ニートを救う?職業訓練

職業訓練の活用方法とは?

ニートでも職業訓練が受けられる?

ニートは就職できる?

ニートにも職業訓練がおすすめニートを抜け出そう! と一念発起したものの、何から手を付けようかと途方にくれてしまう事も多いようです。

職歴も無ければ資格もない、学歴も自信がもてない…… ましてや人とのコミュニケーションなど苦手…… もしもこれを読んでいるあなたがニートや引きこもりになっているなら、心当たりがあるのではないでしょうか。

そんなあなたにオススメなのが「職業訓練」です。公共職業訓練所で行われるわけですが、どうすれば職業訓練に参加できるのでしょうか?

 

ニートにオススメの職業訓練

まずはハローワークに足を運びましょう。職業訓練の参加にはハローワークでの求職申し込みが前提となります。ニートの人が受講する場合、離職者対象のコースとなります。参加が許されれば、無料で受講することができ、さらに給付金も貰うことができます。

受講できる科目は実は自治体でまちまちだったりしますので確認が必要です。ハロワークで求職申し込みを終え、受講を決めたら、その後には選考試験があります。試験科目は筆記試験と面接があります。筆記試験は国語と数学ですがそれほど難しくはなく、簡単な漢字の読み書きや、単純な読解問題、計算問題などです。

重要視されるのは面接で、特に就労に対するやる気や、訓練を最後まで続けることができそうか、などが重視されます。給付金まで支給する以上、途中でリタイアされるのは困るからです。そして選考試験にパスをすれば、晴れて受講開始となるのです。

 

職業訓練終了後はハローワークから就職活動を強いられる

職業訓練のクラスには、似たような境遇の人が多いようです。中卒や高校中退の人、社会人だったにも関わらず失業やリストラされてしまった人、中には主婦などもいたりします。しかし何れも切実に仕事を求めている人が集まってきています。

もちろん、ニートや引きこもりの境遇から脱出したくて来ている人も多いようです。同じような立場で、同じようにように就職という目的に向かって進んでいくクラスメイトと交流が生まれたりもするようです。このような人との交流を苦手と感じる人もいるかもしれませんが、あまり肩肘張らず、プレッシャーのない中で人と接することができるので、コミュニケーションのよいリハビリになるかもしれません。

ニートからの社会復帰のノウハウ

 

職業訓練を受けただけではどうにもならない

面接に必要なコミュニケーション能力を身につけよう!職業訓練が終了すると、ハローワークから強制的に就職を迫られます。給付金をもらっている以上当然のことではありますが、訓練中にしっかりと学科を学ぶことはもちろん、面接などでも対応できるだけのコミュニケーション能力は身につけておきたいものです。

どんなに技量を身につけても、まずは面接を突破し内定が貰えなければ何の意味もないですからね。

ニートの就活、具体的な方法と流れ

ニートOKな就職サイト・エージェント一覧
 

ニートOKの就職サイトなんてあるの?

ニートでもOKな就職サイトとは?

 

ニート就職 鉄板ガイド

ニート就職 鉄板ガイド
4ステップでニートから正社員!
ニートの就活の流れを徹底解説
ニート→正社員になる方法
ニートOKな就職サイトは?
ニートの社会復帰、その方法は?
ニートのハロワ活用術
ニートに向いている仕事とは一体?
リスクだらけのニートの収入源

このページの先頭へ