学情の転職博に行ってきました!

学情の転職博に行ってきました!

転職博に行ってきました!

2016年2月21日、Re就活で有名な学情主催の「転職博」に行ってきました。前々から「転職フェア」には興味があったのですがなかなか行動に移せず、友人の勧めもあってようやく参加できました!そんなわけで、今回はその体験レポートと個人的な感想をお届けします。

いきなり壁が立ちはだかりました!

いざ転職フェアに行ってみようと情報を検索してみてもこの時期(2016年2月)に都内・関東近郊で開催されるイベントの少ないこと・・・2月ではちょっと遅かったみたいです。

そんな中、運よく見つけた「転職博」は新宿で土日に開催と会社員にもとっても都合がよく、「女性が輝くシゴト特集」というプチテーマも気になったので即エントリーしました!

なんでも事前にエントリーすれば1,000円分のギフトカードが貰えるそうで・・・別にそれが目的というわけではありませんよ、はい。ちゃんと転職活動してきます!

 
新宿駅に到着
新宿駅に着きました。
 

会場までの道のりはカンタン

今回の「転職博」は服装自由・入退場自由ということで、誰でも気軽に参加できそうなイメージ。リクルートスーツは気合い入れすぎかな……と悩んだ挙句、「無地の白シャツにグレーのセーター+タイトスカート、紺色のローファー」で参戦。オフィスカジュアルを目指して地味街道を迷走した感じですが、大切なのは清潔感だろうと自分に言い聞かせました。

会場となる「新宿エルタワー」は、JR新宿駅西口から徒歩ですぐ。改札を抜けて地上に出るとすぐ目に入る、「東京モード学園」のビルの右隣です。
転職博会場の新宿エルタワー
「東京モード学園」のビルは、繭(まゆ)をイメージしたという斬新なデザインなので目印に最適。

 
エルタワーを発見!
エルタワーまでの道中やビルの入口に「転職博」の案内はありませんでした。自分の他に同志(ライバル?)らしき人もいないので恐る恐る中へ入ってみると、館内の催し案内板に「転職博」の文字を発見!エレベーターで一気に30階まで昇りました。
 
転職博の文字を発見!いざ出陣!
30階の転職博会場へ突撃~!

 

エントリーシート記入~受付の流れ

さすが都内の高層ビル!外の眺めが素晴らしくて、なぜかここで初めて緊張感を覚える・・・目があった男性スタッフに不審者と思われないように軽く会釈。

「ようこそ~こちらでエントリーシートを作成してください」と誘導されたのは、窓沿いに設置されたカウンターでした。
エントリーシートを書いて下さいと、カウンターに案内されました

エントリーシートは「2016年新卒者用」と「既卒者用」の2種類。ちらっと両隣の方のシートを確認すると、どちらも既卒者らしくてなんとなく安心してしまいました。

記入するべき項目は、履歴書と異なりどれも簡単なものでしたが、最終学歴の卒業年をド忘れして慌ててググったので、自分の経歴くらいは頭に叩き込んでおきましょう。
エントリーシートは新卒用、既卒用になっていました
エントリーシートはこんな感じで新卒・既卒で分かれていました。第二新卒もOKです。

受付にエントリーシートを提出すると、イベントの概要や参加企業を紹介している冊子と会場内の地図を手渡されました。そのときに「事前に申し込みされましたか?」と訊かれたので、事前エントリーの旨みはおそらく先着プレゼントのみ。

エントリーシートの記入時間を短縮できるわけではありませんでした。転職イベントによって事前に登録すると、待たなくて良いとか、エントリーシート都下の記入がなくて入場が楽という場合もあるので期待していたんですが。

ちなみに事前エントリーの特典を貰うには、5つ以上の企業を訪問することが条件。しかも先着100名。世の中そんなに甘くない!あ、念のため言っておきますが、特典目当てで参加したわけではないですよ!!

 

何もわからないまま企業ブースに突入

今イベントの開催時間は11:30~18:00でしたが、わたしが入場したのは早くも遅くもない12:30頃。会場内は大賑わい、という様子もなく、かといって誰かが案内してくれるわけでもない・・・とりあえず会場内をぐるっと一周してみることに。
 
転職博の会場内はこんな感じでした。
会場に入ってみると、思ったほどには混雑していませんでした。

この日の参加企業は、IT・サービス・食品・アパレル・スポーツなど多岐ジャンルにわたる約30社。わたしはITなどのエンジニア系企業に目をつけていました。営業はたぶん向いてないし、技術が身につく仕事がいいな~なんていうぬるい動機です。

しかし!!

企業ブースエリアに突入した途端に声をかけてきたのは生命保険の会社。「お話だけでもどうぞ!」という勢いに押されてあっという間に着席。ブースには椅子が3つあり、企業の方は3~4人ほどいて個別に対応してくれます。これがまた緊張する~!

もっと大規模なイベントだったら集団に混じって説明を受けられたのかも・・・ガチで狙っていた企業ならば個別対応はうれしい限りですが、「ザ・NOと言えない日本人A子」が裏目に出ました。

 

思いがけない会社・職種との出会いも

でもでも不思議なことに、企業の方針や雇用体制の話をされるうちに、かなり前のめりになって聞いていたのです。苦手意識のあった営業職のはずが、知れば知るほど「やりがいがありそう!」という気持ちに。丁寧に解説してくださった採用担当者さんの名刺までいただいて、ほくほくとブースを退席。

これは来て早々に目からうろこ!

上辺だけの情報で判断するのと、リアルなお話をきくのではまったく違いました。あらかじめ企業に目星をつけておくのは当然ですが、こういった予期せぬ出会いも期待できそうです。

実際、そのあと気になっていた企業に向かったのですが、IT関係・女性社員活躍中だというのに担当者は50代くらいの男性。口下手なのか会社の魅力がまったく伝わってこず、堅苦しい運営体制が残る時代遅れ企業というイメージに。

「就活中の分際で何を言うか」思われるかもしれませんが、やはり魅力を感じる企業で働きたいというのは私の本音。企業側も担当者さんは慎重に選んだ方が良いかもしれません。

 

気になる参加者の実態は・・・

参加前に気になっていたのは、企業はもちろん参加者について。だって男性しかいなかったら入り辛いですしね。

落ち着いてキョロキョロと周りの様子を伺うと、参加者の推定年齢は20代~40代。意外にも、新卒の20代っぽい方よりも20代後半~30代に見える方が多かったです。男女の比率は7:3といったところ。「女性が輝くシゴト特集」の効果はそれほどなかったのかもしれません。
 
参加者は20代、30代、40代。男性7割、女性3割くらいでした。
参加者の様子。男性の方が多かったですが、女性も結構いました。

服装の傾向はそんなに偏っていませんでした。「いかにも就職活動中です」というようなかっちりスーツの方が5割、わたしと同じく「堅すぎず軽すぎず」を意識したビジネス向けカジュアルファッションが4割、残る1割は「地元か!」と突っ込みたくなるぐらいラフな格好の方々。よかった、一応浮いてはなかった!

もちろん、ここで印象を良くして面接までこぎつけたいと願っている人は、スーツで参加しておくのが無難でしょう。わたしは初参加ということもあり、イベントの雰囲気を掴んだあとはずいぶんリラックスしてブースを回れました。

ここだけの話ですが、隣に座っていっしょに説明を受けた男性が、スーツを着ているのに猫背。しかも大股を開いてずーっと貧乏ゆすりしているのを見て、身だしなみ・第一印象ってなんなんだろう……と疑問に感じました。

こちらが本気で話を聞いていることを感じ取った企業は、「集団面接もあるのでぜひ申し込んでください」とか「名刺をお渡ししますので直接メールください」とか、次のステップをどんどん提示してくれました。就職活動となると身構えてしまうのが人間ですが、転職フェアの段階でそんなに気負う必要はないのかな~と思います。

 

転職博、行ってみての感想と評価

「転職博」に参加して感じたのは、「就職難の時代ではあるけれど、求職者にやさしいコンテンツも増えてきた」ということ。こういったイベントに参加することで求職者は企業や職業に対する新発見を得られて、企業側も自社をアピールできるばかりか有望な人材を発掘できちゃうんでしょうね。

お互いに「なんか違うなぁ」という空気が漂えばその場でさよならできるわけで、膨大な数の履歴書をチェックするよりも絶対に有意義ですよね。全国で就職支援イベントが開催されている理由がなんとなくわかりました。

そういったイベントの中でも、今回の「転職博」は小~中規模なのだと思います。100社以上が一堂に会する転職フェアとは、それぞれメリット・デメリットが異なるのではないでしょうか。

過去の開催内容をチェックしてみると、大規模なイベントは細々した当日の催しや来場特典が満載。心惹かれる企業が一つもないということはおそらくないでしょう。しかし、すべてのブースを回ることは不可能ですし、人気企業は個別面談が行われないケースがほとんど。

それに対して、参加企業数50未満の「転職博」は実にアットホーム。1ブースの所要時間は10~20分程度だったので、その気になれば一日で全企業を網羅できそうです。大物ゲストによる講演会などは期待できませんが、混雑する場が嫌い&濃い面談を希望する方にはとってもオススメ。会場内に2ヶ所あった転職相談所も、それほど待たずに利用できそうでした。

また、転職サイト「Re就活」自体が第二新卒や既卒者といった20代に強い転職サービスなので、転職市場で不利になりがちな若者にもオススメです。

そしてなんとうれしいことに、今回は女性限定のノベルティがありました!中身は日焼け止めスプレーやヘアケア用品など・・・これらを無条件で貰えるってすごくないですか!?
転職博の会場内はこんな感じでした。

残念ながらこれはという企業がなく、転職先は決まらなかったけれど、家に籠ってぼ~っと求人サイトを眺めている休日にならずに済みました(笑)。また機会があれば、気になる企業が参加していたり、女性に有利な特集・特典があるイベントを狙って参加してみようと思います!

 

転職博 概要

開催日時 : 平成28年2月20日(土)、21日(日)
開催場所 : 東京 新宿エルタワー
主催会社 : 株式会社学情(「Re就活」運営企業)
リポーター: A子(関東在住、20代女子)

 

転職フェア 鉄板ガイド

転職フェア 鉄板ガイド
メリット満載!転職フェア徹底解説
DODA転職フェアの満喫テク
転職EXPOの実態を徹底解剖!
type転職フェアの強みとは?
リクナビネクスト転職フェアの魅力
@typeエンジニア転職フェア
@type 女性の転職フェア!

このページの先頭へ