ニートでも就職して仕事できる?

ニートに向いている仕事とは一体?

ニートでも仕事はある?

ニートからの社会復帰のノウハウ

ニートでも仕事はある?面接で「今はニートしてます」とは誰でも言いにくいですよね。ニートに対する世間の視線は当然いいものではありません。

雇用する企業としては、「なぜニートなのか?」と言う理由を考えることになります。「仕事が続かない」「人付き合いに難がある」など、ネガティブな人物像を抱かざるを得ないからです。

ニートが社会復帰しにくい背景には、このような、世間のニートに対する理解の歩み寄りが乏しいことが挙げられます。

しかし、そもそもニートになった原因が、もともと人付き合いが苦手なのに、営業職に回されてしまったなど、性格と仕事の不一致などにあるのなら、そんな自分でもできそうな仕事を探しせばいいのではないでしょうか。もちろん、簡単なことではありませんが…

 

ニートに向いている仕事

社会という輪の中で生きている以上、他人との関わり合いは避けられませんが、自分が苦手なことは避けて、得意なことで稼げるような仕事を探す努力をしてみてはどうでしょう。

一旦ニートになってしまうといわゆる「出不精」になってしまいますが、まずはフルタイムでなくパートタイムで働いてみる方法があります。さらに、仕事をある程度選べる派遣会社などは、登録にもハードルが低いので、社会復帰の入口にしてみるのも悪くありません。

どうしても他人との関わり合いが不得手なら、ドライバーなどもありますし、パソコンの知識があるのなら、ウェブ制作やプログラミングなど、在宅でも「委託」という形で働くこともできます。例え在宅の仕事でも、自分の仕事の成果を社会の中で見ることが出来ると、達成感を感じることができ、更なる欲が芽生えてくることもあります。

ニートは就職できる?

 

ニート可の仕事で高収入や明るい未来は難しい。

それでも、ニートという状態を保ったまま仕事をするのはかなり難しいことです。先にも書いたとおり、社会のニートに対する目は厳しいものがあり、病気や失業というやむを得ない理由であっても、ニートで居続けようとする人間には「なまけもの」と言うレッテルが貼られがちなのです。

まずは一日一回は外に出る、自分の部屋の空気以外の空気を吸いに出かけてみることが大切ではないでしょうか。ニートでいる、何もしないでいる状態が長くなればなるほど、履歴書に生まれる職歴の空白は長くなってしまいます。結果的にニートで居続けることが、少しずつ自分の首を絞めていってしまうのです。

 

ニート可の仕事から脱却することは可能?

ニートから脱出できる?ニートでも大丈夫、と言う職場に安住していると、なかなか現状から抜け出ることは難しいです。あくまでも、ニートから脱出するためのワンステップとして捉えて、少しずつ規則正しい生活を身につけておきましょう。

就職実績が経歴についていけば、雇用する側もニートであるという先入観を捨てやすくなります。そのことを意識して、現状打破を目指していきましょう。

ニートを脱出する方法とは?
 

ニートOKの就職サイトなんてあるの?

ニートでもOKな就職サイトとは?

 

ニート就職 鉄板ガイド

ニート就職 鉄板ガイド
4ステップでニートから正社員!
ニートの就活の流れを徹底解説
ニート→正社員になる方法
ニートOKな就職サイトは?
ニートの社会復帰、その方法は?
ニートのハロワ活用術
リスクだらけのニートの収入源
職業訓練の活用方法とは?

このページの先頭へ