異業種・未経験転職における志望動機、自己PRの考え方

転職は志望動機と自己PRで勝負

未経験転職の成功にはテクニックが必要!

普通の転職活動ではダメ!?転職には、同じ職種から業種を変えて経験を積むジョブチェンジ、未経験の仕事に転職するキャリアチェンジという2つのタイプがあります。

キャリアチェンジ=未経験での転職ということになりますね。新卒ならば未経験が当たり前ですが、年齢を重ねるほど転職活動におけるマイナスポイントとなってしまいます。

経験者でも転職が上手くいかない業界もありますから、今よりもいい条件で異業界に転職するのはかなり難しいと言えます。未経験をわざわざ採用するメリットがある企業を探す必要があるのです。

つまり、未経験者が異業種にチャレンジする際は普通の転職活動では通用しないということ!

今回は、それでも逆境に立ち向かおうとする方に、特別な転職テクニックを伝授したいと思います。
 

企業が異業種・未経験転職者に求めること

企業が新卒以外の未経験者を採用する理由、異業種からの転職者に求めていることは何か?――これをしっかり把握することで、やるべき対策が見えてきます。

企業のホンネをリサーチしたところ、転職希望者に求められることは大きく2つに分けられます。

企業が35歳未満の若手に求めること

35歳未満は体力的に余裕があり、野心やエネルギーが満ち溢れています。そのため、企業は「新しい環境での適応力」や「自分で考え、チャレンジする行動力」を期待しています。

これは企業のマンパワー不足、つまり「目的を果たすための労働力(人材)が足りていない」ことが原因の一つにあります。新卒・第2新卒の未経験者よりも、ある程度のビジネスマナーを身に付けた30代は、初歩的な教育を省いた早期戦力化を図れるのです。

社会で働く上での度胸や責任感がある人は、新しい業界の習慣も素早くマスターできることでしょう。

企業が35歳以上のミドル層に求めること

ミドル層に求められるのは、これまで経験した業種における「専門知識・スキル」です。

例えば、IT企業では顧客企業についての知識が乏しいと話になりません。そのため、PCスキルや開発スキルがなくてもある分野の専門知識を持った人を採用することで、業務内容をより強化できます。

異業界で経験を積んだ人ならではの発想を、マーケティング戦略に生かすことを目的とした採用例もあります。

35歳以上という年齢は確かに足かせにもなりますが、こういった背景を理解すれば自分に合った企業選びや対策ができるはず。つまり、転職活動の核となる志望動機と自己PRに反映できるのです。
 

未経験転職の志望動機の考え方

志望動機がまとまらない…「自分の気持ちは明確なのに上手く言葉にならない……」 志望動機は就職・転職活動における大きな悩みの種。どのように答えれば、書類選考や面接で良い印象を与えられるのでしょうか。

面接官は「なぜうちの企業を選んだのか?」という定番の質問だけでなく、「なぜ異業種・未経験の仕事を選んだのか?」ということを知りたがります。

「前の会社の何が嫌だったの?」などと意地悪な質問をされるかもしれません。しかし、その時こそ未経験はデメリットでないことをアピールする最大のチャンスなのです。

人気の職種別に志望動機の例文をご紹介します! 自分の志望動機を考える際のヒントにしてみてくださいね。

未経験で事務職を希望する場合

例)事務職は未経験ではありますが、日常的にパソコンに触れており、エクセルやワードなどの基本操作は身につけております。貴社の充実した研修制度に惹かれ、自身のスキルを磨きながら戦力となれるように成長していきたいと思いました。これまでの電話応対やデータ入力などの経験も生かして、貴社に貢献したいと考えております。

◆ポイント

事務職は、一般事務をはじめ、営業事務、経理事務など多くの種類があります。業務内容を理解し、前職の経験を生かせる場合は積極的にアピールしましょう!

未経験で営業職を希望する場合

例)自分の性格と向き合った時に、努力が数字として表れ、個人の評価につながる営業職が向いていると実感いたしました。実践力を身に付けられる貴社のトレーニング内容にも非常に魅力を感じております。前職とは業界が異なりますが、これまでに培った接客術やコミュニケーション力を生かし、貴社の売り上げに貢献したいと思います。

◆ポイント

ノルマなどのプレッシャーに負けてしまっては営業職は務まりません。未経験の自分が営業職を希望する理由を具体的に述べましょう。

未経験でSEを希望する場合

例)以前からIT関連に興味があり、独学でプログラムに関する勉強をしてきました。SE専門の研修があり、着実にスキルアップできる貴社の教育環境に魅力を感じております。未経験ではありますが、IT業界は常に進化していることから、学ぶ意欲や好奇心を忘れずに成長していきたいと思っております。

◆ポイント

時代の最先端を行き、人々の生活に欠かせない存在であるIT業界は、継続して勉強や努力ができる人を求めています。

未経験でプログラマーを希望する場合

例)趣味でホームページを作ったのをきっかけに、PCに関するものづくりの楽しさに目覚めました。貴社のホームページで業務内容を拝見し、チームが一丸となってシステム構築に取り組んでいる様子に感銘を受けました。プログラミングの知識はまだありませんが、仲間と力を合わせて社会の役に立つ仕事をしたいと思い、応募させていただきました。

◆ポイント

自分が得意なものとシステム開発への興味を結び付けましょう。医療系など特殊なソフトウェアを作っている企業は、資格や専門知識を持っていないと圧倒的に不利です。

未経験で医療事務を希望する場合

例)貴クリニックの親切で温かいコミュニケーションに感動し、医療事務は人と人をつなげるやりがいのある仕事だと感じました。私も貴クリニックの一員として働きたいと強く思い、現在は医療事務の資格を取るために日々勉強しております。実務経験はありませんが、少しでも早く皆様と患者様のお役に立てるように努力いたします。

◆ポイント

資格がなくても医療事務に応募することは可能ですが、学ぶ意欲を伝えることで人の役に立ちたいという思いに説得力が生まれます。
 

未経験転職の自己PR

志望動機をまとめたあとは、企業が興味を持ってくれるような自己PRを練りましょう。未経験者向けの自己PR必須ポイントはこちらです。

今までの経験が役立つことをアピール!

「未経験だから何もアピールできることがない……」と思っていませんか?

前職がまったく異業界だとしても、職務経験によるコミュニケーション能力やPCスキル、プロジェクト達成実績など評価してもらえる部分が必ずあります。直接的な関係はなくても新しい仕事に生かすという意欲が大切なのです。

たとえば、事務職の経験があるならば事務処理能力以外にも、「周りへの気配りや空気を読む力」「時間を有効に使う計画性」などを身につけていることでしょう。

希望する企業が必要としているポジションや磨くべきスキルをリサーチして、それを実現できる人材だと思われるようなエピソードを伝えましょう。

未経験ゆえの謙虚さも忘れずに!

これまでの経験を生かせるに越したことはありませんが、あくまで未知の仕事に就くわけですから自信がありすぎるのも考え物。30代以上である程度のキャリアがあり、それなりに上位のポジションを狙う場合は多少強気でも問題ありません。

しかし、20代の場合はキャリアも不十分で子ども同然です。あまりに自信過剰だと、生意気で偉そうな印象を与えてしまいます。

意気込むあまりに言ってしまいがちなフレーズは、

「貴社を引っ張っていきたいと思います!」

……これは、鼻で笑われてしまっても仕方ありません。自分が会社を大きくするくらいの気持ちで業務に貢献したい、という思いを伝える時は「早期に貴社のお役に立つ存在になれるよう努めます」などといった、謙虚な表現に留めましょう。

入社した後の活躍をイメージしてもらおう!

未経験者を採用する企業側は、その人が本当に役に立つかどうかを見極められません。採用のプロは一目見ただけで判断できますが、普通は本人の発言などから人柄を推測することしか出来ないものです。

そのため、「仕事にどんな風に取り組んでいきたいか」「入社後もモチベーションを持続させる覚悟があるか」を言葉にする必要があります。

「未経験だから今は自信がないけれど……」というようなネガティブ発言はNG。入社後にいかに活躍するつもりなのか、相手がイメージできるような具体的かつポジティブなアピールを心がけましょう。
 

異業種・未経験転職成功に必要なもの

転職エージェントも心強いですよ転職を成功させるために必要なのは「柔軟性」です。待遇や役職、給与にこだわりすぎる人は、なかなか就職先が決まらない傾向にあります。そういう人は、おそらく自分の実力を過大評価しています。

本当に実力があり、それを生かせるならばどんな環境に行っても仕事をやり遂げられます。スタートが厳しくとも、自然に会社から評価されるようになるのです。

そして、異業種・未経験の転職は同業界でのキャリアアップよりも不利なことが多く、個人の力ではどうにもならない面があります。

自分一人でがんばろうとせず、転職エージェントのサポートが必要です。転職エージェントはカウンセリングや面接指導、自己PRの添削などあらゆる手助けをしてくれます。

なんといっても、転職エージェントは普通の求人サイトにはない非公開求人情報を隠し持っています! 求人以外にも、転職エージェントに登録しないと絶対に得られない情報がたくさんあるので利用しない手はありません。

転職エージェントはそれぞれ特色が異なります。サポートに定評があり、転職成功の実績を公開しているサービスを選ぶようにしましょう。
 

まとめ

いかがでしたか? 未経験で異業種に転職することは確かに難しいですが、転職テクニックを知ることで希望も湧いたのではないでしょうか。

年齢に応じて求められることは違ってきますから、志望動機を明確にし、すきのない対策を練ることが大切です。自己PRでネガティブになるのはNGですが、自信過剰になるのも良くありません。

未経験だからこそ謙虚な姿勢で、今までの経験をアピールしましょう。入社後に活躍する自分をイメージして、それが相手にも伝わるような言葉選びをしてください。

自分一人での異業種・未経験の転職活動には限界があります。転職エージェントにサポートしてもらい、高度な転職ノウハウや非公開求人情報を手に入れましょう!

 

異業種・未経験転職 鉄板ガイド

異業種・未経験転職 鉄板ガイド
異業種・未経験転職はいばら道?
異業界への転職パターンを分析
転職しやすい異業種をご紹介!
未経験OKの求人が多い業界は?
未経験から事務職に転職する方法
未経験で飛び込む医療事務の世界
会社を支える経理事務職の座!
IT未経験でも転職する方法とは?
憧れのWebデザイナーへの道!
未経験から目指すプログラマー!

このページの先頭へ