ニートが使える就職支援サービスまとめ

ニート支援サービスまとめ

まずは、就職サイトに登録するところからはじめましょう。現状の自分のスキルから、アプローチが可能な会社があるかどうか見極めることが、今の自分の状態を正確に把握する第一歩です。

ニート向け就職支援サイト

DYM

DYMは就職成功率、驚異の96%!これまで5,000人を正社員として就職させており、優良企業求人数は2,000社となっています。

エージェントが二人三脚でしっかりとサポートをしてくれるので、安心して就職活動に取り組めるのも自慢のポイント!

就職成功者の声・・・

・DYMに会員登録したら、すぐ良い求人に出会えました!
・登録後すぐに連絡をくれて、翌日にはエージェントの方と面談が出来て、とにかくスピーディーでした!
・入社するまで、しっかりとサポートしてくれました!

実際にDYMを利用した方達からこのような声がありました。
生の声や体験談って大切ですよね!!

    DYM 4つの特徴

  • 10代、20代向け
  • ニート、フリーター、第二新卒、既卒向け
  • 書類選考なし
  • 学歴や経歴が不安な方でも大丈夫!

>>DYM就職の詳細

 
 

ニートの就職を支援する企業・団体とは?

ニートの就職を支援する機関をご紹介します日本にはニートや引きこもりとなってしまった若者の就業を支援する様々な機関や組織があります。

ニートの人口は、39歳までの高齢ニート(SNEP、スネップとも言われる)を加えると、五年前までは100万人に届く勢いでした。近年はやや減少傾向にあるものの、それでもなお80万人前後の人間が働けるはずなのに働かない、「眠った納税者」にある現状を、政府も無視できないのです。

ニートで居続けることに対して世間は冷たい視線を送っています。それは企業側も同じことで、ニートに対しては厳しい態度を取っている企業も少なくありません。しかし、最近は政府の働きかけもあって、ニートに就職の門戸を開く企業も増えてきました。

ニートや引きこもりの人の就業支援を行っている代表的な機関をいくつか紹介します。それぞれの機関に特色や個性があります。自分のニーズや考えにあった機関を選んで、社会復帰を応援してもらいましょう。

 

ジョブカフェ

最もポピュラーなものはハローワークでしょう。全国に存在し、誰にとっても使いやすい機関です。何から手をつけていいかわからない人は、まずはハローワークの門を叩いてみるのがおすすめです。

都市によっては、ハローワーク内に、若年求職者に特化した就職支援もあります。
例えばジョブカフェは都道府県の機関であり39歳までがジョブカフェの利用対象となります。若年層に特化していること、都道府県の運営なので地方地方の特色や傾向に即した運営がなされているのが特色です。

青年に的を絞った支援機関なので、当然ニートや引きこもりにも対応しています。ハローワークと隣接していることも多いので、両方とも覗いてみるといいでしょう。

 

若者サポートステーション(サポステ)

厚生労働省から委託をうけたNPO法人や企業が運営しているのがサポステ
です。求職のための施設と言うよりは、就労に悩んでいる15歳から34歳までの若者を対象に、就労のための支援を行う施設です。

カウンセリングや、技術的なセミナーなどを行い、就職につながるための様々な手助けをしてくれます。ただし、あくまで手助けなので、求人の案内はやっていません。

 

ヤングハローワーク

ハローワーク内の若者支援の窓口として、ヤングハローワークやヤングキャリアセンターす。ハローワークは公的な職業訓練の受付も行っており、まずは相談してみることをおすすめします。

特にヤングハローワークは若者やニート可の求人を多く案内しており、まずはここに相談してみることをお勧めします。

 

育て上げネット

さらに、ちょっと変わった角度でニート脱出をサポートしてくれるところとして、育て上げネットがあります。こちらはニート本人というよりはニートや引きこもりを抱える家族や親の立場で、解決策を考えてくれる機関です。

この機関から仕事が紹介されるわけではなく、ジョブトレーニングやカウンセリングを経て、求職活動をサポートしてくれます。どちらかと言うとニート本人というよりは、その周辺の家族にフォーカスを当てた活動が盛んなようです。

 

パーソナルサポートセンター

育て上げネットと似たような機関としては、パーソナルサポートセンターがあります。こちらは運営団体が自治体であったり、NPOであったり、弁護士会が支援していたりと、単純な就職支援組織とはちょっと一線を画しているといえましょう。

いろんな機関が「伴走型支援」と言うことを謳っています。こちらも就職のための組織と言うよりは、ニートや引きこもりだけではなく、DV被害にあっている人などの救済も行っており、家族の負担のケアや、精神的に立ち直り社会復帰をするための手伝いをしてくれます。

その救済の一環として就職支援をするといった感じです。あくまで生活再建のための支援組織と言う感じでしょうか。精神的に追い詰められているなどの問題点があるならば、一度門をたたいてみるのもいいでしょう。ただしあくまでカウンセリングがメインのため、多くの期待は禁物と言えます。

 

転職サイト、転職エージェント

ニートOKの転職エージェントを活用しましょう人との関わりあいが苦手なニートにとって、カウンセラーとコミュニケーションをとることを迫られる支援組織は敷居が高いものかもしれません。しかし、エージェントの中にはニートに特化した所もありますから、心配する必要はありません。

それでも面談などは厳しいと思うなら、まずは家でもできることとしてインターネットを使って転職サイトに登録し、自分の希望とマッチするような職場があるかどうか調べてみて、次のステップの行動として転職エージェントを利用してみるのも手です。

ニートOKの転職サイトは殆どありません。それでも、リクナビネクストならば求人数自体が膨大ですから、社会人未経験OKの求人も豊富です。手始めに登録して求人をも見てみるのも良いですね。

ただし、転職サイトを使って活動する場合、誰のサポートも受けずに1人で全部やらなければなりません。採用担当者との日程調整は?履歴書の準備は?職務経歴書って何?面接では何が聞かれる?リクルートスーツやネクタイ・靴はどれが良いの?

そんな悩みを解決してくれるのがニート歓迎のエージェントです。実際に活動する際にはエージェントの活用が欠かせません。また、面談で率直な希望を話して、あなたにマッチする職場があるかどうか探してもらうことも、大きな希望になります。

 

ニートの就活のやり方

ニートを脱するための就活の手順とは?ニートに対して周囲が持っているイメージは「怠け者」や「自信がない」「家でネットばかりしている」と言うようなネガティブなものばかりです。

それは企業側が持っているイメージも同じで、普通の企業はそもそもニートを採用し、お金をかけて研修してもすぐにやめてしまうのではないだろうか、と言う疑心暗鬼を持たれてしまっているのです。

そのような先入観を払拭する自助努力もそうなのですが、就活においては少しでもそのような先入観を持っていない、ニートの受け入れに積極的な企業を探すことがまずは大切であるとも言えます。

では、ニート生活を脱するために、どのような就職活動、就活を行っていけば良いのでしょうか?手順通りにやれば、意外とカンタンなんですよ。

 

ニートOKの転職エージェントに登録

ところで、転職エージェントとは一体どのようなものなのでしょう?少しだけ説明しておきますね。転職エージェントとは企業側がスポンサーとなっており、就活者は登録も利用も無料です。名前に「転職」とつきますが、ニートやフリーターでもOKなサービスもあります。

エージェントなので担当者と実際に会ったりと、人付き合いを得意とはしないニートには少し負担に感じてしまうかもしれませんが、ニートOKのエージェントの担当者はなれていますから、心配する必要はありません。

面談はもちろん、就職に必要となる技能などの教育や研修も無料で受けることができます。あなたが就活に対して真剣であればあるほど、担当者も熱心にサポートしてくれますから頼もしい存在とも言えます。

ニートOKの代表的なエージェントとしては、ハタラクイティブJAIC(ジェイック)いい就職.com就職エージェントneoUZUZキャリアセンターなどが有名です。必要なのは、職歴でもスキルでもなく、その扉をたたく(登録する)勇気だけです。

 

ニートOKの転職サイト、求人サイト

ニートOKの転職エージェント、転職サイトに登録!ニートOKの求人サイトもたくさんあります。求人サイトとは、ご想像通りネット上で使えるサービス。実際に人に会うのは希望企業の面接の時までありません。そういう意味では、誰でも気軽に、そして気楽に使用できるという利点があります。

しかしながら、求人サイトや転職サイトはそれこそ「ピンからキリまで」あります。単純に、オープンな形で求人企業を集めただけのサイトもあれば、求人企業側とコンタクトを取り、就業にブランクがある人でもチャレンジできる環境を整えているサイトもあり、まさに玉石混交なのです。

そのような中から、ニートや引きこもりでも十分活用できるサイトを探し出し、活用する必要があります。優良なエージェントやサイトは、いわゆるブラック企業かどうかもチェックしており、新入社員に配慮が厚いホワイト企業の求人を意識的に掲出してます。

それらの中で、ニートでも活用しやすく内定の可能性があるサイトとして、お勧めはリクナビネクストはたらいくになります。

リクナビネクストはあらゆる属性の人が利用可能な転職サイトで、未経験可、社会人経験なくても可の求人も多く登録されています。また、はたらいくは人物重視の求人が特徴で、こちらも未経験可の求人がかなりあります。

エージェントと違い、電話がかかってきたり面談があったりするわけではないので、登録だけでもして求人を眺めてみるのも良いですね。また、エージェントを利用して就活のコツが掴めて来たら、転職サイトで自分の希望条件で探した求人に応募するという使い方もできます。

正社員になれれば良いわけなので、「併用したら○○転生エージェントに申し訳ない」などと考える必要はありません。自分にとって最も活動しやすい使い方をしましょう。

 

志望企業を探す

心構えも固まったところで、目標とする志望企業を探しましょう。就職エージェントに登録しているならば、大いに活用し、最初はニートに対して門戸を開いている企業を中心に狙っていきましょう。

志望先で大事なのは、どんな仕事を希望するかも大切ですが、通勤が苦痛にならない距離、通勤時間や通勤距離、手段まで気にかけて考えておく必要があります。現実的ではない企業を選ぶと、途中でやめる羽目になり、経歴に傷をつけてしまうこととなってしまいます。

 

選考を受ける

目標とする企業が決まったらエージェントの担当者に面接の日程調整を行ってもらい(サイトの場合はサイト上でやり取りして日程を決定する)、履歴書を準備しましょう。履歴書の文字は極力丁寧に書き、写真もできるだけ清潔感を醸すような髪型にしましょう。

そして面接。面接する側は、「優秀な人」ではなく「一緒に働いて心地いいか」、つまり社風に合うか?ということが大きな判断基準になる事が多いです(特に日本企業の場合)。挨拶はしっかりと、そして物腰は優しく、を心がけましょう。

ニートOKのエージェントを利用している場合、面接官もそのことは分かっているわけですから、高いスキルや業務遂行能力を求めているわけではありません。変に有りもしないスキルをアピールしようとする必要はありません。

 

面談(面接研修~本番まで)

「やる気がある」「長く働きたい」をアピールしよう求職者がニートであること、ひきこもりであることを理解している企業であれば、そのこと自体が不利に働くことはありません。

まずは履歴書、職務経歴書は可能な限りきれいな字で書くよう心がけましょう。そして面接。面接する側も時間を消費するわけですから、初めから雇う気のない人間とは会うことはないのです。

自信を持って臨んでもらいたいのですが、ニートの若者が企業にアピールすべきことは「何ができるか」も大事ですが、「やる気がある」、「長く働きたい」と言うことです。

ニーとは仕事が長く続かないという偏見を持たれているため、すぐにやめない点は重要です。自分を無理によく見せることよりも、真摯に面接研修や模擬面接を受け、真面目に長く働きたいことを一生懸命アピールしていきましょう。

そして無事に内定が出たとしても油断は禁物です。いきなり正社員雇用になるとは限りません。まずは研修期間が数ヶ月有り、そこから本採用、と言うケースも多いです。しかし、せっかく掴んだチャンスですから、ある程度の年数は勤め上げたいものです。短気を起こしてやめてしまっても、残るのは履歴書の半端な職歴だけです。

入社と退職を数ヶ月単位で繰り返していると、それだけで敬遠されてしまうようになります。次のステップにするにしても、採用されない経歴を自分で作ってしまっているようなものです。

 

採用内定、入社

無事内定、そして入社。まずは時間厳守。遅刻は絶対しないよう気を付けます。困ったら、同僚や先輩社員に相談してみましょう。周りの先輩や上司も、あなたがいきなり活躍できるなんて思っていませんから大丈夫です。

会社は貴方が思っているほど、冷たくはありません。仕事が上手いか下手かが問題ではなく、誠実な態度での勤務が、自分の身の回りに味方を増やして行ってくれます。周りに助けれらながらなんとか仕事をこなしていき、1年、2年と経つうちに戦力になっていくのです。

 

ニート向け求人の見つけ方

ニート向け情報を持つ、公的機関やエージェントに頼ろうそもそも人付き合いを不得手としているのがニートになってしまう人に共通してみられる特徴かもしれません。しかし、仕事は人との関わりあいでしていくものです。

今はダメ人間でいいのです、これからどうなっていきたいのか?どうなっていくのかこそが重要です。ニートを脱却すれば過去は全て「いい思い出」です。そんな過去は笑顔で笑い飛ばしてやりましょう。まずは、ダメなあなたを100%しっかり見つめて、自分と向かい合った上で就職活動をはじめましょう。

ニートを積極支援する企業も決して少なくありません。そのような情報をしっかり持っている公的機関やエージェントに頼ことが大切なのです。使えるものは何でも使って、現状打破を目指していきましょう。

■ ニートOKな就職サイト・エージェント一覧 →

 

『MIIDAS』自分の市場価値が知れる!

miidas
皆さん、MIIDASをご存知でしょうか?
いくつかの質問に答えるだけで、自分の適正年収など、就活に役立つ情報が一気に知る事が出来ます。
自分の事を振り返る良いチャンスにもなり、就活をより充実させる為の1つの方法でもありますね。

適正年収が意外と高かった!!
業種別、年収別で見れるから便利!

など、多数このような声が寄せられています。診断は無料!所要時間は5分未満!お試し価値あり!

>>自分の年収を調べてみよう!

 

ニートOKの就職サイトなんてあるの?

ニートでもOKな就職サイトとは?
 

ニート就職 鉄板ガイド

ニート就職 鉄板ガイド
脱ニート、4つの具体的方法

ニートに待ち受ける悲惨な末路

30代ニート、将来はどうなるの?

ニートにオススメの資格とは?

女性がニートになりやすい理由とは?

目指せ脱ニート!バイト面接攻略法

このページの先頭へ