ニートからの社会復帰のノウハウ

ニートの社会復帰、その方法は?

ニートは社会復帰できる?

【参考】ニートの社会復帰、具体的な方法と流れ

ニートは社会復帰できる?インターネットでニートの社会復帰を検索すると、かなり厳しい文言が並んでおり、それだけで気が滅入ってしまうかもしれません。なぜ、ニートや引きこもりになってしまうと社会復帰が厳しくなってしまうのでしょうか?

多くの経験者が語るには「精神的に病んでいってしまう」と言うことが多いようです。社会生活を避けてニートになっていったとしても、ホッとできるのは初めだけで、長く引きこもっていると、次第に「このままでいいのか?」と言う不安が頭をもたげ、やがてはその不安に心を蝕まれて言ってしまうようです。

つまり、逃げ込んだセーフティゾーンが、気が付くと自らを捕らえて離さない牢獄へと変わってしまうのです。変わらぬ状況に、じわじわ重ねていく年齢。こんな状況だと誰だって、一歩踏み出そうにも足がすくんでしまうのも無理からぬ話です。

しかし、ニート脱出には一刻も早く決心することが大切です。年齢が上になればなるほど、社会復帰してニートを抜け出すのが厳しい環境になって行ってしまうのです。

 

バイトで社会復帰は可能?

ニートが追い詰められていく不安の正体は「経済的な問題」です。年齢が経てば経つほど解決が困難になるわけですから、ニートになった時点で、かなりのピンチと言わざるを得ません。

しかし、ニート生活から這い出た人がいないわけではありません。脱出の糸口をどのように手繰り寄せていけばいいのでしょう。社会復帰の第一歩は、まずは外に出ることではないでしょうか?

とは言え、学生時代からのニートの人などは職歴もなく、資格もない人の場合も多いようです。まずは簡単なアルバイトから自信を取り戻していく方がいいでしょう。数ヶ月に渡って働く通常のアルバイトは、求人誌や求人サイトを参照して探すのが一般的です。

まずは電話でアポイントを取って面接という流れですが、自分が思うような職場でなかったり、就業条件だったり、という可能性もあるので、面接が無駄足になってしまうことも少なくありません。電話の段階で、気になることは確認した上で面接の日時を決めたほうがいいです。

 

派遣社員で社会復帰は可能?

派遣社員で社会復帰いきなりフルタイム勤務は難しいなら単発勤務や短期勤務で様子を見ることもできます。短期バイトは派遣会社に登録するケースが多く、大半の場合は簡単な面接で採用が決まります。仕事は単純作業がほとんどです。採用も辞めるのも気軽なのが派遣のいいところです。

また、期限付きの雇用もあれば、その職場でそのままレギュラーワークに切り替えることも可能です。働くことに体が慣れてきたら、正社員の道を模索できるといいです。そこまでくればニート脱却&正社員として社会復帰は近いです。

また、派遣の形態には、紹介予定派遣と言う形もあり、一定期間後に正社員や契約社員として雇用されることを前提としたものもあります。この場合だと、採用時の基準がシビアになってきます。明確なスキルが要求されることが多く、仕事も事務職や営業職などが目立ちます。

対人関係に苦しんでた人に取っては少しハードルが高いかもしれません。まずはなんとか、フルタイムでの勤務までこぎつけましょう。正社員になる方法は紹介予定の他にもたくさんあります。

【参考】紹介予定派遣で正社員になる方法
 

独立開業・自営業・起業

危機感はあってもなかなか動く踏ん切りがつかない人には、クラウドソーシングやランサーズなどのフリーランスのサイトを活用して、家に居ながらの業務委託と言う仕事のやり方もあります。いわゆるSOHOと言う形の独立開業(起業)です。

仕事でのコミュニケーションの大半はメールでのやりとりになり、少なくとも対面のやり取りは少ないので、まずは社会復帰の足掛かりとして自営業でもいいから働きたいという人には打ってつけです。

しかし、仕事のジャンルがコンピュータ系やデザイン系など、特別な技量が必要だったり、顔を合わせているわけではないので働きぶりが無責任になりがちです。外で働くよりも自己管理がより要求されるという側面があります。

 

正社員になれれば社会復帰完了!

正社員を目指してみよう!ニート脱出の覚悟を決めて正社員をめざして道を歩む出すのはどうでしょうか。対人関係に問題があったり、職歴が乏しかったりと、就職活動をするには、経歴的にもスキル的にもかなり厳しいかもしれません。

よしんば就職できたとしても、数か月でやめてしまうと、それはキャリアにはなりえず、逆にキャリアに傷をつけてしまうことになります。ニート生活を送るものにとって、自分自身の見極めも大切なことと言えます。

ただ、ニートを一生続けられない事は誰の目にも明らかなこと。社旗復帰がひつようになります。いつかは雇用の安定した正社員を目指すことになる可能性が非常に高いのです。最近はニートに特化した就職支援サービスが官民で充実してきていますので、積極的に利用することをオススメします。

ニートの就活、具体的な方法と流れ

ニートOKな就職サイト・エージェント一覧
 

ニートOKの就職サイトなんてあるの?

ニートでもOKな就職サイトとは?

 

ニート就職 鉄板ガイド

ニート就職 鉄板ガイド
4ステップでニートから正社員!
ニートの就活の流れを徹底解説
ニート→正社員になる方法
ニートOKな就職サイトは?
ニートのハロワ活用術
ニートに向いている仕事とは一体?
リスクだらけのニートの収入源
職業訓練の活用方法とは?

このページの先頭へ