ニートが使える就職支援サービスまとめ

ニート支援サービスまとめ

ニートの就職を支援する企業・団体とは?

ニートの就活、具体的な方法と流れ

ニートの就職を支援する機関をご紹介します日本にはニートや引きこもりとなってしまった若者の就業を支援する様々な機関や組織があります。

ニートの人口は、39歳までの高齢ニート(SNEP、スネップとも言われる)を加えると、五年前までは100万人に届く勢いでした。近年はやや減少傾向にあるものの、それでもなお80万人前後の人間が働けるはずなのに働かない、「眠った納税者」にある現状を、政府も無視できないのです。

ニートで居続けることに対して世間は冷たい視線を送っています。それは企業側も同じことで、ニートに対しては厳しい態度を取っている企業も少なくありません。しかし、最近は政府の働きかけもあって、ニートに就職の門戸を開く企業も増えてきました。

ニートや引きこもりの人の就業支援を行っている代表的な機関をいくつか紹介します。それぞれの機関に特色や個性があります。自分のニーズや考えにあった機関を選んで、社会復帰を応援してもらいましょう。

 

ジョブカフェ

最もポピュラーなものはハローワークでしょう。全国に存在し、誰にとっても使いやすい機関です。何から手をつけていいかわからない人は、まずはハローワークの門を叩いてみるのがおすすめです。

都市によっては、ハローワーク内に、若年求職者に特化した就職支援もあります。
例えばジョブカフェは都道府県の機関であり39歳までがジョブカフェの利用対象となります。若年層に特化していること、都道府県の運営なので地方地方の特色や傾向に即した運営がなされているのが特色です。

青年に的を絞った支援機関なので、当然ニートや引きこもりにも対応しています。ハローワークと隣接していることも多いので、両方とも覗いてみるといいでしょう。

 

若者サポートステーション(サポステ)

厚生労働省から委託をうけたNPO法人や企業が運営しているのがサポステ
です。求職のための施設と言うよりは、就労に悩んでいる15歳から34歳までの若者を対象に、就労のための支援を行う施設です。

カウンセリングや、技術的なセミナーなどを行い、就職につながるための様々な手助けをしてくれます。ただし、あくまで手助けなので、求人の案内はやっていません。

 

ヤングハローワーク

ハローワーク内の若者支援の窓口として、ヤングハローワークやヤングキャリアセンターす。ハローワークは公的な職業訓練の受付も行っており、まずは相談してみることをおすすめします。

特にヤングハローワークは若者やニート可の求人を多く案内しており、まずはここに相談してみることをお勧めします。

 

育て上げネット

さらに、ちょっと変わった角度でニート脱出をサポートしてくれるところとして、育て上げネットがあります。こちらはニート本人というよりはニートや引きこもりを抱える家族や親の立場で、解決策を考えてくれる機関です。

この機関から仕事が紹介されるわけではなく、ジョブトレーニングやカウンセリングを経て、求職活動をサポートしてくれます。どちらかと言うとニート本人というよりは、その周辺の家族にフォーカスを当てた活動が盛んなようです。

 

パーソナルサポートセンター

育て上げネットと似たような機関としては、パーソナルサポートセンターがあります。こちらは運営団体が自治体であったり、NPOであったり、弁護士会が支援していたりと、単純な就職支援組織とはちょっと一線を画しているといえましょう。

いろんな機関が「伴走型支援」と言うことを謳っています。こちらも就職のための組織と言うよりは、ニートや引きこもりだけではなく、DV被害にあっている人などの救済も行っており、家族の負担のケアや、精神的に立ち直り社会復帰をするための手伝いをしてくれます。

その救済の一環として就職支援をするといった感じです。あくまで生活再建のための支援組織と言う感じでしょうか。精神的に追い詰められているなどの問題点があるならば、一度門をたたいてみるのもいいでしょう。ただしあくまでカウンセリングがメインのため、多くの期待は禁物と言えます。

 

転職サイト、転職エージェント

ニートOKの転職エージェントを活用しましょう人との関わりあいが苦手なニートにとって、カウンセラーとコミュニケーションをとることを迫られる支援組織は敷居が高いものかもしれません。しかし、エージェントの中にはニートに特化した所もありますから、心配する必要はありません。

それでも面談などは厳しいと思うなら、まずは家でもできることとしてインターネットを使って転職サイトに登録し、自分の希望とマッチするような職場があるかどうか調べてみて、次のステップの行動として転職エージェントを利用してみるのも手です。

ニートOKの転職サイトは殆どありません。それでも、リクナビネクストならば求人数自体が膨大ですから、社会人未経験OKの求人も豊富です。手始めに登録して求人をも見てみるのも良いですね。

ただし、転職サイトを使って活動する場合、誰のサポートも受けずに1人で全部やらなければなりません。採用担当者との日程調整は?履歴書の準備は?職務経歴書って何?面接では何が聞かれる?リクルートスーツやネクタイ・靴はどれが良いの?

そんな悩みを解決してくれるのがニート歓迎のエージェントです。実際に活動する際にはエージェントの活用が欠かせません。また、面談で率直な希望を話して、あなたにマッチする職場があるかどうか探してもらうことも、大きな希望になります。

■ ニートOKな就職サイト・エージェント一覧 →
 

ニートOKの就職サイトなんてあるの?

ニートでもOKな就職サイトとは?
 

ニート就職 鉄板ガイド

ニート就職 鉄板ガイド
脱ニート、4つの具体的方法
ニートに待ち受ける悲惨な末路
30代ニート、将来はどうなるの?
40代ニートに固有の問題とは?
ニートにオススメの資格とは?
女性がニートになりやすい理由とは?
目指せ脱ニート!バイト面接攻略法

このページの先頭へ