未経験からwebデザイナーになる方法

憧れのWebデザイナーへの道!

未経験でもwebデザイナーは目指せるが

Web業界未経験でも大丈夫?インターネットがなくてはならない現代において「webデザイナー」という職業は人気が高く、Web系ジョブの花形とも言えます。憧れを持つと同時に、どういった世界なのか分からないため今一歩踏み込めずにいる方がとても多いようです……。

「業界未経験な上に、デザインに関する知識が全くなくてもWebデザイナーになれるの?」

そんな疑問をはじめ、Webデザイナーを目指すにあたっての不安や悩みを、わたくし天職セイコが解決していきたいと思います!

■ 未経験からIT・WEB業界に転職する方法とは?

未経験でWebデザイナーを目指すというのは決して楽な選択ではありません。学ぶことがあまりにも多く、就職しても途中で挫折してしまう人が多い職種でもあります。

しかし、タイミングや手段を間違えない限りwebデザイナーへの未経験転職は可能なのです!

そもそも、Web業界が盛り上がりデザイナーの求人需要が増したのはここ数十年のこと。一般家庭にインターネットが普及して、Yahoo! JAPANなどが誕生したのもほんの20年程前の出来事です。つまり、現在webデザイナーとして活躍しているその誰もが業界未経験者でした。

未経験といっても歴史ある伝統芸能や職人の世界に一から首を突っ込むのとは違いますから、Webデザイナーになれる可能性はゼロではないのです。もちろん、前職での経験や持ち前のスキル、年齢など人によってさまざまなパターンがあるので、必ず転職に成功するとも言いきれません。

まずは、web制作においての仕事内容や業界でのポジションなどを理解することから始めましょう。現実と向き合ってみて、「ウェブデザイナーになりたい」と自分が改めて思えるかどうかがスタートラインとなります!
 

webデザイナーの仕事を理解しよう

Web関係の職種には、Webデザイナーの他にもWebプロデューサーやWebディレクター、Webクリエイター、Webエンジニアなど多くのものがあります。

ひとくちにWebデザイナーと言っても、その業務は実に多種多様。グラフィックデザイナーと兼任している人も多くいます。細かく挙げていくとキリがないですから、Webデザイナーの主な仕事をいくつかピックアップしてご紹介します!

webサイトのデザイン

「webデザイナー」の文字通り、機能的かつサイトの主旨に沿ったWebページをデザインすることがメインのお仕事です。むしろ、「それ以外にもやらなきゃいけない仕事があるのか……」と驚いた方もいるでしょうね。

デザインを仕上げる過程で使用するソフトは、Adobe社のPhotoshop(フォトショップ)やIllustrator(イラストレーター)、Fireworks(ファイヤーワークス)などのグラフィックスソフト。サイトのカラーや骨組みを決めて、ロゴやアイコンなどのレイアウトを練っていきます。

バナーや画像の加工もwebデザイナーの作業となります。例えば、Photoshopで画像加工、Illustratorでイラスト描画、Fireworksでアイコンの作成、という風にソフトの特性を生かして使い分けなければいけません。

コーディング

デザイン段階で作成した画像データはWebページで表示できるように「コーディング」する必要があります。

Dreamweaver(ドリームウィーバー)等のエディターを使ってソースコード(プログラムの元となる文字列)を書き出す作業を「コーディング」と呼ぶのですが、ここで「HTML(エイチティーエムエル)」「CSS(シーエスエス)」「Javascript(ジャバスクリプト)」などの専門用語が登場します。

一般的には耳慣れない用語ですが、趣味でホームページを作成したことのある方はピンと来たのではないでしょうか? 知れば知るほど奥の深い、この3つの用語について解説したいと思います。

HTML(エイチティーエムエル)

人間が日本語や英語で読み書きをするのと同じように、Webページの作成には「HTML」という特別な言語が使われています。ほとんどのWebページはHTMLから作られており、この言語が少しでも崩れているとWebページが正しく表示されません。

「Web上の言語ってどういうこと?」と混乱してしまった方は、お好きなWebページ上で右クリックをして「ページのソースを表示」をクリックしてみてください。

なんだか複雑な英語の羅列が表示されたのではないでしょうか。これこそがWebページを形成するために打ち込まれた文書であり、このHTMLをブラウザが読み込むことでWebページが表示されるのです。

CSS(シーエスエス)

WebページのベースとなるHTMLに加えて、画面上のデザインやレイアウトをするための「CSS」という言語が用いられます。

CSSとは「Cascading Style Sheet (カスケーディング・スタイルシート)」の略であり、画面上で表示される色・サイズ・レイアウトなどを細かく指定できる魔法のような言語です。

CSSはHTMLとセットでマスターするべき必修科目です。HTMLだけではどうしても洗練されたWebページになりませんが、CSSを使用することでデザインの幅が広がり、HTMLを簡素化することも可能になります。

Javascript(ジャバスクリプト)

スクリプトとは、ページ上の動きなどを定める簡単なプログラムのこと。例えば、Webページを閲覧する際に新しいページが別窓で表示されたりするのはスクリプトの力です。

Javascriptはスクリプトの代表格であり、ほとんどのPCにインストールされています。サイト側に不具合があると上手くページが動作しません。

複雑なスクリプトはエンジニアが担当することが多いのですが、ブラウザ側で動作するJavascriptはWebデザイナーが担当するケースがあります。

jQueryというJavascriptのライブラリを利用すると、より素敵な動きのあるサイトを作成することが出来ます。

クライアント(顧客)との打ち合わせ

webサイトのデザインとコーディングが主な仕事ですが、会社によっては打ち合わせ段階から仕事に関わることがあります。

クライアントとの打ち合わせで意思の疎通が図れないまま作業を進めてしまうと、納品後のクレームやプロジェクトの迷走に繋がってしまいます。これは、他人とのコミュニケーションに自信がなかったり、黙々とPC作業だけしていたいタイプの人には辛いポイントです。

一方で、コーディングのみ・画像やイラスト作成のみといった完全分業のケースも存在します。自分が最もやりたい作業から外れてしまう会社では、仕事を覚えたとしてもやりがいを感じられないかもしれません。

webデザイン以外の仕事

サイトのデザインを考えるだけがwebデザイナーの仕事ではありません。クライアントとの打ち合わせ以外にも、webサイトのアクセス解析やSEO対策(検索エンジン最適化)まで請け負うデザイナーもいます。

コーディングなどの基本作業を安く外注する会社も増えているので、常に新たな技術を学びながらステップアップをしていける人でなければ居場所がなくなることでしょう。

webデザイナーにとって、好奇心と向上心、積極性は必要不可欠だと思ってください。
 

全くの未経験では話にならない

Webデザイナーの仕事内容にふれてみて、全くの未経験では務まらない仕事だと実感した方が多いはず。続いては、今からWebデザイナーになるために必要な努力や条件について真剣に考えてみましょう。

Webデザイナーを目指せる年齢

Web業界に明確な年齢制限はありませんが、特殊な知識を身につけていく上で若さは重要なポイントとなります。当然、企業側も若くて意欲のある人材を育てていきたいと思っています。

20代ならば可能性は無限大です。はじめのうちは勉強ばかりで大変ですが、会社の規模や本人の努力次第では2、3年目でエースとして活躍できることもあります。

職歴にセールスポイントがないんだけど……という人も大丈夫。「何の知識もない未経験者ですが……」とマイナス面をアピールするよりも、「こんなサイトを作ってみたい」「自分の趣味で身につけたスキルを生かしたい」といった前向きな気持ちを伝えましょう。

若いうちからスキルアップを目指していく業界なので、30代以上の新人というのは採用されにくい傾向にあります。

派遣やアルバイトならば年齢を問わない求人も多いので、「正社員にこだわらず現場で勉強をする」というコースもおすすめですが、30代にはなかなか辛い選択となるでしょう。

「PCスキルは無いがイラストの上手さが評価されて採用」というケースもあるので、未経験では就職不可能というわけではありません。とにかく1日でも早く動き出すことが大切です。

実務未経験=スキルなし?

PCスキルゼロだと無謀…!?「未経験OK」の求人だからといって、本当になんのスキルもない人が応募してもなかなか受かりません。現実は、「Webデザイナーとして働いたことはないけれど、多少の知識やスキルは持っている」という人が大半です。

そのため、いくつかwebサイトを作ってポートフォリオ(自分の作品集)を企業に提出するくらいのスキルはマスターしておく必要があります。

そのスキルを身に付けるためには、何から始めるべきなのでしょうか?

失業中ならば職業訓練を活用しよう

「職業訓練」というシステムを御存じですか? それは、求職者が無料で受けられる職業別の訓練のこと。

スクールなどに通うには高い学費が必要となりますが、職業訓練の学費はなんと無料。テキスト代は実費ですが、貴重な講義を無料で受けられるのです。生活状況によっては給付金を得ながら訓練を受けることもできます。

Webデザイナーの職業訓練カリキュラムの例

1. HTMLの基礎を学び、簡単なサイトを制作する
2. Photoshopの基本操作を学ぶ
3. Illustratorの基本操作を学ぶ
4. Flashの基本操作を学ぶ
5. Dreamweaverの基本操作を学ぶ
6. ポートフォリオサイトを作成する

訓練学校によって3ヶ月コースや6ヶ月コースがあり、昼の部・夜の部と通学時間を選択することもできます。

WEB未経験ただし、職業訓練は誰でも受けられるわけではありません。面接で落ちてしまうと、受けることが出来ないのです。

そういう場合は通学講座などで、自分で勉強するしかありません。職業訓練が受けられないからと諦めてしまうくらいなら、最初からWEB業界は目指さない方が賢明です。

在職中ならば自宅で独学

書籍を購入して勉強する以外にも、ネット上には最新のwebデザインについて学べるサイトがたくさんあります。やる気さえあれば独学でも基本的なスキルを身につけられるのです。

デザインセンスは自分自身で磨いてゆくもの。webサイトの模写などを行うことでコーディングスキルを体感し、センスを感覚的に学ぶことができます。

独学だけでは厳しい、やる気が続かない、何から学べばよいのか分からない!

そういう場合は、しっかりとカリキュラムの組まれたWeb講座の受講がおススメです。

DTP経験があると有利

現職がDTPデザイナーだったり、photoshopやillustratorなどのadobeソフトを問題なく操作できるという方は有利です。

即戦力にはならなくても、最低限のスキルがあって教育時間を短縮できる人材は重宝されることでしょう。
 

未経験からwebデザイナー、転職活動のポイント

1)転職活動における心構え

未経験のうちは、待遇にこだわりすぎてはいけません。とにかくWebデザイナーとして働ける会社に入って、実務経験を身に付けることを最優先にしましょう。

実務経験とスキルさえ積んでいけば、あとはあなたの実力次第。大手企業への更なる転職やフリーのWebデザイナーとして独立するのも夢ではありません。

2)不採用でも落ち込まない

「未経験者は落ちて当たり前の業界」というくらいの気持ちで転職活動に臨みましょう。

経験の有無だけではなく、人柄やポートフォリオの傾向でも採用・不採用が決まります。1社や2社落ちたくらいで落胆していては先へ進めません。

3)ポートフォリオのプレゼンは必須

面接にはノートPCやタブレットを持参して、自作のポートフォリオサイトをプレゼンしましょう。

ポートフォリオ、つまり作品集があれば「どんな作品を作る人物なのか」「どんなスキルがあるのか」といった面を企業に評価してもらえます。

ネットに繋がらないトラブルもあり得るので、PDFデータにしてオフラインで閲覧できるようにしておくか、サイトを印刷した紙媒体を用意することも忘れずに!

4)IT・WEB系に特化した転職エージェントに登録

Web・ゲーム業界の求人が豊富な「Geekly」や「ワークポート」をはじめ、「アデコ」や「マイナビエージェント×IT」などIT・WEB系に特化した転職エージェントが存在します。

その中でも未経験OKの求人やレアな非公開求人が多い転職エージェントを活用することで、転職チャンスはグッと倍増! 待遇や給与の希望などについて相談に乗ってもらうこともできます。

転職エージェントのカラーはさまざまですが、基本的に「IT業界に強い=Web業界への転職に強いサイト」と考えてよいでしょう。
 

おすすめの転職エージェント

転職エージェントの中から厳選!未経験でwebデザイナーを目指すとなると通常の転職活動よりもハードルが高くなりますが、転職のプロである転職エージェントの力を借りることで状況は一変します。

ただし、先述したように普通の転職エージェントではなくWeb・IT系に特化したエージェントを利用するのがコツ。こちらでは、天職セイコが厳選したおすすめの転職エージェントをご紹介します!

Geekly(ギークリー)

webデザイナー未経験の方に最もおすすめしたい転職エージェント「Geekly」。10年以上のキャリアを持つ専任アドバイザーが、webデザイナーへの転職をしっかりサポートしてくれます。

IT・Web・ゲーム業界の主要な会社と太いパイプを築いているので、求人項目だけでは読み取れない各社の情報や、一般には公開されていない非公開求人も多数提供しています。

■ Geekly の詳細はこちら →

 

ワークポート(WORKPORT)

ワークポートは20代のIT・WEB・インターネット・ゲーム業界の転職実績が豊富で、未経験でもチャレンジできる求人を数多く扱っている転職エージェントです。

求人数は13,719件!(2016.6.30時点)で全国対応。

担当者は業界経験・知識が豊富なので、気軽な相談も突っ込んだ相談も出来ます。

担当者が企業の内情を良く知っているので、事前に残業時間や教育体制などを確認できブラック企業を避けられます。

▶▶ WORKPORT(ワークポート)

 

リクナビNEXT(リクナビネクスト)

知名度No.1!あらゆる業種・職種の求人を扱っている有名サイトです。「webデザイナー 未経験」という条件で検索すれば、数多くの求人がヒットします。

もちろん、転職エージェントとしてのサポート力も文句なし。「転職成功ノウハウ」や「転職成功パーフェクトガイド」といったお役立ちコンテンツも充実しています。

■ リクナビネクスト の詳細はこちら →

 

まとめ

未経験でWebデザイナーを目指すには、強い覚悟と学ぼうとする意志が不可欠です。仕事内容をきちんと理解した上で、本当に自分がやりたい仕事なのかを判断する必要があります。

年齢的には20代までが限界ライン。30代以上で未経験となるとかなり厳しくなってくるので、1日でも早く動き出す必要があります。

未経験だからといって何のスキルもなしに面接に挑むのは無謀と言えます。「Webデザイナーとして働いたことはないけれど、多少の知識やスキルは持っている」という人が大半だということを念頭に置いてください。

独学はもちろん、転職支援サービスによる研修制度などを利用してスキルを身につけるのもおすすめ。webサイトを作ってポートフォリオ(自分の作品集)を提出すれば、企業からの評価が大きく変わってきますよ。

Web・IT系に特化した転職エージェントも活用しながら、憧れのwebデザイナーを目指しましょう!

■ 未経験からIT・WEB業界に転職する方法とは?

 

異業種・未経験転職 鉄板ガイド

異業種・未経験転職 鉄板ガイド
異業種・未経験転職はいばら道?
異業界への転職パターンを分析
転職しやすい異業種をご紹介!
未経験OKの求人が多い業界は?
転職は志望動機と自己PRで勝負
未経験から事務職に転職する方法
未経験で飛び込む医療事務の世界
会社を支える経理事務職の座!
IT未経験でも転職する方法とは?
未経験から目指すプログラマー!
未経験・文系が目指すプログラマー!システムエンジニア
職業訓練でweb・ITを学ぶ!

このページの先頭へ