未経験から経理職に就く方法

会社を支える経理事務職の座!

未経験でも経理事務職になれるの?

事務職の中でもお給料が良く、キャリアアップしやすい経理事務。事務経験者が憧れる仕事の一つで、人気はますます高まっています。

経理事務職はお金に関わることを全般に扱う責任重大のポジション。社内だけではなく、取引先とも連絡を取ることも多く、一般事務よりも高いビジネスマナーを求められます。

経理職はキャリアアップしやすいということもあり、事務職の中でも男性が多いのが特徴。未経験からの募集も実際あり、アシスタントスタートから始める求人もあります、

やはり、少しでも多くの経験・スキルがある人材に経理事務職を任せたいというのが企業のホンネ。今から、経理事務職の扉を叩こうとしているあなたの背中を押すマル秘情報や転職テクをお教えします!
 

経理の仕事内容を理解しよう

経理事務の主な仕事は「会社のお金の流れを管理」することです。
会社の規模にもよりますが、基本的には出納業務の他、取引内容の記録・決算書の作成などの会計業務に分けられます。

経理事務の主な仕事内容

お金の流れを常にチェック!資金調達をはじめ、売上と入出金の確認、小口清算・補充、経費の精算や預金残高の管理などを行う業務のこと。

現金や預金の管理は、社内での不正行為を防止するためにも細心の配慮が必要です。週・月単位で収支バランスをチェックし、不符合があった時は徹底的に原因を究明・改善策の提案をします。

出納業務をはじめ、帳簿の記帳、売掛金・買掛金の管理、小切手などの管理は毎日行います。時には経営状況を上司に報告したり、各種税金の申告を行うことも。

さらに、従業員の給与管理、源泉税の計算・納付、仕訳帳や月次計算表の作成、固定資産の管理、企業実績調査などが毎月の仕事として加わります。

こうした月次処理の積み重ねが年次決算に繋がるのです。ちなみに、最も忙しいのは年末調整をする12月。決算処理や確定申告処理に追われることになります。

会社の形態・勤務地による業務の違いも!

営業所や小規模事業所の場合、経理業務だけでなく事務用品の調達などの庶務までこなすケースもあります。地方の事務員は「社内の便利屋さん」として扱われる可能性も……。

これらのことから、数字などのデリケートなデータを扱うことに苦痛を感じない几帳面な性格であるほか、日頃から面倒見がよかったり、誰かのサポートをすることで充足感を得られるような人に向いている職業だと言えます。

また、経理=内勤というイメージが強いですが、国外に子会社を持つ企業などの場合、海外拠点勤務となることも有りえます。これは転勤を望まない方には厳しいポイントですね。

しかし、求人の段階で「海外勤務の可能性あり」などと提示されていることが多いので、外国語に自信がある・海外で働いてみたい人にとっては就活における強みに変えられます。
 

簿記の資格を取得することに意味はある?

中途採用の場合、実務経験の有無が物を言います。「無資格・実務経験あり」と「資格所持・実務経験なし」ならば、前者が歓迎されることがほとんどです。

それでは、資格なんて持っていても無意味なのでしょうか?

そんなことはありません。むしろ、まったくの未経験で正社員就職にチャレンジするならば資格を持っていないと非常に不利だと言えます。

経理事務職への転職を目指すにあたり、ぜひとも取得しておきたい資格は、ずばり簿記検定です!

簿記検定とは……

簿記の資格は「日商簿記」「全経簿記」という代表的な2つの検定があり、経理事務職を目指す人は日商簿記3級から挑戦するケースが多く見られます。

日本商工会議所が実施している日商簿記は1級~4級でランク分けされ、試験日は毎年2・6・11月の年3回。1級のみ2月を除く年2回となっています。

簿記1級

試験科目:商業簿記(大学レベル)、工業簿記、原価計算、会計学
受験料:7,710円(税込)
学習期間の目安:5ヶ月以上
公認会計士、税理士などの国家資格を狙うには避けて通れない検定です。簿記1級を取得すると税理士試験に挑戦できます。

簿記2級

試験科目:商業簿記(高校レベル)、工業簿記
受験料:4,630円(税込)
学習期間の目安:3~4ヶ月
企業の財務担当者に必須の知識が求められます。高度な簿記技能のほか、数字から経営状況を把握できる必要があります。

簿記3級

試験科目:基本的な商業簿記
受験料:2,570円(税込)
学習期間の目安:1~2ヶ月
中小企業や個人経営店での経理事務に求められるレベル。経理関連書類を適切に処理でき、各申告書類の作成など初歩的な実務を修得していることが合格の条件です。

簿記4級

試験科目:商業簿記の基礎編
受験料:1,640円(税込)
学習期間の目安:特になし
複式簿記の仕組みや用語の意味を理解した上で、簡単な記帳ができればOK。簿記の入門編とも言えますが、身につけた知識は小規模なお店や会社で役立ちます。

簿記検定の難易度

簿記3級から合格率は50%となり、難易度がグッと上がります。平成27年の合格者数は約30%とかなり厳しい結果も出ています。

1級ともなると合格率は10%を切りますから、未経験のうちからいきなり最高レベルを目標にするメリットはありません。

簿記が未知の世界であり、資格を取ってから求人に応募したい方は、ファーストステップとして3級合格を狙いましょう。

日商簿記3級試験の対策

独学で挑むことが可能ですが、テキストや問題集は自分に合いそうなもの・口コミ評価が高いものを慎重に選んでください。

テキストを読み込みひたすら問題集を解く作業になりますから、間違った箇所や苦手科目を見直せるノートを作成しておきましょう。

電卓選びも大切です。最低限の機能として、10桁以上の表示画面・キーロールオーバー(早打ち機能)は欲しいところ。「00」キーもしくは「000」キーの有無、キーの配置や打ちやすさ、大きさなどもチェックしましょう。
 

未経験から経理、転職活動のポイントは?

未経験で経理事務職の面接に挑む場合、資格の有無は履歴書で簡単に確認できるため、自己PRが重要なポイントとなってきます。

面接でアピールするべきなのは、実務経験がなくても経理の仕事をしたいと思った理由。つまり経理事務職に対する熱意です。

そして、企業にとって経理業務がいかに大切な任務であるか理解していることも伝えましょう。経理業務だけでなく「どんな些細な仕事や雑用もこなして企業の役に立ちたい」というポジティブな姿勢を見せるのも◎。

コミュ力を発揮しよう!

コミュ力といっても、面接官にフレンドリーに話しかけてはダメですよ(笑)。仕事を円滑に進めるための対話スキルや状況判断スキルを見せつけるのです。

はじめにお伝えしたとおり、経理事務員はあらゆる部署の社員とやり取りする機会が多く、社外の人間との接触も少なくありません。

「コミュ力があった方が断然いい!」ということで、表情が常に硬かったり、対話に自信がないような印象を持たれてしまうと圧倒的に不利となるのでご注意ください。

30代以上で何かしらの実務経験がある方は、たとえ業種が違ったとしても培ってきたコミュニケーション能力や業務遂行に対する心構えなどをアピールできることでしょう。

実務経験を積んでみるのも一つの手

お紹介予定派遣もおすすめです派遣社員・パート・アルバイトなど雇用形態の幅を広げると、応募できる求人数は驚くほど増えます。

1年間でもいいので経理事務としての経験を積んでから、正社員としての就職を目指すという手段は決して無駄な遠回りではありません。

その間に資格を取得すれば実務経験に武器がプラスされるので、より好条件での就職を果たせるかもしれませんよ。

そのようなステップアップを志す際に、ぜひ利用したいのが紹介予定派遣制度。派遣社員として数ヶ月勤務したのち正社員採用、もしくは「実務経験あり」という形で他企業にチャレンジできる素晴らしいシステムです。

経理事務職のメリット・デメリットや、自分との相性なども発見できるため、選択肢の一つとして検討してみてください。

転職エージェントを活用しよう!

転職活動に便利な情報が揃っており、求職者へのサポート体制も万全な転職エージェント。完全無料のサービスですから利用しない手はありません。

「転職サイトに未経験職種を希望しても意味がないのでは?」という意見もありますが、未経験者もバックアップしてくれる転職エージェントに登録すればそんな不安も吹き飛びますよ。

最後の項目では、経理事務への転職に役立つエージェントを厳選してご紹介します!
 

お勧めの転職エージェントは?

アデコ


アデコというと派遣社員のイメージがあるかもしれませんが、人材紹介サービスも手掛けています。

中でも経理事務をはじめとした事務職求人が充実しています。派遣も転職も対応しているので、

「不安だから最初は派遣から経験を積みたい」
「紹介予定派遣制度を利用して、派遣から正社員を目指したい」

そんな希望にも応えてくれます。

■ アデコの詳細はこちら →

 

リクナビネクスト


人材紹介サービスの大手、リクルートグループが運営する転職・求人情報サイト。なんと、提供している求人情報の約9割がリクナビネクスト独占案件です。

最大の魅力はなんといってもスカウト機能。あなたの職務経歴や希望職種・条件などを登録しておけば、企業やエージェント側から直接オファーが届きます。

オファー受信数や企業にヒットした回数によって算出される登録者ランキングも必見。個人レポートが毎月更新されるので、どういった企業が自分を求めてくれているのかなど、求人の傾向を把握できます。

ポイントはここ!

非公開のプライベートオファーもあるので転職の可能性は無限大ですが、大手サイトなだけあってライバルの数も無限。

人気企業にはエントリーが殺到するため、書類選考を通過するのがやっと……というデメリットも存在します。

そんな時はリクナビネクストのエージェントに相談。「企業のレベルと自分の価値を見定めてみる」など、改善策を提案してもらえますよ!

■ リクナビネクストの詳細はこちら →

 

まとめ

地道な活動が転職成功のコツ!いかがでしたか? 経理事務職に就くには日々の努力や勉強、簿記資格だけでなく、効率的な転職テクニックが必要だということをお伝えできたと思います。

未経験から経理事務への転職を目指すとなると、それまでのキャリアだけではどうにもなりません。企業から求められる条件も大きく変わってきます。

経理事務職は会社のお金に関わることを全般に扱うポジションのため責任重大。社員とのコミュニケーションも不可欠であり、パソコンでの簡単な入力作業や電話応対ができるだけでは務まりません。

経理の仕事内容は多岐にわたり、会社の形態や勤務地による業務の違いも出てきます。やはり、人によって向き不向きが激しい職種なので、常に慎重な選択を心がけたいものです。

経理関連の仕事に特化した転職エージェントや紹介予定派遣制度を活用するのも一つの手。不安を一つ一つ取り除くような、自分のための丁寧な転職活動をしていきましょう。

 

異業種・未経験転職 鉄板ガイド

異業種・未経験転職 鉄板ガイド
異業種・未経験転職はいばら道?
異業界への転職パターンを分析
転職しやすい異業種をご紹介!
未経験OKの求人が多い業界は?
転職は志望動機と自己PRで勝負
未経験から事務職に転職する方法
未経験で飛び込む医療事務の世界
IT未経験でも転職する方法とは?
憧れのWebデザイナーへの道!
未経験から目指すプログラマー!

このページの先頭へ