未経験から医療事務になる方法

未経験で飛び込む医療事務の世界

未経験でも医療事務になれるの?

地元で医療事務の仕事がしたい!今回ご紹介するのは、未経験で医療事務の仕事に就きたい女性に読んでいただきたい情報です。

大手病院をはじめ、個人病院での募集も多く、人々と直にふれあうことでやりがいを感じられ、社会にも貢献できる医療事務は人気の職業の一つです。

未経験でも採用されるチャンスは十分ありますが、就職後のイメージを明確にしておかないと理想とのギャップに苦しむことになってしまうかも……!?

まずは医療事務の仕事内容をしっかりと理解して、転職を成功させるための対策と活動をしていきましょう。

医療事務の仕事内容を理解しよう

受付・案内

医療機関に訪れた患者と最初に顔を合わせるのが受付の担当者です。受付の対応によって病院に対する印象が決まると言っても過言ではないため、とても重要な業務です。

初診であれば、診療申込書の記入と保険証の提示をお願いし、カルテ等を作成します。再診の場合は保険証を確認してカルテを準備します。

患者を診察室に直接案内することもあるので、臨機応変な対応が要求されます。

カルテ作成

「カルテ」とは、患者の病状・処置・経過をはじめ、保険証の内容などが記載されている大切な書類・電子データのこと。

医師が記載する病状以外の基本情報、たとえば患者の名前や住所、生年月日などは医療事務のスタッフが入力・管理しています。

レセコン業務

「レセコン」とは、レセプト(診療報酬明細書)を作成するレセプトコンピュータの略称のこと。医療事務スタッフは、レセコンを使用して毎日の業務を行います。

レセプトには患者の個人情報だけでなく、検査・処置、投薬、リハビリなど患者が受けた診療について、各医療機関が付けた点数が記載されています。

医療機関はこの点数を合算し、各保険者に医療費を請求するのです。レセプト業務は、データ作成・点検の正確性が求められる最重要ポイントと考えてよいでしょう。

会計

患者の診察が終わったあとは、診療内容に応じて必要な点数を計算し、患者負担分の会計を行います。そして、月末に全患者のレセプトをまとめて各保険者に医療費を請求するシステムとなっています。

大規模病院の会計業務は、医療事務員ではなく外部から派遣されたスタッフが受け持っているケースもあります。

どんな人に向いてるの?

これらの業務を担当する医療事務は、患者さんや医師と関わり合うことが多く、コミュニケーション能力が低い方には向いていないでしょう。反対に、元々接客業をしていて笑顔に自信があり、人の機敏が分かるという方にはぴったりの仕事です。

また、ほとんどの医療機関がパソコンでカルテやレセプトを管理しているため、PCスキルがゼロでは仕事になりません。始めの内から難しい作業を任されるわけではありませんが、基本的な入力作業には慣れておくべきでしょう。
 

医療事務の資格を取得することに意味はある?

医療事務には資格があり、各講座では「資格があれば就職に有利!」というフレーズも多く見られます。
しかし、実際には資格がなくても医療事務の仕事に就くことは可能です。

主要な資格試験の特徴を挙げてみましょう。

医科 医療事務管理士(R)技能認定試験

JSMA(技能認定振興協会)が実施している技能検定。医療制度・医学一般・保険請求事務などの知識が求められる資格であり、なんといっても最大の特徴はレセプト作成の実技試験があること!

ユーキャンなどの講座を修了すれば在宅受験も可能なため、在職中でもじっくり勉強してから挑戦できる人気の資格です。

医科の受験料は税込6,700円。試験日は奇数月の第4土曜日(年6回)と多く、今すぐ医療事務になりたいという方の第1段階としては最もおすすめです。

医療事務技能審査試験(メディカルクラーク(R))

(財)日本医療教育財団が主催する全国統一試験であり、月に1回実施されています。1級・2級が設定されており、学科はもちろんコミュニケーション(医事課患者応対)などの実技科目もあります。

未経験者でも通信教育などを受講すれば受験資格を満たせるため、受験者は毎年約5万人と大変な人気と知名度を誇っています。

受験資格が要ることから医療機関からの信頼度は厚く、取得して損はない資格と言えるでしょう。

診療報酬請求事務能力認定試験

医療事務関連に国家資格はありませんが、これが唯一の国家認定資格となっています。医療保険・介護保険制度をはじめ、診療報酬や医学知識などの幅広い知識がないと試験に合格できません。

独学でも知識さえあれば受験は可能です。受験料は税込7,500円。受験科目は医科と歯科に分かれており、年2回の試験日が設けられています。

医科の合格率は30%前後と医療事務資格の中では最難関です。採用面接では大きな武器となる資格の一つですが、他の資格を取得しつつ「診療報酬請求事務能力認定試験」を最終目標とするのが無難でしょう。

市販の書籍での独学も可能ですが、独学は孤独でモチベーションも下がってしまうという方には通学講座がおススメです。

唯一の国家資格「診療報酬請求事務能力認定試験」が目指せる通信講座
医療事務

 

資格があれば有利だけど……

医療事務の資格は10種類以上!医療事務の資格はこの他にもなんと10種類以上存在し、簡単な資格なら1~2ヶ月程度の勉強で取得できます。そのため、資格の内容によってはそれほど重視されないというのが現状です。

「未経験・資格なし」よりは「未経験・資格あり」のほうが有利ですし、資格取得のための勉強は無意味ではありません。ただし、「資格があれば必ず就職できる」という甘い考えは禁物。

資格を持っていようと常に勉強が必要な職業であるため、求職者の人柄や清潔感、意気込みなどの面が大きな判断要素となってきます。
 

未経験から医療事務、転職活動のポイントは?

未経験で医療事務の仕事に就いた人にはいくつかのパターンがあります。

アルバイト・派遣スタッフとして医療事務の仕事をしながら正社員雇用を目指した人、資格を取得してから本格的に転職活動を始めた人などの他、資格を取得せずに内定を勝ち取った幸運な人もいます。

つまり、資格の有無だけにこだわっていてはいつまで経っても就職できないということ。資格があるに越したことはありませんが、面接での振る舞いなどで医療事務という仕事に対する熱意をアピールすることが大切だと言えます。

コミュニケーションスキルで面接突破!

医療現場で働くからには、清潔感を意識するのはもちろん、明るい表情や落ち着いた話し方をすることで相手に好印象を与えられます。

コミュニケーションスキルも要チェックポイント。面接官は回答内容よりも、質問をしっかりと聞いて的確な受け答えが出来る人物かどうかを見ています。返答がしどろもどろだったり、的外れな回答をする人では受付で患者さんを迎えられませんよね。

面接での対話や自己PRが苦手な方は、転職エージェントなどの面接対策サービスを活用して念入りなシミュレーションをしておくと安心でしょう。

転職エージェント、転職サイトを活用!

転職エージェントの魅力って…?面接対策サービスを利用することをおすすめしましたが、転職エージェントは履歴書や志望動機を見直す際にも良いアドバイザーとなってくれます。

せっかく利用するならば、医療事務への未経験転職の成功例が多いサービスに登録したいところ。次の項目では、私天職セイコがピックアップしたおすすめの転職エージェント、転職サイトをご紹介します!
 

お勧めの転職エージェントは?

アデコ


アデコというと派遣社員のイメージがあるかもしれませんが、人材紹介サービスも手掛けています。

中でも医療事務をはじめとした女性向けの事務職求人が充実しています。派遣も転職も対応しているので、

「不安だから最初は派遣から経験を積みたい」
「紹介予定派遣制度を利用して、派遣から正社員を目指したい」

そんな希望にも応えてくれます。

■ アデコの詳細はこちら →

 

リクルートエージェント


リクルートエージェントは言わずと知れた転職エージェントの最大手。

あらゆる業界、職種の求人を抱えており、その数非公開求人だけでも9万件以上!もちろん医療事務の案件も数多く持っています。

リクルートエージェントのキャリアアドバイザーは女性が多いので、その点も安心して利用することができますね。利用期間終了後も、再登録が可能なので、粘り強く活動したい人には最適のエージェントです。

■ リクルートの詳細はこちら →

 

パソナキャリア


パソナキャリアもアデコ同様、派遣会社のイメージが強いかもしれませんが、人材紹介サービスも展開しています。

中小企業に強いので、医療機関の求人が豊富にあります。担当者が企業の役員に直接職場のことを確認しているので、現場の生の情報を提供してもらえます。入社後のギャップも少なく、安心できます。

■ パソナキャリアの詳細はこちら →

 

リクナビネクスト


転職活動の登竜門とも言える大手転職サイトです。30代~40代以上の転職成功者も多いため、年齢を気にせずに医療事務の就職先を探すことができます。

他の転職エージェントへの同時登録機能にチェックすると、リクルートと提携しているサービスからも求人を紹介してもらえます。ちなみに、リクナビネクスト独占の求人は全体の87%! 登録しないだけでかなり損な状況となってしまいます。

■ リクナビネクストの詳細はこちら →


 

まとめ

医療事務に資格は必須ではなく、未経験でも採用されるチャンスは十分あります。

しかし、医療事務の仕事内容を理解して、就職後のイメージを明確にしておかないと理想とのギャップに苦しむ結果になってしまうでしょう。

無事に転職を果たすためには、面接訓練が重要なポイントとなります。

医療現場で働くからには清潔感がないといけません。明るい表情や落ち着いた話し方を心掛けて、相手に好印象を与えられるようにしましょう。

転職エージェントの面接対策サービスを活用して、コミュニケーションスキルを磨くのもおすすめ。先ほどご紹介した転職エージェントはどれも信頼できるサービスです。

転職のプロ・業界のプロによるサポートを得て、効率的で未来の明るい転職活動をしてくださいね!

 

異業種・未経験転職 鉄板ガイド

異業種・未経験転職 鉄板ガイド
異業種・未経験転職はいばら道?
異業界への転職パターンを分析
転職しやすい異業種をご紹介!
未経験OKの求人が多い業界は?
転職は志望動機と自己PRで勝負
未経験から事務職に転職する方法
会社を支える経理事務職の座!
IT未経験でも転職する方法とは?
憧れのWebデザイナーへの道!
未経験から目指すプログラマー!

このページの先頭へ