就職難の既卒就活でもあきらめない!ホワイト企業に出会う方法とは?

ホワイト企業を狙う既卒者の就活

どうすれば出会える?既卒者が狙うべきホワイトな中小企業

会社選びで妥協したくない!高校や大学を卒業してから既卒となってしまった方が大手・有名企業に就職するのは、よっぽど優れた学歴や資格、コネなどがなければ厳しいと考えられています。だからといって、生涯をかけて勤めることになるかもしれないのだから、妥協して適当な会社を選ぶことはしたくありませんよね。

そこで、就活中の既卒者が狙っていきたいのが大手よりも競争率の低いホワイト企業です。つまりは隠れ優良企業のことですが、ブラック企業と正反対の方針をとっている企業がそれに当たります。

ブラック企業の特徴としては、「残業や休日返上が当たり前・給料が安すぎる・残業代やボーナスが出ない・有給を消化しにくい」といった酷いものが挙げられます。

知名度が高くなくとも雇用体制がしっかりしていて、業績も安定している隠れホワイト企業はたくさんあります。女性の場合は産休・育休制度が整っているかも重視したいですよね。

大手より競争率が低く、既卒でも内定をゲットするチャンスがあるホワイト企業……どうすればそんな狙い目企業に出会えるのでしょうか?既卒者が隠れホワイト企業の内定をとるための就活方法をお伝えします。
 

クチコミや2ちゃんに翻弄されない!転職エージェントの活用法

ホワイト企業の探し方ですが、どんな企業のホームページを見ても大抵は良いところばかりを紹介しています。

しかし、悪い評判というのはネット上ですぐに拡散されてしまう今の世の中。酷評されているブラック企業を避けてホワイト企業を絞っていけばいいのですが、そんなことを自力でやっていたらあっという間に中年に突入してしまいます。

中には自分の会社がブラックだと自覚していないケースもあるので、企業を研究して本質を見抜くことは本当に難しいものです。ネットのクチコミや個人ブログ、2ちゃんねるの書き込みなどには私怨が含まれていることもあり信憑性に欠けます。

そんなわけで、まずは転職エージェントなどの就職支援サービスを利用して、客観的な見解やリアルタイムの情報を集めるといいでしょう。転職エージェントにもそれぞれ特色があるので、「JAIC」など既卒やフリーター、第二新卒者を対象とした就活サイトがおすすめです。
 

就活の相談もお手の物!既卒者専門の就活サイトで情報収集

内定獲得までをサポートしますおすすめといえば、「いい就職.com」や「ハタラクティブ」も既卒・第二新卒を専門とする就活サイトです。既卒者専門というだけあって、新卒にこだわらない優良中小企業や、業界内トップクラスの老舗企業など、めぼしい求人に出会えます。

肝心の利用方法ですが、ただの求人情報サイトとは異なり、利用者は専任コンサルタントと直接面談を行います。希望する業界や職種、人柄などを伝えた上で自分に向いている企業を紹介してもらえ、無事に内定を貰えるまでサポートしてくれるのです。

既卒利用者の内定率は高く、セミナーなども好評。また、ハタラクティブでは「ホワイト企業の見分け方」など興味深いコラムが公開されています。ブラック企業を避ける方法が分かるということですね。

面談だけでなくその後のサポートまでしてくれるとなると利用料金が気になるところですが、これらのサイトは完全無料で利用できるので安心してくださいね。
 

探し方は色々あるけど…ブラック・ホワイトの基準は自分次第!

ホワイト企業かどうか見極めるために、「リクナビNEXT」や「マイナビ転職」といったサイトをチェックしてみるという方法もあり。

転職サイトにおける求人広告の掲載期間は、基本的に2~4週間となっています。期間が決められているにもかかわらず長期間掲載されている企業は要注意。好待遇すぎる雇用条件がウソだったり、離職率が高いブラック企業だったりする可能性があります。

このように、既卒の就活においてブラック企業を遠ざけるやり方はいくつかあります。

しかし、ブラック・ホワイトの基準は人それぞれだということも忘れてはいけません。「サービス残業はそれなりにあるけれど仕事にやりがいを感じられる」「ボーナスが少ないかわりに有給休暇はとりやすい」など、メリットやデメリットの判断は個人に委ねられるのです。

あくまで「将来になんの希望も持てない社蓄」という事態だけは回避する、そのくらいの心持ちでいれば既卒就活において雁字搦めにならずに済むかと思います。

 

既卒就職 鉄板ガイド

既卒就職 鉄板ガイド
既卒の就活で正社員になるには?
既卒者歓迎の就活サイト選び!
崖っぷちの既卒者はこうして勝つ!
履歴書や面接で差がつく既卒就活
打倒新卒!既卒・第二新卒の就活
既卒を意識した意外な就職活動!

このページの先頭へ