで、やる気と明るさだけではアピールできません。

全くの未経験の職種なら「上京して正社員を目指す」という事に対し、よほど説得力がある理由がないと内定を勝ち取ることは難しいかもしれません。逆に、しっかりした実績や業務に必要な高度な資格を持っていれば、管理職候補としても大きなアピールポイントになります。

 

⑤40代以上

上京して東京で正社員を目指すとなると、未経験分野だと40代以上はなかなか難しいかもしれません。「年齢不問」と書かれていても実際は若い方が有利な場合が多くあります。東京なら40代以上の人を対象にした転職サイトや転職フェアも多いので、登録しておくといいでしょう。

これまでの実績も大切ですが年齢的に自分より年下の上司につく可能性が高いので、フレキシブルな人間関係を作れる対人スキルが必要です。少子化に伴い健康な高齢者を活用していく方針は国の施策でもあり、今後はシニア層の就職先の選択が広がる可能性は出てきています。

 

まとめ

東京で転職して正社員を目指す場合は、年齢・性別など属性ごとにマッチした対策が重要です。

これまで多くの人間を転職成功に導いた転職エージェントであれば、必ずあなたの属性にピッタリのアドバイスをくれます。慣れない地での就職活動を成功させるためにも、最低1社は登録しておきましょう。

■ 東京転職エージェント活用法はこちら→

 

東京転職エージェント一覧

運営会社 サービス詳細 まとめページ
マイナビエージェント
関東の転職と言えばマイナビ
首都圏・関西圏に特化しており、優良企業の求人が豊富。面談で上京できない場合は、電話面談も可能。リクルートとあわせて、東京転職には欠かせない転職エージェントです!
リクルートエージェント
東京転職におすすめ №1エージェント
全国に拠点がある最大手エージェントなので、地方在住でも地元で転職相談できるのが何よりの強み!もちろん東京の求人数も他社に比べて圧倒的に多いので、必ず登録しておきたい転職エージェントです。
アデコ
全国対応可なので、上京転職に◎
アデコは日本全国に160拠点を持っているので、どこに住んでいても相談出来る強みがあります。求人数も豊富で、キャリアコンサルタントもかなり親身にサポートしてくれるので、登録しておいて損はありません。
ハタラクティブ
20代向けの首都圏就職支援
20代の既卒・フリーターならハタラクティブ。20代なら社会人経験がなくてもOK! 登録後に担当者から連絡がありますので、東京で就職したい事を伝えましょう。首都圏中心の求人を扱っており面談場所は渋谷です。
アクロビジョン
アクロビジョン 上京
上京転職の味方
東京を目指すあなたを応援するアクロビジョンは、応募→面接までのスピーディーな対応が自慢。上京しないでできるスカイプ面接や、交通費一部支給等金銭的負担を軽くすることに腐心。日本全国から応募可能。取扱い職種は営業・IT、web系等々。
JAC Recruitment
レベルアップを考えた上京ならJAC
本社が集まる都内には、国内外の企業が集まりますが、JACでは大手や外資系企業をはじめとした東京の企業と太いパイプを持ちます。高年収・好条件を取り揃え、管理部門の経理・人事・総務、金融・メーカー・IT系など幅広い職種に対応しています。

 

東京転職エージェント 鉄板ガイド

東京転職 鉄板ガイド
上京して転職するために必要な5つのこと
東京で転職したら、いくらお金かかるの?
東京の転職にハローワークの活用はアリ?

東京転職エージェント

このページの先頭へ