ハローワークはニートの救いの神になりえる?

ニートのハロワ活用術

ニートでもハロワを利用できる?

ニートから正社員になる方法

ニートでもハローワークを利用できる?ニートに限らず、職を探していて、なかなかうまく進まなかった人なら誰しもお世話になったことがあるであろう、ハローワーク。ところが、働きたい希望を持ってやってくる利用者の、やる気を削いでしまうことが、ハローワークでは往々にしてあるそうです。

事実、親身に相談に乗ってもらいたい人がハローワークでコテンパンに「口撃」され、自信を喪失しニートに陥ってしまうという本末転倒な話も聞きます。では、ニートにとってハローワークとは果たしてどんなところなのでしょうか?

 

ハロワを利用する際に注意すること

言わずもがな、ハローワークは求職者に就労先を紹介する所ですよね。しかし、カウンセリングを担当する職員によっては、かなり辛辣な言葉を投げてきたりします。このようなことは年配の職員に多いようです。

「いい若いモンが」と言う目線で見てしまい、厳しい物言いになってしまうのではないでしょうか。誰が担当してくれるか、と言うのは結構大きなポイントです。選べない場合もありますが、可能なら若い職員、年齢が近そうな職員を選んでいくのも作戦でしょう。

次に、求人を検索する場合はあまり希望給与を高くせず、まずは必要最低限の金額で検索してみましょう。特に。職歴、資格のないニートの場合、それだけでかなり対象となる企業は絞られてしまいます。ハローワークでは「あれはやだ。これはやだ」という態度ではなく、「仕事できるならなんでもやります!」と言う姿勢が大切です。

 

ニートがハロワを利用してもうまく行かない事もある

とは言え、ハローワークに対して過度の期待は禁物です。所詮はお役所、担当してくれる職員にもよりますが、自分は来所してくる何百人の一人であることを自覚しなくてはなりません。先のようなぞんざいな扱いを受けることもあります。

また、ハローワークにある求人も曲者で、求人票と実態がかなり異なっていたり、いわゆるブラック企業も数多く存在したりします。ハローワークに関わらず、就職活動をする上で、あまり他者に頼りきってしまうのは禁物です。あくまで、ハローワークは利用する場であり、就職活動で動くのは自分自身なのです。

ニートの就活、具体的な方法と流れ

 

結局は自分にPRできる魅力がないと就職できない

自己PRすることに抵抗をなくしていこうニートの人の多くに見られるのは、やはり人付き合いに苦手意識が強いことです。少しずつでいいので、自分の良さや得意分野を売り込むこと、自己PRすることに抵抗感を無くしていくことが大切ではないでしょうか。

人事の人が見ているのは、「この人が同僚になってもいいだろうか」と言うところです。就職はゴールではなく、始まりです。職場で自分の場所を築いていくことが、自分の生活を変えていくことにもなります。

ニートの就活、具体的な方法と流れ

ニートOKな就職サイト・エージェント一覧

 

ニートでもOKな就職サイトとは?

 

ニート就職 鉄板ガイド

ニート就職 鉄板ガイド
4ステップでニートから正社員!
ニートの就活の流れを徹底解説
ニート→正社員になる方法
ニートOKな就職サイトは?
ニートの社会復帰、その方法は?
ニートに向いている仕事とは一体?
リスクだらけのニートの収入源
職業訓練の活用方法とは?

このページの先頭へ