年代別!異業界・未経験転職の4パターン

異業界への転職パターンを分析

年代によって変わってくる転職戦略

転職パターンは4つあります!転職希望者を採用している企業のほとんどは、その人が前職で培ったスキルや経験値を期待して中途採用をしています。だからといって未経験での転職は不可能ではなく、異業界の新しい風を取り込みたいと思っている企業も多数あります。

実のところ、そういった異業界・未経験転職が成功するのは20代までという説があります。

若い人材が不足している企業は多く、人というのは年齢を増すごとに教育しづらくなってくるというのは確かです。異業種では過去の経験や実績をアピールすることも難しいですから、同業種・同職種の転職よりも成功率が低いことは間違いありません。

とはいえ、例えば営業経験がある方は全く異なる業界の営業職に移ってもそのノウハウを生かせるわけで、新卒者よりもリードしているという自己PRが可能です。

つまり、説得力と将来性を感じられる自己PRや志望動機を提示していけば、20代以降でも異業界に転職できるチャンスがあるのです!

異業種・未経験の転職活動は、あなたの年代によって戦略が変わってきます。これから私がご紹介する「転職に関する4つのパターン」を把握しておけば、これからの転職活動がスムーズになりますよ!
 

異業界・未経験転職の4つのパターンとは?

転職活動はその人の状況や経歴が結果を左右するものであり、難易度もそれぞれ変わってきます。それでは、転職における4つのパターンを難易度順にご紹介します。

1)前職と同じ業種・職種であるパターン(同業種・同職種)

難易度は最も低く、キャリアアップの近道となる転職パターンです。ただし、面接では「転職したい理由」を根掘り葉掘りきかれる可能性が高いので油断は禁物。採用担当者を納得させる転職理由を明確にしておく必要があります。

2)業種は異なるが同じ職種であるパターン(異業種・同職種)

このパターンは、異業種にチャレンジするとしても難易度はそれほど高くありません。前職でのスキルを生かせるため、実績などを具体的にアピールできるのがポイントです。志望動機を尋ねられたら、異業種転職を決めた経緯をしっかり説明しましょう。

3)同じ業種でも職種が異なるパターン(同業種・異職種)

ここから難易度がぐっと高くなってきます。業種は同じだとしても職種が異なれば一から学ぶことが多く、これまでの経験も生かしにくくなります。転職ではなく、今の企業内での部署異動を求めるというのも一つの手段と言えます。

4)業種・職種が前職と異なるパターン(異業種・異職種)

難易度が一番高く、無謀とも言われる転職パターン。生半可な気持ちで挑めることではないので、大量の不採用通知を受け取る覚悟をしておいてください。今までの経験や時間が無駄ではないということを、しっかりアピールしなければ見向きもされないでしょう。人間が秘めたポテンシャルや経歴の面白さを重視してくれる企業が狙い目です。
 

20代はどのパターンでも転職可能!

20代のうちは、どんなパターンの転職もさほど難しくはないでしょう。若い人材は重宝されますし、特に20代半ばまでの第二新卒求人は豊富です。

退職理由についてはもちろん尋ねられます。パターン4の場合、「なぜ今までと違う仕事をしたいと思ったのか」という疑問をぶつけらて慌てない自信はありますか?

面接の場で言葉に詰まらないためにも、転職するに至った理由を整理しておくことをおすすめします。無事に入社できたとしても、同年代の社員との差を埋めるのに苦労するはず。そういったハンデを乗り越える覚悟と努力する意思、転職後のビジョンも伝えられたらカンペキですね。

20代はまだまだ伸びしろがあるということで、現在のスキル・実績よりも仕事への意欲やポテンシャル、面接での印象などが判断材料となります。

しっかりと対策を練っておけば、未経験での正社員転職は十分に可能なのです。
 

30代は異職種への転職が難しくなる

年収ダウンの可能性も…!?30代で同業種・同職種に転職する場合、これまで培ってきたスキルや経験、実績を大いにアピールすることができます。

異業種・同職種は仕事内容に共通点が多く、前職の経験を生かしやすいです。これまでの実績が評価されれば、前職以上の好条件で転職できるチャンスもあります。

しかし、異業界・異職種への転職はかなり難しくなってきます!

会社によっては、30代というのは新入社員を指導をする立場でもあり、マネジメント経験なども重視される年代です。スキルがないならば面接では人間としての成熟度を評価されるので、念入りな対策が必須です。

異業界に飛び込むことで新人扱いをされても、いずれリーダーシップを発揮できるようになる人はいます。「転職先が天職だった」というケースもあるのでチャレンジする価値はあるでしょう。

ただし、年収がガクッと下がる覚悟はしておいてくださいね。キャリアアップが出来る保証もなく、同年代との給与の差が苦痛になるかもしれません。30代は異職種転職が出来る最後の年代とも言えます。

【参考】30代転職で未経験・異業種転職は可能!?
 

40代は同業界・同職種が現実的

40代に差し掛かると、同業種・同職種への転職すら非常に難しくなります。「今さら転職するなんてワケありなのでは?」と勘ぐられてしまうこともしばしば。

ましてや異職種となると転職は絶望的! 年収が今までの半分以下になる企業にも採用されず、書類選考の通過率も低く、精神的にまいってしまうかもしれません。

これは極めて少ない求人枠に対して応募者が殺到していることが原因であり、40代は求人の条件にすら当てはまらないのが現実です。

悲しいことに、リストラされた等の「ワケあり転職」も溢れています。長引く不景気のせいで中高年の社員は削減され続け、有望株の若者ばかりが求められています。

結論として、40代で転職をする必要がある方は同業種・同職種を目指すのが無難です。

40代の転職サイトとして評判のリクナビネクストでは、前職と同じような条件で異業種に転職できた例もあります。どうしても40代で異業種を目指すのならば、転職サイトに登録して成功者のエピソードをチェックしてみると何かを得られるかもしれませんね。
 

まとめ

困難でも転職を諦めたくない!異業種・未経験の転職活動は年代によって戦略が異なるので、ぜひ難易度順の転職パターンを参考にしてくださいね。

20代のうちはどんな転職パターンもさほど難しくなく、特に20代半ばまでの第二新卒求人は豊富。しっかりと対策を練っておけば、未経験転職は十分に可能です。

異職種への転職が成功するボーダーラインは30代です。40代では普通の転職すら非常に難しくなるので、同業種・同職種を目指すのが現実的でしょう。

自分がやりたい仕事というのは、人生の中でそう簡単に見つけられるものではありません。転職をする上でどんな困難が待っているとしても構わないという方は、自分を信じて突き進みましょう!

異業種・未経験転職 鉄板ガイド
異業種・未経験転職はいばら道?
転職しやすい異業種をご紹介!
未経験OKの求人が多い業界は?
転職は志望動機と自己PRで勝負
未経験から事務職に転職する方法
未経験で飛び込む医療事務の世界
会社を支える経理事務職の座!
IT未経験でも転職する方法とは?
憧れのWebデザイナーへの道!
未経験から目指すプログラマー!

このページの先頭へ