ITエンジニア派遣は正社員になるべき?

ITエンジニア派遣は正社員になるべき?

ITエンジニア、正社員と派遣の違いって?

■ 正社員になる! 派遣会社19社比較 →

正社員と派遣の違いとは?経済産業省産業構造審議会情報経済分科会の人材育成WGの報告書の中で、これからの社会には新たなビジネスをデザインする「次世代高度IT人材」が必要と提言され、今再びITエンジニアに注目が集まっています。

ITエンジニアというと正社員よりも派遣で働く方が多いのですが、派遣法の改正があり長期にわたっての派遣ができない方向へ政策がとられ始め、今後は正社員が増えると予想されています。

正社員のITエンジニアの場合、残業代込の給料体系のところも多く時給に換算すると派遣で働くほうが給料が高くなる逆転現象が多くみられます。納期に余裕がない仕事を発注されることも多く、仕事に対する責任と収入のバランスが問題になっています。

派遣のITエンジニアの場合、仕事内容は正社員の下について補佐的な仕事になることが多いようですが「35歳定年説」がささやかれることからもわかるように、ある年齢以上になると専門知識を要する技術的な面からも仕事をこなしていくのが難しくなるようです。

一体どちらが良いのでしょうか?
派遣、正社員に分けて詳しく見ていきましょう。

 

年収(給料)の違い

正社員の場合

ITエンジニアと一口に言っても、SE・プログラマー・データベースエンジニアにネットワークエンジニアなど分野によって年収は大きく違います。

ある調査によると、ITエンジニアの平均年収は500万円前後。中でもセールスエンジニアやネットワークエンジニアの収入は一般的に高い傾向にあるようです。

毎月の基本給に各種手当や残業代が上乗せされ支給されるのは、他の業種と変わりません。ただし、この業界の特性として一部の会社の中には長時間残業が当たり前になっているところもあるので、入社前には念入りにリサーチすることが不可欠です。

一般的な企業であれば、定期的な昇給も期待できます。正社員にとって何よりのモチベーションになるボーナスは、査定の有無や評価内容などが企業により大きく違います。

 

派遣の場合

派遣の場合は時間給で支払われるのが基本で、時給2000円以上の求人も普通にあります。キャリアによって時給は変わりますが、派遣先の業績に関わらずベースアップはなかなか難しいようです。

通勤手当など各種手当も無いところが殆どですが、残業代はきちんと発生するので正社員より給料が多くなることも珍しくありません。優秀なエンジニアともなると、年収1000万円近くを稼ぐ人もいるようですが、正社員に比べ雇用が不安定なのでその金額を長年キープするのは難しいと言えます。

一般的には時給2000円から2300円前後で、月額にすると35万から40万円ほど。年収400万から450万円が目安のようです。

 

待遇面の違い

正社員の場合

待遇がこんなにも違うんだー正社員の生活を支える福利厚生には大きく二つの側面があります。

一つは「休暇面」一般的な有休休暇のほかに、産休・育休・介護休など目的に応じた休暇制度を設けているところが増えてきています。勤続年数によって10日前後のリフレッシュ休暇を取れる企業も多くあります。

福利厚生のもう一つの側面は「収入面」多くの会社が自社株購入や社内積み立て・財形貯蓄などに会社で利子補給や奨励金等を出しています。中でも定年時に受け取れる退職金は正社員にとって最大のメリットと言えます。

 

派遣の場合

ある一定の就業期間を経過すると有給休暇が付く場合がほとんどで、それ以上の休みとなると欠勤扱いでその分の給与は出ないことになります。

健康保険・厚生年金・国民年金については、ケースバイケースなので都度問い合わせが必要になります。特に年金は、遡って支払いができる期間に限りがあるのでなるべく未払い期間ができないように注意しましょう。

派遣の場合、正社員なら当たり前の通勤費が出ないことも珍しくありません。

 

仕事内容の違い

正社員の場合

どんな業界・職種もそうですが、正社員で仕事をするという事はその会社の看板を背負うということ。会社の信頼と仕事内容に対する大きな責任感があります。

個人の業務の精度を上げつつ、中堅・ベテランと経験を積むうち管理職として部下の育成も重要な仕事になってきます。また、人材育成や設備投資等を通し新しいスキルや様々な分野の仕事にチャレンジできるメリットもあります。チームのまとめ役として大きな責任も発生すると同時に、やりがいがある仕事に挑戦できるチャンスも多いのが正社員です。

 

派遣の場合

派遣された企業の正社員のサブ的な役割になることが多いようです。任される業務内容にもよりますが、責任者との意志の疎通と意見のすり合わせが必要です。

それまで正社員が担ってきた業務を引き継ぐ事も多く、仕事を円滑に進めるうえでコミュニケーションスキルが重要になってきます。自分より年齢が下の正社員が上司になることも珍しくないので柔軟な思考が必要です。

長期にわたる雇用が保証されているわけではないので、ルーチンワークを担当することも多くなります。

 

労働環境の違い

正社員の場合

正社員の場合、ある一定以上の年齢になると残業時間込の基本給という給与システムを取るところがあります。一部の企業の中には長時間残業が恒常化し、ブラック企業と呼ばれているところもあるようです。

高い専門性と集中力が求められるITエンジニアは、ストレスや激務によるうつ病などのメンタル疾患で悩む人も多いので、転職を考えるなら転職サイト・人材紹介サイトなどプロの手を借りて労働環境をきちんとリサーチしましょう。

 

派遣の場合

派遣社員として働く場合、勤務時間は正社員に準じるという所が多く、派遣先に常駐の場合がほとんどです。残業代は時間給で計算され問題なく支払われることがほとんどですが、実際の仕事がスタートする前に残業時間の有無や労働時間などはきちんと確認を取りましょう。

「言った」「言わない」のトラブル防止のため、その際派遣元の会社・派遣先と3者間で情報を共有することをお勧めします。

まとめ 結局、ITエンジニア派遣 or 正社員?

人材派遣会社から正社員を目指そう!労働者派遣法の改正で、それまでは「26業種」としてソフトウエア開発などを担うITエンジニアに認められていた3年以上の受け入れが出来なくなりました。それをふまえた今年の9月の改正労働者派遣法の施工で派遣労働者のキャリア育成をバックアップ教育訓練の実施が各派遣会社に義務付けられました。

つまり、国の政策としても不安定な雇用状態での就労より「正社員」としての就労環境を整える方向で動いている所です。今後ITエンジニア業界では人材不足が続くとみられており、求職者に有利な条件で転職しやすい今こそ、人材派遣会社を利用した「正社員」への転職活動をスタートする絶好のチャンスです。

 

紹介予定派遣 鉄板ガイド

紹介予定派遣 鉄板ガイド
派遣社員から正社員になる3つの方法
30代の派遣社員が正社員になる4つの方法
派遣会社登録前に知っておいてほしいこと
紹介予定派遣で正社員になるコツ
事務だけじゃない!おすすめの紹介予定派遣
未経験OKの紹介予定派遣とは?
大手企業の正社員になれる紹介予定派遣会社はどこ?
エリア別!紹介予定派遣に強い派遣会社まとめ
派遣会社選びに迷ったら

派遣会社 一覧表

このページの先頭へ