第二新卒は卒業3年以内!新卒を見返したい既卒者の就活

打倒新卒!既卒・第二新卒の就活

新卒でも既卒でもないダークホース「第二新卒」の定義

現在絶賛就活中の方も、就職をしようか迷っている方も、自分の今現在の「立場」は常に気になるところですよね。在学中であれば新卒扱いとなりますが、今回はすでに学校を卒業している「既卒者」にスポットを当ててみたいと思います。

求職者の立場をカテゴライズする「新卒・既卒」のほかに、「第二新卒」という言葉があります。求人サイトなどでよく見かけるフレーズですね。よく見るフレーズとはいえ、これらの違いについてしっかり説明できる方は少ないのではないでしょうか?

「第二新卒」というと、大学卒業後に就職をして数年以内に退職した若者のことを指します。明確な定義はなく若者という曖昧な言い方ですが、「卒業から3年以内」と判断しておけば間違いないでしょう。

採用側の基準はさまざまで、新卒以外も採用する意思のある企業は「既卒可」「第二新卒歓迎」などと謳っています。第二新卒は既卒や中途採用よりは有利ですが、新卒よりは不利、というのが現状です。
 

第二新卒よりもずっと不利……既卒者なりの戦い方はこれだ!

既卒は第二新卒より不利だった…学校卒業後どこにも就職しなかった既卒者には、何度も就活に失敗したり、逃げ出した過去があったりします。就職を諦めてフリーターとなり何年も経ってしまっていると、そこからなかなか動き出すことができません。

しかし、職歴なしという状態が続くほど就職することが難しくなってきますから、自分に言い訳している場合ではないのです。学歴や経験が重視される新卒・第二新卒に比べると、既卒には「働くことへの意欲」や資格、コミュニケーション能力などが求められます。

新卒ではない者の就職活動において、「なぜ卒業後に就職しなかったのか」「今まで何をして過ごしていたか」ということは必ずと言っていいほど質問されます。ここでの回答で内定が左右されると言っても過言ではないので、事前に話すべきことを整理しておきましょう。
 

大就活時代のエースは第二新卒!? 企業が求める有益な人材とは

既卒よりは優位に思える第二新卒者の就活。それどころか、新卒よりも第二新卒を求める企業が増えてきているのです。

その理由の一つに、「未経験の新卒者よりも教育コストがかからないこと」が挙げられます。仕事のスキルはともかく、基本的なビジネスマナーなどはすでに指導されていることが多く、第二新卒を採用することで教育費を大幅にカットできるのです。

ただのフリーターとは違い、卒業後にフラフラしていたというイメージも湧きにくいので、若手社員として期待もできるんですね。「前職がブラック企業だった」「本当にやりたい仕事を見つけた」などポジティブな理由も作れますから、既卒者よりは断然有利です。

しかし、第二新卒としてのデメリットもあります。

それは、「採用しても長続きしないのでは?」という印象を持たれる恐れ。せっかく入社した会社を数ヶ月で辞めて再び就活中、なんて人が来たら一体どんな問題のある人物なのか……と勘ぐってしまいますよね。

また、入社後は社会人経験があることを前提に指導されますから、最低限の教養がないとすぐに失望されてしまいます。
 

試合に負けて勝負に勝つ! 就活は冷静かつ情熱的に

試合に負けて勝負に勝つ!結論として、武器の少ない既卒ならば「将来性のある自己アピールに命をかける」。第二新卒ならば、「その立場を武器にして即戦力をアピール」することが内定に繋がると言えるでしょう。

卒業後3年目までが勝負、それ以降は既卒も第二新卒も大差ないということです。20代後半ともなると、会社側は年齢だけで人を判断しません。会社が期待するのは、社員のやる気や伸びしろです。

もちろん何もしないまま三十路に突入した人などは問題外ですので、細々とアルバイトをして宝くじでも買った方がまだ一攫千金・一発逆転の希望があるでしょう。

既卒・第二新卒の場合、新卒と入社時期がかぶることで見下されたり、就活中も何かと悔しい思いをする可能性があります。それでも、そんなときは大人として、年上として冷静に対処すればいいのです。

「試合に負けて勝負に勝つ」という強い気持ちでいれば、入社したあとにいくらでも新卒社員を見返すことができますよ!

 

既卒就職 鉄板ガイド

既卒就職 鉄板ガイド
既卒の就活で正社員になるには?
既卒者歓迎の就活サイト選び!
ホワイト企業を狙う既卒者の就活
崖っぷちの既卒者はこうして勝つ!
履歴書や面接で差がつく既卒就活
既卒を意識した意外な就職活動!

このページの先頭へ