女性はニートに陥りやすい?!

女性がニートになりやすい理由とは?

ニートの女性を取り巻く状況

ニートを脱出する方法とは?

女性はニートに陥りやすい?「家事手伝い」…… ひと昔前、仕事をしていない未婚女性が、自己紹介するときによく使った呼び名ですが、あなたは心あたりはありますか?女性の場合、結婚を前提として、家事手伝いという社会的身分を容認する空気があるせいか、自ら進んでニートになっていく人も多いようです。

実は女性は、「結婚して家庭に入るものだ」と言う考えを植えつけられている人が多く、そもそも「仕事が嫌い」「働きたくない」と言う意識が強い人が多いのだとか。女性の社会進出が盛んになった現代ですが、女性の方がニートの状態に陥りやすい精神的な落とし穴がある、とも言えますね。

しかしながら、男性の結婚願望も弱くなってきており、「いざとなったらお嫁さん」と言う逃げ道も狭き門になりつつあります。仕事をしててもしてなくても、女性にとって現代社会は結構生きにくい時代かもしれませんね。

 

男性ニートとの違い

女性は、実家で家の手伝いをしている姿が自然である以上、女性がニートであっても、意外に不自然な感じがしないのも事実です。男性が仕事もせずに同じことをやっていると、近所からはかなり変な目で見られるでしょう。それだけ、女性はニートになりやすい環境にある、とも言えます。

男性のニートには「仕事したくても仕事がない」と言うジレンマを抱えている人が多いのですが、女性の場合は、「仕事していなくても奇異な目で見られない」ことが多いため、そのまま親のスネをかじりつづけてしまう…こうなってしまうと社会と隔絶してしまい、蟻地獄にハマったように社会復帰が困難になっていきます。

就職する場合は、前職からブランクがあればあるほど不審に見られてしまい、結婚を考えてみても、ニートであるという現状は、精神的に不健康な印象を与えてしまいます。女性がニートになってしまうと、実に様々な困難を抱えてしまうのです。

ニートからの社会復帰のノウハウ

 

ニート女性の将来

もし、あなたがニートになってしまっているとして、十年後、二十年後に自分がどうしているかを想像してみましょう。「いつまでもあると思うな、親と金」なんて言葉を、あるお笑い芸人が言っていましたが、わずかな年金をたよりに親子で生きていくのは非常に厳しいと言わざるを得ません。

さらに、その経済状態で親が痴呆症になってしまったり、寝たきりになってしまったら…… 現に、このような状態の家庭では、介護に行き詰まり子が親を殺めてしまうなどという悲劇も、今の日本では珍しいことではありません。

さらに自身にも老いはやってきます。年金だけでは生活しにくい時代になってきている今日、経済力で武装するために、積極的に「働くこと」に向き合っていかないと、もしかすると思いもしなかった状態に陥ってしまうかもしれません。

 

ニートを辞めるには?

まずは転職サイトをのぞいてみよう!さて、今までの話はもちろん極端な例ではありますが、現実に起こっていることでもあります。しかし、いきなり直ぐに今の生活を変えることは難しいものです。まずは環境を変えるためにも、どんなことでもいいので外で仕事をしてみてはいかがでしょうか?

仕事ではありますが、目線を変えて、お金を稼ぐということよりも、外で体を動かす、人とコミュニケーションをする、そんな事を目的にしてまずは二、三時間のパートタイムから始めてみるのもひとつの方法です。また、転職サイトなどを覗いてみましょう。

仕事を探す、と言う肩に力が入った目的でなくとも、カタログで服を探すような感覚で、あれこれ調べてみると面白いかもしれません。もしかすると、これになりたい! と言う目標が見つかるかもしれません。

ニートが使える就職支援サービスまとめ

 

ニートでもOKな就職サイトとは?

 

ニート就職 鉄板ガイド

ニート就職 鉄板ガイド
脱ニート、4つの具体的方法
ニートに待ち受ける悲惨な末路
ニート支援サービスまとめ
30代ニート、将来はどうなるの?
40代ニートに固有の問題とは?
ニートにオススメの資格とは?
目指せ脱ニート!バイト面接攻略法

このページの先頭へ