第7回 面接対策(良く聞かれる質問など)

初めての転職 成功講座

面接でよく聞かれる質問とは

前回の復習はこちら

 
転職活動でよく聞かれる質問は、
1.転職理由
2.経験・経歴
です。

それぞれについて、よくある失敗と、成功のポイントをお話ししていきます。
 

転職理由の大きな誤解

わたしは、転職したい人のキャリアコンサルティングと、採用したい企業やお店の面接の両方をしています。

転職したい理由は、非常によく聞かれる質問ですが、転職したい人側の「誤解」によって、受かる面接に落ちてしまう人が多いことを残念に思っています。

【転職したい理由に関する、誤解】

誤解①転職理由は、キャリアアップがいい
誤解②離職期間が空いている人は、親の介護か、資格取得と言うべし
誤解③ネガティブなことを言ってはダメ

 
それぞれ解説していきましょう。
 

「転職理由は、キャリアアップがいい」のウソ

ある企業では、「キャリアアップしたい」という人は、不採用にしています。

その企業では、各人で仕事の役割と範囲が決まっており、ひとりひとりが、自分の仕事を全うしなければなりません。

ですから、キャリアアップしたいと思っても、隣の人と仕事を交換するくらいしか、変化がないのです。

たとえば、「営業事務」→「経理」「○業界向け営業」→「△業界向け営業」。しかも、そんなに難易度は高くありません(お給料はいいので、人気求人です)。

社長は「当社では、いろんなことにチャレンジしたり、どんどんレベルの高い仕事をしたい人に、道を用意できないので」と言っていました。

つまり、「転職理由はキャリアップがいい!」は、ウソ。
キャリアアップしたいという気持ちが本当ならば、いいのです。キャリアアップできない職場から、不採用にしてもらえるのですから。

しかし、自分にできる仕事を、のんびり続けていきたい人が、ウソをついて、希望どおりの会社から不採用にされるとしたら、これほど残念なことはありません。
 

「離職期間が空いている人は、親の介護か、資格取得と言うべし」のウソ

ウソをついて、介護・資格取得のために離職していたと言う人が増えています。面接に慣れている企業では、だいたいばれます。

たとえば離職期間が1年間なるのに、2~3か月で取れる資格を取っていても納得感はありません。

「英語の勉強をしていた」と言っても、それなりの力がついていないと、「他の時間は何をしていたのだ?」と疑問に思われます。

在職のまま勉強している人もいるので、転職理由としては説得力が弱いです。

そもそも「辞めてまで学ぼうと思った」動機を語れる人はあまりいませんし、「辞めてまで取った資格を、活かさないでいい」と言われても解せません。

ウソは見破られるので注意!介護は、「辞めなければならないほどの状態であったのか(症状や家庭環境など)」「休職が許されなかったのか」「就職しても、また介護で辞めることになるのではないか」といった様々な疑問や不安をクリアしなければなりません。

いずれも、本当のことならば語れるでしょうが、ウソで納得させるのは、困難です。
 

「ネガティブなことを言ってはダメ」のウソ

「会社が粉飾決算をしている」から辞めたのだけど、粉飾決算なんて、めちゃめちゃネガティブなこと言ってはだめですよね? 転職理由をどう説明したものか……」とご相談がありました。

言っていいです。いえ、言ってください。

面接官は、「なぜ辞めたの?」「なぜ、転職したいの?」に、納得いく回答がほしいのです。

何の不満もなく会社を辞めたいとは思いませんよね? 

前職(現職)の不満を聞くことで、あなたが入社して、不満なく働いてもらえるか、相性のすりあわせをしているのです。

「会社が粉飾決算をしている」からと聞けば、「あ~、そりゃ嫌だねえ」と納得する面接官が多いでしょう。

もちろん中には、「会社が粉飾決算をしているくらいで辞めるなんて、甘い!」と言う面接官もいるでしょうし、「それを是正する努力はしなかったのか?」と考える面接官もいるでしょう。その場合は、落とされます。

それは、落とされていいのです。
自分にはあわないということですから、ちょうどいいフィルタリングになります。

そうすると、「前の会社の悪口を言うのは、ダメって聞きました」と不安になる人もいます。

面接では、悪口、恨み、つらみ、怨念は、言わないほうがいいですね。そういう人、怖くて採用できませんから。

しかし、冷静に事実を言うのは、「理由」であって、「悪口」ではありません。

ほかにも、ご相談者が、ネガティブだと思い込んでいて、転職理由に言えなかったことには、このようなものがあります。

  • 給与の不払い
  • 社長が高齢で、かつ、後継者の能力が不安のため
  • 隣の部署の部長が、部下に怒鳴っている。その罵声を聞くのがいや
  • 残業が多すぎて、身体を壊した

 

など。

すべて言っても大丈夫ですよ。
本当の理由を隠しても、ウソをついても、面接官は納得できないので、突っ込まれます。

本当の理由を言ったことが原因で落とされたなら、それはとても良いことです。嫌な会社に入らなくてすむのですから。

悪口、恨み、つらみ、怨念にならないように、心の整理は、必須です。しかし、転職理由は、応募先があなたとあっているかを見極める重要な要素です。本音を伝えましょう。

転職理由の言い方

本当のことを……といっても、言いたくない心の傷もあるかもしれません。

そのような場合は、ありのままの事実の中から、言えることを言ったら良いのです。

特に、前職で不満に思う事柄の中で、転職後に解消したい内容は、必ず伝えましょう。入社してみたら、希望とまったく違ったというリスクが減ります。

緊張した面接で、気持ちや事実を整理して話す自信がない人は、職務経歴書に書くのがおすすめです。
 

経験業務

転職活動の面接は、職務経歴書をもとに進められるのが一般的です。
何をしてきて、何ができるのかを問われます。

質問のままに答えていては、同じ業界の、経験職種にしか転職できません。

あなたの経験業務を細かく分類して、下の表にあてはめ、何をアピールするか決めてください。

水色の部分が、アピールするにふさわしい部分です。
 
 解説・希望業務をどうアピール?
水色部分の業務、
転職の利点を求めるなら、ここを希望業務として強調
緑色は経験業務、
ここだけをアピールしても、転職しても何も変わらない。
年収は下がる傾向。
黄色は未経験業務、
熱意で採用されることもあるが
「思っていたのと違った」と再転職しがちに。
 

面接官は、将来の仲間・上司

どんなに緻密に準備しても、面接に受からない人は、共通した価値観を持っています。

それは、「面接官は敵」で、面接は、だましあい、ばかしあい、かけひきと思っていることです。

「面接官は、ひっかけ質問で、本音を引き出そうとするから、注意していなくては」などと言う人も、同じです。

もしあなたが、このように思っていたら、その考えは捨ててください。

面接官は、将来の仲間であり、上司になるかもしれない人です。

決して、「敵」ではありません。あなたが敵だと思っている限り、相手は、「働く仲間」として見てはくれないでしょう。

さあ、心構えができたら、面接=未来の仲間探しにいってらっしゃい。

あなたは、仲間として選ばれるだけではなく、あなたのほうも、相手があなたの仲間としてふさわしいか、あなたが所属したい場所かを見極めるんですよ。

>> 第8回 転職先を見極める方法 へ続く

 

講師プロフィール

  • 梅田幸子 著者写真
  • 梅田 幸子(うめだ さちこ)
  • 天職コンサルタント

  • 実績、経歴

    大学卒業後、東証一部上場企業からベンチャー企業まで3社にて採用・育成を中心に人事全般を担当。個人のキャリアを継続的にサポートしたいと2005年に独立。

  • 4000人以上の面接をしてきた経験を元に、個人に対する丁寧なキャリアコンサルティングや、キャリア講座の講師を行っている。
    また、企業からの依頼で、面接や採用支援、研修講師として、その会社にマッチした人材を選ぶサポートをしているので、企業側の本音をふまえたアドバイスに定評がある。

  • 運営サイト

    採用・研修・育成のサポート&コンサルティングの梅田幸子
    http://with-c.net/


    著書

  • はじめての転職100問100答
  • あなたの天職がわかる最強の自己分析
  • だから内定をのがす!もったいないカン違い45
  • 「就活」成功の秘訣


 

初めての転職 成功講座


 

あわせて読みたい 関連記事

このページの先頭へ