既卒だからこだわりたい!利用価値大の就活サイト

既卒者歓迎の就活サイト選び!

立ちはだかる既卒NGの壁…既卒者向けの求人はどこで探す?

既卒向けの求人が見つからない…既卒者が就職活動をするにあたり、始めにぶつかる壁が「既卒者OKの求人探し」です。

求人サイトを四六時中チェックしてある企業に興味を持ったけれど、応募条件には「新卒・未経験者歓迎」の文字。「未経験でも大丈夫そうだけど、新卒優先っぽいな……」と応募することをためらってしまいますよね。中には、はっきりと「中途採用・経験者優遇」などと書かれている即戦力重視の求人も増えてきています。

既卒二年目から一気に厳しくなるといわれる就活業界

学校を卒業してからブランクのある既卒者は、一体どんな探し方で求人情報や就職希望先を見つけるべきなのでしょうか? ハローワークに通ってみる? 「みんしゅう」や「既卒者カフェ」などのコミュニティで就活仲間を作ってみる?

色々な方法がありますが、ネットの力を最大限に利用しない手はないですよね。

今回は数ある就活サイトから既卒OK、既卒歓迎の就職サイトをピックアップして、それらのサービスについて詳しくご説明したいと思います。
 

既卒は自己PRが命!スカウト機能が魅力の転職支援サイト

有名な就職サイトといえば、「マイナビ」や「リクナビ」の名前が真っ先に上がります。この2サイトは求人情報がとにかく豊富で、既卒OKの仕事も多く見つかります。

しかし、大手サイトであるから当然求人の競争率は高く、既卒よりも商品価値の高い新卒者と競うことになってしまいます。もちろん利用するメリットは大いにありますが、職歴のない既卒者にこそ知っていただきたいのは転職支援サイトの存在です。

「リクナビNEXT」「マイナビ転職」は求人情報の提供だけでなく、就職・転職のノウハウやヒントが満載のサービスです。

転職サイトといっても、もちろん既卒や第二新卒の方も利用可能。既卒者にとって難しい自己PRを手助けしてくれて、企業からのスカウトを受けられるスカウト機能はぜひ活用したいところです。
 

なんといっても餅は餅屋!既卒特化型の就活サイトを利用しよう

こちらの就職サイトは必見です!既卒・第二新卒の支援に特化した就職サイトも見逃せません。

「いい就職.com」は既卒者から留学帰国者まで幅広い層を対象とした就職支援サイトです。

登録者数は14万人を超え、提供している正社員求人は2,000社以上、実際に就職先が決まった既卒者の数はなんと5,000人に及びます。求人の職種も幅広く、今後の成長が期待できるスタートアップ企業、ベンチャー企業、優良中小企業などからお好みの企業を探すことができます。

また、同じく若年層に支持されている「ハタラクティブ」もフリーターや既卒の社会人未経験層に特化しています。専任の就職アドバイザーが、履歴書の添削から面接練習、企業選びからスキルアップの支援まで個別にサポートしてくれます。

ハタラクティブの魅力はなんといっても、人柄採用・学歴不問などバラエティに富んだ独自の求人項目。あなたの強みや希望にマッチングした企業にきっと出会えることでしょう。
 

既卒対象のJAICが熱い! 転職エージェントの実態を解説

「DODA(デューダ)」や「マイナビエージェント」といった転職エージェントも就活の強い味方です。

中でも、20代の既卒・フリーター・第二新卒層を対象とした支援サービス「JAIC(ジェイック)」では、「営業カレッジ」というセミナーを開催しています。

営業カレッジとはいわゆる就職実践講座のこと。内定をとるための履歴書の書き方や面接対策などのノウハウを学べるだけでなく、ビジネスマナーや働くことに対する心構えなど、社会人の基礎についても学ぶことができます。

講座内容は座学やディスカッション、実習などどれも本格的。

こういったサービスは、人材採用の手伝いをすることによって企業側から費用を得ているため、登録者はすべて無料で利用できます。求職者と企業の仲を取り持ち、企業との密な関係性を育んでいることで、実に80%以上もの就職成功者を生み出しているのです。

いかがでしたでしょうか?

就活サイトとひとくちにいっても、その傾向は多種多様ですよね。既卒者が就職活動を有利に進められるサービスを活用して、正社員就職という夢を叶えましょう!

 

既卒就職 鉄板ガイド

既卒就職 鉄板ガイド
既卒の就活で正社員になるには?
ホワイト企業を狙う既卒者の就活
崖っぷちの既卒者はこうして勝つ!
履歴書や面接で差がつく既卒就活
打倒新卒!既卒・第二新卒の就活
既卒を意識した意外な就職活動!

このページの先頭へ