リクナビネクストの転職フェアってどうなの?

リクナビネクスト転職フェアの魅力

>> 実際に参加してみました!

リクナビネクスト転職フェアの概要、特徴

転職の大手リクナビネクストが主催!2015年9月、景気回復の波に乗るようにリクナビNEXTの転職フェアが7年ぶりに開催されました。以降、東京や大阪、名古屋などの大都市でコンスタントに開かれている転職イベントの概要をご紹介します。

まず、「リクナビネクスト」とは株式会社リクルートキャリアが運営する総合転職サイトのことを指します。社会人のための転職・求人情報をはじめ、転職のノウハウなどお役立ちコンテンツを発信しています。転職を志した人ならば、必ずと言っていいほど閲覧したことがあるサイトでしょう。

もちろん転職フェアも毎回大盛況で、魅力的な企業がたくさん出展しています。そのラインナップは、金融・サービス・食品・ITエンジニアなどの有名企業から地元密着企業まで80社以上!

イベント当日は、求職者の経歴や強みを伝えるツールとして「コミュニケーションカード」を使用します。カードに書き込む情報は、現在の就職状況や最終学歴、職務経歴など。「仕事で活かしたい強み」のチェック項目もあります。作成したカードは訪問した企業の担当者に渡しましょう。

イチオシ企画として、転職コンサルタントによる転職セミナーも実施されます!

「自分に合う仕事の見つけ方」「職務経歴書の書き方」「面接への臨み方」といった、転職活動の際に役立つ各種セミナーは必見です。セミナーは予約不要の自由入場制。資料も配布され、内容が非常に分かりやすいと評判です。

当日予約制のキャリア相談コーナーでは、経験豊富なアドバイザーから自身のキャリアに関するアドバイスを貰えます。転職活動の中で不安に思うことや分からないことがあれば、ぜひ利用してみてください。(お一人30分程度)

会場内ではシールラリーも行われます。企業ブースをまわって集めたシールの枚数に応じて、ドリンクや軽食を貰えたり、豪華賞品が当たる抽選に参加可能!企業とのふれあいだけでなく、こういった企画も楽しみのひとつですね。

そのほか、「企業ブースの回り方」や「効率的なフェアの活用方法」、「会場内の説明」などをご案内するフェアナビゲーターもいるので、初めての方も安心ですよ!
 

参加するメリット。事前登録するメリットは何?

現場の社員の方と直接話せる転職フェアは多数ありますが、リクナビNEXT主催ならではのメリットがあります。

まず、事前に気になる企業をチェックできる「出展企業チェック」は、他のイベントにはなかなかないサービスです。各企業の募集ページから訪問予約も可能!当日は効率よく企業ブースをまわれます。

プロのカメラマンによる履歴書用の写真撮影コーナーも大人気。スピード写真の何倍もいい写真を撮って、履歴書の好感度をアップさせちゃいましょう!

各企業ブースには「応募者に求める強み」が掲示されており、「グッドポイント診断」をあらかじめ受けておくことで企業選びの幅が広がります。

グッドポイント診断は、リクルートキャリアが開発した本格診断サービス。所要時間30分程の質問に回答していくと、転職活動で生かせるあなたの強みが判明します。その診断結果は自己PR作成の際にも活用できることでしょう!

先ほどご説明した「コミュニケーションカード」は当日記入も可能ですが、事前に準備して持参すれば会場での手間が省け、スムーズに企業ブースを訪問できます。訪問したい企業数に加え、予備のカードを多めにコピーしておくと思いがけず出会った企業にも提出できて便利ですよ。

また、事前登録&来場特典としてQUOカード(500円分)のプレゼントも!

リクナビNEXT会員はもう一枚QUOカードが貰えるので、アプリのダウンロードもお忘れなく。アプリには当日の出展企業一覧やチェックリストなど便利な機能がついているので要チェックです!(※iPhone限定)

■ リクナビネクストに事前登録する →
 

オススメなのは(参加してもOKなのは)こんな人!

初めてじゃなくても参加できる?リクナビネクスト転職フェアは、主に「はじめての転職フェア」というタイトルで開催されています。

「転職フェア自体は初めてじゃないんだけど……」と心配になってしまった方、ご安心を。もちろん、転職初心者でもベテランでも、どなたでも参加することができます。

参加者の年齢層は25歳前後が多く、30~40代くらいの人もいらっしゃいます。転職市場では第二新卒の求人が増えているということで、やはり若年層が目立つ印象です。

男女比は6:4くらいで、約7割の方がスーツで来場します。服装は自由とはいえ、やる気のなさそうな格好はNGというわけです。

履歴書不要ということで、極端な話、手ぶらでも参加できちゃいます!

資料や来場特典をいただくこともあるので、手提げバッグがあると◎。筆記用具やクリアファイル、身だしなみチェック用の手鏡などがあればカンペキですね!
 

リクナビネクスト転職フェア 開催日程と場所

2016年は、9月10日(土)に名古屋にて「はじめての転職フェア」が開催され話題になりました。次回以降の転職フェアは下記の通りです。

■はじめての転職フェア
2016年12月10日(土) 大阪コングレコンベンションセンター

■私の転職フェア
2016年11月23日(水祝) 名古屋国際会議場
2017年1月14日(土)  東京国際フォーラム

ちなみに、昨年は9月に東京、12月に大阪で転職フェアが開催されました。もしかしたら転職シーズンに合わせて開かれるのかもしれません。リクナビネクストからの続報に期待しましょう!
 

参加した人の感想、口コミ評判

・「はじめての転職フェア」に参加しました。実際、転職フェアというものは初めてだったのでアメ横店員のようにグイグイ来る企業には引いてしまいました(笑)
(東京 27歳・男性)

・会場で人事の方から名刺をいただいて面接までこぎつけました。内定には至りませんでしたが、今後の課題も見つかり新たなスタートラインに立つことができたと思います。転職活動中の方も現状に迷っている方も、思い切って参加してみるといい刺激を受けられる場だと思います。
(愛知 31歳・男性)

・転職したい業界は決まってたので、企業ブースがジャンル分けされてないのが不便でした。テレビCMを流すくらい有名な企業はやっぱり混雑してました。
(埼玉 29歳・女性)

・キャリア相談コーナーがよかったです。なかなかエージェントに相談に行く時間が作れなかったので・・・プロの方に相談できて悩みが解決しました。
(東京 26歳・男性)
 

「はじめての転職フェア」に行ってきました!


どうもこんにちは、20代の独身OL・A子です。転職に備えて情報収集というわけで、来たる2016年9月17日(土)、大型の転職フェアに参加してきました。

転職エージェントのリクナビNEXTが主催する「はじめての転職フェア」。土曜日のみの開催ですが、11:00から18:00までやっているのでスケジュールの都合がつけやすくて個人的に大助かり。「入場無料・履歴書不要・入退場自由・服装自由」と条件も厳しくなく、まさに転職イベントデビューに最適です。

出展企業は約120社! HPで確認したところ、超有名企業の名前がたくさんあり参加前からワクワク……そんなこんなで迎えたイベント当日。このレポートが少しでも転職活動中のお仲間さんの役に立ったら幸いです!

イベント会場の東京国際フォーラムは丸の内エリアにあり、最寄り駅はJR有楽町駅やメトロの有楽町・銀座・二重橋前・日比谷駅です。わたしは有楽町線に乗って有楽町駅で下車。B1階の地下コンコースと東京国際フォーラムが連結しているのでらくちんなのです。
コンサートや舞台を観るために来たことはあるものの今回の目的は転職フェア。「国際フォーラムって言ってもホールがいくつもあるんですけど……」と思いながら辺りを見回すと、案内板を発見! ここで初めて「ホールE」が最終目的地ということが判明しました。この時点で誘導してくれるスタッフはいないので、人によってはちょっと戸惑ってしまうかも?

エスカレーターで下っていくとやっと国際フォーラムらしい景色が! さらに下ったところで受付が見えてきました。「事前予約をしている方」と「事前予約をしていない方」で入口が異なります。わたしは事前エントリー済みなのでそちらの入口へ……すると、前を歩いていたスーツのお兄さんが「初めての転職フェアじゃないんですが入場できますか?」と質問していました。スタッフさんの答えは「大丈夫ですよ!どうぞお入りください」。
そうなんです! イベントタイトルは「はじめての転職フェア」ですが、リピーターも他のイベント経験者も参加OK。わたしは公式HPで確認しておいたのでずかずか進みました(`・ω・´)

手続きをする前にまずは首から下げる職業タグを選びます。タグは「事務・企画系」の他に「営業」や「エンジニア」など5種類ほどありました。ここでは今現在の職種ではなくて「転職希望の職種」を選びましょう!

続いて「コミュニケーションシート」なるものに記入します。内心、(事前にWEB登録した意味は……?)と思ったのはここだけの話。シートは転写式になっていて各企業ブースで提出する仕組みです。

コミュニケーションシートを持って来場者受付場所へ行くとハイテクな機械を設定してくれます。この「フェアTouch!」というICカードを企業ブース訪問時にタッチするとシールラリー用のシールを貰えるのだとか。正直ハイテクなのかアナログなのかわかりません!(笑)

パンフレットと資料類を入れるための黄色い手提げ袋を貰っていざ会場内へ。
「まずはまわり方セミナーへ」というプレートを掲げた人がいました。わたしが会場MAPを眺めていると赤い服のスタッフさんが「どういった企業をお探しですか?」と声をかけてくれたので、転職フェア初心者の方にやさしい空間だなぁと感じました。

さて、企業ブースを回る前に忘れちゃいけない場所へ向かいます。事前登録者だけの特典「QUOカード(1000円分)」をGETしにいきます! 特典の受け取り方はメールで届いた受付票を提示するだけ。QUOカードはコンビニや書店で使えるのでうれしい!


続いて向かうは、QUOカード引き換えコーナーのすぐ近くにあるセミナー会場。この日に開かれたセミナーはこちらです!

11:30~12:15
転職力向上セミナーI 探す ~自分を活かせる・自分に合う仕事を見つける方法~」
13:00~13:45
転職力向上セミナーII 伝える ~「会ってみたい」を引き出す職務経歴書の書き方~
14:15~15:30
ライフイベントに左右されない自分らしいキャリアのつくりかた
15:00~16:00
転職力向上セミナーIII 掴み取る ~「一緒に働きたい」を引き出す面接テクニック~

わたしの最近の悩みは、転職の方向性に対してかなり迷走していること。なので、14:15からのセミナーに参加しました。セミナー選択の結果は……大正解!

人気企業で活躍している女性がゲストで登場して、女性ならではのキャリア構築方法や成功の秘訣など、貴重なお話をたくさん聞けました。質疑応答コーナーも盛り上がってましたよ~! セミナー会場はオープンな造りなので、もし満席でも外から聞くことができそうです。

いきなりセミナーに参加してしまいましたが、自分の気分や優先順位に合わせて自由に回れるのが転職フェアのいいところ。もちろん、本日のメインは企業ブースです。わたしは事務系の職種を募集している企業や、呼び止められて興味を持ったIT企業のブースを訪問。

各企業の方針や仕事内容を教えてもらい、自分の転職ビジョンについても語りました。その場で人事担当者の名刺を頂いたり、その日の夜に訪問した企業から説明会の案内メールが届いたり、やはり色々な形で転職チャンスがあると実感。

その後、某大人気テーマパークを運営する企業のブースとお笑い芸能事務所のブースが盛況だったので覗き見! 何度か転職イベントに行ったことがありますが、今回は特にビッグネームが多かった気がします。主催のリクナビNEXTが大手サービスだからでしょうか?

120社もあるとどこに行けばいいか迷ってしまいますが、そんな時は消去法で考えてみるのもおすすめです。「この仕事は興味ないや……」という感じで絞っていきましょう。「それだと新しい出会いがないじゃん!」と思うなかれ。会場内では本当にたくさんの企業の方から呼び止められるので、その時にビビッと来たら話を伺えばいいのです。お目当ての企業があるなら「出展企業一覧」ですぐに見つけられますよ。


「おっ!これは!」と思ったのが「求人情報コーナー」です。他の転職フェアでは意外とストレートに求人情報を貼りだしてはいません。リクナビNEXTのサイト内に掲載されている案件かもしれませんが、これは来場者にとっても企業にとっても効果的。「企業のことを知りたい・顔を合わせてアピールしたい」というのはもちろん、レアな求人情報を手に入れたいもの。求人情報コーナーで気になった企業のブースに行ってみるというのもアリです。

履歴書用写真撮影コーナー&キャリア相談コーナー
会場内で異彩を放っていた黄色い車は写真撮影用の移動車。プロのカメラマンが無料で履歴書用の撮影サービスを行っていました。履歴書用の写真は何枚あっても足りないので無料はありがたい!しかし、当日予約制なので注意が必要です。

同じく当日予約制の企画が「キャリア相談コーナー」。転職サポート経験が豊富なキャリアアドバイザーが相談に乗ってくれます。所要時間は30分程度。わたしは「転職後のキャリアプラン」や「そもそも転職した方がいいのか」といった悩みを打ち明けて、色々とアドバイスを頂きました。

シールラリーに参加したので休憩コーナーでドリンクを貰ってほっと一息。折りたたみ自転車やエスプレッソメーカーが当たる抽選にも挑戦しましたがこちらは残念賞でした……。

この時点でイベントの満足度は相当高かったにも関わらず、会場を出る際に配られたのはなんと「タクシー初乗り(730円)無料」のクーポン!! これはうれしいですね。転職活動中のちょっとした移動に役立ちます。

さらに、英語学習オンラインスクール「スタディサプリENGLISH」を3週間無料で体験できるチケットも貰えました。普段は月額980円のサービスなので、転職成功&ステップアップを目指して試してみようと思います。

当イベント参加者の特徴は男6女4といった感じ。男女共にほとんどの方がスーツで、女性はオフィスカジュアルな服装も見かけました。年齢層は20代~40代くらいで、皆さん真剣モード。「年齢がネックで転職を諦めるのはもったいない!」と強く感じました。

企業の担当者もおじさまから綺麗なお姉さんまで様々で、来場者の数も多すぎず少なすぎず……ブースの待ち時間も長くて5分程。全体的にとても過ごしやすかったです。

「女性は居心地が悪い」とか「若い人しかいない」という問題もなかったので、転職フェア未経験の方にも常連の方にも真っ先におすすめしたいイベントでした!

>> リクナビネクストに事前登録する!

 

転職フェア 鉄板ガイド
メリット満載!転職フェア徹底解説
DODA転職フェアの満喫テク
転職EXPOの実態を徹底解剖!
type転職フェアの強みとは?
@typeエンジニア転職フェア
@type 女性の転職フェア!
学情の転職博に行ってきました!

このページの先頭へ