異業種・未経験でも正社員になりやすい職種とは?

転職しやすい異業種をご紹介!

異業種・未経験でも転職しやすい職種がある

未経験歓迎の職種を知りたい!異業種・未経験の転職は厳しいというイメージがありますが、実は異業界へ転職する人の割合は転職者の半数を占めています。半分以上の未経験者が正社員として採用されているのです。異職種へ転職する人も少なくなく、転職市場は年々盛り上がりを見せています。

職種によっては、「未経験者歓迎」の正社員求人が常に出ていたりします。企業が未経験者をあえて採用することに、どんなメリットがあるかご存知ですか?

一部の企業は、これまでのキャリアだけでなく人材の伸びしろを重視しています。

もちろん、経験や知識があるに越したことはありません。しかし、他社から来た人は勤務スタイルの違いにストレスを感じたり、プライドがあるため素直な気持ちで仕事に取り組めないことがあります。

「これでは使いにくい……」と企業が頭を抱え、異業種・未経験の人材を募集する。そういった背景があります。他にも、前職で培った経験やスキルを生かして社内に新しい風を吹かせてくれるような人材も求められています。

それでは、どんな職種が未経験でも転職しやすいか、具体的に解説したいと思います!
 

営業職

実は、大手へのジョブチェンジを狙うならば営業職を選ぶのがベター。営業職は未経験OKの求人がたくさんあり、高年収の案件も充実しています。

営業というと体力・コミュニケーション能力勝負というイメージがあり、敬遠している方も多いでしょう。暑くても寒くても外に出る必要があったり、厳しいノルマがあったり……現実問題として、ブラック企業の営業職はとても離職率が高いと言われています。

しかし、営業職は自分の努力が数字となって表れるやりがいのある仕事です。サポート体制が整っている優良企業も多く、最近は出産・育児を視野に入れながら営業職に就く女性も増えています。

ちなみに、営業未経験者を積極採用している業界は、製薬メーカー業界(MR)をはじめ、生命保険会社、不動産業界、営業アウトソーシング、営業代行業など。業界自体が急成長していて、大量採用を行っていることもあります。

おすすめは、成長中のベンチャー企業や中堅・中小企業。未経験でもチャレンジしやすく、将来性も望めます。営業職は東京ではなく地方勤務もあり得るので、企業選びは慎重に行った方がよいでしょう。
 

販売職

アパレル販売職は女性に人気です販売職のほとんどは、特別な資格やスキルが問われないので未経験でも転職が容易です。

特にファッション・アパレルの販売職は女性に人気。未経験可の求人が溢れているだけでなく、アパレル販売職に特化した転職サイトまで存在します。

アパレル特化型の転職サイト「ファッショーネ」

専門知識が必要な販売職でも一番に求められるのは接客スキルなので、人と接するのが苦にならない方ならば問題ありません。基本的には店舗で接客するので、営業職のような外回りがないのは魅力と言えます。

成果を上げることでスピード昇給・昇格のチャンスがあるのもポイント!

しかし、こちらも営業職と同様に販売ノルマがあり、離職率が高い傾向にあります。あまりに成績が悪いとリストラなどの対象となってしまいます。さらに、土日休みではない職場が多いというのも、人によってはデメリットになるかもしれません。

それでも販売職にチャレンジしたい!という方は、希望する企業への理解を深めましょう。商品に対する熱意や、目標達成への意欲をアピールすることで選考が有利になります。
 

一般事務職

「事務職は定時で帰れる」など、ラクなイメージを持っている方は少なくないでしょう。確かに、ブラック企業にでも当たらない限り、比較的仕事のペースはコンスタントであり、プライベートを充実させることができます。

事務職は未経験者を歓迎している企業も多いですが、非正規雇用の求人も多いため注意が必要です。正社員としての求人は人気でライバルも多数……ということは、武器をもたない未経験者はいささか不利となります。

武器というのは、経理や簿記、MOS(マイクロソフト)などの資格を持っている、または勉強をしているといったセールスポイントです。大半が無条件で未経験可ですが、医療事務職などはそういった資格を取得しておくとより有利になります。今の時代、最低限のPCスキルは求められます。

職務経験や資格を生かせない場合は、倍率があまり高くない中小企業を狙うとよいでしょう。

ただし、小さな会社ではあらゆる作業を兼務する可能性があります。一般事務として応募したはずが経理処理のフォローを任されたり、電話応対がほとんどだったり……業務内容は応募する前にしっかりチェックしておきましょう。

未経験から事務正社員を狙うなら・・・
 

SE、プログラマー

未経験でもIT業界に転職可能!意外にも未経験歓迎の求人が多いのが、SE・プログラマーといったITエンジニア業界です。

IT業界は常に進化しており、旧態や経歴にこだわらない企業が多いので、未経験でも十分に転職成功のチャンスがあります。

特にSEは人の出入りが激しく、転職の窓口が広く設けられています。20代であれば小難しい知識もどんどん吸収できるので、本人の努力次第で出遅れた分のハンデを減らすことができます。

人の入れ替わりが激しいということは、厳しい世界だということも覚悟しなければなりません。けれど、手に職をつけられることから人気度は常に上位の職種です。

「未経験可」の意味が少し異なってくるのは、WEBデザイナーなどのクリエイティブ部門。この場合は「スキルゼロでもOK」ではなく、「正社員経験がなくてもOK」という意味だと捉えてください。ある程度のWEBサイト構築能力があったり、ポートフォリオを提出して当たり前といった暗黙のハードルが存在します。

慢性的に人手不足であることから転職チャンスが多い業界ですが、専門性が問われる業種なので自信を持てない方もいると思います。しかし、最近は自宅でプログラミングを学べるWebサービスもあるので、未経験だとしても転職は不可能ではありません。

全くの素人の場合は雑用スタッフやアシスタントとしてスタートするわけで、30代半ばを過ぎている方には精神的に辛い業種かもしれません。SE・プログラマーへの未経験転職は、20代~30代前半の方におすすめします。

未経験からSE、プログラマーに転職する方法!
 

まとめ

「未経験者歓迎」の正社員求人が多く、異業種・未経験でも転職しやすい職種をご紹介しました。

今までのキャリアだけでなく、今後の伸びしろを期待してくれる企業はたくさんあります。もちろん、経験や知識があるに越したことはないのですが、何色にも染まっていない未経験者であることのメリットは大きいのです。

高収入の大手へのジョブチェンジを狙うならば営業職を選ぶのがベター。なお、一般事務職は非正規雇用の求人も多いため注意が必要です。

転職のしやすさだけを重視せず、雇用条件や勤務スタイル、応募条件などが自分に合っているかリサーチしておくと、後悔のない華々しい転職を果たせることでしょう!

 

異業種・未経験転職 鉄板ガイド

異業種・未経験転職 鉄板ガイド
異業種・未経験転職はいばら道?
異業界への転職パターンを分析
未経験OKの求人が多い業界は?
転職は志望動機と自己PRで勝負
未経験から事務職に転職する方法
未経験で飛び込む医療事務の世界
会社を支える経理事務職の座!
IT未経験でも転職する方法とは?
憧れのWebデザイナーへの道!
未経験から目指すプログラマー!

このページの先頭へ