【美容師の転職】成功のポイント紹介!

夢見てられない?美容師の現実

華々しく、オシャレでかっこよく見える美容師。憧れて、美容学校に通い卒業、無事に美容院に就職!これで晴れて念願の美容師になれる!と思ったのも束の間…。

就職したからと言って、すぐにお客様の髪を切れるわけではないし、給料は安い。営業時間外にも、朝はミーティングや店の掃除で早出、夜は閉店後にまたミーティングや個人練習で、家に帰れるのは日付が変わる頃。残業代はつかないし、定休日しかない休日も練習やコンテスト、講習などで潰れがち。

そんな過酷な就業形態に直面して、このままでいいのだろうかと思う美容師は多いようで、離職率の高さも他の業種に対してかなりの高さとなっています。日々の立ち仕事で、足や腰を痛めたり、シャンプーやパーマ液で手が荒れてしまったりといった、身体的な理由も多いようです。

でも、いざ転職しよう!と決意しても、今まで美容師になることしか考えておらず、どうしたらいいのか分からないという声も多い職人職。どうすれば転職を成功させることができるのか、一緒に見てみましょう!

転職を考えているなら、決断は早めに!

体力勝負の美容師は、35歳から40歳くらいまでが限界という見方もあるようです。年々立ち仕事のせいで腰を痛めるという人も多くなり、朝から晩まで働き詰めの美容室勤務は過酷で、その頃までに自分の身の振り方をある程度考えておく必要があるといえるでしょう。

働いたあとの深夜までの個人練習やミーティングで、家には寝に帰るだけ。その割に年収も300~400万円くらいが相場で、決して高いとは言えず、晩婚の傾向もあるようです。いっそ独立して自分のお店を持つか、それとも夢には見切りをつけて、給料や休日など待遇のいい他業種に転職するか…。

けれど、30代・40代になって他業種への転職を考えていては、はっきりいって遅いと言わざるを得ません。同じ業種の経験を長年していた人でも、30代・40代と年を重ねるほどに、再就職が難しくなるのが、今の転職の常識です。ですから美容師経験しか職歴がないのなら、業種が違えば違うほど転職は難しくなってしまいます。

美容師の転職でやるべきこと

美容師のまま他店への転職・他業種への転職、どちらにしてもまずやらなければいけないことは、下調べですよね。自分が今後どうなりたいのか、何がしたいのか、それをしっかりと見極めて、自分の意向にあった転職先を探す必要があります。

数え切れないほどバリエーションに富んだ職種の中でも、美容師の仕事は特に過酷な職場であると思います。そのため、仕事を辞めた後に一度しっかり休みたいと考える人が多いのか、適当にフリーターになってみたり、貯金を使って休みの期間を設けるパターンがあるようですが、その就職空白期間は、その後の就職活動にプラスに働くことはありません。なぜ前職の後にフリーターをしていたのか?職歴に空白期間があるのか?面接時には必ず聞かれると思って間違いはありません。

忙しく、時間を割くのも大変とは思いますが、今の職場にいる内に、資格を取ったり、必要なスキルをしっかり磨いておけば、きっとその後の転職活動に活きて来るでしょう。まずは転職の意志を職場に伝える前に、自分が何をしたいのかしっかり見極め、転職活動を始めましょう。

美容師の転職活動ってどうやるの?

朝から晩まで職場、休日も少ないから、転職活動にもなかなか時間を割けない…美容師の転職活動は、自分でマメに動くのは大変!そしてずるずると今の職場に…という方も多いのではないでしょうか?

そんな時は、WEBの転職サイトで活動するのがおすすめ!でも転職サイトもたくさんあって、どれを選んだらいいのか悩んでしまいます。そんな時は、リクナビNEXTをおすすめします。転職者の80%が利用し、使いやすさから高評価を得ているサイトです。そのため業種も豊富ですし、スカウトシステムもあるので、忙しい美容師にはぴったり。

検索画面では職種が分かりやすく選択できるようになっていて、理美容やブライダル、ヘアメイク、ファッションなど、美容師の転職先に人気の職種も豊富に揃っています。美容師を続けたい方は美容院、他業種への転職を希望する方は気になる業界、ボタン選択一つでリストアップされるので、待遇比較にもぜひ使ってみてください!。

他店への転職で気をつけたいこと

どんなに辛くても、やっぱり美容師になることは夢だった。これからも続けたい!という方は、より自分に合ったスタッフ、業務形態、給料のところに転職したいと考える方もいるでしょう。ですが、美容師の転職のタイミングはかなり難しいようですね。先に言ったように、美容師は若さが求められる職業でもあるようなので、早ければ早いほど良いよう。

けれど、アシスタントの時点で転職すると、転職先でもまた1からアシスタントとして勉強しなければいけなかったりということもあるようなので、募集内容には気をつけたいところですね。
そして、辞め方も気にしなければいけないポイント。業界として限られた世界と言えるので、店同士のコネクションがあったりすれば、喧嘩などマイナスイメージを残す退職や、嘘の体の不調を理由にして辞めると、後々の自分の評価にも傷が付く場合もあるので、気をつけましょう。
また、転職先の面接では、なぜ移動したいと思ったのかを聞かれると思います。その際には前の店のマイナス面を上げてしまうと、気難しいタイプと思われる恐れがあるので、転職先がいかに自分の求めている職場であるかという受け答えができるといいかもしれません。

美容師から転職【おすすめ①】

美容師は自分に向いていなかった。他の業種に転職したいという人には、こんな業種をおすすめしたいと思います。

■アパレル・ファッション:元美容師という人に人気の業種です。
美容師を目指した人には、やはり髪だけでなく、自分のスタイルというものに拘りや興味を抱いている人が多いと思われます。そんな興味やセンスを活かし、ファッション業界に転職する人は多いよう。

■式場の美容スタッフ:ヘアアレンジやメイクなど、美容師だった時のスキルを活かせるおすすめの業種だと思います!
自分の身につけた技術を使って、幸福な時間のお手伝いができる、やりがいある仕事ではないでしょうか?

■営業職:お客様とのコミュニケーション能力が問われる美容師。一見まったく関わりのない業種で尻込みもしてしまうかもしれませんが、美容業界も広く、美容商材などの営業であれば、知識もコミュニケーション能力も活かせるお仕事だと思います。

美容師から転職【おすすめ②】

学校まで行って取得した美容師資格を無駄にしていいのだろうか…そんな風に悩む方も、免許を活かせる他業種があるのをご存知ですか?

■アイリスト:まつげエクステ・まつげパーマなど、まつ毛ケアをするお仕事です。
初任給はおよそ18万円くらいが相場で、休日や就業時間も美容師に比べて負担が少ないと思います。こちらも技術職ですから、ゆくゆくは独立して自分の店を持つこともできます!

■福祉美容師:介護が必要な方、障害のある方を対象に、自宅・病院・施設を訪問してお仕事をする美容師です。
認定福祉美容介護師の資格取得が必要になりますが、試験はなく、NPOや厚生労働省認定協会が行うスクーリング・通信教育の参加で取得することができます。受講資格として美容師免許を取得していることが必須の資格で、休日や就業時間など通常の美容師とは違い安定した状況で仕事ができる職種です。

美容師の転職 まとめ

せっかく学校まで行って、やっと夢だった美容師になれたのに、思っていたのと違う。疲れてしまってもう頑張れない。そんな風になってしまった方は、思い切って環境を変えてみてはどうでしょうか?
まだ美容師は辞めたくない、と思うのであれば他の店への転職。もう体がついて行かないと思うのであれば、他の職種への転職。そうすれば、もっと自分に合った環境やお仕事に出会えるかもしれません。
給料や休日、その他の待遇は、お店や業種によっても違います。WEB転職サイトなら、スマホからでもその場で比較することだってできるので、自分に合った職場をまずは探してみるのもいいのでは?

このページの先頭へ